キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50
【希望は】鈴仙奮闘記42【魔界より】

1 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/09(火) 22:13:46 ID:???
このスレは、キャプテン森崎のスピンアウト作品で、東方Project(東方サッカー)とのクロスオーバー作品です。
内容は、東方永夜抄の5ボス、鈴仙・優曇華院・イナバがサッカーで世界を救う為に努力する話です。
他の森崎板でのスレと被っている要素や、それぞれの原作無視・原作崩壊を起こしている表現。
その他にも誤字脱字や稚拙な状況描写等が多数あるかと思いますが、お目こぼし頂ければ幸いです。

☆前スレ☆
【道は】鈴仙奮闘記41【違えど】
http://capmori.net/test/read.cgi/morosaki/1509881529/
☆過去ログ・攻略ページ(キャプテン森崎まとめ@Wiki内)☆
http://www32.atwiki.jp/morosaki/pages/104.html

☆あらすじ☆
ある日突然幻想郷にやって来た外来人、アラン・パスカルと中山政男との出会いにより、
師匠に並ぶ名選手になると決心した鈴仙・優曇華院・イナバ。
彼女は永琳の庇護下で実力を大きく伸ばし、幻想郷中の勢力が集まった大会でMVPを勝ち取った!
しかしその夜鈴仙は、自身の成長は永琳の計画であった事、その計画の副作用で
月に眠る大いなる厄災――「純狐」が八雲紫の身体を乗っ取り目覚めつつある事を明かされる。
そして、鈴仙は永琳に懇願される。「純狐」の純粋なる狂気を止めるべく、
次に紫が計画した大会――『幻想スーパーJr.ユース大会』に優勝し、世界を救って欲しい……と。

鈴仙は戸惑いつつも、永琳の願いを受け入れ、
幻想郷の秩序の変革を狙う新チーム・リトルウイングズの一員として、大会に優勝することを誓った。
その後、修行のため鈴仙はブラジルに渡り、様々な困難や出会いを経験し、仲間と共に成長していくも、
ブラジルサッカーの登竜門・リオカップ。その決勝戦で大きな挫折を味わった。
名門サンパウロFCを牛耳るサッカーの怪物・大空翼。宇宙的な威力のシュートを誇るチェザーレ・ストラット。
そして、かつて道を違えた鈴仙の親友・魂魄妖夢。鈴仙と仲間達は、彼らを前に、為すすべなく敗北しただけでは足りず。
試合後。鈴仙は妖夢を庇い、凶弾に倒れて視力を失ってしまう。

どん底に堕ちた鈴仙を前に、新チーム・リトルウイングズの監督となる筈だった魅魔は冷酷に告げる。
鈴仙達は弱い。このままでは世界で戦えない。リトルウイングズは解散だ。
――しかし、彼女はそう切り捨てると同時に、鈴仙達に最後の希望を与えていた。
1か月後の『魔界カップ』で、我ら魔界ユースに勝利すれば、『幻想スーパーJr.ユース大会』の出場権を与える、と……。

198 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/18(木) 23:32:12 ID:???
反町「(ウチのチームに、全日本みたいな派閥争いは無い。一体誰がキャプテンになるんだろう……?)」

アリスさん「(も、もしかして私!? 来ちゃう!? 超アリスさん伝説来ちゃう!?)」

さとり「それだけはない、と言っておきましょう」

お燐「割と真面目な話、さとり様じゃないですか。病院のお姉さん除きでこの中でキャプテン経験が一番長いのって、さとり様ですし。
    地霊殿サブタレイニアンローゼスは、幻想郷でもそこそこ名門チームだったしねぇ」

ナズーリン「キャプテンと言えば、ご主人もそうだが……」

星「仲間同士で戦い、結束を深める……! うおおおっ!! 燃えて来ましたぁぁッ!」

にとり「星は賢いし凄くイイヤツだけど、色々と残念だからなぁ〜……」

つかさ「てゐ様はどうですか? 統率力もありますし、駆け引きも上手ですから……」

てゐ「いやいや。私は人の上に立つタイプじゃないって。二番手三番手で後ろから支えるのが好きなのさ」

佳歩「パチュリーさんはどうですか?」

パチュリー「私も吝かでは無いけれど。現時点でコーチ兼選手的なポジションだからねぇ……」

慧音「(私も昔は、人里FCのキャプテンではあったが。他にも適任は多い。声は掛からんだろう)」

幾ら鈴仙がキャプテンである事に異論は無いとは言っても、今までこうした話が持ち上がらなかっただけに、
場は少しだけ色めき立つ。果たして、コーチが指名した選手とは……

