キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【せまる】ライ滝第三十六話【ヒューガー】

1 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2016/01/10(日) 01:19:57 ID:???

『キャプテン森崎』のスピンアウト作品。
色々あってサッカー部のない高校に入ってしまった滝一が世界平和の為に色々と頑張っているお話です。
基本的には本編と同じくカードを引いたり選択肢の中から皆さんに一つを選んでもらう事で進行していきます。
主人公が復活早々お悩み期間に入っていますがまあ特に気にせずいつも通りお付き合い下さいませ。

【これまでのあらすじ】
片桐にそそのかされ南葛高校への進学を止め独り立ちをした滝。だが入学した生田(仮)高校はサッカー部のない高校だった。
その後仲間を集めサッカー部を創部した滝は悪の組織と戦いながら練習を重ね、見事冬の高校サッカー選手権制覇を成し遂げる。
そして二年になった滝は県内のライバル達と合同合宿を行うが、それはギリアムの仕組んだ選抜試験を兼ねた物であった。
見事ギリアムの眼鏡にかなった滝はギリアムからこの世界に迫っている危機を伝えられ、彼の計画に協力を決意。
合宿に参加した者達からメンバーを選出し、新チームsingular Herosを結成するのだった。
が、インターハイ初戦と同時に攻めてきたショッカーの策略により滝は重傷を負い、生田(仮)も予選で敗れてしまう。
その生田(仮)を破り全国に駒を進めた鉄之城高校も準決勝で南葛高校に敗退、最後に栄冠を掴んだのは東邦学園であった。
といった感じで進んでいます。


さらに簡単なあらすじ
デューク「最後の最後でPKミスって負けたけど俺は悪くねえ!」
甲児「まあ実際お前の活躍大きかったけどその開き直りはどうなんだ」
ザ・サッカーカット「勝利を! 日向さんに!」
来生「あれ沢田じゃん」
反町「だよな」
日向「ククク、全国も制覇した。あとは怪人を量産して滝共をぶっ潰すだけだ」
滝「色々あり過ぎてちょっと自信なくしてきました」


【中の人のTwitterアカウント】(基本ニチアサの実況か特撮、アニメ、ゲームの話しかしてません)
https://twitter.com/ksahiopea5

672 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/04(水) 20:47:31 ID:???

B:矢車「……ブラジルだ。あそこから地獄の臭いがする」 ▼ブラジルに向かい、GKサルサノに出会います


矢車「……元の世界のブラジルに連れて行け。あそこから地獄の臭いがする」

鳴滝「地獄の臭いとはまた漠然としているな。まあいい。任せておけ」

 矢車が次に仲間を集める場として選択したのは、デュエルの世界とは打って変わって現実世界のブラジルであった。
 この提案に鳴滝は少々驚いた様子を見せたが、元よりこの旅の主導権は地獄兄弟の物。
 鳴滝は特に文句を言う事もなくオーロラを作り、一行をブラジルへ連れて行くのだった。
 そんなこんなでデュエルの世界からブラジルにやってきた地獄兄弟一行。
 オーロラを抜けた彼らが真っ先に目にしたのは――

○池「TSU○AYA?」

 日本でも有名な某レンタルショップTSU○AYAであった。

影山「なんだ? 間違えて日本に戻ってきたのか?」

マッケンジー「いや、良く見ろ。周りの人間は殆ど外国人だ。偶然TSU○AYAの前に来ただけでここはブラジルと見て間違いないだろう」

 突然の事態に戸惑う兄弟達であったが、マッケンジーの言葉によって平静を取り戻す。
 そうなれば次はどこへ向かうかであるが、矢車の行動は早かった。

矢車「……ここに出たのも偶然ではないだろう。中に入るぞ。恐らくここに俺達の兄弟がいるはずだ」

松山「フフフ……義兄さんが言うんなら間違いないだろうね」

 目の前のTSU○AYAがあったのも地獄の導きだろうと店内へと足を踏み入れる矢車。
 それに続き、松山たちも続々と店内へと乗り込んでいくのだった。

673 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/04(水) 20:48:49 ID:???

