キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

763 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/09/10(月) 23:13:30 ID:iKtPfcyc
シャルポワ「素晴らしいデス!良ければぜひ、持って帰りたいのデスガ」
優「ええ、どうぞ。良かったです気に入ってもらえまして。見に行きたくなったらお家にうかがってもいいですか?」
シャルポワ「ええ大歓迎デス。いつ来ても良いように、ちゃんと綺麗に飾っておきますワ」

こうして宝物を手に入れた私は、いつまでも眺めて想いをかけていられるよう、
家に持って帰って額縁にはめて我が家の名画といたしました。

そうして想いをはせる事数日。

優「お待たせしました!」
シャルポワ「ユウ!待っていたワ!」

私とユウは再びナムコのゲームセンター、PLAYCITY CARROTの前に来ていました。
初日で十分にできなかったゲームを、今日こそユウと2人きりで満喫するのです。

優「えっと、まずはゼビウスしませんか?今日こそ地上絵の先を見てみたくて」
シャルポワ「いいデスネ、この私がしっかりレクチャーしますヨ!私ならたとえ画面を観なくたって大丈夫デス!」

私とユウは筐体に向かいます。そうして向かっている間に、私はこっそり手に握りしめていた、
ユウが描いた私の絵を、ポケットにしまいました。気が急いて数十分も早く着き待っている間、
ただじっとユウの絵を見つめ、ジンと幸せな気分にひたっていたのでした。


神よ、私の元にユウを差し遣わしめて下さり、感謝いたします!



509KB (08:00PM - 02:00AM の間一気に全部は読めません)
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24