199 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/18(木) 23:34:45 ID:KrV4zwO2

先着1名様で、

★白組キャプテン→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→自由選択+選ばれたキャラにちょっとだけボーナス!
ダイヤ→コーチ「てゐ。お主は控えめじゃが、その実、皆を纏める適正がある!」
ハート→コーチ「反町……と、言ったの。お主の雰囲気は、どこか鈴仙と似ておる」
スペード→コーチ「慧音先生。第一FWとバランスを取る意味でも、信頼感という意味でも宜しくじゃゾイ」
クラブ→コーチ「パチュリーよ。マスターとして、弟子である鈴仙の前に立ちはだかるのじゃ!」
クラブA→コーチ「おめえの出番じゃ、アリスさん!」一同「なにィ!?!?!?」

200 :森崎名無しさん:2018/01/18(木) 23:40:35 ID:???
★白組キャプテン→! card★

201 :森崎名無しさん:2018/01/18(木) 23:41:37 ID:???
★白組キャプテン→ クラブ4

202 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/18(木) 23:55:37 ID:KrV4zwO2
>>191
ご意見ありがとうございます。
コーチ及びコリンチャンスの選手達については、入れるかどうか純粋に迷った結果、選択制にしました。
霞については、井出互換のキャラとしてスタッフ加入は前々から考えていましたが、
リザーバー選手として入れるかどうかは、霞に思い入れのある人や、他に魔界出身の選手を探したい人で
票が割れるかな、と思ったために選択制にしました。
また、最近文章パート続きで、読者参加があった方が面白いかな、と思ったのもあります。
>>192
お気遣いありがとうございます。最近長文続きだったので、
ゲーム性とか自由度を出していきたいと思っていましたが、塩梅が難しいですね……
第四章では、原点に立ち返ってダイスやカード運任せの展開を増やしたいなと思ってます。

203 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/18(木) 23:57:30 ID:KrV4zwO2
★白組キャプテン→ クラブ4 ★
クラブ→コーチ「パチュリーよ。マスターとして、弟子である鈴仙の前に立ちはだかるのじゃ!」

パチュリー「……まあ、良いけど」

ノリノリで言い放ったコーチに対し、パチュリーは気だるげに答えた。

佳歩「パチュリーさんが……キャプテン……!?」

てゐ「そういや、むか〜し昔は、あいつもキャプテンやってたっけ。ブワルなんちゃらりーとか。
    喘息の影響で、後半しか出て無かったけど」

コーチ「このチームで、現時点で指揮力や統率力が最も高いのはお主じゃろう。
     また、実力面においても鈴仙を超えチームトップじゃ。
     鈴仙が今後、単なる精神的な支柱ではなく。司令官としてもキャプテンに相応しくなるためには、
     お主を超える必要がどうしても出て来る」

鈴仙「(つまりこれは、私への試練でもある、ってワケね……)」

パチュリー「そう言う事ならば、仕方ないわね。さあ鈴仙。この私を超えて見せなさい……フフフ……」

静葉「(パチュリーの事は余り詳しく知らなかったけれど。意外とチョロそうね……)」

204 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 00:03:04 ID:EIz7KZpo

昔からコーチ兼選手として、紅魔スカーレットムーンズを筆頭に様々なチームを後ろから導いて来たパチュリーだが、
キャプテンとして前面に出る機会は存外に少ない。そのため、簡易的な紅白戦と言えども、
仲間達は彼女のキャプテンシーに半分期待、半分不安を入り混ぜつつ、その采配を見守った。

パチュリー「さて……。コーチも言ってたと思うけど。まず私達はどっちが先に選手を選ぶかを協議して決める。
       この時、先攻の方は有利なんだけど、デメリットとして8人の内1人を、リザーバーである霞にしないといけなくなる。
       後攻はその逆がメリットになるって訳ね。……質問は?」

