キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50


レス数が950を超えています。1000を超えると表示できなくなるよ。
【傷だらけの】キャプテン霊夢37【戦士達】

1 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/10/09(月) 13:31:45 ID:???
このスレは東方Projectの主人公・霊夢がお賽銭増加の為の
信仰獲得を目指して、奮闘するスレです。
現在は、フランス国際JrユースにマリオとヨッシーFCとして
参加を決めて、外の世界に移動したところまで進んでいます。
東方Project(東方サッカー)とキャプテン森崎とのクロスオーバー作品です。

読者の皆様に引いて頂いたカードや、投票して頂いた選択肢に従い、物語が展開します。
文章を書くのは初めてなのでお見苦しい部分や誤字・脱字等あると思いますが、
皆様のお時間潰しと、森崎板の活性化のお役に立てれば幸いです。

前スレ
【無敵艦隊を】キャプテン霊夢36【沈めろ】
http://capmori.net/test/read.cgi/morosaki/1500894633/

【前スレの簡単なあらすじ】
空「シュート値過去最高102を記録!」
カリューシャス「無茶を言うな」
焔「私も勝ち越し点決めたよ!……すぐに怪我しちゃったけど」
レミリア「特訓大成功なのに怪我させられたんだけど!?」
響子「私も怪我しちゃいましたー」」
アルゴス「1点は決めたが総合的には抑え込まれているな……」
ニコラス「ちっ、後1でも数値が高ければ……」
ライムンド「流石にそろそろ疲れて来ましたね……」
心「久しぶりに結構シュート止められてますよ!」
霊夢「カリスマスキルが結構頑張ってくれたわね」
ルナサ「ドリブルでクラブしか出ない件について」
希「新必殺シュートのお披露目だったのにダイス叩いちゃった!」

936 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/19(日) 23:30:01 ID:???
@妖夢
Aナズーリン

一方その頃、別の場所では妖夢とナズーリンもまた特訓に掛かろうとしていた。
二人ともレギュラーとして試合に出場する事も多いが、最近の試合では成長著しい
希や響子などの面々に押され気味であり、今ひとつパッとしない。

妖夢「このままでは幻想郷ナンバーワンプレイヤー等夢のまた夢……。
   ナズーリンさん、今日は宜しくお願いします」

ナズーリン「ああ。私達の今の能力はこんな感じだな」

ド   パ  シ  タ  カ  ブ  せ 高低 ガッツ 合計
54  52  52  50  51  50  52 1 2 820  361 FW 魂魄妖夢 
フラグ(シ(本)、タ(本)、せ(本)、ド(霊)、シ(霊)、タ(霊)、カ(霊)、せ(霊))
50  51  50  51  51  53  52 2 2 770  358 DF ナズーリン  フラグ(O、タ、せ)

妖夢「お互いバランスは良いのですが……後一押しが足りない感じですね」

ナズーリン「そうだな。響子や旗が成長したのもあるが、ブロックすら目立たなくなっている。
      元々ブロック一芸だったのにこれではレギュラーは難しい……」

妖夢「それで、私達は何を鍛えましょうか?」

妖夢→
ナズーリン→

先に2票入った選択肢で進みます。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

※最低限、オフェンス能力とディフェンス能力の組み合わせであるか、
 どちらか一方がせりあい・ガッツである必要あります。

937 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:32:35 ID:QuvjFxjI
妖夢→シュート
ナズーリン→ブロック

938 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:33:12 ID:/clUSpjE
妖夢→シュート
ナズーリン→ブロック

939 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:34:32 ID:5a5lHrZU
妖夢→シュート
ナズーリン→ブロック

940 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/19(日) 23:41:36 ID:???
妖夢→シュート
ナズーリン→ブロック

ナズーリン「やはりお互いに一番必要な能力を鍛えるべきだろう。
      妖夢のシュートを私がブロックで防ぐ、という形でどうだ?」

妖夢「賛成です。やはり得点力は重要ですからね」

ナズーリン「よし、ではいくぞ!」

★器用貧乏から抜け出せるか、妖夢→! card★
★鉄壁のブロッカー、復活なるか、ナズーリン→! card★
★友情補正→! dice/3★ ※端数切り上げ

先着三名様で引いて下さい。カード・ダイスの数値によって分岐します。

合計の結果が……

35→妖夢とナズーリン、超進化!シュート/ブロック+5!更に全能力+2!更に…?
31〜34→妖夢とナズーリン、大進化!シュート/ブロック+4!更に全能力+1!
26〜30→妖夢とナズーリン、進化!シュート/ブロック+3!更に全能力+1!
21〜25→妖夢とナズーリン、覚醒!シュート/ブロック+3
13〜20→大分良い感じになった。シュート/ブロック+2
3〜12 →そこそこの効果はあった。シュート/ブロック+1

※マークか数値が一致した場合、判定に+5されます。重複はしません。
※合計値が21以上の時、フラグ習得!(既にあれば回収)
※合計値が26以上の時、対応した必殺技習得!

