キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50
屁理屈推理合戦withキャプ森2

154 :吹飛の魔女モロサキーチェ ◆85KeWZMVkQ :2017/10/05(木) 00:31:59 ID:???

――キャッキャッと、反町の回りで園児がはしゃいでいる。
一部は対抗心を燃やす子も居たが、彼の熱いシュートは間違いなく、園児たちの心を掴んだのだ。
始めは「誰?」と言った風の園児達も、今は全員が疑いなく、反町を「すごい人」だと信じて疑っていない。

保母さん「いやー、やっぱり日本代表は凄いんですねぇ。私、次のワールドカップも期待してますよ!
      やっぱり日向社長とのツートップの相方は、反町選手なんですもんね?
      だってこんなに凄いシュートが打てて、大学サッカーでも得点王の常連らしいですし!」

反町「い、いや、それは……(ワールドカップだって? ベンチ入りはおろか、出場だって怪しいってのに……)」

そしてそれは、反町にとっては本来あり得ない、過剰すぎる評価である事を自分自身が良く知っていた。
だからこそ、目を輝かせて本気で的外れなエールを送ってくれる保母さんの言葉にも素直に頷けない。
頷けないが故に、反町は淡々と正論を口にする。

反町「……いや。世界の壁は厚いです。今俺が子ども達に見せたドライブシュートだって、
    強豪国では小学生や遅くても中学生になると、もう使えて当たり前。
    そして大学生にもなってようやくこれを習得した俺は、世界の場では、それこそ幼稚園児レベルだ。
    日向――それに森崎、翼、三杉、若林、岬、松山、葵……。
    日本代表をしょって立つ奴らは、それに早々に気付いていたから世界で戦えたけれど、
    いつまでも大学サッカーという、井の中の蛙でノンビリしていた今の俺は……奴らと、世界と戦う資格は無い」

保母さん「反町……さん?」

愛想笑いでお茶を濁す事が上手い好青年は居ない。
彼女の前に立っているのは、温厚で気弱な、頼りない一人の男だった。
――だが、今の彼を支配するものは、そうした弱さだけではない。


145KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24