最新書き込み20件表示
・最新の書き込み20件

1: 森崎板キャプテン井沢11 白旗大作戦の巻
480 名前:森崎名無しさん [2018/06/20(水) 00:34:23]
反町の判断→ ダイヤK

2: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
213 名前:森崎名無しさん [2018/06/20(水) 00:05:17]
ダ・シルバくん思い出した

3: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
212 名前:森崎名無しさん [2018/06/19(火) 23:34:42]
やはりポスト神は偉大

4: 森崎板キャプテン井沢11 白旗大作戦の巻
479 名前:キャプテン井沢α ◆398rcZCf3w [2018/06/19(火) 23:04:19]
>>477
今大会終わった後の大学サッカー編とかそんな感じのを想定してるんです
>>478
やってるゲームとかといえばFEとかパワポケとかモンハンとか数年間殆ど変わってないのです

ボッシ→ドリブル(88)+ スペード9
次籐→タックル(88)+パワータックル(5)+ スペード9
-2≧ タイ!

ピエール「無理をするなボッシ!」

ボッシ「うおおお!!」

次籐「この程度の相手なら止めてみせるタイ!」

ボッシ「ぐえっ!!」

実況「ああっ!次籐くんの強烈なタックルでボッシくん吹っ飛ばされた!」

先着1名様で

反町の判断→! card

と書き込んでください。カードで分岐します
ダイヤ→岬にパス
ハート→沢田にパス
スペード→井沢にパス
クラブ→何故かオーバーラップ
JOKER→ゲーッ!ボッシの体にヒビが!?

5: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
211 名前:森崎名無しさん [2018/06/19(火) 23:03:46]
すみません日本勝つと思ってませんでした

6: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
210 名前:森崎名無しさん [2018/06/19(火) 21:08:06]
いきなりコロンビアやらかすとはネ

7: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
209 名前:森崎名無しさん [2018/06/18(月) 19:42:39]
アルゼンチンはリアルジャパニーズゾーンプレスやってるのかな?

8: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
208 名前:森崎名無しさん [2018/06/18(月) 11:20:29]
完勝だったね。あと南米のチームはコンディションのピークをトーナメントに出場合わせてるのか知らないけど、動きは悪いね。

9: 森崎板キャプテン森崎 雑談用スレ48
207 名前:森崎名無しさん [2018/06/18(月) 06:34:45]
メキシコがドイツに勝つ未来

10: 森崎板【巫女vs天才】キャプテン霊夢41【2人のファンタジスタ】
983 名前:森崎名無しさん [2018/06/17(日) 21:18:34]
最近寒暖差激しいですからねぇ
お大事にです

11: 森崎板【巫女vs天才】キャプテン霊夢41【2人のファンタジスタ】
982 名前:キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ [2018/06/17(日) 21:06:56]
すみません、気温の変化にやられたようで体調を崩しております。
もう少し良くなったら復帰しますのでお待ち下さい。
たくさんのスレタイをご提案頂きありがとうございます。

12: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
435 名前:森崎名無しさん [2018/06/17(日) 20:43:38]
★移動時間  4
F

13: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
434 名前:森崎名無しさん [2018/06/17(日) 18:31:47]
F

14: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
433 名前:キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI [2018/06/17(日) 18:28:58]
岬君が聖薇と分かれ、次の散策先を思案しているところで、今日は終わりにいたします。

>>425
95分はちょっと長くなりすぎたので、その分描写と結果に反映させました。
本来はもっとあっさり終わらせるつもりだったのですが。

15: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
432 名前:キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI [2018/06/17(日) 18:24:18]
岬「さて、ちょっと長くなっちゃったけど、聖薇と仲良くなれたから良しとしよう。
まだ時間は残っているし、次はどこへ行こうかな」


★移動時間 ! dice★
現在時刻は16:34です。門限は18:00です。

A:「(もう一度僕が学ぶ6年生の教室に行こう)」
B:「(下級生の教室をぶらぶら見に行こう)」
C:「(中等生の教室をぶらぶら見に行こう)」
D:「(音楽室に行ってみよう)」
E:「(美術室に行ってみよう)」
F:「(情報室?よく分からないけど、行ってみよう)」
G:その他、自由回答(要3票)


移動先についての選択は先に2票入った選択肢で進行します。移動時間は先着順です。
移動先についてはメール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

16: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
431 名前:キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI [2018/06/17(日) 18:20:34]
聖薇「ごめんなさいみっともない姿を見せてしまって。普段なら2回に1回ぐらいは中央に当てる事が出来るんです」
岬「いやいや凄いよ、構える姿なんか絵になってる。本当に絵に描いたら綺麗になるよ」
聖薇「まだ未熟です。少し想う事があったぐらいでああも乱れるなんて」

弓矢の手入れも終わって筒に戻し終わる。筒についた紐を肩にかけ、門に向かって歩く。

岬「大丈夫、送っていこうか」
聖薇「本当に大丈夫です。私は元気ですから。今度お見せするときは百発百中、真ん中を射止めてみせます。」

岬「そうか、楽しみに待ってるよ」
聖薇「はい、楽しみにしてください。それでは」

最後は笑顔に戻って、僕に別れを告げた。あれほどクタクタだったはずの様子を感じさせない
軽快な足取りで帰っていくのを見て、僕は安心して学校探索を再開する事にした。


*練習完了時点での時刻は16:34になりました、門限は18:00です。
*登場人物間の感情が以下のようになりました。

聖薇→(大切な友達)→岬
※「大切な友達」状態になると、BADイベントが発生しても、出来事を好意的にとってくれるようになり、
好感度ダウンの危険性が大幅に(こちらが意図的に嫌われるような選択肢を取らない限り)下がります。
そして、岬と誰かのもめ事が起きた時に、岬側になって応援してくれるようになります。