アルバイト店員(……何か変な集団が入ってきたな)

 突然現れた珍妙な一団に店員が目を丸くする中、構うことなく地獄兄弟達は店内を物色し始める。

剣「それでこの店のどこを探すんだ、兄さん」

矢車「そうだな……」


行動を選択してください

A:影山「兄貴! アニメコーナーがあるぜ!」
B:マッケンジー「ほう、見た事のないドラマが多いな。こう言うのを見ると外国に来たと実感する」
C:阿部瑠「ンアッー! あの区画(アレなビデオのコーナー)から地獄の気配がするぞ! あそこに立ちイってはいけない!」
D:その他

先に二票入った選択肢で続行します
ID表示でお願いします。非表示ではカウント出来ません

674 :森崎名無しさん:2017/01/04(水) 20:49:25 ID:7Rg3/9U+
A

675 :森崎名無しさん:2017/01/04(水) 21:26:16 ID:YWZPq8jY
A

676 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/04(水) 21:38:56 ID:???

サルサノにしろトニーニョにしろサンパウロ編といえばやたらとビデオと縁があるイメージ(偏見)
そんなこんなでAに決まった所で短いですが今日はここまで。明日にはサルサノ君と接触できると思います

それではー

677 :森崎名無しさん:2017/01/04(水) 21:55:34 ID:???
乙でした
本編のサルサノが去っていく場面、当時読んでて結構やるせない気持ちになったな。是非救われてほしい

678 :森崎名無しさん:2017/01/05(木) 01:37:36 ID:???
乙でした
>>677の書き込みを見るまでサルサノが誰か忘れていた
本編での彼はそこまで地獄がふさわしい相手だった記憶がないが
どっかの外伝で大爆発でもしたのだろうか

679 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/05(木) 21:04:34 ID:???
>>677
乙ありがとうございます
地獄兄弟入りが救われる事になるかどうかは分かりませんが、まずはエル士のようにならない事を祈る所からですね
>>678
乙感謝です
サルサノは個人的な印象と影山以外のGK候補というメタな理由で取り上げました
ご容赦頂けると幸いです


A:影山「兄貴! アニメコーナーがあるぜ!」


影山「兄貴! アニメコーナーがあるぜ! ブラジルなのに日本のアニメばっかりだ!」

○池「ハァ……兄弟を探すよりもアニメが優先か……どぉせ地獄兄弟なんかそんな程度のもんさ……」

 海外のレンタル店だというのに見慣れた光景という事もあったのだろうが、影山は人探しよりもアニメコーナーに興味を示していた。
 しばらくレンタルアニメを眺めていた影山だったが、一本のアニメを手に取る。

影山「おっ、ドラゴンスフィアのラリーザ編じゃないか。俺ここら辺の話大好きなんだよなぁ」

マッケンジー「同感だな。ラリーザ編はそれまでのドラゴンスフィアのシナリオの集大成。名編と言って差し支えないだろう」

影山「話が分かるじゃないか! ラリーザといえば――」

 影山が手に取ったのは日本が誇る国民的漫画作品「ドラゴンスフィア」のアニメであった。
 国民的というだけあってマッケンジーも知っていたのか、二人はそのまま熱いドラゴンスフィアトークを展開させる。

680 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/05(木) 21:05:52 ID:???

黒井「やれやれ、何を言っているのかさっぱりだ。これじゃ人探しに来たのか観光に来たのか分からないな」

阿部瑠「俺もアッーニメについてはさっぱりだからな。話についてイけないぜ……ん?」

 とはいえ基本は爪弾き者集団の地獄兄弟。大抵の者は影山達を宇宙人でも見るかのように遠巻きに眺めていた。
 そんな中、彼らは自分達に視線を向ける者の存在に気付く。

剣「どうした、店員。俺達がそんなに珍しいのか?」

アルバイト店員「あ、いえ……お客さんの手に取ってるドラゴンスフィアにちょっとした思い出がありまして……
        失礼しました」

 視線の主――TSU○AYAのアルバイト店員は剣の問いにそう答えると頭を下げてその場から去ろうとする。

矢車「……」

 そんな店員に対して矢車は――


行動を選択してください

A:矢車「お前……地獄の気配がするな。俺の弟になれ……」 即座に勧誘した
B:矢車「そこで切り上げられると逆に気になる……話せ」 店員に思い出を語らせる事にした
C:矢車「……話は変わるがアレなビデオのコーナーから出てきたあの坊主頭、未成年じゃないのか?」 仕事の手伝いをした
D:その他

先に二票入った選択肢で続行します
ID表示でお願いします。非表示ではカウント出来ません

681 :森崎名無しさん:2017/01/05(木) 21:09:15 ID:t5wfRVeA
B

682 :森崎名無しさん:2017/01/05(木) 21:23:45 ID:bBx28SCI


683 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/05(木) 21:44:44 ID:???

