キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50


レス数が1000を超えています。残念ながら全部は表示しません。
【目指すは】俺inキャプ森1【全国】

1 :森末(仮):2013/09/16(月) 20:49:15 ID:???
このスレは、キャプテン森崎のスピンアウト作品です。
参加者の皆さんの選択、及びカード引きによって物語が展開していきます。

他の森崎板でのスレと被っている要素や、それぞれの原作無視・原作崩壊を起こしている表現。
その他にも誤字脱字や稚拙な状況描写等が多数あるかと思いますが、お目こぼし頂ければ幸いです。

☆前スレ☆

キャプテン森崎外伝スレ11
http://capmori.net/test/read.cgi/morosaki/1362066008/784-861

☆あらすじ☆

キャプテン森崎を心から愛する男板野住明はある日キャプテン森崎の精、
通称『森末』からキャプテン森崎の外伝スレへと参加してみないかと提案をされる。
快く承諾した板野は参加を決める際、ゲーム難易度『難しい』を選択してしまい、
自分が参加するスレには森崎、翼、日向という全日本の三大主柱と言うべき人物の参加を蹴ってしまう。
自分が参入をするチームをふらの中学と決めた板野、果たして彼は全国中学サッカー大会で優勝する事が出来るのだろうか?

2 :森末(仮):2013/09/16(月) 20:50:18 ID:???
☆板野くんの能力値☆

選手名     ド パ シ タ カ ブ せ 総 高/低  ガッツ
板野      41 40 43 40 38 40 40 282 1/3  600/600

☆サッカーのルールについて☆

基本的に本編と同様ダイスで進行させてもらいます。
間違えやすい点は下記に列挙。

・試合中の覚醒など
板野君以外の味方はJOKERを引いた際、もしくはダイスで11・12を出した際に覚醒チャンスが出ます。
攻撃判定の場合は敵に勝利した場合、守備判定の場合はボールに触れた場合に覚醒する事が出来、フラグか技などを習得できます。
JOKERでの覚醒の場合は一発取得、11・12での覚醒の場合はフラグまでです。

・ガッツ関係について
試合中、1分毎にガッツは5回復します。
ガッツが300以下になると全能力−1、200以下で−2、100以下で−3、0以下で−5とペナルティが増えていきます。

・フリー補正など
フリー状態の場合はシュート、パスなどに+2の補正がつきます。
主にフリーキックの際に使用される補正ですが、相手の戦術や退場などによっては普通にプレイしている時でもかかる時があります。
また、コーナーキックの際のシュートは、特殊なシュートでなければ角度ペナが入りフリー補正と±0になる予定です。

・人数補正について
守備側の選手たちは判定に参加した人数に応じて人数補正を受けます。
2〜3人で+1、4〜6人で+2、7人以上で+3の補正となります。
キーパーのセービングには影響をうけません。

3 :森末(仮):2013/09/16(月) 20:51:32 ID:???
・スルー、ポストプレイについて
スルーはシュート力+3した状態で判定が行われ、成功するとキーパーの状態を悪くする事が出来ます。
ただし上手くいくかどうかは合わせてくれる味方との連携にもよります。
ポストプレイはパス力での判定になります。

・反則について
反則は攻撃側、守備側の接触プレイ時、お互いにクラブを引いている場合にのみ起こります。
この時反則を犯すのはカードの数値が低かった方です(同数の場合は守備側になります)。
また、基本的に怪我は反則を犯された側のみが受ける事となります。


・怪我の判定について
ケガの判定は以下の表を使って算出します。
本編のものと同様です。

ケガの深度 非接触 接触 反則時 シュート吹飛 接触吹飛 反則時吹飛
万全の状態 無   無   中    小       小      中
なおりかけ  無   小   中    小       中      大
軽傷治療済 小   中   中    小       中      大
軽傷未治療 中   中   大    中       大      危
重症治療済 中   大   大    大       危      必
重症未治療 大   危   必    必       必      必
プレイ不能  必   必   必     必       必      必

無=怪我は発生しない
小=クラブの4か9か13
中=クラブの偶数  
大=クラブ
危=クラブかスペード
必=必ずケガをする

4 :森末(仮):2013/09/16(月) 20:52:34 ID:???
・シュートの枠外について
シューターとキーパーの数字の和が14の場合、シュートはゴールポストに当たります。
更にカードのマークが一致した場合は枠外になります。
ツインシュートの場合はシューター同士のマークが一致でポスト、数字も一致で枠外です。
この場合キーパーとの和が14でもシューター同士のマークが違えばポストにはなりません。
また、この判定は一対一の判定の際にも適用されます。

・PKについて
PKの際はマークが一致した時のみ、セービングチャンスが与えられます。
一致しなかった場合は枠外にならない限り自動的にゴール、ですがシューターのカードがQ、Kの場合のみ枠外になります。

・ブロック失敗時のシュート威力現象
ブロック時、クリア時にシュートを弾き返せなかった場合でも、
シュート力−守備側の判定=2〜4の場合はシュートの威力が−1されます。
この効果は重複しますが、DF判定の段階では適用されません。キーパーのセービング判定にのみ影響があります。

5 :森末(仮):2013/09/16(月) 20:53:39 ID:???
【登場人物紹介】
・板野住明
キャプテン森崎が大好きな、どこにでもいる学生でこのスレの主人公。
性格的にはかなり素直で、キャプテン森崎の世界にいる現状を楽しんでいる。
キャプテン森崎の知識は豊富なので、それがこの世界での彼の最大の武器。

・キャプテン森崎の精(通称:森末)
板野をキャプテン森崎の世界に招待した自称・キャプテン森崎の精。
時々怪しいそぶりを見せるが、頻繁に板野にアドバイスをくれる奴。外見は某QBそっくり。

・松山光
板野が選んだ中学、ふらのサッカー部のキャプテンで道産子。
彼が施す熱血過ぎる練習量のせいで部員に逃げられてしまいチームは試合するギリギリの人数になってしまっている。

・小田和正
ふらののCFWで、当面は板野のライバル役。
試合であまり目立ちたくはないが、さりとて板野よりも役立たずという烙印を押されるのは勘弁と思っている。

・その他のふらのメンバー
板野の登場で少し危機感を持っている以外は本編同様、事なかれ主義な面々。
特に山室と中川は同じポジションとして焦り気味。

・藤沢美子
本編では松山との間に悲劇的結末を生んでしまい、今もキャプ森板全界隈で惜しまれている少女。
現時点で台詞はまだ出てきていないが、影に日なたに松山の事を見守っている。

・ふらののマネージャー(メガネ)
メガネをかけている。

・ふらのの監督
カーチャン自慢のスタミナドリンクを部員に飲ませたがる以外は特に特筆すべき点は無い監督。
戦術論などは割と松山の言いなりな所がある。

6 :森末(仮):2013/09/16(月) 20:56:03 ID:???
先日言いましたように、外伝スレから独立させていただきました。
頑張って更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。

7 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:18:38 ID:???
>★小田→ドリブル 40 ( ハートK )( 3 + 5 )=48★
>★板野→タックル 40 ( ダイヤ9 )( 2 + 6 )=48★
>=0→ボールはこぼれ球に。
========================================================
板野「(流石に小田が相手なんだ、これくらいなら余裕でカット……)」

ズダダダダッ!!

板野「(あれっ、意外に早い!?)く、くそっ!」

バチッ!

