キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 最新50
【目覚めるか】スターリベリオ.W3【鼻の趣味】

1 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2016/03/14(月) 19:36:23 ID:7J5Wn+DQ
当スレはキャプテン森崎のスピンアウト作品です。
マリオシリーズとクロスしており、他にちなんだキャラクター達も出てきます。

リベリオ君を主人公にして、キャプテン森崎のキャラクター達がマリオの世界を冒険したりサッカーしたりして楽しんでいきます。
基本的に本編と同様で、カードを引いてもらったり選択肢を選んでもらったりして進んでいきます。雑談、質問・意見はどうぞご自由に。
変な行動取っても割りと平気です。扱いが変な人になるだけでサッカーや冒険自体には影響ありません
しかし、キャプテンなどの公の立場としてはマイナスかも?
キャラブレイクは起きます。起きました。

<前回のあらすじ>
マリオの誘いに乗って対抗戦に挑む。
1アシストと敵の攻撃を潰し続ける活躍を見せ、2-1で前半戦を追えた。
失点は無闇に飛び出したマリオのせい。

401 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:30:47 ID:???
吹雪を止めるための協力者の一人である人物に頼った結果、人力風起こしたる機械をもらった。
その名の通りプロペラを人力で回しているが、どういうわけか空を飛ぶまでに至っている。
作った本人曰く“魔法の仕組み”があるためらしい。
ある程度身体能力があれば飛行はでき、体力が続く限りそのまま飛び続けることができる。
ただ、安定して空を飛ぶためにいろいろと改造したため明らかに人間の力だけで飛べるものではなくなっていた。
現に艦娘の阿武隈もこうして苦労している。
他の装置で補助ができるのならば良かったのだが、ここで作るのを飽きたそうだ。

阿武隈「着いたー!!」

案内の通りに従い、着地自体は難なく行えた。

族長「最近のお客さんは空から落ちてくるのがトレンドかなー?」

既にその事態は当然のようにヨースター島に知れ渡り、なんだなんだとヨッシー達が集まっている。
リベリオが以前見たことあると発言したため、攻撃されることは防げたのだ。
異様な雰囲気に包まれつつも、はっきりと自分の身分を伝え、到着しましたと話すと歓迎されることになった。

族長「あれー? 一人だけ―?」

阿武隈「いや、あたしも一人で充分って聞いてて……」

リベリオ「(確かに、一人いるだけでも違うが……)」

この場にいる全員が「らしくない判断」と取っていた。
阿武隈には一人で出撃させた大淀の判断が、
リベリオには慎重な阿武隈が一人で来たことが、
族長には誰一人としてサポートがいないことが。

402 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:32:10 ID:???
リベリオ「まあ……別に壊滅させがら進めってわけじゃないから。
荷物を向こう岸に届ければそれでいいんだ。それに俺達も戦うし。
別に無茶するつもりもさせるつもりもないから安心してくれ」

単純な戦力で言えば、一人の駆逐艦よりもヨッシー軍団の方が強い。
リベリオも族長も、当の阿武隈も理解している。ただ、阿武隈には軍人でないことの一点だけが引っかかっている。

阿武隈「一応聞くけど戦闘経験は?」

リベリオ「ゲッソーに限って言えばほぼ毎日。
この前はデカいのが表れて積み荷を放棄して帰ることになったから、正直言えばそいつさえどうにかなればいい」

恐らく今日は仕切り直しになるかもしれないと思いつつも、現状の戦力でも打破できる可能性は高い。

阿武隈「……分かった。離脱指示には必ず従って」

長ヨッシー「ありがとー阿武隈ちゃん。おかげで助かるよー」

阿武隈「任せてください。ぜーんぶ、あたしの十八番ですから」


────────────────────────────────────────

403 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:34:07 ID:???
────────────────────────────────────────

長ヨッシー「それじゃーいつも通り準備してー」

族長の掛け声とともに、ヨッシー達は一斉に海へ飛び出していく。
あるヨッシーはヘリに、あるヨッシーは潜水艦に、あるヨッシーは船に変形し、輸送船を守るように陣形を取る。

阿武隈「あたしたちも相当だけど、あなたたちも大概よね」

リベリオ「そうかな。別に普段陸にいる生物が海に潜ったり空飛んだりするのは大して珍しくないだろ」

阿武隈「そうじゃなくてね」

404 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:38:37 ID:???
                     -rttォ-
                    _}‐‐‐}‐
           ┼           v勹二ケ。
           |         ─‐}‐rrrrrr.}
         _|_          弋辷辷7
.          /|゚。          T7¨¨77
       ∠l|__',   r‐‐、   ..厂:|‐‐‐‐}]
         rf | :l   .l ̄¨|    {--|‐‐‐└,                            .|
      _Y二二L .r| r┴ュ   マ‐{──┴─-、━━o                      ,:|
        \|──r'__|:|二|二|ttttt,| |┐__|___}┬‐‐‐━━o            _/_|__
    ━r‐十━≦_|_..|__}━≦___}_/ ̄_‘,‐‐_/---- ̄ ̄────==ニ   ̄(ゞ')  /
 廴━r‐┴┴─┴┴┴≦=ニて ̄=ニて ̄=ニて     。o<                ,'
..{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄、、、、、、、、、、、、.........., -‐''´´´``丶.{__
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




     阿武隈「なんなのこれ!!」

405 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:41:46 ID:???
長ヨッシー「ちゃんと船橋の再現までこだわったんだよー、すごいでしょー」

阿武隈「凄いけど!」

リベリオ「この前は族長がいなかった。今回は阿武隈さんもいる。これならうまくいくさ」

阿武隈「もう! そういうことじゃないの!」

長ヨッシー「君たちは阿武隈ちゃんの指示に従って動いてねー。
君たちは遊撃的に動いてー。でもデカいゲッソーが来たらそっち優先だよー」

リベリオ「よし、今回は荷物の守りを多めにしておいた。偵察を重視して動いてくれ。
何よりデカいのだ。そいつが来たら真っ先に合図をくれ」

阿武隈「(多分、生き残りってことはないだろうけど不安ね)」

一番警戒すべきは巨大ゲッソーであり、あとは既存の戦力でもどうにかなる、という認識であった。
この一回で撃退させるつもりはなく、何度か情報を仕入れてから本格的に部隊を形成するのだろうか、
と、頭の片隅に考えながら装備を整えた。

阿武隈「……なんで今になって、こんな急ぎでなに運ぶつもりなの?」

リベリオ「ん? 主に酒だよ。フルーツもあるけど。急に品切れになったんだと。
どうしたもんだが、泣きつくような勢いでさ、とにかく急ぎ追加って言うんだ。
おかげで前にダメになった分の補填どころかお釣りもぐらいさ」

阿武隈「今日クリスマスだっていうのに、なにしてるのかしら」

リベリオ「……あ、そうだった。だから急ぎで運ぼうとしてたんだった」

阿武隈「ワーカーホリックがここにもいたか……」

406 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:43:40 ID:???
リベリオ「そういえば前もプレゼント配ってたっけなあ」

阿武隈「なにそれ」

ストイックなのか、それとも行事に興味を示さないのか、いまいちリベリオの性格を掴めぬまま出発する。

リベリオ「そろそろだな」

阿武隈「反応でもあった?」

リベリオ「いや、このレーダーは動いてるのしか反応しない。
逆にほとんど反応してないんだ。多分だけど待ち伏せされてる。
前の時と同じなんだ」

阿武隈「情報が漏れてるってこと?」

リベリオ「そういうわけじゃない。通さないように満遍なく布陣を敷いてるんだ。
デカいゲッソーが来るまで他のゲッソーで時間を稼ぐつもりだろう。
実際、船に張り付かれて速度が落ちてたからな。運が良ければデカいのが来る前に逃げられるんだが」

その大きいゲッソーも一体だけとも限らないかもしれない、と言葉を続けた。
二体、もしかしたら三体を相手にしなければならない可能性がある。

阿武隈「(潮ちゃんも連れてくればよかった)」


────────────────────────────────────────

407 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:45:16 ID:???
────────────────────────────────────────


金剛「それにしてもアブも隅に置けないネー。
しっかりBOY FRIENDもいるなんて、正直予想外デース」

潮「え?」

大淀「ああいう子は男の子の方がほっておきませんよ。
阿武隈さんはしっかりしてる子なので、つまらないトラブルに巻き込まれることも無いと思います」

潮「え、え?」

金剛「潮は気をつけるネー。ちゃんとNO! って断ることも必要だヨー」

潮「あの」

大淀「何かあったらすぐ言いなさい。守るべき人々も決して善人とは限りませんから」

潮「そうでなくて」

金剛「HAHAHAHAHA! 大淀頼りになりマース」

潮「阿武隈さんは」

408 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:47:04 ID:???
潮「阿武隈さんは」

大淀「ふふ、ただやられっぱなしというが嫌いなだけですよ」

潮「武器もって出撃しました」

金剛「OH! 淀やっぱ……WHAT?」

潮「あと、寝てくださいって」

金剛「……潮、ONCE AGAIN」

潮「寝てください」

金剛「その前ネー」

潮「武器もって出撃しました」

大淀「……誰が」

潮「阿武隈さんです」

金剛「OH MY GOD......」


────────────────────────────────────────

409 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:48:44 ID:???
────────────────────────────────────────

長ヨッシー「出なかったねー」

リベリオ「出ないなら出ないでいいんですけど、この場でどうかしたかったのは本音ですね。
可能な限り最大の戦力を集められたのですけど、流石に喧嘩売っては来ませんでしたね」