B:矢車「そこで切り上げられると逆に気になる……話せ」 店員に思い出を語らせる事にした


矢車「ハァ……俺達のような日陰者相手に思わせぶりな事だけ話して去って行く……
   お前の方はそれで満足だろうがこっちとしてはそこで切り上げられると逆に気になる……話せ」

 どことなく店員から地獄の気配を感じ取った事もあるのだろう。
 矢車は立ち去ろうとした店員に向けてもっと詳しく話をさせようとする。

アルバイト店員「……」


【分岐】
先着一名様で、

【カミングアウト→! card】

!とcardの間のスペースを消してカードを引いてください。カードの絵柄で分岐します
【〜】が最初から最後まで正確にコピペされていない書き込みは無効になります

JOKER、ダイヤ→アレなビデオを抱えた坊主の男「随分と未練がましい男だな、サルサノ」
クラブ4以上、ハート、スペード→アルバイト店員「……実は俺、ちょっと前までパルメイラスユースに所属してたんですけど――」
クラブ3以下→アルバイト店員(なんだこいつ、赤の他人に粘着質に絡んできて……)


といった所で今日はここまで
それではー

684 :森崎名無しさん:2017/01/05(木) 21:47:07 ID:???
【カミングアウト→ ハート5
乙でした
サルサノ君の採用理由を教えていただきありがとうございます
(そんな理由で地獄兄弟行きにさせられるなんて、やっぱりサルサノ君は地獄の住民じゃないか)

685 :森崎名無しさん:2017/01/05(木) 21:47:15 ID:???
【カミングアウト→ クラブK

686 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/09(月) 19:55:59 ID:???
>>684
乙ありがとうございました
いやあ、地獄戦士の選抜は強敵でしたね

カミングアウト→ハート5
→アルバイト店員「……実は俺、ちょっと前までパルメイラスユースに所属してたんですけど――」


アルバイト店員「……実は俺、ちょっと前までパルメイラスユースに所属してたんです。
        その時そこにいた同期の日本人選手が見せてくれたんですよ、ドラゴンスフィア」

松山(パルメイラスの日本人……もしかして森崎か?)

 矢車に促されたアルバイト店員は、ポツリポツリと思い出を語り始めた。

アルバイト店員「あの頃は楽しかったですね。競争は過酷でしたけど同期の奴らは気の良い連中でしたしよくバカ騒ぎもしましたし。
        ……まあ俺は解雇されちゃったんですけどね」

○池「解雇? 戦力外通知でもされたのか?」

アルバイト店員「ええ……俺はキーパーやってたんですけど、上はさっき言った日本人のモリサキって奴に期待を寄せてたみたいで。
        実際実力もあいつの方が上でしたし、気付けば既に崖っぷち状態でしたね。
        それで最後通牒としてフラメンゴFCとの試合に出場させられたんですけど……」

マッケンジー「フラメンゴといえばブラジルでも有数の名門。それは厳しいな」

アルバイト店員「プロを目指してたんですからそれは言いっこなしですよ。で、結局俺はフラメンゴの連中になす術もボコボコ。
        晴れてパルメイラスを解雇されて今はバイトで日銭を稼ぐ日々ってわけです。
        所詮俺程度が目指せるほどプロの道は温くなかったって事ですね」

矢車「成程な。事情はわかった……」

687 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/09(月) 19:57:01 ID:???

 自嘲気味に笑みを浮かべるアルバイト店員の姿に、小さく頷く矢車。
 続けて彼はアルバイト店員に向けて口を開いた。


行動を選択してください

A:矢車「お前は間違いなく地獄を見た男だ。俺の弟になれ……」 レッツ勧誘
B:矢車「お前、そのフラメンゴとかいうチームの連中に復讐する気はないか?」
C:矢車「お前、そのモリサキとかいう奴に復讐する気はないか?」
D:矢車「お前の瞳にはまだ光が残っている……プロへの道を諦めきれていないんだろう……?」
E:その他

先に二票入った選択肢で続行します
ID表示でお願いします。非表示ではカウント出来ません

688 :森崎名無しさん:2017/01/09(月) 19:58:17 ID:JnBtYJt+
D

689 :森崎名無しさん:2017/01/09(月) 20:01:49 ID:fmdaprog
D

690 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/09(月) 20:46:15 ID:???