鈴仙「確認ですけど。先攻の方は最初、霞を加入させた上で。選手を二人、先に選べるって意味で良いんですよね?」

パチュリー「そうよ。つまり先攻はまず、霞、○○、××……と。3名の選手を加入させる事になる、という訳ね」

鈴仙「そうなると、先攻は一番最後に余った選手を取らないといけない、って訳ですけど。
    ……それはそれで、不公平とかはありませんか?」

パチュリー「無いわね。リザーバーを除く私達は、能力差こそあれども、皆何かしらの一芸を持っている。
       最後に余る選手にしても、極端な役立たずである事はあり得ないわ」

鈴仙「分かりました。それじゃ、選びましょうか」

205 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 00:05:29 ID:EIz7KZpo

★これより紅白戦の仲間選手を選択します。まず最初に、先攻で選手選択を行うか、後攻で選手選択を行うかを選んでください★

A:先攻で選手選択を行う。(最初の選択前、自動的に霞が加入します。霞加入後、自由に二名、選手を選べます。)
B:後攻で選手選択を行う。(パチュリーが先に霞及び二名の選手を選びます。その後、自由に二名選手、を選べます。)
C:その他 2人ずつ選手選択してたらテンポが悪いから、自動で決めて欲しい…など意見あればください。

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

206 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 00:07:51 ID:kfIqJq/s
B

207 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 01:05:25 ID:EIz7KZpo
すみません、早速ですが難しい判断を投票にして、テンポが悪くなってしまったかもしれません。
なので、投票して頂いた>>206さんには申し訳ないですが、どっちが先に選手を選ぶかは、
投票ではなく判定で決めたいと思います。


先着1名様で、

★選択権のコイントス→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→??「ちょっと待ちな!!」その時 エスパーニャ 互換の選手が登場!
ダイヤ・ハート→鈴仙が先攻選択だ!
スペード・クラブ→パチュリーが先攻選択だ!

208 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 01:08:58 ID:???
★選択権のコイントス→ ダイヤ8

209 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 01:22:10 ID:EIz7KZpo
★選択権のコイントス→ ダイヤ8 ★
ダイヤ・ハート→鈴仙が先攻選択だ!

鈴仙「……では、私が先に選手を選びます!」

パチュリー「という事は。枠のうち1つはリザーバーの霞となるけれど、良いのね?」

鈴仙「ええ。同じルナティックスのよしみですから。逆にコンビネーションは取りやすいと思いますし」

パチュリー「そう……。じゃあ、自分と、霞と、残り6枠。選びたい選手を二人、選んでしまいなさいな」

鈴仙「(パチュリーさん、余裕綽綽ね……ルナティックスに居た頃の師匠を……永琳様を思い出すなぁ。
    ――ようし。目の前のパチュリーさんを疑似師匠だと思って。この練習試合、勝って見せるんだから!)」

鈴仙は意気込んで、自分と霞に次ぐ、第三と第四の選手を選び始めた。

210 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 01:23:44 ID:EIz7KZpo
−リトルウイングズ メンバー一覧(残っている選手)−
FW:反町、星、佳歩
MF:アリスさん、静葉、てゐ
DF:慧音、お燐、穣子、ナズーリン、つかさ
GK:さとり、にとり

★上記のメンバーから、鈴仙チーム3人目と4人目の選手を【2名同時に】選択してください★
 (例:佳歩、てゐ)

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

 ※投票は、【部分一致制】で行います。
   (例:「佳歩、てゐ」「佳歩、つかさ」で票が入った場合、佳歩の加入が確定し、てゐとつかさは1票ずつ。
      次に「つかさ」で票が入った場合、つかさに2票が入ったこととなり、つかさの加入が確定)

鈴仙チーム(赤):残り6枠
FW 鈴仙
MF 霞
DF
GK


パチュリーチーム(白):残り7枠
FW
MF パチュリー
DF
GK

211 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 01:31:25 ID:1N7pvrWk
にとり、つかさ

さとりをマインドエクスプロージョンでぶち抜く作戦で

212 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 01:37:26 ID:EIz7KZpo
…と、いったところで今日の更新はここまでにしようと思います。

コメントにて進行について意見を頂き、本当にありがとうございました。8vs8にするか11vs11にするかという事や、
コーチや霞の加入イベントについては、自分自身本気で悩んでいた事でしたので、意見があると本気で助かります。
今後もスレの進行についてご意見頂ければ(可能な限りですが)反映したいと思います。