阿武隈「やめたってことは本当にあるかも。もしやる気なら、今度は少数を装って戦いましょう」

リベリオ「そーすっか。帰りも油断しないよう気を付けましょう。
輸送船壊されたらシャレにならないし」

長ヨッシー「そーだねー。でも帰るのはちょっと休んでからにしよー。
皆が久しぶりの街で浮かれてるみたいだよー」

リベリオ「最近行き来するだけでも一苦労でしたし、やっぱり皆ここに来たかったのでしょうか」

長ヨッシー「別に土管通れば良かったのにねー。リベリオ君も好きにするといいよー」

リベリオ「そうします。族長はどうするんですか?」

長ヨッシー「こっちのことはいいんだってばーもー。
それじゃーねー」

そう言うと族長はそそくさと去っていく。族長としての仕事はあったのだが、リベリオにそれを言うと必ずついてくる。
事情が違えばそれでもいいのだが、今回は良しとしなかった理由があった。

410 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/08(水) 23:52:08 ID:???
リベリオ「……やっぱ分からないなあの人」

阿武隈「ああいう人、うちにもいるよ。悪い人じゃないの分かってるんだけど」

リベリオ「ああやってすーってどっか行っちゃうんだよなあ。
こっちも手空いてんのに、全然何もこっちに話さないし」

阿武隈「(金剛さんたち、ちゃんと寝てくれるといいんだけど)」

少し間話し、とりあえずどこかで休もうと比較的地理に詳しいリベリオが店へ案内する。
リベリオ「んー、今残ってるの俺ぐらいだなー。帰った奴だけじゃなくて、向こうに行った奴もいるけど。
そういえば、そろそろまた行き来できるころだ」

阿武隈「……どうするの? 帰るの?」

リベリオ「……どうすっかな」

────────────────────────────────────────

半端ですがおまけなのでここまでです。
いろいろ(病気急用環境の変化)とありまして、長らく報告もなくほっといて申し訳ありませんでした。

ちなみに金剛さんたちのいる鎮守府の提督は小須田提督といいます。
ジャングルや紛争地帯、高山や深海などで偉業を成し遂げ、ピンク色のペンギンを見つけて、
今はゴロツキタウンで無事ギャングスタ―となりました。
黄色い耳あての中年男性を見つけたら彼です。同じおじさんを見つけても別人です。

【アナウンス】
ブッキータワー攻略時のパートナーは阿武隈で固定されました。
他のキャラを連れていくことも可能なので、安心してください。
次回から試合に戻ります。

411 :森崎名無しさん:2017/02/09(木) 01:06:18 ID:???
>単純な戦力で言えば、一人の駆逐艦よりもヨッシー軍団の方が強い。
阿武隈「んん、違います!」

乙なのです

412 :森崎名無しさん:2017/02/11(土) 10:54:54 ID:???
あぶぅ強いのにこの板では見かけないよね
森崎板で目立ってる艦娘って言うと蒼龍、加賀、大和あたり?

413 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/11(土) 20:43:54 ID:???
>>411
戦いは数だよ、兄貴!
(決してガバ設定を隠すための言葉ではない)
でも、正直のところ艦娘たちの強さってどんなものなんでしょうね。
ゴジラに勝てるかどうかぐらいは知りたいです。

>>412
阿武ちゃん結構ちゃんとヒロインしそうなんですけど、なんとも機会に恵まれないのが。
ここで翔鶴や金剛が出てこないのはあの二人は殿堂入りだからでしょうか。
霧島押し提督は多そうな気はします。

あとはみんなが自分に正直になって好きな艦娘の名前を叫べばいい。


ちなみにバレンタインイベントはやれません。
せ、せめてペニーやファイブワットさんが出てきてからじゃないと……
どうでもいいですがファイブワットさん、9歳の子持ちなのに超若い。

414 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/11(土) 20:48:17 ID:???
★GKに難の多い試合→ 06 ★
01〜10:守備陣営をきっちり敷いた。どんな攻撃でも対応できるぞ!

ミスターL「(落ち着こう。まず相手の狙いを考えるんだ)」

目をつむり、大きく深呼吸する。どんな時でも、こうするだけで嫌でも落ち着くことを経験則として知ってた。

ミスターL「(僕だったら、絶対シュートを撃ちたい。そして、大きなリスクは取りたくない)」

手始めに考えの根底を決めた。

ミスターL「(攻め方は多種多様に見える、見えるけど、そうじゃないんだ。
それだけじゃないんだ)」

視線の先には、リベリオとバビントンがいる。

ミスターL「(基点はあの二人、それならば)お前ら、今から言う配置につけ」

蛇の目忍者「お、黙りこくってると思ったらなんか妙案でも思いついたかい?」

ミスターL「差し迫ってるんだ。お前もきびきび動け」

フォーメーションを一時的に変えて、守備を備える。
大きく変わったのはミスターLが最後尾になったことだ。全体を見渡し指示の出しやすいようにしている。

リベリオ「(……こうなるとノコノコを出し抜いて、って訳にはいかないな)」

バビントン「(少しは焦ってくれる、そう期待してたんだけど冷静に対応してくる。
どうやっても真正面から打ち破るしかない)」

415 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/11(土) 20:49:21 ID:???
先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★キッカーバビントン→! card★
ダイヤ:「(サットゥーの位置がおかしい……)」
スペード・ハート:「(リベリオに競り合ってもらおう)」
クラブ:「(守備については穴って言ってたっけ)」
JOKER:「(見える! ゴールまでの軌道が!!)」
クラブA:↑+マリオ「無論、俺だ!!」

416 :森崎名無しさん:2017/02/11(土) 20:51:09 ID:???
★キッカーバビントン→ ハート2

417 :森崎名無しさん:2017/02/11(土) 20:52:38 ID:???
ペニーって書かれるとちゃんとメイド イン ワリオシリーズのあの人とイメージできるけど
さん付けすると野球のあの人がイメージされてしまうよね

418 :森崎名無しさん:2017/02/12(日) 00:46:37 ID:???
>>413
あ、言葉足らずですみません。
強さのことではなく、阿武隈は「駆逐艦」ではなく「軽巡洋艦」だと言いたかっただけです。

419 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/12(日) 01:52:34 ID:???
>>417
ペニーとペニーさんのダブルコラボも……むりやな。
ペニーやヤング クリケットみたいな正統派は本当に珍しいので、大事にしていきたいです。
(正統派ゆえに味が弱いみたいなことならないようにします:2敗)

>>418
(たった今プロットとすっ飛ばした文章を確認して気づいたときの顔)
ご指摘ありがとうございます。
はい、最初書いた文章では阿武ちゃんが潮ちゃんのことを連れてこようとしていたこと予め吐露していました。、
そのための駆逐艦云々の文章です。
その後変えようと思いつき、ちゃんと書き直したつもりだったのですが直ってませんでした。
ガバは設定だけではなく、文章もガバでした。(理解力もガバとか言わないでください。泣きます)

エアプじゃないの! 信じて!!

420 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/12(日) 01:54:43 ID:???
★キッカーバビントン→ ハート2 ★
スペード・ハート:「(リベリオに競り合ってもらおう)」

バビントン「(ビクトリーノは当然空いてない。
分かっていたけど、いきなりシュートまで持ち込める距離じゃない。
2回ぐらい、プレイを挟むかな)」

誰に預けるのか、選択肢は複数ある。厳密にその成功率が高いのかは全て計算しきれない。
不確定要素が多い。それならば、と、もっとも信頼するものに預けることを選択した。

バビントン「(遠くならカットされる確率は上がる。近くにパスしたって、この場でかき回せるか怪しい。
だったら、ゴールまで近づける一手だ)」

出されたパスは高い放物線を描き、正確にリベリオの元へ落される。
高さゆえに途中のカットは入れず、正確さゆえにポジション取りもままならない。

ミスターL「(やっぱりあの子か)なんも考えず飛べ!!
小僧相手にちぢこまってんじゃあねえぞ!!」

ノコブロス(緑)「う……ウォォァアアーーーー!!!!」

リベリオ「(こいつも……実力隠してるってことはないよな?)」

先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★リベリオ せりあい 56(! card+! card)
ノコブロス(緑) オーバーヘッドクリア 53(! card+! card)★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≧2 ボールはリベリオが抑えた!
=1,0,-1 ボールをこぼした! 左から順に
(松山のフォロー)(ラインを割った、赤ヒゲ連合のスローイン)(ラインを割った、忍者軍団のスローイン)
≦-2 ボールはクリアされた!

421 :森崎名無しさん:2017/02/12(日) 01:56:28 ID:???
★リベリオ せりあい 56( ハート2 + ダイヤJ )
ノコブロス(緑) オーバーヘッドクリア 53( ハート6 + クラブ4 )★

422 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/15(水) 19:33:32 ID:???
★リベリオ せりあい 56( ハート2 + ダイヤJ )=69
ノコブロス(緑) オーバーヘッドクリア 53( ハート6 + クラブ4 )=63★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≧2 ボールはリベリオが抑えた!