941 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:43:18 ID:???
★器用貧乏から抜け出せるか、妖夢→ スペード6

942 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:43:47 ID:???
★器用貧乏から抜け出せるか、妖夢→ クラブJ

943 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:46:02 ID:???
★鉄壁のブロッカー、復活なるか、ナズーリン→ スペード8

944 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:47:58 ID:???
★友情補正→ 2 /3★ ※端数切り上げ

945 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:48:28 ID:???
★友情補正→ 5 /3★

946 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:49:33 ID:???
★〜★までだから下かな

947 :森崎名無しさん:2017/11/19(日) 23:52:23 ID:???
え、切り上げ有ったら無効なの?
それだったら嬉しいんだが知らなんだ

948 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/19(日) 23:55:03 ID:???
>>946さん、947さん
すみません、★★の間が正しく引けているのでこの場合は>>944が採用されます。
以前からこのパターンは何度かありましたが、全て採用しているので。
(ただ紛らわしいので次回以降は少し表記を変えます)

白蓮たちに続き妖怪1足りない……でも成果としてはそこそこ、
となったところで今日の更新はここまでとさせて頂きます。
これで大会前の能力上昇系イベントは全て終了となります。
ここから軽い小イベントを挟んだ上でいよいよ大会本番です。

皆様、本日も遅くまでお疲れ様でした。

949 :森崎名無しさん:2017/11/20(月) 12:11:31 ID:???
リリカの成長は結構嬉しい誤算かも
アルゼンチン戦があれば、咲夜とリリカを入れて
ダブルマンマークでディアス対策ってのもありかな

950 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:20:47 ID:???
遅いですが少しだけ更新します。ただ今日は判定も投票もありません……。
大会に向けた参考情報の投下という感じです。

>>949さん
リリカはようやくスタメンでも使えるレベルになりましたね。
ディアスはかなりやばい能力に設定しているので、それくらい
思い切った手を打つのもありかもしれません。

951 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:22:18 ID:???
★器用貧乏から抜け出せるか、妖夢→ スペード6 ★
★鉄壁のブロッカー、復活なるか、ナズーリン→ スペード8 ★
★友情補正→ 2 /3★ ※端数切り上げ
13〜20→大分良い感じになった。シュート/ブロック+2

※マークか数値が一致した場合、判定に+5されます。重複はしません。

妖夢「はぁあああ!!!」

バシュウウウウウウウ!!!

ナズーリン「通さん!師符『高感度ナズーリンペンデュラム』!!!」

カァアアアアア!!!バチィイイイン!!!

妖夢「――!やりますね、だが次は決めてみせます!」

ナズーリン「ああ、こちらも負けないよ」

妖夢のシュート力とナズーリンのブロック力はほぼ五分な為、特訓も白熱する。
体力の続く限りシュートを撃ち合い、ブロックし合う、という事を休憩を挟みつつ繰り返す。

ナズーリン「……今日はこの辺りにしておこう。これ以上続けては体に毒だ」

妖夢「……はぁ、はぁ、くっ、もう少し、もう少しで何かが掴めそうなのですが……」

二人ともそれなりの成果は実感していたが、後もう一歩届かなかったという感触もあった。
しかし、流石にこれ以上続ける体力も残っておらずやむなく特訓を切り上げる。
こうして二人の特訓はやや消化不良な形で終わってしまう事となった。

※妖夢のシュート、ナズーリンのブロックが+2されました!

952 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:23:59 ID:???
(イベント:大会前の各チーム評価)

大会も目の前に迫ったある日の事。宿泊しているホテルで朝食を取っていた霊夢達。
そこに陽子が何やら雑誌のようなものが入った包みを持って入ってくる。

霊夢「陽子じゃない。おはよう」

希「おはようー!」

響子「おはよーございます!」

陽子「はい、おはようございますっと。朝食中のところすみません。
   ちょっと面白いものが手に入ったので」

永琳「面白いもの?」

陽子「大会が間近に迫って来たという事で、各チームの戦力評価をしている
   サッカー雑誌がそれなりに出てるので、一部持ってきました。
   フランスの雑誌だとフランス贔屓が酷くてあまり参考にならないので、
   サッカー協会に頼んでイタリアから取り寄せて貰いました。
   私も一読しましたけど、結構参考になると思いますよ。
   ……ほとんど情報がない筈の霊夢さん達のチームは仕方ないとして、
   全日本Jrユースの評価が低すぎるのは腹が立つけど」

霊夢「へぇ、面白そうね。皆で見ましょうか」

レミリア「どれどれ……」

焔「見せてみせてー!」

953 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:25:39 ID:???
※Jrの大会にしては他の国の情報がちょっと詳しすぎじゃない?
 と思われるかもしれませんが進行上の都合という事でご了承ください。

※この雑誌が発行されたのはスペインJrユース戦の直後である為、
 スペインJrユース戦の評価はまだ入っておりません。

『イタリアJrユース』

FW評価:6(本来は10)
MF評価:7(本来は8)
DF評価:10
GK評価:10
総合評価:8

コメント:
 大会No1ゴールキーパー、ジノ・ヘルナンデスが率いる我らがイタリアJrユース。
 本来ならば西ドイツJrユースと並び優勝候補の筆頭だったが、大会直前に発生したチーム内での
 トラブルによりチェザーレ・ストラットやダヴィデ・ランピオン、サルバトーレ・ジェンティーレ、
 ジョバンニ・マンフレディーニと言った主力級の選手が軒並み離脱してしまったのが痛い。
 特にストラットやランピオンの離脱により、決定力が並以下になってしまったのは致命的。
 一応ベンチ入り選手としては登録されているが、出場できるかはかなり厳しいとの事。
 
 かろうじての救いはジェンティーレが抜けたとは言え、ヘルナンデスに加えてディノール・ゾフと
 マルコリオ・ロッシという超一流のDF2人が健在の為、守備力は今でも大会最高と言って差し支えはない。
 また、控えFWだったタルデリや若手のカルネバーレ、マンチーニと言った面々が
 主力が抜けた事で逆に奮起したのか、著しい成長を見せておりレギュラーに食い込んできた。
 彼らの活躍で何とか1点をもぎ取れば、後は得意のカテナチオで勝利は見えてくるだろう。

954 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:28:23 ID:???
『西ドイツJrユース』