D:矢車「お前の瞳にはまだ光が残っている……プロへの道を諦めきれていないんだろう……?」


矢車「お前……所詮俺程度なんて言ってはいるが、本当はプロへの道を諦めきれていないんだろう……?」

アルバイト店員「え……? い、いや、そんな事は……」

 矢車の口から出たのは地獄への誘いではなく、意外にもアルバイト店員の未練を指摘する言葉であった。
 対するアルバイト店員はそんな事はないと返すが、矢車は彼を見つめながら指摘を続ける。

矢車「嘘だな。俺は今まで数多くの地獄の住人を見てきた……俺も含めてそいつらは皆全てに絶望した目をしていた。
   だがお前は違う……諦めを口にしながらも瞳にまだ光が残っている。本音を言え」

 矢車がそう言うと、アルバイト店員はしばらく黙り込んだ後にゆっくりと口を開いた。

アルバイト店員「……そう、ですね。俺は多分まだ諦めきれてないんだと思います。
        何かチャンスさえあれば、きっかけさえあればプロになれるかも知れない……そんな考えを捨て切れてません。
        夢みたいな話なのは分かってるんですけどね」

矢車「……」

691 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/09(月) 20:47:46 ID:???

行動を選択してください

A:矢車「そんな甘い考えは捨てろ。所詮この世は地獄なんだ……光を求めるな」
B:矢車「プロになりたいというその光を最後まで捨てない覚悟があるというのなら……俺達と共に来い。Wユースに出させてやる」
C:矢車「ならば今すぐ近くのユースチームに乗り込むぞ……手を貸してやる」
D:その他

先に二票入った選択肢で続行します
ID表示でお願いします。非表示ではカウント出来ません


といった所で今日はここまで
それではー

692 :森崎名無しさん:2017/01/09(月) 20:59:42 ID:2GhNiRNs
B

693 :森崎名無しさん:2017/01/09(月) 21:02:39 ID:fGMfgocI
B

694 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/16(月) 22:26:07 ID:???

B:矢車「プロになりたいというその光を最後まで捨てない覚悟があるというのなら……俺達と共に来い。Wユースに出させてやる」


影山「兄貴、こいつ光を求めてるぜ。地獄の住人にはなれないんじゃないかな」

矢車「……」

 プロへの道を諦めきれていないと語るアルバイト店員は仲間にするには地獄力が足りない。他の奴を探そう。
 そう影山が提案する中、矢車はしばし考えた末に驚くべき提案をアルバイト店員に投げかけた。

矢車「……チャンスさえあればプロになれるかも知れない。そう言ったな。
   TSU○AYAで働いていればそのチャンスとやらは巡ってくるのか?」

アルバイト店員「それは……」

矢車「……プロになりたいというその光を最後まで捨てない覚悟があるというのなら……俺達と共に来い。Wユースに出させてやる。
   そこで活躍すればスカウトの目にも留まるだろう」

アルバイト店員「は?」

○池「兄貴!?」

 候補とはいえ地獄の住人ではない男を勧誘した事に驚きを露わにする弟達。
 彼らの反応を予想していたのか、矢車はすぐに理由を口にし始める。

695 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/16(月) 22:27:11 ID:???

矢車「さっき出会ったエル士……奴は地獄の住人でありながら俺達と共に来ることを拒んだ。
   地獄の住人だからといって必ずしも俺達の仲間になるわけではない、という事だ。
   ……ならば逆に地獄の住人でなくとも俺達と共に歩める人間がいるのかも知れない。
   そして仮にそんな人間がいたとして、俺達と共にいても果たして地獄の住人とならずに光を求めつづける事が出来るのか。
   俺はそれが知りたかった……さあ、どうする?」

アルバイト店員「……」

 俺の話に乗るか否か。答えを求められたアルバイト店員は――


【分岐】
先着一名様で、

【成功率はそれなり→! card】

!とcardの間のスペースを消してカードを引いてください。カードの絵柄で分岐します
【〜】が最初から最後まで正確にコピペされていない書き込みは無効になります

ダイヤ、ハート→アルバイト店員「……本当にあんた達について行けばWユースに出られるんだな?」
スペード→アルバイト店員「話に乗るかどうか、あんた達の実力を見てから決めたい」
クラブ→アルバイト店員「いや乗るわけないだろそんな胡散臭い話」
JOKER→出たら考えます



久々な上短いですが今日は以上です。まあクラブなんて出ないでしょうHAHAHA
それでは

696 :森崎名無しさん:2017/01/16(月) 22:27:30 ID:???
【成功率はそれなり→ ダイヤ10

697 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/01/31(火) 22:40:28 ID:???