リベリオのプレイは、このプレイは平凡だった。ただ相手を抑えて高く跳ぶ、そこに何か工夫はなかった。
何の工夫もいらなかった。
緑色のノコブロスが気づいたときは、既にリベリオが跳んでいた。間に合わない。
それでも跳ぶ。高さなら勝負できると、足を振る。何もない空を切った。
まともに着地することもかなわず、ただただ地面が迫ってくる。

リベリオ「っと(後は……)」

リベリオは難なくと着地して、次に頭を切り替えていた。
センタリングをしたいが、空中戦に優れる相手が二人いる。
ドリブルで奥深く切り込もうにも、遠距離タックルの射程内になる。
横のパスはカット能力優れるゲルマン忍者が睨んでいる。

実況「空中戦を制したのはリベリオ君です! シュートチャンスとなるか赤ヒゲ連合!
ここからいったいどう攻めるんだァー!!」

リベリオ「(さーて、確実にシュートまで持っていきたいが、他に方法はないのか?)」

423 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/15(水) 19:34:56 ID:???
一票決です。IDが表示されるようにして書き込んでください。

A:サトルステギに高いセンタリングだ。迷っても意味がない。
B:サトルステギに低いセンタリングだ。かわせればゴールできるはず。
C:一度ヨッシーに流す。一度も試してないパターンで行く。
D:奥へ切り込む。そこからの選択肢が一番多い。
E:松山に戻してみるか。あいつにはシュートもあったはず。
F:この際だ。一旦こっちに寄れサトルステギ!!
G:キープする。状況が変わるのを待つんだ。
H:シュートを撃つ。ブロッカーはともかく、GKはハリボテだ。
I:その他

【備考】
リベリオ:620/840、ドリブル:54 パス:52 キープ:54 バナナシュート:56(消費120)

424 :森崎名無しさん:2017/02/15(水) 19:52:22 ID:ppNR6hV+
D

425 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/16(木) 01:10:15 ID:???
>D:奥へ切り込む。そこからの選択肢が一番多い。

成功すれば空中戦を制しやすくなる、司令塔が不在なら有利に立ちやすい。
仮に失敗しても、ミスターLの行動は十中八九ロングパスであり、空中戦を挟むならばこちらが互角以上に戦える。
それがリベリオの計算だった。

リベリオ「(ったく、嫌になる。空中戦も地上も強い奴は)」

反転して、振り向いた瞬間にタックルを受けないよう転んでいる緑色のノコブロスを盾にドリブルを始める。
一方でミスターLも一瞬だけ悩んだ。自身の残り体力を計算し、覚悟を決めた。

ミスターL「(いや、大丈夫。まだ行ける)」

実況「リベリオ君、ドリブルだァー! さらにサイド奥へ突き進みます!」

サトルステギ「……あ!」

何か思い出したように外側へ走り出そうとするが、すぐに足を止め切り返す。
その傍らミスターLが勢いを上げたタックルで通り、リベリオの元へ滑ってゆく。

先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★リベリオ ドリブル 54(! card+! card)
ミスターL ロケットタックル 56(! card+! card)★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≧2 ドリブル突破!
=1,0,-1 ボールをこぼした! 左から順に
(松山のフォロー)(ラインを割った、どっちのボールだ)(ノコブロス(緑)のフォロー)
≦-2 ボールを奪われた!

【備考】
リベリオの親カードがダイヤ時「頭脳的なドリブル+3」が発動します。
ミスターLの親子カードがダイヤ一致時タックル値に+2、クラブ一致時は強制敗北となります

426 :森崎名無しさん:2017/02/16(木) 07:04:36 ID:???
★リベリオ ドリブル 54( ハート3 + ハート10 )
ミスターL ロケットタックル 56( ハート8 + ハート10 )★

427 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/22(水) 23:58:23 ID:???
Q.ヨッシーはフレンズに入りますか?
A.髪は赤色や橙色で、服はそのヨッシーのカラーリングを基調とした感じでお願いします。

ヨッシーの擬人化が緑一色なのに一石を投じつつ、更新を再開します。


★リベリオ ドリブル 54( ハート3 + ハート10 )=67
ミスターL ロケットタックル 56( ハート8 + ハート10 )=74★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≦-2 緑の勢い衰えず

リベリオ「(見える! 見える速度だ!)」
これなら幾分対処しやすくなる、と、ボールとの間に体を挟むのが間に合った。
いなすことが敵わぬなら、まず取らせないこと優先させ、そこから対処しようとした。

ミスターL「(やっぱり、厄介だ。対応が早い)」

タックルの軌道を変えた。リベリオの後方に向かっている。
倒れている緑色のノコブロスを使って自分を反射させて、ボールを刈り取ろうと背後から仕掛ける。
リベリオは取られないようと足を延ばしボールを引き寄せようとしたが、タックルの勢いに負けバランスを崩し倒れてしまっていた。
一度目はタックルに見せかけた移動、本命はリベリオがリアクションを見せた後の二度目のタックルであった。
当然、勢いも落ちたが死角に回り込めたことは何よりも大きく、その隙は取り返せるものではなかった。

実況「と、取ったぁーッ!! ミスターL、反射を利用して巧みにボールを取りました!!
ついでにその反動で緑色のノコブロス君も起き上がっています!! 反撃のろしを上げるのかァー!!??」

マリオ「(……もう少しだな。もう少しであのシュートが撃てなくなる。
が、ギリギリのラインだ。まあいい、確実に選択肢は狭まってきているのは間違いない)」

428 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/22(水) 23:59:27 ID:???
先着一名様で、!とnumnumの間の空白を消して書き込んでください。
★通常プレイならまだまだ平気→! numnum★
99:マリオPAにいなかった。無人のゴールまで飛んでいくぞ
91〜98:逆サイドへのパスだ。中の里忍者が走り上がっている
71〜90:パスでくるぞ、土竜忍者がポストプレイだ
63〜70:クリアだ、アマラウのフォロー
56〜62:クリアだ、土竜忍者の元へ飛んでいく
48〜55:クリアだ、バビントンのフォロー
41〜47:クリアだ、蛇の目忍者の元へ飛んでいく
31〜40:クリアだ、ドトールがフォロー
21〜30:クリアだ、トーテム忍者もとへ飛んでいく
01〜20:クリアだ、しかしラインを割った。
00:おっと松山君、雪車タックルで一気に詰め寄る! 
ぞろ目:クリア時に、松山が詰め寄る

429 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 00:37:35 ID:???
★通常プレイならまだまだ平気→ 99

430 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 00:38:36 ID:???
このヒゲ・・・まともな判断したと思ったらすぐこれだ・・・(やってもうた)

431 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 03:41:41 ID:???
やっぱマリオくんじゃないか!!

>>430
シリアスに持っていこうとすると途端にギャグを持ってくる、熟練された技です。
うん。そうだ。そうに違いない(現実逃避)


★通常プレイならまだまだ平気→ 99 ★
99:マリオPAにいなかった。無人のゴールまで飛んでいくぞ

最初に気づいたのは後ろを一度見たリベリオだった。
赤いのが、いる。思ったよりも、近くに。
次に気づいたのはミスターLだった。あらぬ方向に手を伸ばしていたリベリオの視線の先には、マリオがいた。
考え込むようにどっしりと仁王立ちしており、思わず「え?」と、口に出す。

大きくクリアされたボールを、GKがPAを飛び出して対処するの往々にしてある。
しかし、ハーフラインの近くまで来ており明らかに前のめりを超えていた。

リベリオ「戻れぇぇええええーーーーーーーー!!!!」

この大声にミスターLがハッとする。皆が気づく、あっと気づいたようにマリオが反転して走り出す。
ボールは既に放たれていた。

432 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 03:42:41 ID:???
先着3名様で、!とcard、diceの間の空白を消して書き込んでください。
★ボールの速度→! card+! card★
★マリオ→! card+! dice(スーパーヒーロー)+1
バド→! card
アマラウ→! card
バビントン→! card
アマラウ→! card
ドトール→! card★
★トーテム忍者→! card
土竜忍者→! card
蛇の目忍者→! card
ゲルマン忍者→! card-1
中の里忍者→! card+! dice-2★

【ボールの速度】-【味方キャラの数値】
≧2 間に合わない、ゴール!
=1,0,-1 間に合った! 左から順に
(コーナーキック)(スローイン)(クリア)
≦-2 キープ成功!

【敵キャラの数値】-【味方キャラの数値】
≧2 間に合わない、ねじ込まれる!
=1,0,-1 間に合った! 左から順に
(ねじ込みにブロック)(ねじ込みにクリア)(クリアにせりあい)
≦-2 キープ成功!

【ボール速度が10以下】で
【敵キャラの数値】-【味方キャラの数値】
≧2 そのままシュート!
=1,0,-1 間に合った! せりあいになるぞ!
≦-2 キープ成功!

433 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 03:44:36 ID:???
【備考】
ボールの速度に誰も追いつけないとゴールです。ただし、長距離のためマーク一致ポスト、数値一致で枠外です。
最初にボールをキープできるのは最も数値が大きいキャラです。
ボールの速度が10以下の場合、ゴールまで届きません。
マリオが自らピンチを引き入れましたが、ピンチには変わりないため「スキル:スーパーヒーロー」が発動してます。
ダッシュ判定を、パスカットスキルを今回は代用します。
バドのマークがダイヤ時「バドダッシュ+2」が発動します。
アマラウのマークがダイヤ時「ダイビングカット+2」が発動します。
ゲルマン忍者のマークがダイヤ時「ホウセンカ+3」が発動します。
中の里忍者のマークがダイヤ時「韋駄天の術+3」が発動します。
中の里忍者のマークがハート・スペード時「縮地法+2」が発動します。


434 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 04:09:43 ID:???
多分、スーパーヒーローの一番最低な発動の仕方だと思います。
いやあ、こんなに長い判定文になるとは思いませんでした。
マリオを本気でどうしていいのか分からなくなったところで今回はここまでです。
お相手ありがとうございました。


―――次回予告―――
モナ「なんだか分からないけど、大ピーンチ!!」
ミーネ「分かんなくしてんのもピンチにしてんのも赤い旦那だけどな」
ビビアン「そうだけど……本当にどうしちゃったのかしら」
キノシチョフ「アモロ君、どうやら君のなけなしの勇気を使う時が来たようだぞ」
モナ「次回! 【僕がゴールキーパーになった理由】 アップは済ませた? 準備OK?」
新田「……俺のセリフは!?」 アモロ「(僕のセリフもないです、はい)」

435 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 07:09:15 ID:???
★ボールの速度→ ハート3 + ダイヤ6

436 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 07:15:44 ID:???
★マリオ→ クラブ3 + 4 (スーパーヒーロー)+1
バド→ ハート6
アマラウ→ スペード8
バビントン→ ダイヤ6
アマラウ→ クラブ9
ドトール→ ダイヤ2

437 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 11:20:36 ID:???
★トーテム忍者→ スペード5
土竜忍者→ ハート3
蛇の目忍者→ JOKER
ゲルマン忍者→ クラブ3 -1
中の里忍者→ ダイヤ3 + 2 -2★

438 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 19:19:07 ID:???
ブルノなんてもう古いwこれからのネタキーパー枠はマリオだw
って言われかねないw

439 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 22:20:11 ID:???
>>430
偉大な先人を軽視してはならぬ! >>1との約束だ!!
そもそもマリオはほとんどキーパーしてないぞ!


