キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50


レス数が1000を超えています。残念ながら全部は表示しません。
キャプテン森崎外伝スレ12

991 :日はパリより(仮) ◆5qvYBJdbJQ :2017/11/03(金) 18:00:57 ID:vt4jg3hk
              第4話 『Prologue de Boulogne』




A 使う(空腹ペナ解消)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬「(もう少しで午後2時だ。いい加減何か食べたい。残りの連中に手加減する必要もないしね)」

空腹の限界に達した僕は近くの売店に行き シュークリーム を買う。運動場へ戻って腹ごしらえを済ませ、
ポケットにゴミをしまい込んだところで、天ケ瀬達サッカー部員達がやってきた。

天ケ瀬「おうここだ、あいつがサッカー部の希望の星、岬太郎だ」
部員達「こいつが?」「こんなもやしっ子が本当に強いのか?」「岬くん、これからよろしく!」

希望の星とまで称賛された僕に対し他の人達は興味津々に眺め、思うままにしゃべっていたが、
天ケ瀬が手を大きく振ると彼らはたちまち散開し、空いていたゴールを最後尾として陣取った。

天ケ瀬「論より証拠、実際に経験してみれば納得する。という訳で岬、やってこい。
    中江、秋山、まずは2人で相手をしろ!」
岬「(またボールが渡された、この空気じゃ一線挑むのが無難だな)分かりました、どうか、お手柔らかに!」
FW・中江「よーし来い!小坊!」
FW・秋山「フランスで鍛えた実力を見せてやるよ」

377KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

0ch BBS 2007-01-24