自分の思いとしては、第三章(リオカップ編)ではストーリー性を重視して、判定や選択のダイナミズムを抑えていましたが、
それはゲームへの参加しやすさや面白さを損ね過ぎたのではないかと思っています。
そのため、第四章(魔界カップ編)では以前のゲーム性をある程度復活させ、かつ投票へのハードルをより低く自由にする事で、
少しでも多くの方に参加して頂けるようなスレ運営をしたいと考えています。(と、言いつつ長文を書く時もありますが…)
勿論作者である私自身が楽しいのを最優先なのは最初から変わりませんが、自分が楽しい事で他の方も楽しんで貰えればもっと楽しいので…。

そんなわけで、今回の紅白戦につきましても、色々と投票なり意見交換なりして頂ければ嬉しいです。
テンプレの能力値や、>>135-145あたりで各選手の評価など、参考となるデータは色々書いてあるつもりです。
鈴仙及び仲間達15人とも特徴があり、良い意味で迷えるチーム構成になっていると思っています。
ただ、皆強いので、○○を選ばないと詰み、みたいな事はありません(GKは選ばないと流石にマズいです)。
なので、考えつつも、気楽に投票等をして頂ければと思います。
長くなりましたが、本日もお疲れ様でした。

213 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 02:13:56 ID:???
乙でした
加入によるデメリットが無いなら自動でもいいかなーと思いますけど、
書きやすいように書いてもらうのが一番かと

214 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 04:31:39 ID:05kcr2BM
乙でした

てゐ 慧音

215 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 09:30:51 ID:yyfVL3J2
にとり つかさ

216 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 22:59:20 ID:Hjf6wXFQ
更新していきます。
>>213
乙ありがとうございます。
ストーリー的に他のキャラの見せ場や活躍機会が奪われる(かもしれない)等、
デメリットがあると思って選択制にしましたが、確かにゲーム的にデメリットが無いなら自動でも良いかもですね。
書きやすいように書くのは、私も常に第一優先でさせて貰ってます。
ただ、未熟なGM故、やはり一人だと迷ってしまう時もありますので、その際は助けて頂ければ嬉しいです。
(書きやすいように書くの優先で、折角のご意見が反映されない場合は、すみません…)
>>214
乙と投票ありがとうございます。助かります。

217 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:02:25 ID:Hjf6wXFQ
>にとり つかさ

鈴仙「私はまず、GKを選択するわ! ……にとり!」

にとり「オッケェ! 私の自慢のメカで零封にしくさってやるよ!」

鈴仙「そしてDFも。つかさ、あんたのブロックと根性は一級品だもの。よろしく頼むわね」

つかさ「……! はいっ!(総合力では下位の私がまず選ばれるなんて。
     ここは、鈴仙さまのご期待に沿う活躍をしなければ……!!)」

一番に指名されて誇らしげに胸を張るにとりと、一芸を見込まれて選ばれたのだと感じるつかさは、
互いに方向こそ違えど、高い闘志を抱きながら鈴仙の下に着いた。

パチュリー「成程。シュートに強い選手を組み入れたと言う訳ね。では、私は……。まず一人目に、古明地さとり。
        万一鈴仙が、次に貴女を選ばないとも限らないしね。
        まあ、純粋な練習の為の紅白戦で、そんな深読みまでは本来不要なんだけど……そうする方が、フェアっぽいからね」

さとり「(消去法的な選択でしょうが、構いません。私は何時でも、光を掴もうともがき続けるのみ……!)」

パチュリー「そして、二人目だけど――」

218 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:08:21 ID:Hjf6wXFQ
紅白戦であっても、本気で対峙する時と同じような思考法から。パチュリーはまず、GKの古明地さとりを選んだ。
万一鈴仙が次にさとりを選んだ場合、白チームには他にGKの適性を持つ選手は居らず、大量失点の恐れが生じる。
無論、鈴仙がそのような事をする筈は無いのだが……この選択は、パチュリーがこの試合を、
単なる馴れ合いの仲良し試合にはしたくないと考えている所作だった。

パチュリー「そして、次は……」

――その思考のまま、パチュリーは次の選手を指名する。

先着1名様で、

★パチュリーの選択1→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→パチュリー「アリスさん一択ね! 彼女からはエースの匂いを感じるわ……ハァハァ!!」三杉互換だ!
ダイヤ・ハート→「上白沢慧音。総合力で他を圧倒する貴女を取らない理由が無いわ」
スペード・クラブ→パチュリー「……星。寅丸星、こっちに来なさい」