今回は先に判定シュート判定お願いします。

先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★蛇の目忍者 シュート 50(! card+! card)★

【備考】
ポスト・枠外以外で得点になります。

440 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 22:20:56 ID:???
★蛇の目忍者 シュート 50( クラブ8 + クラブ9 )★

441 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 22:39:10 ID:???
まさかのポスト。やっぱ劇団マリオにやってすかねえ。

……あ、冷静に見るとアマラウが二人いますね。片方はピエールです。
えーと、 - ←これが プラスだったら大きい方、マイナスだったら小さい方がピエールになります

更新は次回になります。マリオとサヨナラするのはもうちょっと先になりそうです。

442 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/23(木) 22:43:13 ID:???
あら、signは普通のマイナスと判別できないですね。
改めて *クラブA* がクラブAだったら小さいほう、JOKERだったら大きい方がピエールです。

443 :森崎名無しさん:2017/02/23(木) 23:48:03 ID:???
これはマリオの評判を落とすためのクッパJrの仕業に違いないな!

444 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/02/25(土) 01:15:22 ID:???
あ……これレス指定ミスってますね。
>>439>>430さんではなく、>>438さんにあてたものです。


マリオ「つまり>>443ということなんだ! 陰謀なんだ!」
カメック「ぼっちゃんうちにいますけど?」
残念ながら、嬉しいことにまっこと本人です。

445 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/03/13(月) 01:43:25 ID:???
★ボールの速度→ ハート3 + ダイヤ6 ★
★マリオ→ クラブ3 + 4 (スーパーヒーロー)+1
バド→ ハート6
ピエール→ スペード8
バビントン→ ダイヤ6
アマラウ→ クラブ9
ドトール→ ダイヤ2 ★
★トーテム忍者→ スペード5
土竜忍者→ ハート3
蛇の目忍者→ JOKER
ゲルマン忍者→ クラブ3 -1
中の里忍者→ ダイヤ3 + 2 -2★

★ボールの速度→ ハート3 + ダイヤ6 = 9★
>ゴールまで届かない!
★蛇の目忍者→ JOKER★
>蛇の目忍者が最初に追いついた。
★蛇の目忍者 シュート 50( クラブ8 + クラブ9 )★
>ポ・ス・ト

実況「し、信じがたいことですがまたもやマリオ君、再びゴール放棄です!
そしてボールはまっすぐゴールへ向かっていきます!!
流石にこれはピンチだぁああーーーー!!

ミスターL「(……しまったな、これじゃあ届かない)」

横のズレはないが距離が足りない。コントロールを失うことを警戒しすぎたせいだ。
多くのものが気づいた、気づけなくとも希望を持って走るものもいる。

446 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/03/13(月) 01:45:41 ID:???
中の里忍者「む」

ドトール「よ」

俊足を誇る中の里忍者はドトールによって出鼻をくじかれた。
すぐに迂回するものの大きく出遅れとても間に合わない。
各々も反則にならないよう気を付けながらペースを抑えめに走る。
あとは全力で戻っているマリオかアマラウのどちらかがフォローできるはずだ、そうなると考えていた。

実況「ああ〜〜〜〜〜〜!!! 蛇の目忍者君、蛇の目忍者君がトップに躍り出ています!!

リベリオ「(アマラウよりも速いのかあいつ!?)」

リベリオの知るアマラウは守備意識が高い。
DFであれば当然であると言えることをあえてそう認識するのには、一つ一つのプレイが物語っていた。
誰よりも速く戻り、カバーリングも適切、時にはディレイしてドトールを待ち、
チェックやフォローも速いなど、数々のプレイの質は高い。
少なくとも相手を自由にさせたことはなかった。
頭に血が上りやすく、その利点を潰してしまうことも往々にしてあるが、それでも信頼は置けた。

それを出し抜いたのが蛇の目忍者である。事前に、サイドアタックを主体としていた選手であることは分かっていた。
他の部分を警戒はしていなかった。事実他に警戒する部分はシュートぐらいである。
特別瞬発力に優れている訳ではない蛇の目忍者が最初に追いついたのは、単純なことで最初に走り出していた。

実況「間に合わない! 誰も追いつけない!このまま同点になるのかァー!!」

脇目も振らずボールに向かって走り続ける。その勢いのままボールを蹴り上げた。
まもなく、金属の鈍い音とボールが跳ねる甲高い音が響いた。
幾度となく聞いた、ボールがポストに当たる音だった。

蛇の目忍者「くっ……!」

447 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/03/13(月) 01:47:13 ID:???
マリオ「あ」

ミスターL「(そうだった)」

先着一名様で、!とnumnumの間の空白を消して書き込んでください。
★ボールの行方(味方側が有利)→! numnum★
99:ポコッ マリオ、渾身のトラップミスでまさかの自殺点。ついでに交換
98:蛇の目忍者、自らフォローしてシュート!?
91〜97:中の里忍者のフォロー。ドトールはタックルにいけない。
84〜90:土竜忍者のフォロー。だが遠い。
71〜83:ラインを割った。とにかく助かった。
61〜70:トーテム忍者のフォロー。シュートが来るぞ!
51〜60:バドのフォロー。どうなる。
36〜50:マリオのフォロー。どうなっても俺は知らんぞー!
21〜35:ピエールのフォロー。仕切り直しだ。
01〜20:アマラウのフォロー。どうにか切り抜くぞ。
00:ボールは大きく跳ね返る。再びリベリオの元へ。

448 :森崎名無しさん:2017/03/13(月) 05:10:08 ID:???
★ボールの行方(味方側が有利)→ 81

449 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/03/20(月) 06:19:31 ID:???
★ボールの行方(味方側が有利)→ 81 ★
71〜83:ラインを割った。とにかく助かった。

実況「ま、まさかのポストです!! ボールは大きくそれてサイドを割りました!
赤ヒゲ連合のスローインです! あり得ることとは言え、予想外です!!」

ただ押し込むだけでいい、そのはずだった。
蛇の目忍者「(ただの苦手じゃ……言い訳にならないな)」

キックミス、言い表すならそうである。
ただそこには複雑な感情が渦巻いていた。

────────────────────────────────────────

450 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/03/20(月) 06:20:37 ID:???
────────────────────────────────────────

新田「あっちゃー……やっぱり苦手なのか……」

キノシチョフ「うん? どういうことだ?」

新田「いや、実は……俺も半信半疑だったんですけど、PAの中だと動きが悪くなるって。
本人が言うにはごちゃごちゃしてダメだとかで。そのせいなのか分からないですけど」

キノシチョフ「へえ。ただ蹴り込むだけでいいと思うんだけどな」

新田「(それやるとポストになるんだよ……)
でも確信持てました。本当に苦手みたいですね。あんなシュートフォームで撃つの初めて見ました。
あんな……あんな……まさかこうなるなんて思いませんでした」

キノシチョフ「そうなのか。ふむ……意外だな」

蛇の目忍者に対する二人の評価は高かった。もちろん弱点もある、失敗もする、それを加味した評価である。
守備に関して貢献はないが、攻撃についてはコンスタントに活躍し続けていた。
こういった決定的なミスは予想外だった。

新田「(どんな時でも失敗するときはする、分かってるんだけど、分かってるんだけどな)」


────────────────────────────────────────

451 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/03/20(月) 06:22:03 ID:???
────────────────────────────────────────


リベリオ「マジか……」

安堵の感情よりも驚愕の感情が大きかった。マリオのことも当然あるが、この場でのミスは予見していなかった。

リベリオ「(とりあえず、助かったことには変わりないか)」

首を起こして時間を確認する。後半が始まってから24分経っていた。
ロスタイムも入れて10分強残っており、攻撃権もこちらにある。

リベリオ「(さすがに話し合うような時間は取れないな。
少しぐらいなら変えたり、指示は出せるかもしれない)」

一票決です。IDが表示されるようにして書き込んでください。
A:それはとにかくとして……GKは交代だな
B:遅行といこう。こうなったら時間が経つ方がこちらが有利になる。
C:あえて速攻だ。むしろ点を取らないとマズイ。
D:一応、先生に指示を仰いでみるか……不安だけど。
E:その他

452 :森崎名無しさん:2017/03/20(月) 09:26:13 ID:l+5Lr+ao
B

453 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/04/15(土) 00:20:49 ID:???
【近況報告】
ゼルダにはまってました。

そんなわけで咳は出ていますが私は元気です。
近日中、判定や投票までこぎつけるか分かりませんが、更新します。

454 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/04/20(木) 00:52:34 ID:???
(スーパースターズを見ながら)
ブンブンいるじゃないか。新たなGK枠としてありじゃないか。
と、言ってもどんな性能のGKにしようか悩んでいます。
1対1に強い:ブロックが任意発動も可能なので、相対的にシュートに強い現状からは選択の余地がある?
飛び出しに強い:現状、空中シュートは強くなりやすい。その対策になる?
セーブ特化:スイッチ戦法が固定化されそう。ガッツの少ない派遣選手にとっては枠が取られるのは致命的?

うーん。1対1に強いのがキャラ的にそれっぽいし、バランス的にもそっちの方がいいでしょうか。
今更クリッターをリストラするのもあれですし、多分シュートに対してはクリッターの方が強そうですし。

(スーパースターズのマリオ、思いっきりヒールリフト使ってるやないけ……こっそりスキル直しとこ。
あれ? チャージドどうだったっけ? 使ってたっけ?)

