キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【芸人】私の巫女様13【散華】

345 :私の巫女様 ◆Miko/icOEk :2018/01/09(火) 01:49:55 ID:???
★これはいけません――→ ダイヤ2 ★
ダイヤ → 7人で守って3人で攻める! 私はその3人になりたい!
――――――――――――――――――――――――――――――――
部屋――イタリアでの住処だ――で友人を待つ間、
有栖は"カーフレイズ"を行っていた。

ググッ……と爪先だけで自重を支え、足首の力だけで身体を上下させる。
非常に地味だが、ふくらはぎに強い負荷がかかっており、有栖の身体は震えていた。

グググッ……プルプルプル……!

有栖 桃子
「結局っ、サッカーに戻ってきて、結局イタリアにもっ、戻ってくるなんてね……っ!」

一度は捨てた故郷。
一度は捨てた競技。

有栖 桃子
「連絡だけはしてたのが、未練っ、だったのかしらねっ……!」 プルプルプル

けれど、人とのつながりは断っていなかった。
結局戻ってきた今となっては、それがありがたい。
あの頃と変わらず接してくれる暖かさが。

有栖 桃子
「その他大勢に埋まってなんか、やるもんかっ……!
 私は、私は、天才・有栖 桃子様なのよ、私ならもっと、上手くやれる!」

金糸のように美しい髪から滴り落ちる汗を、何ともなしに舌が舐め取る。

有栖 桃子
「やだ――涙みたいに塩辛いじゃない」

508KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24