相手が小田だという事で油断をしていた俺だったけど、小田もそこまで甘い相手じゃなかった。
そりゃ松山みたいな一線級、この世代を代表するクラスのエースに比べれば甘いのかもしれないけれど……。
腐ってもいずれ全国大会でベスト4になるレベルの選手、思っていた以上にそのドリブルスピードは早く、
慌てて俺がボールに足を伸ばしても、霞める程度が精いっぱいだった。

小田「くそっ、零されたか!(引き分けって所か? なら及第点……だよな?)」
板野「ふぅ……(なんとかボールに触れたか)」
森末「(なんだかんだ言って、君だってそこまで今の時点では強くないからね。 油断は禁物だよ)」
松山「(小田が止められたか……完全にボールカット、って訳じゃなかったみたいだけど、結構やるなあいつ)」

なんとか抜かれる事を防いで一安心する俺は、森末の頭に響く声を聴いて頷く。
確かに今の俺はあまり強くは無いみたいだ、本編では殆ど雑魚クラスの奴が相手でも、油断は出来ない。
改めて気を引き締めると、こぼれたボールを拾い直し、攻守を交代して、今度は俺が小田に向かってドリブルで突き進んでいく。

板野「よし、今度は俺の番だ!」
小田「きやがれ!(くそーっ、ディフェンスは苦手なのに!)」

8 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:19:42 ID:???
先着2名様で、

★板野→ドリブル 41 (! card)(! dice + ! dice)=★
★小田→タックル 37 (! card)(! dice + ! dice)=★

と書き込んで下さい。カードやダイスの結果で分岐します。

MAX【攻撃側】−MAX【守備側】
≧2→板野が小田を抜き去った!皆の見る目が変わる……筈!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。
≦−2→小田がボールを奪った!流石はふらののエースストライカーだ!

9 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:20:04 ID:???
★板野→ドリブル 41 ( JOKER )( 6 + 1 )=★

10 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:20:49 ID:???
★小田→タックル 37 ( ハート8 )( 1 + 4 )=★

主人公だなw

11 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:21:04 ID:???
やったぜ!

12 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:21:59 ID:???
★小田→タックル 37 ( スペード4 )( 2 + 6 )=★

スレ立てお疲れ様です!
そしていきなりジョーカー!?

13 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:32:18 ID:???
>★板野→ドリブル 41 ( JOKER )=自動6ゾロ( 6 + 1 )=53★
>★小田→タックル 37 ( ハート8 )( 1 + 4 )=42★
>≧2→板野が小田を抜き去った!皆の見る目が変わる……筈!
======================================================================
板野「うおおおおおおおおおおおおおお!!」
小田「ひ、ひぇっ!?」
板野「今の俺を止められるもんかぁ!」

バキッ

小田「うぎゃっ!?」

今度は完全に勝ってやる、あの松山光が見ている目の前で!
そう意気込んでいた俺は思わず無意識の内に叫んでおり、その気迫を前にして小田は思わず怯む。
そうしておっかなびっくり足を突きだしてくる小田だったけど、そんなもので止められるような今の俺じゃない。
気合を入れまくった俺は、設定したのが小柄な体型なのがなんだと言わんばかりに小田を跳ねとばし、
そのまま直進して無人となっていたゴールに思い切り強烈なシュートを叩き込む。

板野「よーし!」
ふらの中「「「ぽかーん……」」」
小田「い、いててて……(じょ、冗談じゃないぞ! チビの癖になんてパワーなんだ!)」

この光景を見て、ふらの中の他のメンバーは思わず口をおっぴろげて唖然とし、
跳ね飛ばされた小田は腰を擦りながら、俺の背中を化け物を見るような目で見つめる。
そして、このチームのキャプテンである松山は……。

14 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:33:20 ID:???
先着1名様で、

★松山くんの反応→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→ダイヤ+小田「いやキャプテン、もう一度、もう一度俺にチャンスをくれ!」 なにィ!?小田がやる気満々だと!?
ダイヤ→松山「凄いパワーだな、板野! だがパワーだけじゃサッカーには勝てないぞ、次は俺と勝負だ!」 勝負を挑んできた!
ハート・スペード・クラブ→松山「す、凄いぞ板野! 小さいのに、なんてパワーなんだ!」 板野の実力を絶賛してくれる!

15 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:33:30 ID:???
★松山くんの反応→ スペードA

16 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:54:59 ID:???
>★松山くんの反応→ スペードA ★
>松山「す、凄いぞ板野! 小さいのに、なんてパワーなんだ!」 板野の実力を絶賛してくれる!
==========================================================================================
板野「そ、そうかな、えへへ(小さいのにってのは自分で設定しておきながらちょっと傷つくけど……褒めてるんだよね?)」
森末「(まあそういう奴だからな、松山光って)」

板野の突破を見て、松山は素直に板野の実力を褒め称えた。
元々小柄である板野が、自分よりも大きな小田を跳ね飛ばして突破をしたというインパクトも多分にあるだろう、
或いはこれまで入ってきた部員たちが軒並み自分の課す練習に耐えられなかった中、
これだけやれる者ならば、きっと長続きしてくれるに違いないという淡い期待もあったのかもしれない。
思う所は松山本人にしかわからない所であるが、とにかく松山は板野のこの突破を純粋に褒めた。

小田「あわわわ……(や、やべー。 あいつキャプテンに気に入られ始めてる?)」
山室「(このままじゃマジでFWのポジション取られちまうよ……)」
中川「(な、なんとかしないと、俺の位置が危うい……!)」

そして、この光景を見て一層危機感を募らせたのはふらののFWトリオだった。
先にも言ったように小学生時代から殆どチームメイトが変わっていない彼ら。
だからこそ、ここにきて、中学を卒業するまでの間でドロップアウトが出来なかった彼らにとって、
強制的にチームから必要ないと言われる事は己がチームから浮いてしまうという意味で大きな死活問題なのである。

松山「よし、それじゃあ練習再開だ!
   板野を新たに加えた、新生ふらのの底力を、今年の全国大会で見せつけてやろうぜ!」
板野「おーっ!」
ふらのメンバー「「「おーっ……」」」

とにもかくにも、こうして板野住明のサッカー人生の1章。
ふらの中学編は開始をするのであった。

※小田、山室、中川の3人が強い危機感を覚えました。
※松山の好感度が上がりました。

17 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:56:06 ID:???
『2年目 4月 日常パート』

森末「お疲れ様、どうだい? 新しい日常には慣れてきたかい?」
板野「うん、勉強も部活も、なんとか慣れてきたよ。 クラスで友達も出来てきたしね」

初登校をしてから数日後、学校から帰ってきた板野は、
居間で今晩の夕食の支度をしている森末と共に雑談をしていた。

森末「それはよかった。 なら、そろそろ日常パートをはじめる頃合いかな」
板野「日常パートか……具体的にはどんな事が出来るの?」
森末「チームメイトと交流をしたり、或いは定例イベントを起こすフラグになるイベントを起こしたり出来るね。
   基本的にはその2つが主になるよ。 何もしないで引きこもる事もありだけどね」
板野「全部で日常パートは16回あるんだっけ?」
森末「そうだね。 まあどれを選んでもらっても、本筋にはあまり関係は無いかもしれないから、好きに選んでよ。
   気楽にね」
板野「うーん、それじゃあどうしようかな」

A.街をぶらついてみる(※何かイベントが発生するかもしれません)
B.誰かに会いに行く(※改めて誰に会いに行くか選択できます)
C.自宅で過ごす(※低確率で何かイベントが発生するかもしれません)

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

18 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:56:23 ID:v58a4gCA
A

19 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:58:02 ID:hzs8bxD2
A

主人公は覚醒、フラグ取得はなしですか?