あ、咳止まりました。更新します。

455 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/04/20(木) 00:53:38 ID:???
>B:遅行といこう。こうなったら時間が経つ方がこちらが有利になる。

リベリオ「(遅行だ。焦れて前のめりになってくるならそこから攻めればいい。
ペースをつかめるならそれでいい。
今更だが、あいつらは守りに入ると本当に堅い。
先生のこともあるけど、真面目に守ったってキツイ。
ミスターLのパスの精度、遠距離のタックルのことを考えれば、無暗に攻め込むの下手だ)」

リベリオ「(あとは……)」

リベリオ「(どうにかみんな落ち着かせないと……)」

むやみなオーバーラップはある程度許容できたが、ゴール放棄は理解の外にあった。
幸いにも騒ぎにはなっていないが浮足立っている。
マリオと付き合いの長いヨッシーもこの行動は予想外で、困惑した様子を見せている。
何かしら大きな手を打つかもしれないと思っていたが、この行動だけは理解できなかった。

サトルステギ「だーいじょぶだって。俺達がビシーって点取ってくればいーんだから」

リベリオ「(分かってるのか分かってないのか……)」

リベリオ「それもいいが、今回は逃げ切り狙いの遅行だ。
もちろん隙ができたら攻め込むつもりだが、あの守備陣だと奥まで切り込めるか微妙でな。
(おまけに空中戦もキツいときてる)」

サトルステギ「まじで? 俺の新シュートの出番なし?」

リベリオ「(あったのか……)そうなるかもな。今回は本番まで取っておけ」


────────────────────────────────────────

456 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/04/20(木) 00:54:51 ID:???
────────────────────────────────────────

ノコブロス(赤)「なんということだ……」

なんとか同点までこぎつける、そこから攻撃を耐えきり、延長で勝利を掴む。そう考えていた。
しかし、現実はチャンスをものにできず失敗した。また、攻撃の中心にいた蛇の目忍者のミスである。
精神的にも、時間帯も、厳しい状況に陥るミスだった。

蛇の目忍者「(こりゃまいったね)」

一方で蛇の目忍者は切り替え始めていた。自身のミスを理解していないわけではない。
ただ冷静に、現状を見極めていた。
守備で自身は貢献できず、よしんばボールを奪えても、そのころには攻撃する時間が残っているか微妙であった。

ミスターL「オーケー、切り替えろ! 俺たちの目的を思い出せ!
こんな勝利では意味がないと分かるはずだ!!」

静寂した会場にミスターLの言葉が響き渡った。


────────────────────────────────────────

457 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/04/20(木) 00:56:11 ID:???
────────────────────────────────────────


モナ「……ハッ! え? え? さっきの何なの?」

ビビアン「アタイも何がなんだか……えっと、どういうことなの……?」

キノシチョフ「うん? ああそうか、あれ見るの初めてか。
ときどきだが、マリオは終始変なこと続けることある。今回もそれだろう」

新田「普段が普段なだけに、あれはびっくりしました。
……というか、俺たちのどっちかいれば止められましたね」

キノシチョフ「それは別にいいだろう。
キーパーいないようなもんなのに、失点2で済んでるようなDF陣にはちょうどいいくらいだ」

ビビアン「……詳しいのね」

キノシチョフ「毎度色んなスポーツに呼び出されて、毎度毎度やらかして、嫌でも分かるぜ」

ビビアン「……仲いいのね」

キノシチョフ「ま、よくバカはやったな」

ビビアン「……」

アモロ「(何やら不穏な気がします。はい)」


────────────────────────────────────────

458 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/04/20(木) 00:57:46 ID:???
────────────────────────────────────────


ミスターLの演説か、それともマリオの行動を半ば予期していたのか、戸惑いは少なく済んでいた。
特に説得の必要もなく、短く遅行しようと告げると難なく受け入れられる。

バド「こっちのキャプテンも、やっこさんみたいに真面目になってくれりゃあいんだけどよお」

ピエール「それはそうだが、今回に限って言えば悪い手ではない。
人数差の優位が保てるなら余裕をもって戦える」

ドトール「フツーはそこまでする必要ねぇけど、いざっと時の逃げ先にはなるか」

アマラウ「……オトリとしてはありか」

マリオ「(もう出てくるもんだと思われてる……。
それにしても遅行にするのか)」

あるシュートを恐れていたマリオは、回復される猶予を与えることに抵抗があった。
しかし、現状はいたずらに攻めても意味をなさない。ミスターL以外にも守備力に優れた選手は多い。

マリオ「(まだまだ全力で動ける以上はセオリー通りがいいだろう。
撃ってきたら撃ってきたでその時はその時だ。よしんば延長になっても、こっちの有利には変わりない)」


────────────────────────────────────────

459 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/05/24(水) 22:57:24 ID:???
Q:こんな長い期間何してましたか?
A:ゼルダをデバックしてました。おかげで空中水泳ができるようになりました。
 (ちなみに、役に立つ場面はなかった模様)

オデッセイが結構よさげで、割と期待できそうです。
(ルイージ「ぼくはどうしてるのかな? お留守番かな?)
多分、ニクい演出があると信じたい。


あ、長門さん改二になってる……思ったより早かった。


それでは更新再開します。

────────────────────────────────────────

リベリオ「(下がるか残るか、その判断だけは間違えないようにしないとな)」

最低限、攻撃の意思を見せないとその隙を突かれる可能性がある。
相手のDF陣も攻撃力を備えている以上、守りに専念してもらった方がいい。
そのノコブロス達には“何か”がある。少なくともそう直感していた。
その抑止力にならなければならない。

リベリオ「(いざって時は下がってパスワークに参加するか、もしもって時になったら守備参加だ。
中途半端な動きだけは避けるぞ。前線のラインを調整していかないと……)」

460 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/05/24(水) 22:59:14 ID:???
リベリオが思案する傍ら、ピエールがある選手を警戒していた。
ゲルマン忍者のことだ。シェスタ―であるとと確信を持っており、同時に一番に警戒していた。

ピエール「(問題は、彼をどういなすかだ。
中央でのプレイが少なかった以上、今の彼がどういったプレイをしているのか情報が少ない。
唯一あるのがパスカットに見せた不思議な動きだ。
何なのか全く不明だが、守備力が上がっている可能性が高い)」

事実、守備力を上げている。ピエールの予感は正しい。しかしその正確性は分からない。
タックルとカットは見ているが、どちらも味方が高いパフォーマンスを発揮しており、その真価が図れない。

ピエール「(それにあの俊足の選手も気をつけねばならない。
あの守備範囲は驚異の一言に尽きる。どこか心当たりがあるが……今はいい)」



スローインから、ボールが投げ渡された。


先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★ゲルマン忍者、動く?→! card★
JOKER:ゲルマン忍者の目が怪しく光る
ダイヤ:ボールはクリアされた、行き先は……
ハート:ピエールのドリブル、いなせるか?
スペード:バビントンのパス、ボールはリベリオの元へ。
クラブ:ボールを見事キープ、時間が過ぎてゆく。
クラブA:マリオ「どうあがいたってゴールキーパーはボールを触る時間は少ない。
むしろ一回も触れず済むのが望ましいくらいだ。
でも俺は……一秒でも長くボールに触れていたい。だったら、オーバーラップで満足するしかねえ!
オーバーラップでゴールを目指して満足しようぜ!!」

461 :森崎名無しさん:2017/05/24(水) 23:45:07 ID:???
★ゲルマン忍者、動く?→ ダイヤK

462 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/04(日) 01:02:09 ID:???
★ゲルマン忍者、動く?→ ダイヤK ★
>ダイヤ:ボールはクリアされた、行き先は……

端的に言えば、追い詰められ寸でのところでクリアした。
気迫の差はなかった、技術の差もなかった。何よりも経験の差だった。
ピエールは今まで一人で戦い過ぎた。

バド「(力任せにブッ飛ばしたからどこ行くか分かんねぇな)」

ギリギリで方向も定まらず、ただ蹴っ飛ばされたボールの行き先は、ラインを過ぎるか誰が拾うかも分からない。

リベリオ「(拾われたらそれが最後の攻撃になる! 反撃する時間なんてない!)」

先着一名様で、!とnumnumの間の空白を消して書き込んでください。
★圧倒的に不利→! numnum★
99:ミスターL、ハイジャンプでクリアボールをカット!!
70〜98:ミスターLがフォロー、ピンチ……!?
50〜69:ノコブロス?(黒)のフォロー、ついに実力発揮か?
36〜49:ノコブロス(赤)のフォロー、どうなる?
16〜35:ノコブロス(緑)のフォロー、この場で奪い取れるか?
11〜15:サトルステギとノコブロス?(黒)がせりあい、跳び蹴りだ!
07〜10:ヨッシーとミスターLのせりあい、空中戦の制すのは……?
04〜06:ビクトリーノと中の里忍者のせりあい、抑えるか
01〜03:リベリオとノコブロス(緑)がせりあい、チャンスだ!
00:ちょうど空いているスペースに転がり込んだ。リベリオのフォロー。
00、99以外のぞろ目:サイドを割った、スローイン

463 :森崎名無しさん:2017/06/04(日) 01:31:42 ID:???
★圧倒的に不利→ 41

464 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/06(火) 20:43:31 ID:???
★圧倒的に不利→ 41 ★
36〜49:ノコブロス(赤)のフォロー、どうなる?


幸か不幸か、最後尾にいる赤いノコブロスの元まで飛んでいった。
誰も詰め寄れず、すぐに攻撃にも移れない。残り時間も少なく、悠長にもしていられない。

ノコブロス(赤)「(クソッ! あんな密集地帯じゃロングフィードしても撃ち落とされるだけだ!!)」

左のサイドはノコノコに強いリベリオが、右のサイドには俊足のビクトリーノがいる。
中央突破できるほどの突破力はない。そう考えていた。

ノコブロス(赤)「(一か八か、前線まで省略するべきか……ん?)」

黒いノコブロスが勢いよく戻り、パスを要求している。
先ほど高いパフォーマンス発揮しており、現状他に方法もない。

ノコブロス「よし! まずは貴様をかわしてからだ!!」

サトルステギ「なんだか知らんが通さんぞぉー!!」


先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★ノコブロス(赤) パス 49(! card+! card)
サトルステギ パスカット 47(! card+! card)★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≧2 ノコブロス(黒?)にボールが渡る!
=1,0,-1 ボールをこぼした! 左から順に
(ノコブロス(黒?)のフォロー)(ビクトリーノのフォロー)(リベリオのフォロー)
≦-2 ボールを奪った! そして……!