FW評価:10
MF評価:9.5
DF評価:9
GK評価:6
総合評価:9

コメント:
 若干15歳にしてバイエルンでのプロ入りが噂されている、
『皇帝』カール・ハインツ・シュナイダーが率いる西ドイツJrユース。
 イタリアJrユースと並び優勝候補だったが、イタリアの主力の離脱により優勝候補筆頭に浮上。
 シュナイダーは大会でも最高の選手の一人と言われており、FWとしての決定力は勿論だが
 突破力、守備力、判断力も優れておりサッカー選手としてかなり完成されているとの噂。
 もう一人のFWであるマンフレート・マーガスもシュナイダー程のインパクトはないが、
 決定力に加えてチームプレイが得意であり、決して侮れない。
 MFも華麗なテクニックが武器の『貴公子』フランツ・シェスター、
 目立たないながらも確実に相手に脅威を与える『仕事師』ヘルマン・カルツの2名に加え、
 詳細は不明だが有力な選手が3人程代表に加わったとの情報がある。
 DFについても『精密機械』の呼び名を持つユルゲンがおり、穴はない。
 唯一の弱点はGKか。

955 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:29:58 ID:???
『スペインJrユース』

FW評価:10
MF評価:8
DF評価:6
GK評価:9
総合評価:8.5

コメント:
 スペインの貴公子、エンリケ・アルゴスが率いる優勝候補の一角、スペインJrユース。
 特徴はアルゴス、ニコラス、セラーノという強力3トップによる攻撃力の高さに加え、
 守備面でもR・マドリッドユースの正GKであるカリューシャスがいる為安定している。
 特にキャプテンのアルゴスの実力はシュナイダーやピエールと並び世界でもトップクラスである。
 MFにもライムンドという一流の司令塔がおり、アルゴス自体もゲームメイクが出来る為支配力も高い。
 欠点はDFに目立った選手がいない事。カリューシャスを突破出来るFWが相手にいる場合やや厳しい。

『フランスJrユース』

FW評価:5
MF評価:10
DF評価:6
GK評価:5
総合評価:7.5(本来は6.5。開催国である事を踏まえての評価)

コメント:
 本大会の開催国であるフランスJrユース。キャプテンであるMFのエル・シド・ピエールは
 好守共に完成された選手であり、『彼一人』を見た場合ならば十分に世界でも通用するだろう。
 ただしチームとしての純戦力的に分析した場合、ピエール以外に目立った選手がほとんど見当たらないのが厳しい。
 せめてピエールのゲームメイクを活かせる決定力のあるFWが一人いれば話は違うのだが……。
 FWのボッシは決して悪くはない選手だが、トップクラスのFWと比べると明らかに見劣りする。
 GKのドミニク・アモロは時折神がかったセービングを見せるものの、安定感には欠ける。
 開催国の利は決して小さくはないが、本誌としてはあまり高い評価はつけられないところ。

956 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:31:22 ID:???
『アルゼンチンJrユース』

FW評価:10
MF評価:10
DF評価:7.5
GK評価:5.5
総合評価:8.5

コメント:
 大会最強とも言われている圧倒的な攻撃力が特徴のアルゼンチンJrユース。
 その中核を為すのは主に二人の選手。一人は『マラドーナ二世』と称されており、
 圧倒的な実力とカリスマでチームをまとめ上げるキャプテンでありMFのファン・ディアス。
 もう一人は決定力だけならディアスをも上回ると言われているFWのガブリエ・バティン。
 この2人の組み合わせは相手チーム守備陣にとっては正に悪夢であり、その他の攻撃陣も
 ディアスの相棒であるアラン・パスカル、強烈なヘディングが武器のサトルステギ、
 地味ながらも彼らの攻撃の起点となるMFのバビントン等タレントが揃っており、
 何処からでも点が取れるチームとなっている。その反面、守備力はかなり低く、
 唯一頼りになるDFのガルバンが何処まで相手の攻撃を防いでくれるかが鍵。

『イングランドJrユース』

FW評価:8
MF評価:6
DF評価:10
GK評価:6
総合評価:7.5

コメント:
 世界最高トップクラスのDFであるロブソンが率いるサッカーの母国・イングランド。
 中核となる選手は上記の通りDFのロブソン。特にそのブロックは世界最高と言われており、
 ブロック以外の守備についてもトップクラス。またFWのロリマーも高い決定力を備えており、
 この二人の活躍が勝敗を左右するだろう。問題はMFとGKがやや見劣りするところか。

957 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:32:44 ID:???
『マレーシアJrユース』

FW評価:7
MF評価:7
DF評価:10
GK評価:7
総合評価:8

コメント:
 マレーシアJrユースと言えばDFのクスタ、と言っても過言ではない。
 DFとしての総合能力で言えばゾフやロッシ、ユルゲン、ロブソンらと同等のレベル、
 あるいはそれ以上ではないかと目されており、既に来季からプロ入りが確定している。
 クスタだけが注目されがちだが他のメンバーのレベルも全体的に高いと言われており、
 それがクスタの采配の元非常に連携の取れたプレイを展開してくる為総合力は高い。
 強豪相手にも一発が狙える魅力のあるチーム。

『ベルギーJrユース』

FW評価:6
MF評価:6
DF評価:8
GK評価:10
総合評価:8

コメント:
 ヘルナンデスと並び世界最高のGKと言われているラムカーネが率いるベルギーJrユース。
 ラムカーネはセービング、1対1、飛び出し、判断力の全てにおいてヘルナンデスと同レベルと
 言われており、本調子の際は止めれないシュートはないとまで評価される程の実力者。
 ただし、スタミナがないのか後半になると調子を落とす事が多く、交代する事も少なくない。
 (この部分でヘルナンデスと比べると一歩劣る)
 残念ながらラムカーネ以外の選手は(DFこそ全体的に高レベルなものの)突出した選手はおらず、
 チームとしての評価は予選突破が出来れば御の字、と言ったところだろうか。