長らく更新を休んでしまい申し訳ありませんでした。明日より更新を再開します
それに伴い明日の更新を円滑に進める為に先に以下の選択肢への投票をお願いします



行動を選択してください

A:松山「フフフ……義兄さん、日本にいる山森なんかどうかな……?」 ▼山森を勧誘に行きます
B:矢車「適当な異世界に繋いでくれ。後は好きに動く」 ▼某艦隊をこれくしょんするゲームの世界に行き金剛さんに出会います
C:阿部瑠「俺が昔所属していた緑の騎士団の仲間達がいる世界にイこうぜ!」 ▼ランダムで某手強いシミュレーションの世界に行きます

D:矢車「……カメハメJrを迎えに行くぞ」 ▼超人墓場へ行きます ※この選択肢を選ぶと地獄兄弟チームの最終メンバーが確定します

先に二票入った選択肢で続行します
ID表示でお願いします。非表示ではカウント出来ません


【補足・補正】
▼最大勧誘可能人数:残り【2人(カメハメJrは含まず)】
▼A〜Dを選択した場合、まずは本命の勧誘を行います。
 勧誘に成功した場合は上記の選択肢に戻り、失敗した場合はカード判定で一度だけ別のキャラクターをランダムで勧誘する事が出来ます

例:山森の勧誘に失敗した場合、ランダムで骨皮や一条などと接触できます



因みにサルサノ君は前回の判定で加入確定です。影山とどっちが正GKになるかは僕にも分かりません(無責任)
それではまた明日からよろしくお願いしたします<m(__)m>


698 :森崎名無しさん:2017/01/31(火) 22:41:46 ID:MDli1TIc
A

699 :森崎名無しさん:2017/01/31(火) 22:45:23 ID:/ml3V/9w
B

700 :森崎名無しさん:2017/01/31(火) 22:47:36 ID:sKvVLv1o

ターバンの人なんか地獄兄弟向きだと思う

701 :森崎名無しさん:2017/01/31(火) 23:28:04 ID:MYwK+UHE
A

702 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/01(水) 21:43:19 ID:???
>>700
ターバンの人は可哀想すぎるんでこんな変人どもではなくもっとちゃんとした人達が救済してあげるべきだと思います

成功率はそれなり→ダイヤ10
→アルバイト店員「……本当にあんた達について行けばWユースに出られるんだな?」

A:松山「フフフ……義兄さん、日本にいる山森なんかどうかな……?」 ▼山森を勧誘に行きます


アルバイト店員「……ナショナルチーム以外でもWユースに出られるかもって話が最近噂になってるけど、
        あんたが言ってるのはそれ絡みの話なのか?」

 どうやらWユースの特別枠の話はブラジルでは既に市井に噂が流れる程度まで広がっていたらしい。
 アルバイト店員は特に戸惑う様子もなく話に食いついてきた。

矢車「知っているなら話は早い……そうだ。俺達はWユースなんてものに光を求めてる連中を汚す為に大会に出場する気だ。
   だが生憎と人数に余裕がなくてな。今は仲間を探している最中だ」

アルバイト店員「それで元ユース選手だった俺に話を振ってきたってわけか。
        ……本当にあんた達について行けばWユースに出られるんだな?
        俺が言う事じゃないがWユースで戦うなんて並の実力じゃ無理だぞ」

剣「フ、甘く見るなよ召使い。これでも俺達は歴戦のサッカーエリートという奴だ。世界の代表だろうと敵ではない」

マッケンジー「ああ。自惚れるつもりはないがWユースで戦うに足る実力は備えていると自負している」

矢車「信じるか信じないかはお前次第だ……もう一度聞く。俺達と共に来い」

アルバイト店員「……」

703 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/01(水) 21:44:24 ID:???