465 :森崎名無しさん:2017/06/06(火) 21:23:50 ID:???
★ノコブロス(赤) パス 49( クラブ10 + ハート8 )
サトルステギ パスカット 47( ハート3 + スペード2 )★

466 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/07(水) 01:03:36 ID:???
★ノコブロス(赤) パス 49( クラブ10 + ハート8 )=67
サトルステギ パスカット 47( ハート3 + スペード2 )=52★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≧2 ノコブロス(黒?)にボールが渡る!


サトルステギ「オワァーー!?」

ノコブロス(赤)「(フン、簡単なフェイントにもひっかかる)」

赤いノコブロスは落ち着いて、サトルステギの対処した。
FWが詰め寄ってくる際はパスでかわす。それは数多くの経験から分かっていた。
また、集中力も高まっている。

リベリオ「(決してパスについて理解してない奴じゃないんだが……)
ともあれぼやいてる場合じゃないか……」

パスを受け取り、すぐに反転して走り出した。その動きに迷いはない。

リベリオ「(速い、な。連携する暇もない。
それに何となく分かる。抜かれると、ヤバい)」

ノコブロス(黒?)「(思い出すんだ。スプリンター先生の言っていたことを!)」

467 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/07(水) 01:04:37 ID:???
先着一名様で、!とcardの間の空白を消して書き込んでください。
★ノコブロス(黒?) ドリブル 53(! card+! card)
リベリオ タックル 54(! card+! card)★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値】
≧2 ドリブル突破!
=1,0,-1 ボールをこぼした! 左から順に
(ミスターLのフォロー)(ヨッシーとミスターLのせりあい)(ビクトリーノと中の里忍者のせりあい)
≦-2 ボールを奪った! 試合終了!!

【備考】
ノコブロス(黒?)の親カードがダイヤ時「高速ドリブル+4」が発動します。
ノコブロス(黒?)の親カードがハート時「分身ドリブル+4」が発動します。
ノコブロス(黒?)の親カードがスペード時「頭脳的なドリブル+3」が発動します。
ノコブロス(黒?)の「スキル:ミュータントボディ」により、怪我率の軽減、消費ガッツの軽減されます。
リベリオの親カードがダイヤ時「ナナハンタックル+3(吹っ飛び係数3)」が発動します。
リベリオの「スキル:対爬虫類」により、亀系スキルを封じています。

468 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/07(水) 01:29:20 ID:???
ダイレクトシュートを「(シュート値+せりあい値)/2+浮き球補正」を基本にしようと考えたのですが、
新田君が死にキャラになりそうです。
クリア側も「(カット値+せりあい値)/2+浮き球補正」にならないといろいろと不平等なのですが。

……こうやって細かな判定こねるのもあれなので、
せりあいが高いとゴール前のnumnum判定で有利になる、
その他の場面で選択肢が増える(有利になる)ぐらいで調整していった方がよさそうですね。
まあ、シュート値だけ高くてせりあいスペランカーってキャラは滅多に見ませんけど。
(しいて言うなら三杉君が該当しそうでしょうか。FWに起用すること自体も稀ですけど)

シュートやせりあいの解釈の仕方でまた変わりそうですが、
フィジカルが強くて鈍足タイプが不遇になりそうだったので、何かしらの上方修正を図っていこうと思います。

(せりあい差だけシュート力に加減算は……うーん……ないか)

469 :森崎名無しさん:2017/06/07(水) 02:11:46 ID:???
★ノコブロス(黒?) ドリブル 53( スペード3 + クラブ7 )
リベリオ タックル 54( ダイヤ2 + ハート10 )★

470 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/08(木) 02:57:10 ID:???
無事リベリオが奪い取って勝利しました。
振り返ってみると……一部除けばなかなかの結果だと思います。

コンスタントに活躍し続けたリベリオ
2得点し、なおかつフィールドで存在感を出したビクトリーノ
1得点とビクトリーノに及ばずとも、新たにシュート技を得たサトルステギ
パスで翻弄し続け、攻撃の基点となったバビントン
中盤で常にプレッシャーを与え続けたヨッシー
守備陣営のコントローラーとなったピエール
ポストプレイを自由に捌かせなかったアマラウ
ほぼ出番はなくとも、ストライカーにボールを渡さなかったドトール
分の悪い相手に何度でも食い付いた松山
経験は少なくとも、恵まれた体格を活かしゴールを守ったバド
一つ一つのプレイの良し悪しや活躍の度合いはあれど、全員いいところは見せてくれました。

そしてどう考えてもマリオのせいで苦戦しました。
いいところもあったのにゴール放棄で全部台無しにしたこの男は一体何なのでしょうか。
(スーパーヒーローです)

あとはちょっとしたイベントと選択肢を挟んで、公式戦に入ります。
(ちなみに試合とは別にミスがあったので、お詫びアイテムもあります)

471 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/21(水) 22:50:32 ID:???
★ノコブロス(黒?) ドリブル 53( スペード3 + クラブ7 )(頭脳的なドリブル+3)=66 ※吹っ飛び
リベリオ タックル 54( ダイヤ2 + ハート10 )(ナナハンタックル+3)=69★
【攻撃側の最大値】−【守備側の最大値
≦-2 ボールを奪った! 試合終了!!

最後のプレイは呆気なかった。お互い特別に何か起こしたわけではない。特に目覚ましいものはない。
お互い普通のプレイを普通に行い、結果リベリオが勝った。
覆すようなスーパープレイが起きることはなかった。

実況「う、奪ったァー!! リベリオ君奪い返しました!!」

奪い返して攻撃する時間は残されていない。例え、あってもなくてもリベリオは渡さない。
リベリオの顔には歓喜の表情を浮かべるサトルステギと、悲痛の表情を浮かべる赤いノコブロスが見えた。
ゴールに向かって走り出そうとするが、それを制した。

ヨッシー「やったぁ!」

赤いノコブロスの意識には絶望感が支配していたが、それでも体に全力で走れと命令をだしていた。
しかし、詰め寄る前にサイドへ方向転換していたサトルステギへパスを出されてしまう。
サトルステギ「よっと」

大きく山なりに出されていたパスは、ヘディングでリターンされる。
焦りと迷いにより判断が遅れ、カットに入れずそのまま見送り、リベリオは誰もいないスペースへ走り出した。
中の里忍者は間に合わない、緑色のノコブロスでは奪えない、黒いノコブロスは体制を直せていない。



間に合わない。





472 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/21(水) 22:52:30 ID:???



――――ピィィイイイイーーーーーーーー!!!!








          【赤ヒゲ連合】 3 - 2 【謎の忍者軍団】





ゴール:トーテム忍者(2)、ビクトリーノ(1)、サトルステギ(1)
アシスト:蛇の目忍者(2)、バビントン(1)、リベリオ(1)



謎の忍者軍団との試合に勝利しました。

473 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/21(水) 22:54:36 ID:???
実況「決まったァー!! 試合終了!!
赤ヒゲ連合の勝利です! リベリオ君が終始安定感のある守備で勝利を収めました!!
クリオ君どうでしょう? この結果は?」

クリオ「正直言うと延長までもつれ込むかなって思ってたんだけど、それまでに決着ついちゃったね。
結果自体は想定内だったよ。でも内容は本当に予想外で意外だった。
マリオたちの方はしっかり全員が機能してたかな?
忍者軍団の方は見せ場はあったと言っても、攻撃の組み立ては蛇の目忍者に頼ってた部分があったね。
オイラが情報言っちゃったせいもあるけど、蛇の目忍者のことを積極的に潰しに行ってたし渡さないように動いてた。
過剰に警戒して他を疎かにしないようにバランスを取っていたのもあったかな。
本当に突破力あったからとても有利に運べてたんだけど、いざ事故や失敗ってときのリカバリー策がなかったのが問題だったね」

実況「つまり、個人プレイに頼りすぎてたと?」

クリオ「そうだね。それに奪われたら奪い返すってことができなかった。
フォーメーションのせいもあったけど、サイドから攻めればほぼバイタルエリアまで切り込めてたね。
そんでもって、ノコブロス達はリベリオとの相性がすごく悪い。多分、今までもこれからも一番悪い相手だよ」

実況「ふーむ? むしろリベリオ君は、ドリブルとタックル優れているように思えますが。
当たりにも強いのでパワープレイに持ち込めば確かに有利でしょうが、そこまで言うほどではないのでは?」

クリオ「それが一番って言えるほどものがリベリオにはあるんだ。
どういうことか分からないけど、リベリオはノコノコたちに強い。
ほら、ノコブロスたちがやりづらそうだったの分かったかな?
いや、ビクトリーノとリベリオのノコブロスの対処の仕方が違ったの分かる?」

474 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/21(水) 22:56:41 ID:???
実況「……確かに、ビクトリーノ君と対処の仕方が違いました。ビクトリーノ君は純粋な突破力です。
リベリオ君は自身の突破力を含め、ステップに見せた細かな位置調整もありました。
他ではそういったプレイを見せてはいません。恐らくですが、それが対策だったと」

クリオ「うん。どうやらあのタックルについてほとんど解析してると思う。
今更気づいたけど、ああやって背中に飛び移るみたいな練習どこかでしたんじゃないのかな。
もしくはバンバン打ち上げられた経験とかも」