20 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 21:59:12 ID:???
>>2を読もう

21 :森末(仮):2013/09/16(月) 21:59:55 ID:???
>>19
主人公は覚醒、フラグ取得はなしですね。
代わりに練習機会、イベントなどがあります。

22 :森末(仮):2013/09/16(月) 22:06:29 ID:???
>A.街をぶらついてみる(※何かイベントが発生するかもしれません)
========================================================================
板野「それじゃあ街をぶらついてみようかな……」
森末「カード判定の一発運勝負だね。 それじゃあ頑張っていってらっしゃい。
   今日はもう遅いから、明日ね」
板野「うん」

森末の言うように、練習を終えて帰ってきた今、外をぶらついても何も無いだろう。
そのまま食事を取って寝、丁度練習が休みだった次の日。
板野は外へと出かけ、何かイベントが起こらないかなと思いながらぶらつくのだが……。

先着1名様で、

★何があるかな→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→???「あうー、だるーい、外でたくなーい」 なんかだるだるしてる女の子がいる……
ダイヤ→おや?学校のグラウンドで誰かが練習してるぞ? A〜4→中川 5〜9→山室 10〜K→小田
ハート→繁華街でマネージャー2人組に出会ったぞ!
スペード→繁華街で藤沢に出会ったぞ!
クラブ→矢車「新スレは俺には眩しすぎる……」 だったら出てくるなよ!

23 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:13:15 ID:???
★何があるかな→ ハート7


24 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:14:42 ID:???
>>20
>>21

すみません、板野君以外に気づきませんでした。
回答ありがとうございます。

25 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:25:16 ID:???
書くの早いななんとなくあの作者を思い出す

26 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:48:10 ID:???
遅れ馳せながら採用andスレ立て乙です。
ところで、森末(仮)のままですね。ずっとですか


27 :森末(仮):2013/09/16(月) 22:49:03 ID:???
>★何があるかな→ ハート7 ★ 繁華街でマネージャー2人組に出会ったぞ!
=========================================================================
板野「ふーん、北海道にも結構大きい街ってあるんだなぁ……」

何気に失礼な事を考えながら、板野はふらの近くの繁華街へと出かけた。
ふらのの近くに繁華街は無いとか、ふらの自体が繁華街だというツッコミは受け付けない。
北海道の地理には、あまり詳しくないのだ。

板野「ん? あれは……藤沢と、メガネのマネージャー? おーい!」
ふらののマネージャー(メガネ)「あら? 美子、あそこで手を振ってるのって……」
藤沢「板野君だわ、私達を呼んでるみたい」

マネージャー2人組を見るや否や、大きく手を振って2人を呼ぶ板野。
2人は少し周りの目を気にしながらも、見つけてしまった以上は無視する事も出来ず、
ぶんぶんと手を振っている板野の元まで歩み寄り、挨拶を交わす。

ふらののマネージャー(メガネ)「こんにちわ、板野君。 珍しい所で会ったわね」
板野「サッカー部に入ってから、初めての休日だったから、ちょっとふらのの近くを回ってみようと思って。
   あんまりまだ地理に疎いからさ。 マネージャーたちはどうしてここに?」
藤沢「私達も、久しぶりの休みだから少し街に出てみようと思って……」
ふらののマネージャー(メガネ)「うちのサッカー部はあまり休みが無いもの。
                折角の休日を家で過ごすのなんて、勿体ないもんね」

どうやら藤沢達は久しぶりの休日だという事で、この繁華街までウインドウショッピングにやってきていたらしい。
確かにサッカーをやっている板野達は当然として、マネージャーである彼女たちにも休みは殆ど無いのだから、
こうしてゆっくり骨休めする事は必要な事なのだろう。
そうしてしばらく雑談をしていると……。

松山「あれ? 板野にマネージャーじゃないか、こんな所でどうしたんだ?」

28 :森末(仮):2013/09/16(月) 22:50:34 ID:???
藤沢「! ま、松山くん!?」

そんな3人に声をかけてきたのは、ご存知ふらの中キャプテンの松山光であった。
思いがけずこんなに大きな街で4人も知り合いが集まった事に驚く板野。
一方、藤沢はこんな場所で松山に出会うとは思っていなかったのか、そんな板野よりも更に驚きの表情を浮かべている。

板野「こんな所でどうしたって、俺はちょっとこの辺に詳しくないからぶらぶらしてただけだよ。
   そしたらマネージャー2人に会ったって訳さ。 松山はどうしたんだ?」
松山「サッカー雑誌を買いに来たんだ、地元の小さい本屋じゃ取り扱ってくれないからなぁ……」

あまり都会に出てくるイメージの無い松山であったが、街に出てきた理由を聞いて納得する板野。
確かにこの時代の田舎の本屋では、まだまだマイナースポーツに近いサッカー誌など売っていないだろう。
それを買いにわざわざ街に出る辺り、やっぱりサッカー馬鹿なんだなと改めて思う板野に対し、
松山はそのお目当ての雑誌が入っていると思しき紙袋を抱えつつ、顎を一撫でして考え込む。

松山「そうか、確か板野は東京出身なんだったな……。 それなら、これから俺が案内してやろうか?」
板野「え? 本当に?」
松山「ああ! 北海道の良さを知ってもらいたいからな!」

郷土愛にあふれる男、松山光。
目の前の男が北海道に不慣れである事を思い出し、なんとしてでも北海道の良さを伝えなければと変なスイッチが入る。

板野「(本当に北海道好きなんだなぁ……だからあんなネーミングセンスなんだろうけど。
    それはそれとして、どうしようかな?)」

A.「それじゃあ折角だしお願いするよ」
B.「でも松山ってこんな繁華街、色んな場所知らないんじゃない?」
C.「いや、遠慮しておくよ。 1人で色々歩くのが好きなんだ」
D.その他 言わせたい事を書いてください。
先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。
>>26
(仮)はなんとなくです。

29 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:56:24 ID:???
A

30 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:57:10 ID:v58a4gCA
B
女の子も来てもらうにはこれかな

31 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:57:12 ID:hzs8bxD2
A

32 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 22:58:07 ID:KBaAg5SI
A

33 :森末(仮):2013/09/16(月) 23:23:46 ID:???
>A.「それじゃあ折角だしお願いするよ」
==============================================================
折角の松山の提案を断る理由は無い、板野は喜んで承諾をすると、
松山はグッとガッツポーズをして任せろと言いながら、早速案内を始めようと歩き始める。

松山「そろそろ昼だし、まずは昼食からだな!
   この近くに美味い塩バタコーンラーメンを出す店を知ってるんだ!」
板野「(うわぁ、モロに北海道だ! って、あれ? ちょっと待て、この流れ……)」
松山「じゃあな、マネージャー! また明日、学校で!」

