キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【道は】鈴仙奮闘記41【違えど】

797 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/09(火) 00:17:39 ID:???
また、かつてないハンディキャップを抱きながらも、純粋な闘志を滾らせる鈴仙を前にして、
戦意を喪失しかけていた仲間達も、次なる戦いについて各々思いを馳せる程の余裕を取り戻していた。

コーチ「――さて。これで決まりじゃの」

……紆余曲折がありながらも、再びチームとして魔界カップを戦い抜く事を決意した鈴仙達。
後ろで黙って話を聞いていた、コリンチャンスのコーチは軽く場を総括すると、

コーチ「……で。お主ら。これからどうするつもりじゃゾイ?
     魔界カップ……とやらに出るのは良いとして。それまでの宿は?
     そもそも魔界ってどこにあるんじゃ? 勿論、ワシゃ知ーらんぞ」

鈴仙「……う」

――これまで敢えて議題に挙げなかった、魔界カップまでの日々をどう過ごすか。
また、この世界とは別の異界である魔界への交通手段はどうするのか……という、
より現実的な課題を提示した。

てゐ「うーん。こういう時こそ、スキマ妖怪――八雲紫みたいな便利な能力持ちが居ればいいのになぁ」

穣子「だよねぇ〜。なんか私も、前々前世は紫さんが運転するバスで、
    フランスやらブラジルやら旅行してた気がするよ」

反町「(どんな便利屋なんだ、八雲紫って言う妖怪は……?)」

幻想郷の管理者達や、それに対立する『プロジェクト・カウンターハクレイ』からも離れた今の鈴仙達は、
完全にアウトローな存在である。故に、自分達以外に資金面・管理面でチームをサポートしてくれる人物は居ない。

お燐「はぁ〜あ。さとり様、ここは地霊殿の主人らしく、ポンっとキャッシュで1億置いたりとかできないんですか?」

さとり「無理ね。地霊殿の管理は、旧都を取り仕切る星熊勇儀さん――本人は全幻想郷代表に選抜されて不在だから、
    部下の鬼族達に委任してあるのだけれど、連絡を取る手段が無いもの」

513KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24