キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

318 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/03(木) 03:42:18 ID:ueDOSdyE
共産党。

デモやストの音頭をとったり、鉄のカーテンの向こう側の人達と和やかに
話し合っていたり、時々思い出したようにどこかからかのタレコミを元に
国会で色々追求したりする、アレの事だ。

机によく党員証とバッジが転がっていて、時々その筋の人が来て声高に
「業界用語」を並べ立てていたのをよく覚えている。

僕の友達の間で話題になることはただの一度も無かったし、父親母親もほとんど無かった。
まれに語られた時の場の引いた様子から、子供ながらに世間での空気を察する事ができた。

そんなところに入っても、父さんは父さんだった。

赤旗を振り回したりデモについていったところなんか、見た事も聞いた事もない。
党の偉い人の頭の固さしつこさ一人よがり二枚舌ぶりは、百ダースは聞かされたと思う。
「幽霊を見に行こう」とどこかの大学に連れられて、学生さんが素通りする中
叫んで演説する人を見物もした。
父さんの友達の家に上がった時は、ミヤケンがバカ言った、大作がまた勲章増やしたと
互いにのトップの馬鹿話を酒のつまみにして盛り上がっていた人だ。


501KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24