実況「そこまで分かるとは……ちなみにマリオの行動は?」

クリオ「オイラも分かんない」


────────────────────────────────────────


バビントン「……ほとんどバラされたね」

リベリオ「ヨッシーとの練習もバレてんな。カペロマンの事も事細かに解説してたから何となく予想してたが……ここまで喋るか」

ヨッシー「話に聞いてた以上だね。まあ、対策をいずれされるし、
今回は実戦でも使えるって分かっただけでもいいじゃない」

リベリオ「そうだな……とりあえずは勝ったこと喜ぶか。
つーか一番騒ぎそうなサトルステギが大人しいけどどうしたんだ?」

キョロキョロと見回すと、ハリボテクッパから人を引き上げているサトルステギの姿が見えた。
先に引き上げたであろう、甲羅を背負った少年と引き上げられている金髪の少年が見える。
怪我をしていたのか、引き上げるのにまごついていた。

475 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/21(水) 22:59:43 ID:???
リベリオ「(あれ? どこかで……)」

見たことがある。それともただの既視感があるだけなのかもしれない。

リベリオ「(今日もそんなことあったしな     ジノー シタカラ オシアゲル カラ イチド オリテ
……? ジノ?)                   オッシャ ツカマレ ヘルナンデス
!! ヘルナンデス!?」

思わず大声を上げ、そこにいた三人が振り返る。
あ、やっぱりヘルナンデスって有名人なんだ、といったどこか呑気な表情を浮かべた二人と、
どこか親しげのある表情を浮かべ、リベリオを見るヘルナンデスの姿があった。


先着一名様で、!とnumnumの間の空白を消して書き込んでください。
★それはそうとクリオ君からのMVP判定→! numnum★
99:マリオ
98:ミスターL
96〜97:蛇の目忍者
46〜95:ビクトリーノ
01〜45:リベリオ
00:決めきれないのでリベリオとビクトリーノのダブル入賞

476 :森崎名無しさん:2017/06/21(水) 23:10:21 ID:???
★それはそうとクリオ君からのMVP判定→ 26

477 :森崎名無しさん:2017/06/22(木) 20:27:31 ID:???
マリオがMVPになっていたらどんな風に説明されたんだろう?
正直自分では解説したり説明できる自信が無い

478 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/06/27(火) 04:11:43 ID:???
>>477
端的に言えば「説明も何もなく、なぜかマリオが選ばれる」になります。
裏では(性格上やりそうにないのですが)行動を戒めるためにわざと選んだことになります。
今回は順当にビクトリーノやリベリオのように活躍したキャラ選ばれればそれで済みますが、
もしマリオ選ばれれば間違いなく“大事”なので、様々な疑惑の目がマリオに向けられます。
同時にクリオ君の立場も相当まずくなるのですけど、実況さんがうまくフォローしてクリオ君だけ助けます。

ただ、クリオ君の評価の仕方は一般的なものと異なるので、今後「なんでこのキャラ選ばれたの?」
と、いうことは往々にしてあります。今回リベリオの数値が多めで、トーテム忍者が入らないのはそのせいです。
ベストイレブン選ぶ時もキャラの相性を考えて、優秀でも特定キャラを入れないこともやったりします。



書きあぐねてるので、先に判定を
先着一名様で、!とnumnumの間の空白を消して書き込んでください。
★ヘルナンデスの親しげな表情→! numnum★
31〜99:ヘルナンデス「どうやら友人が世話になったみたいだね」 バンビーノことでした
01〜30:↑+ヘルナンデス「君はなかなか好ましい人格らしい」 新聞効果発動 好感度+1
ぞろ目:ヘルナンデス「君もロリコンかい?」 なにかが おきる
00:なんやかんやあってヘルナンデスとノコノコ(葵)が仲間になりました。

479 :森崎名無しさん:2017/06/27(火) 07:14:45 ID:???
★ヘルナンデスの親しげな表情→ 17

480 :森崎名無しさん:2017/06/27(火) 20:52:23 ID:???
スターリベリオさん回答ありがとうございます
てっきりネタで返されると思っていたら結構怖い事態になりかねなかった事を明かされたのは予想外でした

481 :森崎名無しさん:2017/06/28(水) 01:49:51 ID:???
いいよね綱渡り

482 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 00:38:08 ID:???
>>480
でもまあ、あんまり怖いことになりません。ついでにマリオは懲りません。

>>481
マリオ「できるぜ綱渡り」カペロマン「止める気ないぞこいつ」新田「しかも振ってないのに乗る気だ」


まあ、マリオの場合は今までの積み重ねと、挽回する機会はいくらでもあるのでそこまで致命的ではないです。
(冤罪でも何でも、マリオが社会的に追い込まれることはあります)
ただ、この99判定は確実にバッドイベントなので「マリオと頼んで(協力してもらって)何かする」
という時に、99イベントが確実に足を引っ張って要らぬ手間が加わることになります。

例えばなのですけど「試合のために審判を用意する」というイベントの際、
信頼されている人物かつサッカーのルールを理解している人材が必要なのですが、マリオが一番適役です。
例えこちらの身内がマリオの身内で固まっていようともほぼ確実に通るレベルです。マリオのことを知っていればですが。
(もちろん、いない方が望ましい。いても少ない方がいい。
また、マリオ自身も何があっても腐乱す判定をしないため、結構重用します)
そのため、このことで一時的にとはいえマリオの信頼が下がるのは、リベリオの取れる手が限られてしまいます。

まあ、代わりにルイージが頑張ればいいのですし、
リベリオがマリオに頼らず頑張ることはかなりのメリットあるので別に気にしなくて大丈夫ですけど。

483 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 00:41:08 ID:???
★それはそうとクリオ君からのMVP判定→ 26 ★
→01〜45:リベリオ

★ヘルナンデスの親しげな表情→ 17 ★
→01〜30:↑+ヘルナンデス「君はなかなか好ましい人格らしい」 新聞効果発動 好感度+1


クリオ「……正直言ってすごく悩む。二人の間で揺れ動いてる」

クリオの選手評価の仕方は一般的なものと異なることは有名だった。
それが受け入れられているのは、クリオ特有の視点が一人一人の特性を見抜くであるからだ。
本人は自慢するようにものしりと豪語しているが、多くの者が知りようのない事実を話す。
一体、どういう結論を出すのかと今か今かと待っている。

クリオ「先制点に決定点、フィールドでの存在感、
その脚力と突破力から常にゴールをプラッシャーを与え続けてた」

クリオ「方やコンスタントな活躍。ラストパスの回数、バイタルエリアまでの突破回数、
ボールの保持率、周囲との連携、圧倒的な守備での存在感、いろいろと多いね」

クリオ「何よりも考えなきゃいけないのは、勝利への貢献だね。
ビクトリーノの二得点、これは何よりも大きい。もちろんそれだけの活躍じゃない」

実況「それでは、決まりでしょうか?」

クリオ「……いや、そういう訳じゃないんだ。もちろん、他に何もなければビクトリーノを選んでたと思う」

クリオ「今回の試合はどうやって相手のDF陣を相手にするかなんだ。
見てて分かったと思うんだけど、GKは一回もゴール守ってないから何一つ脅威じゃない。
だから、フィールダーの守備が得点に一番左右するんだ。だから守備に一番貢献した人、
ピンチを脱した選手ではなくて、そもそもピンチな状況を作らせなかった選手が最も活躍した言えるんじゃないかな」

484 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 00:43:13 ID:???
クリオ「同時に、得点を取ろうとするのに一番重要なのが相手の守備陣にどう対応するかなんだ。
お互い、タックルやカットに秀でている選手揃えてる。
隙が無いとは言わないけど、愚直な攻撃の仕方だと易々と突破できない。
ドリブルの切り込み以外に、パスでの連携やせりあいのパワープレイ、
フリーになった時でも見せなかったけどゼロ角度からも撃てる副砲となるシュート、
攻撃の組み立てとゴール手前でのプレイが豊富であった―――」

実況「―――リベリオ君が相応しい、と」

クリオ「なんで先言っちゃうかなあ」


────────────────────────────────────────


リベリオ「もったいねえ!!」

目の前の光景に意識を取られていたリベリオは、実況達の話を聞いていなかった。
もちろん誰か入っていることは分かっていたが、それがヘルナンデスであることは予想してなかった。
何より、そもそもヘルナンデスがGKをやった方がどう考えても良い結果を生むからだ。
しかし、ようやく包帯で巻かれた右手に気づく。

リベリオ「(怪我か)」

連鎖的に、バンビーノのことが頭に過るも次の疑問が思い浮かぶ。

485 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 00:46:09 ID:???
リベリオ「(指示だけだったらスピーカーでも何でもつけられたろうに。
まあ、メカってことなのが問題なんだろうけど。二人いるし)」

ヘルナンデス「会うのは初めてだね。知っての通り、ジノ・ヘルナンデスだ。
よろしくリベリオ」

リベリオ「あ、ああ……よろしくヘルナンデス」

ヘルナンデス「どうやら友人が世話になったみたいだね」

リベリオ「もしかしてバンビーノのことか? 別に大したことは何もしてないが……。
と、言うかあんなのに乗って何してんだ……」

ヘルナンデス「これはアルバイトだよ。
シンゴの紹介で、怪我していても出れるしれない、というからやってみたんだ」

リベリオ「シンゴ?(あれ? 確かどこかで……)」

ヘルナンデス「ほら、あそこでノコノコの甲羅を着ているのがシンゴ、アオイシンゴだ」

リベリオ「ノコノコの、甲羅……?」

冗談でヨッシーに言った、自分でしたホラ話を思い出した。
もちろん、当時のリベリオは葵新伍たる人物を知らない。
もしかしたら同姓同名の人物はいるかもしれない、ぐらいの予想していたが、
その人物がノコノコの甲羅を着こんでいるのは流石に予想せず、フリーズしていた。

486 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 00:48:06 ID:???
ヘルナンデス「それにしても、君はなかなか好ましい人格のようだ。
他人に促されるわけでもなく、ストーリーに誘われるわけでもなく、
僅かと言っても惜しいだろうに、他人のためにコインを渡すのはそう簡単にできることじゃない」

