キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 最新50
【目覚めるか】スターリベリオ.W3【鼻の趣味】

671 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2018/10/08(月) 19:43:54 ID:???
A:じゃあ、コイントスお願いします(無視する)


リベリオ「くく、ふふ」

リベリオ「クフハハ……ハーッハッハッハッハ!!」

突如リベリオは高笑いを始めた。笑い声が大きくなるのと対照的に会場は静まり返る。
これには両チームともに困惑しており、静かに動向を見守るしかなかった。
ただ一人だけ、来生だけが余裕を持った表情を保っている。

リベリオ「失礼。まさかこの地で“ジャンケス”を聞くことになるとは思わなかったもんでな」

リベリオ「お姫様が率いるチームだからいい子ちゃんか、腰巾着程度の人間だと思っていたが……
ビクトリーノ以外にも面白い奴がいるみたいだな」

バビントン「(やっぱり何か勝負だったんだ! でも一体どんな……)」

恐らく勝負を受けるつもりであろうリベリオに、一つの懸念があった。
この勝負で怪我になるような事態が起こっても、それが一定条件の下では許されている事である。

バビントン「(案外無茶するところあるから心配……)」

クッパや裏山の件など、大きな行動が目立っている。
どちらも必要な事であり、結果的に無事で済んでいることを理解しているが、それでも心配はある。

リベリオ「審判」

その一言に場が引き締まる。

466KB (08:00PM - 02:00AM の間一気に全部は読めません)
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24