 自信満々にWユースでも戦えると断言する地獄兄弟達を前に、アルバイト店員はやがて決意の籠った眼を矢車に向けた。

アルバイト店員「……分かった。あんた達について行く。どの道このままじゃ夢も何もない人生まっしぐらだったんだ。
        多少胡散臭かろうが構わない。もう一度夢を見させてもらうよ」

矢車「……お前がその光を最後まで求めつづけられるかどうか。見届けさせてもらおう」

影山「あ、言っとくけど実力不足とかはどうしようもないからな。
   ベンチで試合眺めてたくなかったら必死で俺達について来いよ」

アルバイト店員「ああ、そのつもりだ。それじゃ今更だけど名乗らせてもらうよ。
        俺はサルサノ、ちょっと前までパルメイラスでキーパーをやっていた」

矢車「矢車だ……呼び方は好きにしろ」

 地獄兄弟の仲間になると決めたサルサノは、共にWユースを目指すべく矢車と(本人的には)固い握手を交わすのであった。
 彼がこの後どのような運命を辿るか、それは神のみぞ知る所であろう。


▼「サルサノ」が地獄兄弟の仲間になりました!

704 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/01(水) 21:45:58 ID:???

阿部瑠「フゥ、まずは一人堕ちたな。これでマスク二とカメハメJrを含めて試合をヤれる人数にはなったってわけだ」

○池「ハァ……だが本気でWユースで戦うつもりならもう少し控えメンバーは必要だろうな。
   俺達みたいな日陰者に味方してくれる奴なんてそうはいないだろうけどな……どぉせ俺達なんか……」

松山「フフフ……それなら俺に一人心当たりがあるよ」

矢車「何?」

 サルサノが加わりようやく一歩前進を果たしたとはいえ、地獄兄弟の行く先は未だ前途多難。
 もっと仲間を増やすべきだと話が上がる中、松山がある提案を持ちだした。

松山「日本にいる山森って奴さ。去年の選手権の時からどうもあいつから地獄の気配を感じ始めてたんだ」

影山「へえ、松山がそこまで気になるって事は相当の奴っぽいじゃないか。どうするの、兄貴」

矢車「……どの道当てもなかった所だ。却下をする理由はないな……鳴滝」

鳴滝「うむ、日本だな。詳しい場所は分かるか?」

松山「フフフ、静岡の南葛高校さ……」

鳴滝「分かった。では行くぞ!」

 場所の指定を受けた鳴滝は次元を越えるオーロラを作り出し、兄弟達は一斉にブラジルから一路南葛へとワープするのだった。

サルサノ「は? え? 何これ?」

 勿論一般人であるサルサノがこの一連の出来事に大いに戸惑った事は言うまでもない。

705 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/01(水) 21:48:55 ID:???

 こうしてブラジルから一瞬で南葛まで移動した一行。
 彼らがワープした先で目撃したものは――


【分岐】
先着一名様で、

【カンピ入りを逃した哀れな山森→! card】

!とcardの間のスペースを消してカードを引いてください。カードの絵柄で分岐します
【〜】が最初から最後まで正確にコピペされていない書き込みは無効になります

ダイヤ→丁度サッカー部が練習している所へとやってきた。山森達は紅白戦をしていた
ハート→丁度サッカー部が練習している所へとやってきた。山森はランニングをしている
スペード→既にサッカー部の練習は終わっていた。が、山森が一人黙々と自主練を続けていた
クラブ→丁度サッカー部が練習している所へとやってきた。しかし山森の姿がない
JOKER→出たら考えます



短いですが本日はこれだけです
このスレでは間違いなく引きに見放されている山森君ですが彼がどんな運命をたどるか私も実に楽しみです
それではー


ソシャゲFEはとりあえずフィル欲しいですフィル。あと折角ですしビラ――アベルも使ってあげたいですね

706 :森崎名無しさん:2017/02/01(水) 21:49:10 ID:???
【カンピ入りを逃した哀れな山森→ スペード5

707 :森崎名無しさん:2017/02/01(水) 22:33:29 ID:???
乙でしたー
山森が地獄落ちするとどんな感じになるんだろうか

708 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/08(水) 21:41:15 ID:???
こんばんは
FEヒーローズですがアベルは未だ手に入っておりません。カインは当たったんですが
あとなんかリンディス様が三人もやってきて当惑しております


>>707
乙感謝ですー
山森は高校Verですしなんか捻くれたやさぐれ方しそうかなって思いますね。あくまで地獄兄弟化した場合の話ですが

カンピ入りを逃した哀れな山森→スペード5
→既にサッカー部の練習は終わっていた。が、山森が一人黙々と自主練を続けていた


 オーロラを抜けた地獄兄弟達は、細かい場所指定をした甲斐もあり無事一発で南葛高校の校門前へとたどり着いていた。
 
松山「フフフ、着いたみたいだね」

影山「じゃ、早速その山森って奴に会おうぜ」

 今までと違い探している人物が明確な事もあり、一行は迷うことなく南葛高校の中へと乗り込み始める。
 が、そんな彼らと違い現状に戸惑う者が一人いた。言うまでもなくサルサノ君である。

