キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【倒れるまで】鈴仙奮闘記43【戦え】

594 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/16(月) 23:54:49 ID:+bk24tF2

……イングランドに着いてからは、あれよあれよという間に試合となった。
試合をセッティングした向こう側の準備が良すぎたようで、
郊外の平地で船から降りた鈴仙達をイングランドのサッカー協会は手厚く歓迎。
そのままバスに乗せられて、来てみれば観客満員のスタジアムだった。

実況「試合開始は各チームの調整とミーティングを終えた30分後となります!
    それまでの間、観客の皆さまは暫しお待ちください!
    なお、両チームの記念グッズは1階の販売ブースにて絶賛販売中……」

鈴仙「記念グッズって。誰の許可を得て作ってんのよ」

慧音「全くだ。青少年の教育によからぬ物を売りつけて無ければいいが」

アリス「(私達のチームの皆の似顔絵ストラップ、ちょっとだけ欲しいな……)」

鈴仙達もブラジルやそれぞれの国での生活を通じ、幻想郷以外の世界の暮らしに慣れたつもりだったが、
やはりこの世界のスピードには着いて行く事が難しい。そう思いながら一同はミーティングに入って、
……昨日の夜、鈴仙達が考えたフォーメーションで当たる事について改めて了承を得る。

そして――。

テイラー「やれやれ。本当に女の子ばかりのチームなんだな。一人だけ男が混じってるけど」

ロリマー「女だからって油断出来るか! 良いか、あいつらは何時だって俺をバカにして……!?」

リチャード「誰が相手だろうと関係ねぇ! 俺のプレーで全員皆殺しにしてやる!」

ロブソン「……………」

465KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24