キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

161 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/02/11(日) 22:12:23 ID:WmYfsMY2
岬「ただいまー」
岬父「おかえり」

自主的な練習も終わって自宅に戻った。家では父がパレットに絵の具を混ぜながら、振り向いて
挨拶をしてくれた。

岬父「昼に言ってた早乙女母娘についてなんだが」

岬「分かったの」

岬父「いや、まだよく分からない。ただどうも気になるから、日本にいる叔母に頼んでいる。
もう何週間もしたら報告も兼ねてこっちに来る筈だ」

岬「叔母さんって、沙織姉さんの事?」

岬父「そうだ。とうとうパリで活動できる準備ができたという事で、今は一旦
日本で物品持ち込みのための最後の準備を行っているそうだ」

岬「そうか……来るんだ……」

岬父「そう嫌そうな顔をするな。沙織の霊力は確かだ。今まで太郎も色々と助けられてきただろう。
それに住居は同じパリとはいっても遠く離れている。そう簡単には来るまい。
それより太郎、手洗いうがいが終わったら晩御飯を作ってくれないか。今日はそっちの番だったはず」

岬「はーい」

僕はとたとたと洗面所に向かっていく。今日の献立をどうしようか考えるのに注意が向いていたため、
父のひとりごちるのに気づく事がなかった。

岬父「早乙女…まさかあの『早乙女愛』じゃないだろうな……万一同姓同名の女性がいるとしても、
こんなところで娘と2人暮らしとは……何故だ」

107KB (08:00PM - 02:00AM の間一気に全部は読めません)
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24