サルサノ「へ? 何? どこだよここ!? っていうかバイト勝手に抜け出しちまったじゃないか!
     無断早退とかクビにされちまったらどうするんだよ!」

 気付いたら一瞬でブラジルから日本へとワープしたという事態は一般人であるサルサノ君の理解の範疇を越えていた。
 彼は慌てふためいた様子でバイトの心配を始めるが、残念ながらサルサノ君に同情するような人間は地獄兄弟の中にはいなかった。


709 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/08(水) 21:42:34 ID:???

○池「ハァ……俺達と一緒にいてまだ人並みの生活を送れると思っていたのか……
   諦めろよ兄弟……お前はもう地獄の三丁目にやってきてるんだ」

マッケンジー「今はまず山森との接触が優先事項なんだ。俺達の境遇については後でゆっくり説明する。
       悪いが今は黙って俺達に着いてきてくれ」

サルサノ「……分かった。あんた達と組むって決めたのは俺だからな。今は従うよ。
     ただし、ちゃんとあんた等の事情は話してもらうからな」

小田(ニコッ)

 一度手を組むと決めた以上すぐに掌を返すつもりはないと、サルサノは大人しく矢車達に従う事にした。
 こうして一行は今度こそ山森を探すべく南葛高校へと忍び込み校舎の死角からグラウンドを眺めるが――

剣「なんだ、誰もいないな」

阿部瑠「まだイくには早い時間だと思ったんだがな」

 時刻は午後六時、まだまだ練習盛りの時間であるにも関わらずグラウンドには人っ子一人いなかった。
 地獄兄弟達は知る由もないが、南葛高校サッカー部は冬の選手権本選を翌日に控えており今日は軽めの練習で切り上げていたのだ。

マッケンジー「いないのなら仕方がないな。また明日にでも顔を出して――うん?」

 山森がいないのならここにいる意味はないとグラウンドから去ろうとする地獄兄弟達。
 と、丁度そこにカラーコーンとボールを持った一人の男が現れた。
 男は地獄兄弟達に気付く様子もなく、グラウンドにカラーコーンを等間隔に置き黙々とドリブルの練習を開始する。

松山「あれは……山森か」

 その男こそ、地獄兄弟達が探していた山森正吾その人であった。

710 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/08(水) 21:43:38 ID:???

影山「なんで一人で練習してるのか知らないけど丁度いい。早速勧誘しようぜ兄貴!」

矢車「……」

 他に人がいない今がチャンスだと勧誘を勧める影山に対し、矢車が取った行動は――


行動を選択してください

A:矢車「よし……行くぞ」 レッツ勧誘
B:矢車「……しばらく様子を見るぞ」 レッツ観察
C:矢車「……サルサノ、あいつを見てどう思う?」 レッツ質問
D:その他

先に二票入った選択肢で続行します
ID表示でお願いします。非表示ではカウント出来ません


短いですが今日はこれだけです
今回中々の難産でかなり時間がかかってしまいましたが次はもう少し早く更新できると思います
それではー

711 :森崎名無しさん:2017/02/08(水) 21:46:02 ID:Qh2Sxbu+
B

712 :森崎名無しさん:2017/02/08(水) 22:18:20 ID:bB52BbYo
B

713 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/02/09(木) 22:23:57 ID:???

B:矢車「……しばらく様子を見るぞ」 レッツ観察


矢車「松山が見込んだとはいえ、俺達はまだあの男が本当に地獄の住人なのか見極めたわけじゃない。
   しばらく様子を見るぞ……」

松山「フフフ、分かったよ義兄さん」

 あまり性急にがっついても碌な事にならないとエル士で学習した矢車達は、ひとまず山森の観察を続ける事にした。
 その後しばらくの間山森は延々とドリブルの練習を続けていたが――