ポキン

藤沢「う、うん。 またね、松山くん、板野くん」
板野「(なんか今、変なの折れる音聞こえたんだけど!)」

松山としては、当然ながら悪気はない。
藤沢達もまた折角の休日にこの繁華街に遊びに来ている以上、無理に付き合わせる事もないという判断から来るもの。
ただ、当然ながら藤沢の心中を知っている板野としては、何か旗がポッキリ折れてしまったような音が聞こえた、気がした。

板野「(やっぱり松山っていい奴だけど残念だよなぁ……それでこそ松山な気がするけど)」
松山「ラーメンを食い終わったら、ラベンダー畑だな!
   やっぱりふらのといえばアレだ!」
板野「う、うん……」

意気揚々と先を行き、これから一日の予定を話し始める松山。
後ろ髪を引かれる思いをしつつ、板野は松山に連れられてラーメン屋に入っていくのだった。

34 :森末(仮):2013/09/16(月) 23:24:48 ID:???
先着1名様で、

★ラーメン屋で何かあります?→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→???「子供がまだ食べてるでしょうが!」 なんか変なオッサンが店員にどなってた!
クラブA→松山「やっぱりラーメンといえば、塩バターコーンラーメンだな! ハッ、ひらめいたぞ!」
それ以外→特に何も無く、その後も松山くんに案内してもらいました。

35 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 23:25:29 ID:???
★ラーメン屋で何かあります?→ ハートQ

36 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 23:25:39 ID:???
★ラーメン屋で何かあります?→ ダイヤ7

37 :森末(仮):2013/09/16(月) 23:46:27 ID:???
>★ラーメン屋で何かあります?→ ハートQ ★
>特に何も無く、その後も松山くんに案内してもらいました。
==============================================================================
松山「うん、美味い美味い。 季節が違えば海産物とかもあったんだけどな……」
板野「ウニとか? でも俺達の小遣いじゃ食べれないよ」
松山「ははっ、確かにそうだな」

松山の案内してくれたラーメン屋は、流石に道産子がオススメしてくれたものと言うべきか、
バターのとろける甘さとコーンのシャキシャキとした歯ごたえが絶妙に麺とスープにマッチしている逸品であった。
値段も中学生である松山、板野には手を出しやすいもの。
なんだかんだ言いつつ、松山の案内に乗っておいてよかったなと板野は実感する。

板野「それじゃあ次はラベンダー畑だっけ? ……男同士で花を見に行くのかぁ」
松山「おいおい、男同士とかは関係ないだろ。 ふらのが誇る観光名所だぞ、ラベンダー畑は。
   本当は夏が最盛期なんだけど、一年中ラベンダー自体はあるからな。
   とりあえず行ってみようぜ!」
板野「うん!」

その後、板野は松山に連れられてラベンダー畑へと移動する。
松山の言うように最盛期に比較をすると少しさみしいような風景であったが、
それでも広大な大地一杯にラベンダーが咲き誇っている姿は正に圧巻。
こうして板野は松山提供のぶらり北海道ツアーを満喫したのだった。

松山「それじゃあまた明日、学校でな!」
板野「うん!」

38 :森末(仮):2013/09/16(月) 23:47:28 ID:???
『2年目 4月 練習パート』

森末「おかえり板野、日常パートは楽しかったかい?」
板野「そうだね、最初はどうなる事かと思ったけど楽しかったよ。
   松山とサッカーするだけじゃなく、ああやって遊んでみるっていうのもいいもんだね」
森末「そうかそうか、満足してくれたなら嬉しいよ。
   それじゃあ次は練習パートだ。 ちょっと説明を箇条書きにするから目を通してね」

・板野含む、周囲の選手たちは3年目8月まで2ヶ月に1回、全能力が+1される。
・板野はそれに加えて、好きな能力を練習する事が出来る。
 技を習得したり、ガッツを増やすのもここで行う。
・最初に選んだ選手適正によって、上がりやすい能力、上がりにくい能力が決定されている。
・とりあえず中学編での限界値は「56」

板野「ふむふむ……2ヶ月に1回か。 3年目8月まで中学編はあるから、
   2年目6月、8月、10月、12月、3年目2月、4月、6月、8月……全部で8回全能力+1されるって事?」
森末「そういう事だね。 これだけでも、まあそこそこの実力にはなるよ」
板野「そこそこかぁ……ガッツも600って少ないし、FWとしてはシュートも覚えたいよね。
   16回で効率的にやるにはどうすればいいんだろう?」
森末「まずは基礎能力を上げる方がいいと思うよ、基礎が無くちゃ技も大した威力にならないからね。
   そうして鍛えてると、いずれ能力が上がりにくくなるから、その時に技を覚えるといい。
   ただ後回しにし過ぎると、覚えられないまま3年目8月になっちゃうかもしれないからね。
   ある程度見切りをつける事も大切だ」
板野「わかったよ。 それじゃあ早速練習だね!」
森末「まずは基礎力をつけるか技を覚えるかを選んでね」

A.基礎能力を上げる
B.技を覚える

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

39 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 23:48:53 ID:4Phda4OE
A
シュートとドリブルは必須項目だしな

40 :森崎名無しさん:2013/09/16(月) 23:51:30 ID:hzs8bxD2
A

41 :森末(仮):2013/09/17(火) 00:00:10 ID:???
>A.基礎能力を上げる
===============================================
板野「まずは基礎能力だね! 森末も言った通り、基礎がしっかりしてないと技も意味ないし」
森末「なら次は何を鍛えるかだね。
   現段階だとすべての能力が上がりやすくなってるけど、どれを鍛える?」
板野「そうだなぁ」

とても上がりやすい:ドリブル、パス、シュート、タックル、パスカット、ブロック、せりあい、ガッツ
上がりやすい:なし
普通:なし
上がりにくい:なし
とても上がりにくい:なし

A.ドリブル
B.パス
C.シュート
D.タックル
E.パスカット
F.ブロック
G.せりあい
H.ガッツ

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

42 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:04:32 ID:Y35i/J7o
C

43 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:04:54 ID:RJY3Qlpw


44 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:07:03 ID:0ksCTxmE
C

45 :森末(仮):2013/09/17(火) 00:11:48 ID:???
あっとごめんなさい、シュートだけはとても上がりやすいだけじゃなく上がりやすいでした。
記載ミスで投票が決定してしまったので、30分まで取り消しかどうかのレスを待ちます。
30分まで無かった場合は、このまま進行します。
どうもすみません。

46 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:21:17 ID:0ksCTxmE
にへ変更します。

47 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:22:31 ID:0ksCTxmE
すみません、記入ミスです。

Aに変更します。

48 :森末(仮):2013/09/17(火) 00:23:15 ID:???
>>47
どうも、変更了解です。

49 :森末(仮):2013/09/17(火) 00:27:44 ID:???
>A.ドリブル
====================================================
森末「全部とても上がりやすいって言ったな……あれは嘘だ。
   シュートだけは普通に上がりやすい」
板野「じゃあドリブルにしようかな、FWは突破力も大事だしね」
森末「うん、いいと思うよ。 それじゃあ明日の練習、頑張ってらっしゃい」

ちょっとしたミスはあったものの、なんとか1回目の練習の方針は決まり、
板野は明くる日、いつものように部活に顔を出すとドリブルを重点的に鍛えはじめる。

板野「(小田は抜けたけど、あれって引きがよかっただけな気がするしね……。
    いっちょ気合入れてドリブルを鍛えよう!)」

先着1名様で、

★板野のドリブル特訓→(! dice + ! dice)=★

と書き込んで下さい。カードやダイスの結果で分岐します。

5以下→+1
6〜9→+2
10以上→+3

50 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:28:36 ID:???
★板野のドリブル特訓→( 2 + 5 )=★

51 :森末(仮):2013/09/17(火) 00:45:15 ID:???
>★板野のドリブル特訓→( 2 + 5 )=ドリブル+2★
=============================================================
タタタタッ

板野「(考えてみると、中学生編で優勝するならドリブルを鍛えるって結構重要そうだよな。
    目下のライバルになりそうな南葛、東邦の守備を考えるとさ)」

南葛の守備の要は石崎と高杉、東邦の守備の要は若島津。
前者はブロックが得意であり、後者はセービングは国内ならトップレベル、更に飛び出しは世界レベルだろう。
安易にシュートを打つよりは、ドリブルで抜き去る事も選択肢に入るのかもしれない。
キャプ森板のシステムを熟知している板野はそういった考えもあってかドリブル練習に熱が入り、
めきめきと実力を伸ばす事に成功をした。

ズザーッ!