958 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:34:26 ID:???
『マレーシアJrユース』

FW評価:7
MF評価:7
DF評価:10
GK評価:7
総合評価:8

コメント:
 マレーシアJrユースと言えばDFのクスタ、と言っても過言ではない。
 DFとしての総合能力で言えばゾフやロッシ、ユルゲン、ロブソンらと同等のレベル、
 あるいはそれ以上ではないかと目されており、既に来季からプロ入りが確定している。
 クスタだけが注目されがちだが他のメンバーのレベルも全体的に高いと言われており、
 それがクスタの采配の元非常に連携の取れたプレイを展開してくる為総合力は高い。
 強豪相手にも一発が狙える魅力のあるチーム。

『ベルギーJrユース』

FW評価:6
MF評価:6
DF評価:8
GK評価:10
総合評価:8

コメント:
 ヘルナンデスと並び世界最高のGKと言われているラムカーネが率いるベルギーJrユース。
 ラムカーネはセービング、1対1、飛び出し、判断力の全てにおいてヘルナンデスと同レベルと
 言われており、本調子の際は止めれないシュートはないとまで評価される程の実力者。
 ただし、スタミナがないのか後半になると調子を落とす事が多く、交代する事も少なくない。
 (この部分でヘルナンデスと比べると一歩劣る)
 残念ながらラムカーネ以外の選手は(DFこそ全体的に高レベルなものの)突出した選手はおらず、
 チームとしての評価は予選突破が出来れば御の字、と言ったところだろうか。

959 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:35:27 ID:???
『ポーランドJrユース』

FW評価:8
MF評価:6
DF評価:6
GK評価:8
総合評価:7

コメント:
 俊足FWのマッハ―と一度見たら忘れられないというセービングが武器のジャイッチが特徴のチーム。
 FWのマッハーはサッカー選手よりも陸上選手になった方が良いのではないかと思える程の俊足で、
 テクニック等は左程でもないそうだがとにかくそのスピードのみで押し切るドリブラー。
 そしてGKのジャイッチのセービングは必見。体重100キロを超える巨漢が回転しながら
 ボールに飛びつく様は正に圧巻。あの動きに何の意味があるのかは分からないがインパクトだけは抜群。

『ポルトガルJrユース』

FW評価:6
MF評価:5
DF評価:6
GK評価:5
総合評価:5.5

コメント:
 特に語る事はない

960 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:37:21 ID:???
『ウルグアイJrユース』

FW評価:10
MF評価:8
DF評価:6
GK評価:7
総合評価:7・5

コメント:
 『南米の黒豹』の異名を持つFW、ラモン・ビクトリーノが率いるウルグアイJrユース。
 とにかく攻撃偏重のチームであり、チームコンセプトは「10点取られたら11点取り返す」という凄まじいもの。
 その中核とも言える3トップの一角であり、日系人でありながらウルグアイ国籍を取得した選手である火野リョーマは
『ジャパニーズ・ボンバー』と呼ばれており、そのシュートは世界のトップクラスに勝るとも劣らないとの噂。
 キャプテンであるビクトリーノも素早い動きでマークを振り切り決定機を掴むストライカータイプの選手であり、
 もう一人のFWであるアグイレイラは先の2人に比べるとやや劣るもののそのシュート力は侮れない。
 MFにも総合力が高く南米チームにしては珍しいチームを活かすプレイを得意とする選手のルーベン、
 奇抜なドリブルで相手を惑わすダ・シルバ等それなりに駒が揃っている。
 アルゼンチンと同じく攻撃力には定評がある分、守備力は左程ではない様子。
 それでもウーゴというDFは高い守備力を持っており、GKのカノーバも安定感のあるセービングが持ち味。
 決定力のあるストライカーに対抗するにはやや力不足なものの、侮っていると手古摺るかもしれない。

『カナダJrユース』

FW評価:5
MF評価:5
DF評価:5
GK評価:5
総合評価:5

コメント:
 特に語る事はない

961 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:38:45 ID:???
『全日本Jrユース』

FW評価:8(陽子評価:9)
MF評価:7(陽子評価:9)
DF評価:6(陽子評価:8)
GK評価:6(陽子評価:10)
総合評価:7(陽子評価:9)

コメント:
 極東の島国である日本から参加したチーム。チームの詳細は不明。
 金で参加権を買ったと揶揄されているが、西ドイツのカール・ハインツ・シュナイダー率いる
 ハンブルグJrユースとの練習試合で引き分けており、決して侮れないものがあると思われる。
 ブロックの組み合わせによっては予選は突破出来るかもしれない。

『マリオとヨッシーFC』

FW評価:不明(陽子評価:10)
MF評価:不明(陽子評価:10)
DF評価:不明(陽子評価:8)
GK評価:不明(陽子評価:8.5)
総合評価:不明(陽子評価:9)

コメント:
 今大会、特別枠として招待されている3チームの内の1チーム。
 なんとチームメンバー全員が女性という驚愕の構成であり、そのインパクトのあるチーム名と共に
 大きな話題となっている。知っての通り男性と女性の間にはそもそもの身体能力に大きな差がある為、
 そもそもまともな試合になるのかと大きな議論を呼んでいる。話題性による集客力の増加が目的か?
 イングランドJrユースと練習試合を行い圧勝したという話だが、試合内容の詳細が分かっていない為評価不可。
 ただ、噂によると交代直後の1プレイでイングランドJrユースの選手4人を負傷退場に追い込んだという
 『クラッシャー』の異名を持つ選手がいるという話であり、それが事実ならば西ドイツJrユースの
 クリストフ・ポブルセンとのマッチアップを是非見てみたいところである。

962 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:40:01 ID:???
『霧雨恋色マジック』