219 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:10:46 ID:???
★パチュリーの選択1→ ダイヤ6

220 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:14:44 ID:???
そういえば星って新しい地上シュート覚えたんでしたっけ?
性能はまだ秘密ですかね

221 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:20:25 ID:Hjf6wXFQ
★パチュリーの選択1→ ダイヤ6 ★
ダイヤ・ハート→「上白沢慧音。総合力で他を圧倒する貴女を取らない理由が無いわ」

パチュリー「慧音。貴女の実力の高さは、この私が一番知っている」

慧音「感謝する、パチュリー。必ずやその信頼に応えよう」

二人は長年付き添った戦友同士のように、多くを語らず傍に寄り添う。
修行先のイタリアでは当初、パチュリーに対立していた慧音だったが。
その対立を乗り越えて、彼女達は強い信頼関係を結んでいた。

パチュリー「さあ。私はさとりと慧音を取った。次はあんたの番よ、鈴仙」

鈴仙「……はい!(パチュリーさんと慧音さん。ウチのチームの総合力トップ2が、
    一気に集まってしまったわね……。でも、サッカーは総合力だけじゃあ無い。
    戦術や戦略で、強い選手を破る事だってできるんだ!
    ――と、言う訳で。私は次に、誰を選ぼうかしら……)」

222 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:23:33 ID:Hjf6wXFQ
>>220
すみません、星はメキシコ編ラストで新地上シュート『コンプリートクラリフィケイション』を習得しています。アナウンス漏れです。
威力は圧巻の+12、吹飛係数1、消費ガッツ400です。
鈴仙にも佳歩にも反町にも無い彼女の武器の一つが、この最強格の地上シュートです。

223 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:24:42 ID:Hjf6wXFQ

−リトルウイングズ メンバー一覧(残っている選手)−
FW:反町、星、佳歩
MF:アリスさん、静葉、てゐ
DF:お燐、穣子、ナズーリン、つかさ
GK:

★上記のメンバーから、鈴仙チーム5人目と6人目の選手を【2名同時に】選択してください★
 (例:佳歩、てゐ)

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

 ※投票は、【部分一致制】で行います。
   (例:「佳歩、てゐ」「佳歩、つかさ」で票が入った場合、佳歩の加入が確定し、てゐとつかさは1票ずつ。
      次に「つかさ」で票が入った場合、つかさに2票が入ったこととなり、つかさの加入が確定)

鈴仙チーム(赤):残り4枠
FW 鈴仙
MF 霞
DF つかさ
GK にとり


パチュリーチーム(白):残り5枠
FW
MF パチュリー
DF 慧音
GK さとり

224 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:26:44 ID:yyfVL3J2
てゐ 穣子

225 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:27:08 ID:Ke3+3NoA
アリスさん 星

226 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:28:22 ID:05kcr2BM
反町 てゐ

227 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:30:34 ID:???
てゐは二票で決定です。
現在、穣子、アリスさん、星、反町が各一票ずつ入っている状況です。

228 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:31:36 ID:1N7pvrWk


229 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:39:15 ID:???
>てゐ、星

鈴仙「私の五人目はてゐよ。いつも通りちゃんと仕事しなさいよ」

てゐ「はいはい。鈴仙ちゃんは私が居ないと何にもできないしねぇ〜」

てゐは軽口を叩きながらも、どことなく嬉しそうに鈴仙の下に着いた。

鈴仙「六人目は……星! 久しぶりにタイガースターズの2トップの力、見せてやりましょう!」

星「ええ! 今こそ貴女の刃として、必ずやお役に立って見せますよ、鈴仙!」

星もまた、かねてより鈴仙との親交は深く。久しぶりに肩を並べて戦える事を喜んだ。

230 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:42:17 ID:Hjf6wXFQ
パチュリー「(『インビジブルデューパー』に、『コンプリートクラリフィケイション』。
        強烈な中距離シュートが、どんどん揃って来たわね。
        ブロックを不得手とする慧音のみをスイーパーに置くのは、少し厳しいかしら。攻撃面については……)」