近藤「ここだーっ!」
板野「ボールは渡さないぞ!」

そのキープ力は既にふらののDF達では容易にボールを奪えない程であったが……。

松山「よし、貰ったぞ!」
板野「うわぁっ!?」

バチィッ!

しかし、まだまだ松山を抜ける程のものではないのだった。

板野「くそーっ、また松山に止められたか!
  (やっぱりタックル上手いよなぁ、松山。翼がいない日本でこいつ抜ける奴いるのかな?)」
松山「板野も中々のキープ力だけど、俺もボールカットには自信があるからな!
   さ、練習練習!」

52 :森末(仮):2013/09/17(火) 00:46:15 ID:???
『2年目 5月 日常パート』

こうして板野がこの世界にやってきてから1月が経過し、5月。
今月もまた、日常パートがやってくる。

板野「あれ? 定例イベントはないの?」
森末「言ったろ、あれは特別な時にしか発生しないんだって。
   日常パートと練習パートを交互に繰り返すのが基本だよ、で、今月はどうするの?」
板野「そうだなぁ……」

A.街をぶらついてみる(※何かイベントが発生するかもしれません)
B.誰かに会いに行く(※改めて誰に会いに行くか選択できます)
C.自宅で過ごす(※低確率で何かイベントが発生するかもしれません)

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

53 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 00:56:30 ID:0ksCTxmE
B

54 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 01:04:15 ID:Y35i/J7o
B

55 :森末(仮):2013/09/17(火) 01:09:07 ID:???
>B.誰かに会いに行く(※改めて誰に会いに行くか選択できます)
===============================================================
板野「誰かに会いに行ってみようかな」
森末「そうか、各キャラの住所の控えはちゃんと僕が用意してるからね。
   誰に会いたいか言ってくれれば、教えてあげるよ」
板野「森末って便利だけど怖いよね。 えーっと、それじゃあ誰に会いに行こうかな」

A.松山
B.小田
C.藤沢
D.ふらののマネージャー(メガネ)
E.矢車
F.監督
G.その他 選びたい人を下記から選択して下さい。

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

※選べる人 山室、若松、中川、金田、本田、松田、近藤、佐瀬、加藤

56 :森末(仮):2013/09/17(火) 01:14:14 ID:???
本日はここで一区切りさせていただきます。
遅い時間までお付き合いありがとうございました。

57 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 01:24:41 ID:RwVZ+zkg
A
お疲れ様ー
育成方針はとりあえずドリブルとシュートが急務かね
守備は松山に任せよう

58 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 01:40:10 ID:???
A

お疲れ様です。
まずはシュート、ドリブル、ガッツだね。
その後パスか必殺シュートかな。

手が回れば守備も伸ばす、ただしブロックは捨てていいと思う。

59 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 01:48:20 ID:0ksCTxmE
おお、下げてた……

すみません、Aです。

60 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 17:33:02 ID:???
チビなのにブロックの強いFWとかロマンがあるんだけどな、技がネックだなぁ

61 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 17:36:40 ID:???
今のまま2ヶ月ごとのレベルアップすると
ドリブル43+8=51シュート43+8=51か・・・
上がりやすいうちにドリブルかシュートを5程上げときたいな

62 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 17:43:50 ID:???
上がりにくくなるまではその2つを鍛えたいね
ただガッツとシュート技も鍛えたい、シューターなら必殺技ないと活躍できないだろうし、
シュート撃つこと考えたらガッツも800は欲しい

63 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 21:31:37 ID:???
いきなり細かい考察が始まっててビックリ
考察はお任せしするよー

64 :森末(仮):2013/09/17(火) 22:48:13 ID:???
>A.松山
=================================================
板野「松山に会いに行ってみようかな」
森末「わかったよ、それじゃあ松山の住所はだね……」

松山に会いに行く事に決めた板野は、森末から住所を教えてもらい、早速松山の自宅へと向かった。
松山の自宅は特別裕福そうでもないが、貧困そうでもない中流家庭の一軒家。
呼び鈴を押すと幸いにも松山本人が応対してくれ、
松山は板野が急に自宅に来た事に驚きながらも、快く自室へと板野を案内する。

松山「しかしどうやって俺の家を知ったんだ? 確か教えてなかったよな?」
板野「その……他の皆に聞いたんだ(流石に森末に教えてもらいましたなんて言えないよね)」
松山「ふーん、それで、今日は一体何の用だ? あいにく俺の部屋には遊べるようなものなんて無いんだが」
板野「(原作での翼の部屋程じゃないけど……サッカーの雑誌や本がいっぱいあるな。
    貼られてるポスターも、多分欧州のサッカー選手か何かかな?
    流石にベッドのシーツはサッカーボール柄じゃないみたいだけど。 で、えーっと、何を話そうかな)」

A.松山の小学生時代の話を聞いてみる
B.今年8月にある全国大会の話をしてみる
C.ふらののチームメイトたちについて話し合ってみる
D.ここは恋愛の話を振ってみよう
E.その他 話したい事を併記してください

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

65 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 22:49:10 ID:zqx3SvXQ
A

66 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 22:50:57 ID:Y35i/J7o
B

67 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 22:52:43 ID:0ksCTxmE
B

68 :アナカン ◆lphnIgLpHU :2013/09/17(火) 23:17:13 ID:???
新外伝スタートおめでとうございます、面白そうな内容で今からJY編が楽しみです♪
スレ主をやるのは難しくも楽しい物です(o゜▽゜)o
続ける中で環境が変わったりもするでしょうが、テーマ的に長期になりそうな内容ですし更新がんがって下さいねo(*⌒O⌒)b


69 :森末(仮):2013/09/17(火) 23:19:33 ID:???
>B.今年8月にある全国大会の話をしてみる
==========================================================
板野「あと3ヶ月もしたら全国大会だろ? 少し話を聞いてみたいと思ってさ。
   俺、全国には出場した事が無かったからな」
松山「板野の実力なら、全国に出れてもおかしくないと思うけどな。
   でもそうか、不安に思う気持ちはわかるぜ。 うん、なんでも聞いてくれ!」
板野「(まぁ、そもそもサッカーを始めたのが中学からというか、ふらのに転入してきてからなんだけどね)」