FW評価:不明(陽子評価:8.5)
MF評価:不明(陽子評価:7)
DF評価:不明(陽子評価:9)
GK評価:不明(陽子評価:8)
総合評価:不明(陽子評価:8)

コメント:
 今大会、特別枠として招待されている3チームの内の1チーム。やはり全員が女性。
 練習試合でポーランドJrユースを破ったという話だが、詳細は不明。
 試合結果そのものよりも、霧雨恋色マジックのGKがオーバーラップを敢行しGKと1対1になり、
 ポーランドJrユースのGKであるジャイッチとお互いに回転しながら大激突したという荒唐無稽な
 噂の方が気になるところである。本当ならば是非とも大会で再現して観客を盛り上げて欲しい。

『地底・妖怪の山連合』

FW評価:不明(陽子評価:9)
MF評価:不明(陽子評価:8)
DF評価:不明(陽子評価:8)
GK評価:不明(陽子評価:7)
総合評価:不明(陽子評価:8)

コメント:
 今大会、特別枠として招待されている3チームの内の1チーム。やはり全員が女性。
 練習試合でベルギーJrユースを破ったという話だが、詳細は不明。
 キーパーが非常に小柄な女の子で、更にバケツのようなものに入ってゴールポストから
 ぶら下がってセービングをするという噂があり、ベルギーJrユースの選手がシュートを
 撃つのを躊躇したという話が真実かどうか気になるところ。

963 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/22(水) 23:41:40 ID:???
全チームの大会前評価が出揃ったところで、短いですが今日の更新はこれだけです。
まだ多少スレが残っておりますが、キリが良いのでこの後少しだけ投下して、
次のスレは大会本番(抽選会)から始めようと思います。
と言う訳で次スレのスレタイを募集させて下さい。

【】キャプテン霊夢38【】

皆様、本日も遅くまでお疲れ様でした。

964 :森崎名無しさん:2017/11/22(水) 23:44:20 ID:???
【出会う】キャプテン霊夢38【強敵たち】
【大会の】キャプテン霊夢38【始まり】

965 :森崎名無しさん:2017/11/22(水) 23:45:01 ID:???
乙でした。妖夢が注目されてるのに笑ったw
【伝説の】キャプテン霊夢38【プレリュード】

966 :森崎名無しさん:2017/11/24(金) 19:53:31 ID:???
>>348さん
基本設定ではパンチングが+4、キャッチが+2です。
レベルが上がれば基本値自体も上がりますが、心はまだ上がっていない筈です。

昔のスレを読み直して気が付いたのですけど、19スレ>>132で心のパンチングの
補正が+5に上がっていました

967 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 14:52:42 ID:???
>>964さん
スレタイ提案頂きありがとうございます!

>>965さん
乙とスレタイ提案頂きありがとうございます!
妖夢はスペイン戦でもきっちり怪我人を出したのでもうネタにするしかないと思いましたw

>>966さん
本当だー!?すみません、完全に見落としていました……。
長く空くとこういう事が多くて駄目ですね……。

968 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 14:54:16 ID:???
霊夢「何だかこれだけを見るとフランスJrユースってあまり強く見えないんだけど」

早苗「そうですね。MFのピエールという方は要注意なようですが、
   それ以外の評価は軒並み低いですし……」

空「私はベルギーとかイタリアとかと試合したいなー!」

ルナサ「空ならどんなキーパー相手でも決めてしまいそうだから怖いな……」

ナズーリン「相手チームからしてみれば霊夢と空の組み合わせは悪夢だろうな」

希「止めようないもんねこの2人……」

心「え、えーと、その、2人とも味方なんですし……」

咲夜「あら、良かったわね、妖夢。貴女の事だけ取り上げられてるわよ」

妖夢「こんなので取り上げられても嬉しくありません!
   うう、クラッシャーなんて変な異名までついちゃってる……」

静「クラッシャー妖夢!何かかっこいいね!」

玲「くらっしゃーようむー」

響子「くらっしゃーようむー!」

てゐ「よし、皆、これから妖夢の事は敬意を込めてクラッシャー妖夢と呼ぶ事にしよう!」

妖夢「やめて下さいぃいいいいいい!!!」

妖夢の心の底からの叫び声は皆に華麗にスルーされるのだった。

969 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 14:55:43 ID:???
危うく忘れるところだった大事なイベントをこのスペースで投下しておきます。
次スレのテンプレにも関わってくるのでこちらで投下。

(イベント:霊夢の新必殺シュート取得イベント)

スペインJrユース戦が終わり、後日行われた練習も終わった翌日の事。
霊夢は昼食を済ませた後、一人練習場に姿を見せていた。

霊夢「(ちょっと試してみたかった事があるのよね)」

ウォームアップがてら、自分の得意なシュートを何発か撃つ。

霊夢の必殺シュートは主に自分の得意なスペルカードである『夢想封印』を利用している。
地上から撃つ『夢想封印』、空中から放つ『夢想封印・瞬』に『夢想封印・散』。
スペインJrユース戦で新しく編み出した『アミュレットループ』はスペルカードではないが、
霊夢が得意としている博麗アミュレットによる霊撃を応用したものである。
(巫女サマーソルトのみオーバーヘッドキックを別名で呼んでいるだけでスペルは使用していない)

では、あのスペルカードをサッカーに応用したらどうなるのだろうか?