【分岐】
先着一名様で、

【ルッキング山森→! card】

!とcardの間のスペースを消してカードを引いてください。カードの絵柄で分岐します
【〜】が最初から最後まで正確にコピペされていない書き込みは無効になります

ダイヤ→田岡「……やはり練習していたな。今日は休めと言ったはずだぞ」 監督がやってきた
ハート→骨皮「あーあ、やっぱり練習してたよ」 一条「全く、お前って奴は……」 山森と同期の部員たちがやってきた
スペード→佐野「ケケッ!」 何故か佐野がやってきた
クラブ→山森は練習を止めるとズボンから一枚の手紙を取り出した
JOKER、クラブA→???(貴方達、そんな所から山森君を眺めてどうするつもり……?) 矢車「!?」


今日はこれだけです
一番下の分岐が出た時の結果はお察しください

714 :森崎名無しさん:2017/02/09(木) 22:25:40 ID:???
【ルッキング山森→ スペード5

715 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/03/14(火) 18:22:02 ID:???
一ヵ月以上ご無沙汰になってしまい大変申し訳りませんでした
今週夜勤の為あまり時間が取れていないのですが今週中に更新再開します

716 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/03/19(日) 23:10:35 ID:???

ルッキング山森→スペード5
→佐野「ケケッ!」 何故か佐野がやってきた


 しばらく山森の練習を観察していた地獄兄弟達であったが、その内彼らの間にある共通見解が芽生え始めていた。

○池「ハァ……なあ、あの山森なんだが……」

サルサノ「下手くそだよな」

松山「フフフ……あれェ?」

 そう、山森はサッカーが下手になっていたのである。
 正確に言えば以前と比べて成長していないわけではないのだが、
成長著しい日本高校サッカー選手達と比較すると明らかに成長の度合いが遅いのだ。

マッケンジー「なあ、本当に奴をスカウトするのか?
       俺達が重視するのは実力ではなくメンタルだというのは分かってはいるが、それにしても実力が低すぎる」

影山「アレを使いものになるようにするのは小田よりも難しそうだよ兄貴」

小田「ヴェノア」

矢車「……」

 今の山森の実力を一言で表すなら全能力オール71とかそんな感じであり、
流石の地獄兄弟としても勧誘は無理だろうという空気が漂い始めていた。
 そんな時、グラウンドに新たな人影が現れる。

717 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/03/19(日) 23:11:54 ID:???

???「ケケッ! 来てやったぜ」

山森「佐野……本当に来てくれたんだな」

佐野「ま、明日の開会式まで暇だったしな。静岡から東京なんて新幹線なら片手間だ。気にしなくて良いぜ」

 現れたのは佐野であった。
 全日本において数少ない山森と同期の選手であり、南葛外では一番の友人である。

山森「助かるよ。練習を禁止されてる手前骨皮達は頼れなかったからさ」

佐野「ケケッ、そんな指示が出てるのに無視するとは優等生の山森君も随分と娑婆に染まったな」

山森「茶化すなよ。今の俺の実力は知ってるだろ」

佐野「まあな。今もちょっと見学させて貰ったけど酷いもんだったぜ」

山森「ハハ……」

 忌憚のない言葉を投げかける佐野に思わず苦笑する山森。
 本人としては笑い事ではないのだが、相手が相手という事もありむしろ気が楽になった様子であった。

佐野「で、どうするんだ? 練習には付き合うが一日や二日でどうにかなる実力にゃ見えなかったぜ」

山森「ああ、分かってる。それでもやらないわけには行かない。悪いけど俺の自己満足に付き合ってもらうぞ」

佐野「ケケッ」

 山森の言葉に今度は佐野が苦笑を浮かべると、二人は黙々と練習に取り掛かり始めた。

718 :ラインライダー滝 ◆70dlk5OpP6 :2017/03/19(日) 23:14:51 ID:???

【分岐】
先着一名様で、

【レッツら練習→! card】

!とcardの間のスペースを消してカードを引いてください。カードの絵柄で分岐します
【〜】が最初から最後まで正確にコピペされていない書き込みは無効になります

ダイヤ、ハート→山森の守備能力が微増
スペード→山森のオフェンス能力が微増
クラブ→そんな夜間練習一回で能力上がるわけないですよね
JOKER→佐野「あ、練習の前にこれ飲んどけ。超超森水とかいうらしい」



今日はこれだけ。毎回言ってますが文章って定期的に書かないと駄目ですね。明日も可能な限り更新します
それでは

719 :森崎名無しさん:2017/03/19(日) 23:46:50 ID:???
【レッツら練習→ ハートK

720 :森崎名無しさん:2017/05/21(日) 14:20:12 ID:???
捕手

386KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24