とにもかくにも、松山は快く全国大会について質問があるというのなら答えると応じてくれ、
板野は少しだけ苦笑をしながら、まずは去年のふらのの成績について聞いてみる。

板野「そういえば去年はふらのはどこまで行けたんだ?」
松山「去年は道大会を突破はしたけれど、本大会では1回戦敗退だったよ。
   言い訳になるかもしれないが、俺達は1年生……だけど本大会には上級生がゴロゴロいたからな」
板野「(松山だと学年での差異なんて殆ど無いんだろうけど……他の面子は違うだろうしなぁ。
    流石に松山がいても、それじゃ勝てないか)」

松山自身の実力は、キャプテン森崎をよく知り、そして僅か1ヶ月ではあるが共に練習をしてきた板野はよく知っている。
彼ならば上級生に囲まれても負けない程の実力を持っているのは確かだろうが、
サッカーは1人で出来るものじゃない。
他の者達が特にパッとしない面子で固められたふらのでは、道大会を突破出来ただけでも褒められるべきものだろう。

板野「(それを考えると、今年も道大会はほぼ突破は決定してると思っていいのかな?
    松山だけじゃなくて俺もいるし)」
松山「ただ今年こそは全国制覇を成し遂げて、この北海道に優勝旗を持って帰ってくるぞ!
   なぁ板野!」
板野「う、うん……それで、具体的に全国でライバルになるチームは?」
松山「そりゃ静岡代表の南葛、それに東京代表の東邦だろうな。
   この2チームは去年も決勝でぶつかって、熾烈な争いを繰り広げたからなぁ。
   目下、打倒を目指すのはこの2チームだ!」
板野「(南葛と東邦か、やっぱり森末の言ったように森崎達が抜けても強いんだなぁ……)
   えーっと、その2チームはどんな特徴のチームなの?」

70 :森末(仮):2013/09/17(火) 23:21:00 ID:???
松山「南葛は俺達ふらのみたいに、元々小学生時代にあった南葛SCにいたメンバーが大勢いる。
   その中でも去年から活躍していたのが井沢、来生、滝の修哲トリオっていう3人組だな」
板野「へ、へー(修哲トリオが大活躍するの……? あ、でも森末が少し強化したとか言ってたような?)」
松山「来生の決定力、滝の突破力、井沢の献身的なディフェンスは去年から上級生相手でも通用していたからな。
   1年を経てレベルアップをしてると考えるなら、間違いなく手強い」
板野「(? なんだろう、今ちょっと違和感があったような気がするなぁ)えっと、他には?」
松山「うーん……後は去年見た限りだと、時々DFで石崎、高杉っていう奴が途中交代で入ってる時があったな。
   2人ともシュートブロックは中々だった、あれも注意は必要だ」
板野「(どうしよう、ここらへんで何か突っ込んだ事を聞いておこうかな?)」

A.来生の決定力について詳しく
B.滝の突破力について詳しく
C.井沢の献身的なディフェンスについて詳しく
D.石崎、高杉のシュートブロックについて詳しく
E.別にいいや。東邦の話を聞こう

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

>>68
どうもアナカンさん、ありがとうございます。
そうですね、これからも楽しみながら更新を頑張っていこうと思います。
テーマ的にWYまでを考えると道のりが長くなりそうですが、少しずつやっていこうと思います。

71 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 23:25:30 ID:ZrRYnUHg
C

72 :森崎名無しさん:2013/09/17(火) 23:26:06 ID:prk38yMs


73 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:01:45 ID:???
>C.井沢の献身的なディフェンスについて詳しく
========================================================
板野「(あっ、そうだよ! 井沢がディフェンスっておかしいじゃないか!
    あいつ、能力値的に思いっきり攻撃しか出来ないタイプの選手だった筈なのに!)
   なぁ松山、井沢って奴について詳しく聞かせてくれないか?」

松山の話の中で引っかかったもの、それは南葛の井沢がディフェンスで目立っていたというものだった。
板野の知る井沢という選手は、クリップジャンプと修哲トリオでのパスワークだけが自慢のOMF。
守備能力はザルで、箸にも棒にもかからないレベルというもの。
一体どうしてそうなっているのかと疑問を持った板野は、すぐさま松山に質問を浴びせる。

松山「井沢か? そうか、板野はFWだからな、守備で目立っていた井沢を気にするのも無理はないな。
   あいつは元々、小学生時代はOMFだったけれど中学でディフェンスを鍛えはじめたみたいだな。
   多分、小学生時代は後ろに若林っていうGKがいたから安心出来たんだろうけど、
   中学に上がる前にそいつが外国に引っ越して、守備に綻びが出たからなんだろうな」
板野「(あ、松山が若林の事知ってる。 ……小学生時代、ちゃんと全国大会に出たんだ)」

ちゃっかり松山の話の中に出てきたSGGKの名前を聞いて、森崎達がいなくなった影響を考える板野。

松山「去年だけに関して言えば攻撃ではさっき言った来生、滝の他にオフェンスに定評のある3年の池上もいたし、
   攻撃はそいつらに任せて守備を固めたいって気持ちもあったのかもしれないな」
板野「(それにしても、そうか……俺の知るキャプ森だと森崎がいるから打たれてもなんとか止められたんだろうけど、
    石崎と高杉しかいないんじゃ、撃たれる前に前で止めようって思考になるよなぁ。
    ……もしかして、翼がいないから変に攻撃で貼り合おうって気持ちもなくなったのかも?)」

元々原作では高杉の代わりにDFとして起用される事も多い井沢である。
南葛の守護神である森崎がいなくなり、張り合う相手である翼もいないこの世界では、
攻撃は滝と来生にある程度任せ、自分は中盤で攻撃の芽を摘むというチームの為になるプレイに目覚めたのかもしれない、
と、板野は変に納得をした。

74 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:02:51 ID:???
板野「(他にプレイスタイル変わってる奴とかいるのかもしれないなぁ、注意しなくちゃ)
   南葛の事は大体わかったよ、東邦は?」
松山「東邦はサッカーの名門だな、実は俺も小学生時代にスカウトされた事がある」
板野「えっ、本当に!?」
松山「まあ結局話はなくなったんだけどな」

松山が東邦学園にスカウトされたという事実を聞いて思わず驚く板野だったが、
よくよく考えてみれば何ら不思議な事は無いかと一人頷く。
翼、日向、森崎がいない今、日本でトップクラスのプレーヤーと聞いて思い浮かぶのは松山。
当時松山が注目を集め、スカウトを受けたというのはごく自然な話だ。
……何故話がなくなってしまったのかまでは、わからないが。

松山「とにかく選手の質自体は高いな、その中でも特に目を引くのがGKの若島津、FWの反町だ」
板野「(やっぱりその2人か〜)」
松山「特に若島津は俺達の学年だとNo.1キーパーと言っていいかもしれない。
   あいつの守るゴールは、ちょっとやそっとじゃ割れないからな。
   俺も小学生時代、あいつにPK止められたし……くそっ、あの借りは今年の全国で返さないと!」

森崎が消失し、若林が西ドイツにいる日本において、若島津健は正に日本のNo.1キーパーと言えた。
ふらのに所属し、ポジションをFWと選んだ以上は、彼からゴールを奪えるようになる事が目下の板野の課題と言えよう。