霊夢が所持しているスペルカードでも最もブレイク難易度の高い、
いわゆる『ラストワード』に類するスペル。

効果は単純明快だ。「霊夢はありとあらゆるものから宙に浮き無敵となる」というもの。
その状態で周囲に展開した陰陽玉から大量の弾幕を射出して相手を圧殺するという反則技。
元々はスペルカードですらなかったが魔理沙から『あんなもん遊びにしないと誰も勝てない』
と半分涙目で訴えてきた為に、時間制限を付けた上での耐久スペルとした。

サッカーに応用する上でも基本は変わらない。変わるのは射出するのが弾幕ではなく
サッカーボールである事と、相手に当てるのではなく相手が当たれないようにすればいい。

970 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 14:57:47 ID:???
霊夢「……」

バシィッ!

無言のままボールを蹴り上げる霊夢。
ただ蹴り上げただけではなく、夢想封印を撃つのと同じ感覚で蹴り足に霊力を込めている。
その為、空中のボールは微かな光を放ちながら不規則に回転を続けている。

ダンッ!

霊夢「(これが私のラストワード……)」

高く蹴り上げたボールに飛びつく霊夢。そして、そのスペルを発動させる。










              「  夢  想  天  生  !!!」







            カァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!

971 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 14:59:10 ID:???
ブゥウウウウウウウウン!!!

ギュルンギュルンギュルンギュルン!!!!!

まだ試合では一度も見せていない『夢想封印・散』すら比較にならないほどのボールの揺れ具合。
いや、もはや揺れているのではなく単純にボールが分裂したのではないか、という程の圧倒的な物量。
ゴールのスペース全てにシュートが襲い掛かって来る様は、いっそ壮観とすら言えるかもしれない。

ズサァアアアアアアアア!!!トン、トン……

そのまま誰もいないゴールにボールは突き刺さり、その瞬間ボールは一つに戻る。
それと同時に、霊夢もスぺルカードの効果が解除され、実体に戻った。

霊夢「(……出来た、わね)」

狙っていた通りの結果になった事に満足しつつ、着地する霊夢。
だが、それと同時に体に襲い掛かる疲労感に思わず膝をつきそうになってしまう。

霊夢「(うっ……一発撃っただけでこれだけ疲れるのはちょっときついわね。
    元々滅多に使わないスペルカードだし、乱発は出来そうにないか……)」

元々霊夢の主な役目はゲームメイクであり、試合中の運動量も多いポジションだ。
こんな大技を下手に撃ってしまうとその後の中盤の支配に影響が出かねない。
何よりマリオとヨッシーFCの前衛には空を筆頭に焔、妖夢、レミリア、メルランと
得点力の高い選手は十分揃っており、霊夢がシュートを撃つ機会はスペインJrユース戦の
ように彼女たちがことごとく怪我で交代でもしない限りは早々ないだろう。

霊夢「(まだ『夢想封印・散』も見せてないし、これは本当に切り札ね)」

何はともあれ、霊夢は大会を前に新たな力を得る事に成功するのだった。

972 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 15:01:43 ID:???
※霊夢が新必殺シュート『夢想天生』を習得しました!
(地上シュート力+14、空中シュート力+10。消費ガッツ400。
 クリアー無効。ブロック制限効果有。初披露時キーパーに初見ペナ(大)有)

※霊夢はこれ以上の必殺シュートは覚えません

973 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2017/11/25(土) 15:03:07 ID:???
という訳で本家東方サッカーで数多のキーパーを吹き飛ばしてきた夢想天生をついに習得!
となったところで次スレに移行します。
設定については東方サッカーよりは元のラストワードを元ネタにしている感じです。
性能は上記の通り単体の必殺シュートとしてはアルティメットバーストに匹敵する性能ですが、
ガッツ消費も多いのでただでさえ消費が多い霊夢さんに撃つ機会がどれだけあるかは分かりませんが……。

このスレの残りはとりあえず何処かで挟もうと思っていてすっかり忘れてたイベントを投下します。
(それでも残ると思いますが……)。ハンブルグ戦は何とか書こうとしてるのですが、筆が進まず……。
もう既に今更感があるのでさっと済ませてしまおうかと考え中。

974 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:04:36 ID:???
(イベント:インテルユースチーム対ミランユースチームのビデオ)

スペイン戦後、陽子から見て欲しいものがあると言われて部屋に集まるメンバー。
陽子が手に入れたビデオ。それはインテル対ACミランといういわゆるミラノダービーと
言われる試合(勿論ユースチームではあるが)のビデオだった。
イタリアJrユースの選手はまだ分かっていないが、この2チームで代表入りは確実と
言われている選手が3人いる。

インテルのGK、ジノ・ヘルナンデス。
ACミランのDF、ディノール・ゾフとマルコリオ・ロッシ

勿論他の選手もレベルが低い訳ではないが、突出しているのはこの3人だった。

ミランFW「喰らえ!」

バシュウウウ!!!

ヘルナンデス「はっ!」

ガシィッ!

ヘルナンデス「良し、皆焦るな!インテルのゴールは絶対に割らせん!」

インテルメンバー「おう!」

心「わ、わぁ!簡単にキャッチしちゃった!」

鼎「私の全力のセービングよりも凄い……」

ミランFWのシュートは決してレベルの低いものではなかったが、
ヘルナンデスはまるでバックパスをキャッチするかのように軽々とセーブしてしまう。
何度か放り込みなども行われたが、優れた反応からの飛び出しでこれもあっさり防がれる。

975 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:05:45 ID:???
ロッシ「その程度で俺達を抜けると思うな!」

ズシャアアア!バチィイ!!!

インテルFW「うっ!?」

ゾフ「ふはは!動きが遅いぞ!」

シュバァッ!

