キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50
キャプテン森崎外伝スレ13

200 :キャプ森ワールドカップ(仮) ◆85KeWZMVkQ :2018/07/09(月) 21:58:43 ID:wweCMqLE
前半24分にアルシオンとストラットの連携による『シャドウストライク』が、
ロブソンのブロックを掻い潜って呆気なく1点が決まれば、イングランドの要塞は少しずつ崩壊していく。
前半ロスタイムにストラットが放った『オムニゾーンシュート』が、ロブソンの牙城を破ってゴールを決めると、
後半にはアルシオン。二度目の正直となる『スターバースト』はダメ押しとなる3点目となった。

ロリマー「はぁ、はぁ……畜生! 俺はこれでも国内では世代ナンバーワンストライカーなんだぞ……!」

ヘルナンデス「そうか。俺のように、世代全体では五指にも入れるかどうかのGKですら、
         お前を完封できるという事は、イングランドの選手不足は深刻そうだな」

攻撃面で、ロリマーとテイラーという、世界では精々ロリマーで二流。
テイラーに至ってはほぼ三流のFWに依存せざるを得ないイングランドが、カティナチオを崩せる道理はない。
もっとも惜しかったのが、テイラーがジェンティーレをおびき寄せた隙に放った、ロリマーの『バウンドショット』だったが……。
ジェンティーレよりも数段劣るDF達の『ダイビングブロック』で威力を減衰され、ヘルナンデスの右腕に収まった。

ランピオン「よっしゃあ! これでトドメだ!」

グワァァッ……バゴオオオオオオンッ!

『黄金の右腕』による高速カウンターにロブソンが対応できないまま、バンビーノからランピオンに高いボールが渡る。
ローマの鷹が誇る『ロケットヘッド』に、GKのマクガイヤーはパンチングするも届かず……これが、4点目。

ピッ、ピッ。ピィィィィィィィィッ……!

ロブソン「(同じ欧州でありながら、実力差は歴然、か……)」

敗軍の将であるロブソンは、潔く自らの敗北を認めた。

イタリア 4 − 0 イングランド 試合終了!

172KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24