その流れで、パチュリーは冷静なままに次の指名を行う。選ばれたのは――。

先着1名様で、

★パチュリーの選択2→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→コーチ「ええい! お主たち若造には任せられん。ワシが出るゾイ!」ここだ! ここで乱心だ!!
ダイヤ→「佳歩。そしてアリスさん。相手がシューターを取るならば、こっちはドリブラーを取るわ」
ハート・スペード・クラブ→「静葉。そして穣子。あんた達の連携が必要よ」

231 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:43:56 ID:???
★パチュリーの選択2→ スペード3

232 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:53:02 ID:Hjf6wXFQ
★パチュリーの選択2→ スペード3 ★
ハート・スペード・クラブ→「静葉。そして穣子。あんた達の連携が必要よ」

パチュリー「(秋穣子は因幡つかさに次いで強力なブロッカー。守備力も総じて高い。
        秋静葉はアリスさんには実力で劣るけど、主に性格面で安定感があり。
        おまけに連携技で、穣子の守備力を更に底上げする事が出来る。彼女達をセットで呼びましょうか)
        ――静葉。そして穣子。あんた達の連携が必要よ」

静葉「良かったわ。最後まで選ばれなかったらどうしようかと」

穣子「紫のもやしさんありがとう! お礼に今度紫芋あげるね!」

パチュリー「誰がもやしの貴公女よ。誰が……」

温厚で牧歌的な秋姉妹に対し、パチュリーは不愛想な表情で文句たらたらであったが。
彼女達の連携が試合を左右すると考え、強い期待を抱きつつ二人を迎えていた。

233 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:55:25 ID:Hjf6wXFQ
鈴仙「(紫芋良いなァ……じゃなくて。8vs8だから、もう大分枠が埋まって来たわね!
     パチュリーさんは次に反町君を入れるつもりかしら?
     FW居ないし、彼も確か、土台としてなら『オータムスカイラブ』に参加できた気がするし……。
     私達は一応、全部のポジションに人は揃っているけれど……攻撃力を高めるべきか、守備力を高めるべきか)」

−リトルウイングズ メンバー一覧(残っている選手)−
FW:反町、佳歩
MF:アリスさん
DF:お燐、ナズーリン
GK:

★上記のメンバーから、鈴仙チーム5人目と6人目の選手を【2名同時に】選択してください★
 (例:佳歩、てゐ)

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

 ※投票は、【部分一致制】で行います。
   (例:「佳歩、てゐ」「佳歩、つかさ」で票が入った場合、佳歩の加入が確定し、てゐとつかさは1票ずつ。
      次に「つかさ」で票が入った場合、つかさに2票が入ったこととなり、つかさの加入が確定)

鈴仙チーム(赤):残り2枠
FW 鈴仙、星
MF 霞、てゐ
DF つかさ
GK にとり


パチュリーチーム(白):残り3枠
FW
MF パチュリー、静葉
DF 慧音、穣子
GK さとり

234 :森崎名無しさん:2018/01/19(金) 23:57:27 ID:Ke3+3NoA
お燐 アリスさん

235 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/19(金) 23:59:31 ID:Hjf6wXFQ
『5人目と6人目』、とありますが、正しくは『7人目と8人目』でしたね…失礼しました。これがラストの選択となります。
なお、日付跨ぎギリギリの投票ですが、多重投票を行う方は居ないと考え、再投票は行いません。


ついでに>>204で、
鈴仙「そうなると、先攻は一番最後に余った選手を取らないといけない、って訳ですけど。
    ……それはそれで、不公平とかはありませんか?」
とか頭の悪い事を言っていますが、鈴仙チームはこれでもう8人が埋まるので、
最後に余った選手3人は、自動的にパチュリーチームに入る事になります。

236 :森崎名無しさん:2018/01/20(土) 00:02:10 ID:tEu5WCvE
アリスさん、ナズーリン

237 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 00:04:22 ID:ClnrJLs2
現在アリスさんが2票で決定です。
お燐とナズーリンで一票ずつ入っています。

238 :森崎名無しさん:2018/01/20(土) 00:09:56 ID:cjPAVcMg
ナズーリン

239 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 03:35:09 ID:ClnrJLs2
>アリスさん ナズーリン