17: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
430 名前:キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI [2018/06/17(日) 18:17:35]
★射出成功率  61 %
聖薇の練習時間  21 分★
――――――――――――――――――――――――――――――――――

射的の練習、聖薇がいうところの射法八節の練習が始まった。矢を弓に構える弓構え、正面に静かに向き直る打起し。
矢を引き絞り発射の準備を整える会に入った後、無心となって的を見入り、矢を放つ。
ヒュッと鋭く響かせて飛ぶ。校庭の端から端、30メートルほどの距離を飛んで矢は霞的の端、あと数センチで外れるという所でささった。
続けて聖薇が二の矢をつがえる。振る舞いに少しの乱れもつかえも見られなかったが、今度はかすりもせずに外してしまった。
その後も彼女は矢を射続けたが、真ん中には一度も当たらず、的の淵をかすめたのを含めて6割くらいしか当たらなかった。
彼女の顔は厳しくなる。何とかして真ん中に当てようという執念がこもっているようだが、
矢を構えた途端、体がグラリと揺らいだ。かろうじて踏みとどまったがもはや限界だろう。

岬「もうダメもうダメ、やっぱり限界だよ今日はやめよう」
聖薇「まだ大丈夫です。せめて一度中央に当てないと」
岬「ダメ」

聞き分けの無い相手に対し、僕は相手の右手首をギュッと握り、制止した。
矢を放てなくなって観念したか、弓を下ろす。
その後弓をタオルで拭きながら、彼女は僕に詫びた。

18: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
429 名前:森崎名無しさん [2018/06/17(日) 17:24:32]
★射出成功率  61
聖薇の練習時間  21 分★

19: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
428 名前:キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI [2018/06/17(日) 17:23:26]
聖薇「ごめん、なさい、わたしが、しゃべりすぎたせいで……」
岬「いいんだ。僕も無頓着すぎた。今日はもう家に帰って休んだ方が」
聖薇「いえ、もう少し休んだら弓をとります」
岬「聖薇さんそれは危ない。無理をしなくても」
聖薇「いいえ、せっかく岬君に練習を見てもらえるのですから、必ずします。ちゃんと休みますから」

何とか早い所家に帰して探索をしたかったが、思ったよりも頑固だ。そう簡単には引きそうにない。
結局今度危なくなったら有無を言わさず帰させると約束させ、何十分か休憩を取った後、
練習させる事にした。再開するころには草取りをしてから1時間半、すでに午後4時をすぎてしまっていた。

*休憩完了時点での時刻は16:13になりました、門限は18:00です。


こうして僕の忠言も退けながら、弓を取り矢をつがえ、校庭端の壁に据えられた
霞的(※)という白黒の的をめがけての行射を行った。結果はどうだったかというと……

先着で
★射出成功率 ! numnum%
聖薇の練習時間 ! numnum分★
と書き込んで下さい。!とプラグインの間のスペースは埋めてください。

※→https://blogs.yahoo.co.jp/kuroken3147/64077203.html

20: 森崎板【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】
427 名前:キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI [2018/06/17(日) 17:22:02]
僕と聖薇は校庭の草取りをしながら、昔話に花を咲かせていた。
僕は日本でのサッカー大会での様子を、若干の誇張と誘導を交えてエキサイティングに話す。
相手は僕の話に興味を持ってくれた。それだけではなく僕の話題の誘導の事もあってか、
僕が優勝のキープレイヤーであったと思うようになってくれた。

聖薇「そうです。たとえ他の人が信じなくても、私は信じます。岬君がいなければ南葛小は優勝できなかった」

いつしか聖薇の手は止まり、真顔で僕を見て話していた。

聖薇「そんなあなたと友達になれた事を、私は誇りに思います」

顔を真っ赤にして告げてきた。ここまではっきりと敬意を告げられると
何回か経験したことがあるといえ、可愛い子からの好意的な反応は心に来るものがある。
そう思って聖薇を眺めてみると、はたと異変に気付いた。
照れているにしては顔以外の体も赤くなっており、残暑が厳しいにも関わらず、体から汗が流れていない。

聖薇「あ、うう……」

そう思っているうちに聖薇が草の上に倒れてしまった。
日射病だ。何十分も日なたで草刈りをしていたせいだ。
急いで彼女を抱き起こして日陰に運び、それから窓口に行って適当な理由をつけて
コップとうちわを借り、水道からなみなみと水を入れる。
聖薇の元に戻って口を開けさせ水を注ぎ、うちわであおぎながら、手持ちのハンカチで手足首元に顔、
さらに脇や腰にお腹と、異性として接触が辛うじて許される範囲を拭けるだけ拭いて、彼女の体力の回復を待った。
幸いにしてすぐに口がきけるようになるまで回復したらしく、僕の方を向くと、申し訳なさそうな顔をして謝った。