板野「それで、反町って奴は?」
松山「模範的なFWだな。 自分でもある程度運べるし、決定力もある。 地味だけど優秀なFWだ。
   他にも候補はあるけど、東邦の反町と南葛の来生が俺達の世代を代表するツートップだな」
板野「(え〜っ、反町と来生が世代を代表するツートップぅ? ……まぁ、日向いないしそうなるのかなぁ?)」

本編でも原作でもパッとしない2人を並べられて世代を代表するツートップと言われ、困惑する板野。
FWとして将来を考えれば彼らを目標とし、追い越さなければならないのだろうが……。

75 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:04:00 ID:???
板野「(あんまり乗り気しないなぁ……でもJY編になったら組むかもしれないんだよなぁ)」
松山「攻撃は反町、守備は若島津で安定している。 ただ東邦のネックは中盤だな。
   去年の南葛vs東邦は殆ど東邦が攻められっぱなしだった、攻撃の流れ、司令塔が東邦にはいないんだよ。
   散々撃ちまくられた結果、結局若島津がゴールを守りきれずに1−0で南葛が勝ってたからなぁ。
   ボールを運べて攻守の繋ぎ目が出来る選手がいれば、かなり違うんだろうが……」
板野「(タケシは2学年下だからまだ入学してないんだっけ)」
松山「ただ、それでも強敵には違いない。 特にやはり若島津からどうやってゴールを奪うか、それがキモだな。
   板野、お前はどっちが手強いと思う?」
板野「え? そ、そうだなぁ……」

A.「南葛かな。 去年の優勝チームだし、聞いてる限り攻守のバランスがいいみたいだ」
B.「東邦かな。 攻め続けた末に1失点だけに抑えた若島津の守備力は見誤っちゃ駄目だ」
C.「どっちも俺達ふらのには敵わないさ!」
D.その他 言わせたい台詞を併記してください

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

76 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:05:06 ID:pO5csvgA
B

77 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:05:33 ID:JAHzyKtE
B

78 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:20:39 ID:???
>B.「東邦かな。 攻め続けた末に1失点だけに抑えた若島津の守備力は見誤っちゃ駄目だ」
======================================================================================
松山「うん、俺もそう思う。 打倒南葛を掲げてるけど、南葛の最大の弱点はキーパーが貧弱な点だ。
   その点、東邦の守護神は俺達の世代最強と言っていいキーパー。
   ハッキリ言って弱点なんて無い以上、警戒するのは当然だ」
板野「(世代最強かぁ……でも若林が出てきたらかませ犬になるんだろうなぁ)」

原作、そして本編での扱いを考えるとなんだか涙が出てきそうになりつつ、
それでも実際問題、今の板野にとっては若島津は大きな壁である。
今後、まだずっと先になるであろうJY編を考えれば、若島津から点を取れるようでなければきっと世界では活躍が出来ない。

松山「実は若島津対策で少し考えている事があるんだ」
板野「考えてる事?」
松山「ああ、全国大会に向けて技を編み出そうと思っていたんだけどな、
   候補は2つあったんだけど短い時間しかないからどっちを開発しようか迷ってたんだ。
   だけど何を鍛えるかやっと決めたぞ!」
板野「もしかして……」
松山「北国で鍛えに鍛えた粘り強い足腰で放つ、地を這うロングシュートだ。
   若島津からゴールを奪うには、ただのシュートじゃ駄目だろうからな!」
板野「(やっぱり、あれかー)」

原作、テクモ版、本編共に松山光の代名詞となっている例のアレ。
ただこれがキャプテン森崎の外伝である以上、きっと名前はあっちの方になるんだろうなと思いつつ、
板野は爛々と目を輝かせる松山を複雑な思いで見つめるのだった。

板野「(アレを覚えてくれたら得点力は間違いなくアップなんだろうなぁ。
    俺も早く必殺技覚えたいや……その前に基礎力高めるのが先かな? 迷うなぁ)」
松山「よし、明日から早速特訓しないと!」

こうして現在の中学サッカー界の事を聞き、更に松山のやる気を燃焼させつつ、
2回目の日常パートは終わるのだった。

79 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:21:41 ID:???
『2年目 5月 練習パート』

板野「よーし、今月も練習パートだ!」
森末「参加者の皆も君の育成方針について色々考えてくれてるみたいだよ」
板野「えへへ、期待されてるんだね俺」
森末「期待を裏切らないように頑張ってね、それじゃあ今月は何を鍛える?」

A.基礎能力を上げる
B.技を覚える

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

80 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:22:25 ID:JAHzyKtE
A
シュートかドリブルは上げやすいときに上げないとな

81 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:26:33 ID:RKpaAkCA
A

82 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:29:58 ID:???
>A.基礎能力を上げる
========================================================
板野「今月も基礎力を上げる事にするよ」
森末「そうか、それじゃあどれを上げる? まだどれも大体上がりやすいよ」

とても上がりやすい:パス、タックル、パスカット、ブロック、せりあい、ガッツ
上がりやすい:シュート
普通:ドリブル
上がりにくい:なし
とても上がりにくい:なし

A.ドリブル
B.パス
C.シュート
D.タックル
E.パスカット
F.ブロック
G.せりあい
H.ガッツ

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

83 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:33:11 ID:RKpaAkCA
C

84 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:33:31 ID:pO5csvgA
C

85 :森末(仮):2013/09/18(水) 00:37:47 ID:???
>C.シュート
==========================================
板野「松山も例のアレを覚えるみたいだしね、俺も負けてられないや!
   シュートを鍛えよう!」
森末「それじゃあ頑張ってらっしゃい」

そして明くる日、板野はいつものように部活に参加し、
キーパーの加藤を相手にシュート練習を行う。

板野「加藤、シュートを受けてくれ!」
加藤「いいぜ、来い!
  (最近キャプテンがしつこく練習に誘ってくるだけでもヘトヘトなのに……くそう、やっぱキーパーやりたくねぇ!)」

先着1名様で、

★板野のシュート特訓→(! dice + ! dice)=★

と書き込んで下さい。カードやダイスの結果で分岐します。

7以下→+1
8以上→+2

86 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:38:12 ID:???

★板野のシュート特訓→( 2 + 6 )=★

87 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 00:51:35 ID:???
加藤は代表ワンチャンあると思うけど
本人にやる気がないのが痛いな

88 :森末(仮):2013/09/18(水) 01:11:30 ID:???
>★板野のシュート特訓→( 2 + 6 )=シュート+2★
=============================================================
板野「でや〜っ!」

バシュウウウウッ!

加藤「く、くそっ、とれねぇ!」

小さな体を目いっぱい伸ばし、大きく足を振りかぶってシュートを打つ板野。
渾身の力を込めて打ったそのシュートは強烈な勢いでゴールネットへと突き刺さる。
加藤も全国レベルで見れば悪いキーパーではない筈なのだが、それでもボールに掠る事も出来なかった。

板野「やったあ!(よーし、いい感じだぞ! もう加藤相手なら、フリーならゴールを割るのも難しく無さそうだ!)」
加藤「ぐぐぐ……(練習とはいえやっぱりこのゴールを決められる感覚は慣れないぜ)」
松山「(やるな板野……決定力なら俺よりも上だ。 いや、あの技を完成させれば……!)」

忌々しげに板野を見つめる加藤に、頼もしげに板野を見つめる松山。
一方着実に成果が出ている事を実感した板野は、意気揚々とその後も練習に励むのだった。

89 :森末(仮):2013/09/18(水) 01:12:55 ID:???
『2年目 6月 定例イベント』

※6月に入ったので全員の全能力が+1されました。

この日もいつものように練習をしていたふらの中学。
来月7月には道大会も始まるとあってかいつも以上に松山の指導は苛烈であり、
一同はへろへろになりながらも練習に励む。

松山「加藤、ちょっとシュートを受けてくれないか?」
加藤「お、おう!(またかよ、もう勘弁してくれよ……)」

そんな中、ここの所シュートの練習に励んでいた松山は、キーパーの加藤をゴール前に立たせ練習に付き合ってくれるよう頼む。
当然ながら加藤としては断れず、内心いやいやながらも構え、
板野とマネージャーを除く一同は加藤に対して同情をしながらも、これ幸いとしばし休憩を取る。

松山「(昨日の練習では何かがつかめた気がするんだ。 もっと足を大きく振りかぶって……)」

グワァッ!!