鈴仙「(敵にはパチュリーさんと慧音さんという二大巨頭が居るんだし。
    ここはあの二人に次ぐ、強力な選手を入れたいんだけど……)」

アリスさん「ちらっ……ちらっ……」

鈴仙「(うん。なんかすごくつらいけど。でも、強いのは事実だし……)――じゃ。七人目はアリスさんで」

アリスさん「も、もーーっ! 鈴仙ったら、私の力を借りたいの!? 仕方ないわねぇーーッ!!?!!」

鈴仙「……やっぱなしで」

アリスさん「ご、ごめんなさいっ!? だからもう二度と、私をハブった仲良しライングループとか作ったりしないで!?!?」

鈴仙「(ライングループって何だろう……)――冗談よ。まあ、アリスさんは強いしね。うん……なんか、宜しく」

アリスさんの謎のテンションに軽くドン引きしながらも、その実力を信頼する鈴仙はアリスさんを選んだ。

鈴仙「最後の8人目は……ナズーリンね。サイドバックとしての実力、見せて頂戴。
    (ホントはお燐にしようか迷ったけど。なんかヘタれそうだしね……)」

ナズーリン「……ああ、了解だ。出来るところまでやってやるさ」

鈴仙に対し友情の念を抱いているナズーリンは、鈴仙の申し出に快諾してチームに着いた。


240 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 03:37:10 ID:ClnrJLs2
パチュリー「……これで決まりね。私は余ってしまった、佳歩、反町、そしてお燐。
        この3名を自分のチームに加えるわ」

佳歩「(ううっ、鈴仙さまと一緒のチームが良かったなぁ……。てゐ様も、霞ちゃんも、つかさちゃんも、
     鈴仙さまと一緒だし、羨ましいなぁ……)」

反町「(やはり、俺のFWとしての実力は中途半端か……? ――いや。後ろ向きになってはいけないな。
     俺には穣子さんと静葉さんがいる! 俺達は、1+1+1で300だ。 67倍だぞ67倍!!)」

お燐「(サイドでの実力なら、誰にも負けてない自信があるのに〜。やっぱ、前の大会のしくじりが大きいのかねぇ)」

――かくして、鈴仙チーム(赤)とパチュリーチーム(白)は、以下のように分かれる事となった。

鈴仙チーム(赤):
FW 鈴仙、星
MF 霞、てゐ、アリスさん
DF つかさ、ナズーリン
GK にとり

パチュリーチーム(白):
FW 反町、佳歩
MF パチュリー、静葉
DF 慧音、穣子、お燐
GK さとり

コーチ「(総合力ではパチュリーチームが大きく上回っておるな。
     また、反町、静葉、穣子という連携プレーが活きる3人を確保できたのは大きいかの。
     対する鈴仙チームは、選手のパワーという意味では劣るものの、てゐやアリスさん、つかさ等、
     一芸において非常に強い選手を配置しておるから、そこまで不利では無い。
     逆に、さとりに対して相性の良い、強力なミドルシューターである星。
     強力なパスを持ち、『インビジブルデューパー』の鍵となるてゐを擁している分、有利ですらあるかもしれん。
     果たして、どうなるかなこの試合……グヒョヒョ)」

241 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 03:38:55 ID:ClnrJLs2

両チームの顔ぶれを見ながら、この試合審判役を務めるコーチは、気持ち悪い笑みを浮かべ……。
それぞれのチームは集まって、どんな布陣で行くかの検討を開始した。

鈴仙「いつものポジション通り、って事だったら。こんな風になるけれど」

鈴仙は棒きれを拾って、地面にいつもより少し小さめなコートと、
その中でのフォーメーション案として、こんな風に記載した。
(瞳は相変わらず眼帯で覆われているが、気配を察知する訓練の成果が出ており、
 自分が何を書いているかは察知できた)

−F−G− F星 G鈴仙
−−−−−
C−D−E C霞 Dアリスさん Eてゐ
−−−−−
−A−B− Aつかさ Bナズーリン
−−@−− @にとり

つかさ「2−3−2。8vs8サッカーでは、バランスの取れた編成だと思いますわ」

てゐ「でもさ〜、折角だったらいろいろ試してみたい気はするよね。折角の紅白戦なんだしさ」

ナズーリン「試す……と言うと。例えばどんな配置があるだろうか」


242 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 03:39:56 ID:ClnrJLs2

霞「そうですね……私のデータによると、星さんのタックル力は、このチームでも慧音さんに並んでトップ。
  でしたら、そのワイルドさを活かして、リベロをやってみるのはどうでしょうか?」