インテルMF「あっ!?」

ナズーリン「このゾフとロッシという2人のDFも恐ろしいほどの実力だな……。
      特にロッシという男、1対1ではほぼ確実に相手を止めているぞ」

静「でもこのゾフって人も凄いよ。相手の動きに対しての反応が凄い早い感じ」

ゾフとロッシ。どちらも総合力に優れたDFであり苦手な守備はなさそうだ。
特にロッシはロブソンとは別の方向で世界最高レベルのDFと言えるだろう。
ゾフはロッシに比べればやや組しやすいように見えるが、
それでもその守備力は超一流のレベルに達している事が伺える。

永琳「それもあるけど、この二人が連携した時が一番厄介ね。
   恐ろしい程に互いの動きを知り尽くしている。
   1人1人を相手にするよりも遥かに突破しづらそうよ」

霊夢「……ビデオで見ただけじゃ分からないけど、正直私でも厳しいかもしれないわ」

希「うーん、あれが出来れば抜けそうな気はするけど……」

ルナサ「(今の私でこの2人を抜けるか……どちらか1人が相手でも無理だな。
     特にロッシという男を1対1で抜ける気が全くしない。ましてや2人同時に相手など……)」

976 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:06:49 ID:???
ヘルナンデス、ゾフ、ロッシ、誰か1人だけでも厄介なのにイタリアJrユースでは3人が揃う。
ビデオで見た限りでは、ゾフとロッシは霊夢や希ですら簡単に突破出来るようには見えず、
ヘルナンデスのセービングは早々簡単には抜け無さそうなレベルであった。
しかも、陽子の情報では更にサルバトーレ・ジェンティーレというこの2人と同レベルのDFがいるらしい。

霊夢「確かにこの試合を見てるとイタリアが守備のチームって言うのが分かるわね……。
   しかも、アルゴスに聞いた話だとアルゴスクラスのFWまでいるらしいし」

焔「うう、タックル上手い人が2人以上いるってきついかも……」

空「ハイボールを上から思いっきり叩いちゃえばいいんだよ!」

早苗「空さんならそれがベストかもしれないですね」

鼎「でもこれだけ守備が堅いと放り込みへの対策もしっかりしてそうだけど……」

そして前半は両チームとも決定機を掴む事が出来ず、0−0のまま終了する。
まだ前半が終わっただけだが、各人がイタリアというチームの脅威を認識する。
全貌が明らかになった訳ではないが、このビデオから伝わってくる情報だけでも
十二分に面倒な相手だと言う事が分かるのだ。

永琳「貴女が私達に見て欲しかったというのはこの3人の事かしら?」

永琳の言葉に対し、陽子は難しい顔のまま首を横に振る。

陽子「……違うわ。いえ、確かにこの3人が厄介というのはその通りなんだけど、
   皆さんに本当に見て頂きたいのはここから」

霊夢「え?」

ハーフタイムが終了し、後半が始まると言う正にその瞬間。
観客席のざわつきが俄かに大きくなり、次第にそれは一つのうねりとなる。

977 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:08:10 ID:???
「後半だ……後半が始まる」

「これを見なきゃミラン戦を見に来た意味はないよな」

「いよいよ動くぞ、あいつが!」




「「「「「ゾーフ!ゾーフ!ゾーフ!」」」」」




ゾフ「はーっはっは!やはり観客達も分かっているではないか!さぁ、我が友ロッシよ!
   約束通り前半は我慢したのだ!後半は思う存分行かせてもらうぞ!」

ロッシ「……ああ、だが頼むからペース配分はちゃんと考えてくれよ、ゾフ?」

ゾフ「当然ではないか!自分の体の事は自分が一番良く分かっているに決まっておろう!」

ロッシ「(そう言って最後まで持った事がどれだけあったか……。
     何で俺がこいつの抑えをいつもしなきゃいけないんだ……。
     くっ、いかん、また胃が痛くなってきた……)」

ミランチームメイト「「「(がんばれ、ロッシ!)」」」

陽気な調子で笑うゾフに対して、何処か疲れたような表情で返すロッシ。
ロッシは年齢の割に老けているとチームメイトからいつもからかわれているが、
その原因の半分以上は隣にいるゾフのせいじゃないかと彼は思っている。

978 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:10:23 ID:???
後半が開始され、インテルJrユースの攻撃陣がミラン陣内へと攻め入る。
その前に立ちはだかるゾフの動きに、霊夢達は目と口で3つの〇を作る事になる。

ゾフ「ふんふんふんふんふんふんふん!!!!!」

ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!

マリオとヨッシーFCメンバー「「「「「はっ?」」」」」

彼の動き。それは世間一般的には「反復横跳び」と言われるものであった。
反復横跳びとは簡単に言うと左右へのステップを出来る限り高速で行うものである。
だが、彼の反復横跳びは普通ではない。明らかに違うのはその切り返しの速度。
そのあまりの速さに、見た目にはまるでゾフが分身しているように見えるのである。

インテルFW「くっ、相変わらずの化け物め!」

ゾフ「はっはっは!人聞きの悪い事を言うな!私はれっきとした人間であり、サッカー選手だ!」

シュバァ!バチイィイン!!!

インテルFW「ぐっ!?」

一人を相手にしている筈なのに二人を相手にしているかのような特殊な状況に慣れている筈もなく、
ゾフの元々の守備力の高さもありインテルのFWはあっさりとボールを奪われてしまう。

玲「あはははは!!!このひとおもしろーい!」

静「な、何あれ!?妖夢とおんなじようなの!?」

妖夢「私のスペルカードをこんなのと一緒にしないでください!」

早苗「この人、カバディの選手か何かでしょうか……?」

979 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:12:08 ID:???
ディノール・ゾフ。

小学生の時のスポーツテストで教師に褒められて以来、彼は反復横跳びを愛していた。

そしてサッカーの事もまた同じくらい愛していた。

サッカーと反復横跳びは本来両立しえない。

しかし彼は思った。

「サッカーに反復横跳びを混ぜれば完璧ではないか」と。

そして一人の変態が誕生した。

インテルMF@「く、くそっ!逆サイドから攻めるぞ!それっ!」

バシィッ!