加藤「(うげっ、なんか凄そう!?)」
松山「ここだ、ここで決めるんだ! いくぞ加藤、これが俺の『北 国 シ ュ ー ト』だ!」

バシュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウッ!!

加藤「げっ!? ぐはぁっ!」

バキィッ!!

小田「うおおあああっ!? か、加藤ー!?」
松山「やった、完成したぞ! 北国シュート、完成だー!!」

90 :森末(仮):2013/09/18(水) 01:13:59 ID:???
松山の放ったシュート、大きな振り足から放たれたそれは先月松山自身が板野に話した通り、
地を這い、唸りながらゴールへと突き進んだ。
ただでさえ低空のものへ飛びつく際はバランスを崩しやすくなるというのに、
それが猛烈な威力を持っているのだからキーパーの加藤としてはたまったものではない。
哀れ加藤はボールの威力に負けて吹き飛ばされ一同が心配する中、
松山はようやく自身が必殺シュートを会得出来た事に感激をするのだった。

板野「(うーん、目の前で見ると……やっぱり必殺シュートって凄いなぁ)
   凄いね松山! これが前に話してた必殺シュート?」
松山「ああ、そうだ! 北国で鍛えた足腰を使って打つから、名付けて北国シュートだ!」
近藤「(ひ、ひでぇネーミングセンス……いや、なだれ攻撃とか言ってた時からわかっちゃいたけどさ)」
中川「か、加藤、大丈夫か? 立てるか?」
加藤「お、おう。 す、すげぇなキャプテン、吹き飛ばされちまったぜ(もうこのチームのキーパーやだ……)」
松山「なんとか来月の道大会には間に合ってよかったぜ、付き合ってくれてありがとうな加藤!
   加藤も、このシュートを取れるようになれば全国で誰が相手でも怖くないぞ!
   さぁ、練習再開だ!」
加藤「おう!(勘弁してくれー!)」

必殺シュートを編み出した事により、より一層自信を深める松山。
一方、更に練習が激化しそうだと、涙目になりながらも口調だけは平静を装う加藤。
周囲の者達は加藤への同情を深めつつ、我関せずの気持ちで遠巻きに見守りながら練習を再開するのだった。

ふらののマネージャー(メガネ)「ねぇ美子……サッカーって人が吹き飛んだりするスポーツだったかしら?」
藤沢「松山くん、素敵……」
ふらののマネージャー(メガネ)「聞いちゃいねぇ」

※松山が『北国シュート』を覚えました!

91 :森末(仮):2013/09/18(水) 01:15:00 ID:???
『2年目 6月 日常パート』

板野「いやぁ、生松山の生北国シュートが見れたよ! 感動物だったね!」
森末「そりゃよかったねぇ。 全国大会に行けば、もっと珍しいものも見れるだろうさ。
   それで、今月の日常パートはどうする?
   因みに、Aは街をぶらつくからただのぶらつくに変更してみたよ。
   学校とかでのイベントもここで発生させたいからね」
板野「うーん、そうだなぁ……」

A.ぶらついてみる(※何かイベントが発生するかもしれません)
B.誰かに会いに行く(※改めて誰に会いに行くか選択できます)
C.自宅で過ごす(※低確率で何かイベントが発生するかもしれません)

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

>>87
全国大会編では一応上位に入るキーパーですからね。
やる気の無さは松山除くふらののメンバー全員の大きなマイナスポイントです。

92 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 01:22:17 ID:RKpaAkCA
C

取り合えず一通り試してみる?

93 :森末(仮):2013/09/18(水) 02:01:31 ID:???
本日は一旦ここで区切らせていただきます。
遅い時間までお付き合いありがとうございました、それでは。

94 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 02:42:02 ID:tRCBjGao
C

95 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 08:34:39 ID:???
作成しましたー
http://www32.atwiki.jp/morosaki/pages/105.html

96 :森末(仮):2013/09/18(水) 22:55:29 ID:???
>C.自宅で過ごす(※低確率で何かイベントが発生するかもしれません)
====================================================================
板野「うーん、ここまでのパートでは全部能動的に俺の方から動いてたからなぁ。
   受動的にイベントが起こるのを待つ為に、自宅で過ごしてみるよ」
森末「なるほどね、まあいいんじゃないかな?
   なんだかんだで君はまだこの世界に慣れてないんだし、ここまで動きっぱなしで疲れたろう。
   ゆっくり休むといいよ」

こうして板野は次の休養日、久々にのんびり自宅で休む事にした。

先着1名様で、

★ひとやすみひとやすみ→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→たっぷり休んで気合は十分だ!次の練習パートではダイスが1つ増えるぞ!
ダイヤ→トゥルルルル。 おや?電話がなってるぞ。 小田「もしもし、小田だけど」 
ハート→ピンポーン! おや?来客が来たようだ。 中川「板野、いるか?」
スペード・クラブ→特に何も無かった!

>>95
ページ作成ありがとうございます。
そのページに沢山のログを残せるよう頑張って書いていきます。

97 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 22:57:00 ID:???
★ひとやすみひとやすみ→ クラブQ

98 :森末(仮):2013/09/18(水) 23:02:58 ID:???
>★ひとやすみひとやすみ→ クラブQ =特に何も無かった!★
==================================================================
板野「ねぇ森末、特にイベントが起こらないまま夜になっちゃったよ?」
森末「そういうときもあるさ。 板野の受動的に待つっていう考えも悪くなかったんだけどね、
   まだフラグとかが足りてないか何かなんじゃないかな?
   まあ先は長いんだ、ひとやすみひとやすみだよ」
板野「そうだね。 あ、ご飯おかわり」
森末「はいはい」

特に何もないまま休日の時間は流れ、
板野はイベントが起こらない事に若干の不満を覚えつつ、森末の作ったご飯のおかわりを要求するのだった。

板野「うん、美味しい」
森末「おかわりはまだ沢山あるからね、沢山食べて大きくなろうね」

99 :森末(仮):2013/09/18(水) 23:04:07 ID:???
『2年目 6月 練習パート』

板野「よーし、今月も練習パートだ! 頑張って成果を上げるぞ!」
森末「元気だねぇ。 それじゃ、今月はどうする?」

A.基礎能力を上げる
B.技を覚える

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

100 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 23:05:47 ID:KDB4FNHQ
A

101 :森崎名無しさん:2013/09/18(水) 23:07:15 ID:jckBcnT2
A

490KB (08:00PM - 02:00AM の間一気に全部は読めません)
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2007-01-24