星「わ、私がですかっ!?」

にとり「星ったら、大袈裟に驚き過ぎ! へー。でも、星がリベロ……つまり、DFの位置にいて、
     ボールを持ったら適宜オーバーラップなりして、奇襲のミドルシュートを撃つ! ……みたいな感じなんだろ?
     う〜ん。中々動きが難しいそうだなぁ。即席で出来んのかなぁ……?」

アリスさん「でも。やってみる価値はありそうね。即席で失敗したとしても、本番の試合で成功すれば良いんだしね」

鈴仙「(アリスさんって、たまにまともになるから困るのよねぇ……キャラがつかめなくて)
    ――そういう事だったら、他にもありそうね。例えば……アリスさんがウインガーになるとかもアリかも」

てゐ「(確かに、あの凄いドリブルを見たらそれもアリな気がする。けど……)」

つかさ「(アリスさんが、果たして本当に、鈴仙さまの言う事を聞いてセンタリングを上げてくれるのでしょうか……?)」

――仲間達は鈴仙の図面をたたき台に、色々な案を出してくれている。
星をDFとした鈴仙のワントップ。鈴仙をトップ下とした星のワントップ。
ドリブルや一対一シュートが上手いアリスさんやてゐをウインガーとし、
2−2−3という攻撃的な布陣を実現する案も挙げられた。

鈴仙「(どうしようかしら。どっちにしろ紅白戦なんだから、
     今のうちに、今しかできない事を試すっていう事も大事。
     だけど、敵はそんな甘えも許さず攻め続けるかもしれない。
     ……どれも正解、ってのは無さそうね)」

意見を反芻しつつ、鈴仙は更に考える。

243 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 03:48:46 ID:ClnrJLs2
鈴仙「(私自身にしたって、瞳を失った事に伴う弱体化は避けられないんだ。
    瞳の力で敵のパフォーマンスを落とす事はできないし、シュートでGKの体勢を崩す事もできなくなってる。
    ……この事実も、しっかり受け止めないといけないのよね)」

仲間の能力に適正。自身が負ったハンデ。色々なものを考慮して、鈴仙チームが打ち出した布陣は……。


A:元のポジション通り、2−3−2がベストだろう。
B:鈴仙をワントップ、星をリベロのDFとした、3−2−1を試してみてはどうか。
C:星をワントップ、鈴仙をトップ下とした、2−3−1を試してみてはどうか。
D:アリスさんをWGとした、2−2−3を試してみてはどうか。
E:てゐをWGとした、2−2−3を試してみてはどうか。
F:その他 組みたい布陣があればご自由にどうぞ

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

*鈴仙は当分の間、スキル・失明により、
   @スキル・狂気の瞳の効果が完全封印
   A”マインド〜”で始まるシュートの効果である、敵GKのバランス崩し・転倒効果が封印(威力は据え置き)
 のハンデを負うこととなります。(>>2の効果から、シュート弱体の効果が加わっています。)

244 :森崎名無しさん:2018/01/20(土) 03:57:59 ID:0OMohTXA
D

245 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/01/20(土) 03:59:42 ID:???
……と、言ったところで今日の更新はここまでにします。
すみません、>>239まで寝落ちしてました(汗)

色々書いてしまってますが、今回の紅白戦については、パチュリーチームも覚醒の機会を得ますし、
敗北しても大きなペナルティ等は全く発生しないので(勝ったらほんの少しだけボーナスを出します)、
キャラの今後の起用法も含めて、色々と試行錯誤して頂ければ幸いです。

鈴仙の弱体化については、狂気の瞳の封印に加えて、マインド系統の弱体化が含まれます。
ただ、弱体化は転倒効果のみであり、シュートの補正等は変わりませんので、
鈴仙が極端に使えなくなる、という事は無いと思います。
失明した割には弱体化がマイルドですが、この辺りは、入院中もたゆまぬリハビリを続けた鈴仙の努力と、
鈴仙もまた人外の妖怪(玉兎)であるが故の、特異な体質によるものであると解釈して頂ければ幸いです。
それでは、本日もお疲れ様でした。

246 :森崎名無しさん:2018/01/20(土) 07:57:00 ID:tEu5WCvE
D

227KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24