キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50
【野戦病院】ミサト監督の挑戦9【奮闘記】

881 :地獄のミサト ◆lHjY1XBi4o :2020/12/29(火) 09:26:51 ID:N/V3ETRc
C 練習生として様子を見て、良ければ入団

ミサトはナナイに連絡をする。
朱紗丸は練習生として様子を見て、よければ入団させる。と。

ナナイ「(今思ったけど、朱紗丸はどこ…?)」

ナナイは奥多摩の森を進む。
朱紗丸「む?ナナイ?」
ほの暗い森の中に朱紗丸はいた。
ナナイ「葛城監督の意見を持ってきた…」
練習生待遇、良いなら本契約。
朱紗丸「練習生というのは?」
ナナイ「アルバトロス預かりで様子を見る…言うなら行儀見習い…」
朱紗丸「行儀見習いとな!それで奴らと遊べるのか?」
ナナイ「練習なら出来る…」
朱紗丸「よかろう。是非も無し。だが、幾つかの懸念がある。」
ナナイ「というと?」
朱紗丸「私は鬼。通常の食べ物は口を通らん。人や人の死体、または生き血が必要となる。」
ナナイ「それは心配無い…。私達レイクローンが(ぴー)の時の血を啜ればいい…」
朱紗丸「おい、待てぃ!」
ナナイ「レイクローンはほぼ未通娘…」
朱紗丸「いやいやいや!色々まずいだろうそれは!」
ナナイ「そう…」

アルバトロスは以降月に一度の献血が義務となった。
しかし…
リツコ「成分調べた後の廃棄の手間が無くなって助かるわ。」

イキの良い血にありつける代わりに色々何か失いそうな朱紗丸であった。

319KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24