キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

311 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 19:23:39 ID:K3Jg4K+Q
★83年8月4週2回目のドリブル練習(少し上がりやすい)→ハート7 ★
→効果がなかった
――――――――――――――――――――――――――――――――――
僕がアタリを訪れてから数日後、すっかりお馴染みの練習場になった
シュッセ運動場へとやってきて、体力づくりとドリブルの練習を行った

タッタッタッ……
ザッザッザッ……

だが、どうもサッカーの練習というより、ただの脚の上下運動にしかなってないような
気がする。

岬「(だめだ、どうも気がのらないな。今日は早めに切り上げて帰ろう)」

見切りをつけて練習を家に帰る。家に帰ってみると、部屋の境のふちに
僕と父さんの「衣装」が吊るされていた。

チフォネリの細いストライプの紺の背広。宝石のようなきめ細かな輝きを放つ
ジリのネクタイ。履いただけで紳士に見えるであろうオーベルジーの革靴。

日本にいた頃から父さんがその地方その業界の名士と会う際の、話を和ませるための一種の小道具として、
また将来の人脈づくりの布石として、たびたび荘重な礼服を着用して出かけている。

岬「もう新しいのが届いたんだ。今度は誰に会うの?」
岬父「まずは日本での『党本部』との顔つなぎをしないといけない。
   相手はジャコブ・マルシェ(Jacob Marchais)。
   パリ特別市党第一書記であり」

ここで父さんは一旦言葉を切り、そしてしてやったりといった顔になって、告げた。

岬父「フランス共産党書記長、ジョルジュ・マルシェ(Georges Marchais)の弟だ」

334KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24