格段に上がったゾフの守備力に正面からでは分が悪いと判断したインテルのMFは
ゾフを避けて逆サイドから攻め上がろうとする。その判断は決して間違っていない。
だが、変態は常に想像の斜め上をいくものである。

ゾフ「ふんふんふんふんふんふんふん!!!!!」

ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ!

マリオとヨッシーFCメンバー「「「「「えっ?」」」」」

先ほどの超高速での反復横跳びを今度は逆方向に切り返す事なく行うゾフ。
そして気付いたらゾフの姿は逆サイドにあった。

980 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:13:23 ID:???
インテルMFA「ひっ!?お前今逆サイドにいた筈だろ!?」

ゾフ「はっーっはっは!その程度で反復横跳び世界チャンピオン(自称)の
   この私から逃げられると思ったら大間違いだぞ!」

ズシャアアア!!!バシィン!!!

インテルMFA「うわぁ!?」

ヘルナンデス「(前半中に点を取れなかった時点で覚悟はしていたが……これは我慢の試合になるな)」

ロッシ「(ゾフ、今のは別にお前が動かなくても良かったんだが……)」

「いいぞー、ゾフ!」

「相変わらずの人間離れした動きだな!」

「ヒャッホー!」

まるで瞬間移動のように逆サイドに現れたゾフにあっけなくボールを奪われるインテルMF。
盛り上がる観客達とは対照的に、マリオとヨッシーFCのメンバーは言葉を失ってしまう。

霊夢「……なんなのよこいつ。本当に人間なの?」

陽子「……イタリアのサッカー協会もそれを疑問に思って徹底的に検査をしたそうです。
   結果は『誠に遺憾ながら生物学上は間違いなく人間である』との事で……」

白蓮「人体の神秘ですね。超人『聖白蓮』を使ってもここまでの動きは出来ません」

ナズーリン「そういうレベルじゃない気がするんだが……」

希「普通に走ってもあんなに一瞬では移動できないのに……」

981 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:14:59 ID:???
前半と比べて圧倒的にミランが優勢に試合を進めている後半戦。
ヘルナンデスの的確な指示とファインセーブの連続がなければ試合はあっさり決まっていただろう。
そして、後半25分。ついに試合を決定づける先制点を決めたのは……インテルだった。

ゾフ「ぜー、はー……う、ぐぅ」

そう、フィールドを縦横無尽に動き回っていたゾフが体力切れを起こしたのである。
あんな無茶な動きをずっと続けていればいくら体力に自信があろうが当然の結果である。

ロッシ「(あ、あの馬鹿!だからペース配分は考えろとあれほど!)」

そしてこの隙をこれまで必死に相手の攻撃に耐えてきたインテルの選手達は逃さなかった。

ヘルナンデス「良し、今だ!皆上がれ!」

バシィッ!

インテル攻撃陣「良し、いくぞ!」

ヘルナンデスのセーブを機に一斉に攻撃の人数を増やし、カウンターアタックを敢行。
奇しくもゾフのお陰で優勢に試合を進めていた事もあり、守備陣が前のめりになっていた隙を突いた。

ロッシ「く、くそ!数が多すぎる!」

いくらロッシが優れたDFであっても、相手の数が多すぎる上に元々カウンターを
得意としているインテルはその人数の優位を活かす術を心得ていた。
ロッシを直接抜こうとはせず、細かいパス回しを繋いでミランの守備陣を翻弄する。
そのまま上手くキーパーと1対1の形に持ち込み、きっちりとゴールを決めて見せた。

ミランも残り時間で最後の反撃を見せるもののヘルナンデス相手にゴールを割るには至らず、
インテル対ミランの試合は1−0でインテルの勝利という結果で終わる事となった。

982 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 17:16:13 ID:???
という訳で本編に入れようと思って入れ忘れたイタリアのイベントでした。
本編の続きは夜にまた更新します。

ゾフはキャプテン翼4でただ一人、守備時のみ移動距離3倍という特殊能力を持っています。
(かの有名なコインブラですら常時移動距離2倍。それでも十分速く感じます)

どれだけ恐ろしいかと言えばサイドの端から端まで僅か3回の移動で到達してしまい、
PA内に限れば移動1回で事足ります。
移動距離が長すぎてボールホルダーを通り過ぎてしまい逆に接触しづらいレベル。
背番号のアイコンがピンボールみたいにフィールドを跳ね回るイメージ。
(ちなみに4では守備能力も全選手中最高だったり)

キャプテン翼4をやっていた当時、この選手の事が凄く印象に残っていてどうしても出したいと思い、
せっかくなのでキャプ森風キャラにしようと考えた結果こうなった。反省はあまりしていない。

983 :森崎名無しさん:2018/01/06(土) 17:49:03 ID:???
ただでさえ化け物とラスボスがそろったミランに何でこんな化け物をモブでもう一体放り込んだんだろうね・・・
ただでさえGKも若林クラスなのにゾフの移動速度が変態すぎるのもね・・・


984 :キャプテン霊夢 ◆.4VsndDQiQ :2018/01/06(土) 22:11:28 ID:???
>>983さん
本当に4のミランは化け物チームでしたよね……。
ミランカルテット、ゾフ、ロッシに加えてそれ以外のモブも強いですし……。
フーリアさんのワンツーマシンっぷりに泣かされたのは私だけではないと思いたい。
これがストラットがサンパウロにいるルートならまだ戦えるのですが、
サッカーGPルートの場合はストラットがいないどころかむしろ相手側にいて、
無限ガッツを良い事に(レナート相手に大人気なく)メガロを撃ちまくってくるという。

464KB (08:00PM - 02:00AM の間一気に全部は読めません)
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24