―――クリオ「じゃあ改めて、MVPはリベリオだよ」

ヘルナンデス「っと、これ以上は野暮だね。おめでとう」

ノコノコ(葵)「おめでとう」

サトルステギ「おめでとう」

ヨッシー「おめでt……どうしたのリベリオ?
……ああ…………」


【アナウンス】
MVPに選ばれたため、有名度・ヒーロー度が増えました。
赤ヒゲ連合のメンバー及び忍者軍団とのメンバー、さらにヘルナンデス、ノコノコ(葵)と知り合いました。
リベリオのホラ話が本当になりました。

487 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 00:50:48 ID:???
リベリオ「(なんだか一気に現実感が湧かなくなった……)」

ヘルナンデスとの出会い、ノコノコになった少年との出会い、MVPに選ばれたこと、
試合が終わり気が抜けていたリベリオには衝撃が強かった。

リベリオ「(喜び損ねたな。とりあえず、どうしようか)」

一票決です。IDが表示されるようにして書き込んでください。
A:誰かと話そうか
B:このハリボテはなんだろう? ちょっと調べてみよう
C:その他

【状態】
時間:イベント中 ガッツ:605/840 HP:11/11 所持コイン:25コイン
有名度:27、ヒーロー度:8
持ち物:キノコ×5、おかしのもと、鼻形チョコ、ばっちいパンツ
ケガナオール×5、カタクナール×2、ふっかつドリンク×2、カミナリどっかん
サラサランドの地図、新聞紙(古)、カメラパーツ、空き瓶
キノコ袋、大きな袋、木のハンマー、ラクガキパンプレット
キャラクター捜索機(お年玉アイテム、消耗品)

488 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/05(水) 02:17:35 ID:???
あ、これだと選択肢がよく意味わかんないですね。

一票決です。IDが表示されるようにして書き込んでください。
A:誰かと話そうか (要記述)
B:このハリボテクッパを調べてみよう、何かあるかもしれない
C:その他

489 :森崎名無しさん:2017/07/05(水) 10:18:50 ID:yf14nr2Q
B

490 :森崎名無しさん:2017/07/05(水) 18:10:47 ID:???
マリオは某Mさんのベストイレブンみたいにさらし者になるのかと

491 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/16(日) 01:36:46 ID:???
生存報告的な更新ですー。


>>490
仮に某ミサキーヌ君のようにさらし首になっても、このマリオは懲りないのでほとんど影響がないんですね。
詐欺師をも超える鋼の精神力とヒーローとしての経験、並々ならぬ身体能力が彼を支えているので、
折れることはないです。強化来生君だと思っても差し支えないです。ついでにおいしいところも持っていきます。


まあ、あえて褒め殺す手法もありかもしれませんが。

492 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/16(日) 01:38:54 ID:???
>B:このハリボテはなんだろう? ちょっと調べてみよう

リベリオ「(ちょっと気になるな……)ヨッシー、背中貸してくれ」

ヨッシー「え? これ? 特に何もないと思うけど」

リベリオ「まあ、ほとんど興味本位だけど、もしかしたら練習に使えるかもしれないし」

ヨッシー「持って帰る気なの? ほどほどにしておいてね」

飛び上がると同時に、ヨッシーは背中を浮かせ、おかげで楽に乗り上がる。
ハッチは開きっぱなしになっており、そのままストンと入り込む。

リベリオ「(思ったより広いな。3〜4人ぐらいは入れるか?)」

何かないかと見渡すと、ひと際目立つポスター見つける。

リベリオ「(……ポスター?)」

493 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/16(日) 01:55:13 ID:???
                /ヽ   ___
.          ,.:.:.フ、:.`7   ヽ:.´:.:.,
         /:.:.:i  ヽ/    丶/
         ,':.:.:.:!   `_==‐==、 _
        i:.,、:.:|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:¨:.:
        !:.!  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        |:.! ,/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         j:.ヽ/:.:.:.:.:/:.:.:./}:.:.:.:.,,.:.:ィ:.
        !ゝ__ノ:_/:.:/ />´//´「
        ヽ:.:._`ーヽ ̄´ ´ ___´__`
      ,-、.|:`{ !´|:.:!、!;;:]   ヽ_:;;;:__ア
      {  ヽ:.} }:.:.ヽー、. ′     ,<
      > イ:./ ̄`ヽ:.:.:.「>^--‐<___
      `ー.|:.:!   }、i.:.:.i-'r o oヽ`´__
    {⌒)_._j:.:.} =〈 !:.:/`7、___/´:.:.:.
    _ー_r  ヽ|`ヽー':.'´:./ /ノ  {:.:.:.:.:.
    ヽ ,==− ¨ ̄¨−-ミ:.:.ヽ {:.:.:.:.:
     /           `ヽ! .!:.:.:.:
    |             |:.:ヽj:.:.:.:.
    |             |:.:.,-、_,
     |                 |:/./o o ,
     |                 |i_ノ,+++/
.    |                   |:.:{ /:.:.!_
.     |                |7:{:.:.:.:.:.
    |                  |:.:ヽ:.:.:.:
    |                  |:.:.:.丶:.:
  ,.|_,_,火ノヽ_/、「ヒ、 i、 人.|:.:.:.:.:}:.:.


リベリオ「(あの二人の……どっちかのか?)」

※ ヘルナンデスの私物です。

494 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/16(日) 01:58:51 ID:???
リベリオ「(そろそろ出るか)」

登ろうと梯子をつかみ、足をかけようとすると、かけそこない、手に体重がかかる。
足が浮いている。外から騒がしい音と叫び声に近いリベリオの呼ぶ声が響いていた。
何か緊急事態が起きた、それが自身に降りかかるのがすぐ分かった。

リベリオ「(早く出ないと……!)」

揺れる機体から力任せに這い出るも、辺りは観客席よりはるか上だった。

リベリオ「(飛び降りれる高さじゃない)」

改めて周囲を見渡す。落ちないように気を付けながら、どこかで助けを求められないか、
いざという時に帰る時の目印になるものを探していた。

リベリオ「(どおりでスピーカーを付けないわけだ。クソッ!)」

どれくらい飛んだのか確認しようと振り返ると、後続するように4つのプロベラで飛んでいるものがあった。
ハリボテクッパと自身を持ち上げているものよりは小型であり、そこにミスターLがぶら下がっている。

リベリオ「(ミスターL? 一人だけか? そんなに遠くに行くわけじゃないのか?)」

他に何かないかと探すが、特に気になるものは見つからない。

リベリオ「(ノコブロス達はいないな、正直言えばあいつらの方がいなしやすかったが……
このポンコツ使えば逃げるくらいはどうになるかもしれない)」

機体の中に入り、操作を試みる。スピードメーターらしきものがあり、その周辺の機器を触り、反応がないか確かめる。
いくつか誤操作を起こし機体が大きく揺れるも、それらしき反応を起こした操作があった。

リベリオ「(よし、後は隠れる場所もないか探してみよう)」

495 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/16(日) 02:14:25 ID:???
再度機体から顔を出し、周囲を探り始める。
帰るためのルートを探しながらのため後方にいたミスターLと何度も目が合ったが、
それに構っていられなかった。

ミスターL「(こっち見てるけど、もしかしてあれを使って僕をやっつけてやるとか思ってる?)」


────────────────────────────────────────


と、更新はここまでです。あとちょっとした報告です。
ルイージ編、別なスレを立てて再出発するかもしれません。
このルイージ編おそらくゲーム要素かなり減ると思います。
(道中の違いはあっても大筋に違いはないものです)

ぶっちゃけちゃうと>>1がやりたい放題する感じです。
ライディングデュエルもするし、麻雀もやります。
このスレの設定引っ張るったりもするし、まったく別の次元に飛ばされるかもしれません。
もしかしたら、何かゲームするかもしれません。(短い話を複数やる予定のため)

496 :森崎名無しさん:2017/07/16(日) 11:03:49 ID:???
??「麻雀って楽しいよね!一緒に楽しもうよ!」カンカンカンリンシャンカイホー

497 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/18(火) 01:02:46 ID:???
>>496
咲さんとキノじいどっちが強いかなあ……
(±0の時点で既に人間辞めてるのと思っているのは秘密だ)
ちなみにキノじいはもの凄く強くする予定です。
大体咲VITA+の通信チャレンジ、冷たい透華や高運かおりんを足して1.3で割ったぐらいの予定です。

あ、解説役は末原さんで確定してます。


────────────────────────────────────────


ヨッシー「リベリオーーー!!!」

一方で会場も大きな騒ぎとなっていた。
今回の試合における主役の一人であるミスターL、
そしてMVPに選ばれたヨースター島のサッカーチームを率いるキャプテンが不可解に空へ消えてゆく。
この異常事態に、唯一空を飛べるメドリが救出に向かうも、風圧に押し返され地面に落とされてしまう。
そのせいか辺り一面には羽が散らばっており、痛々しい光景だった。

サトルステギ「だ、大丈夫か?」

メドリ「こんなはずでは……すいません…………」

特に目立った外傷は無いが、打ち身はしたであろう、すぐには立ち上がれなかった。

実況「なんということでしょう……ミスターLが空に消えていきます……
リベリオ君は連れ去られてしまったのでしょうか……」

空を飛んでいる以上、手出しできない。ジュゲム達も荒風に逆らって飛べるわけではない。

498 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/07/18(火) 01:04:18 ID:???
ヨッシー「マリオ! ボクは追うから皆のこと頼んだよ!!」

メドリ「ミスターマリオ! 私も追います! 後のことはお願いします!!」

移動力の優れた二人が後を追う。少なくとも見失う可能性は低いだろう。

ノコブロス(緑)「リーダー、これはいったい……」

ノコブロス(黄)「ブラックもいないぞ……」

ノコブロス(赤)「……謀られたな。ブラックも偽物だろう」

赤いノコブロスは冷静だった。そして理解した。

ノコブロス(赤)「……ここに残っても意味はない。混乱に乗じて引くぞ。
三つ目のアジトで落ち合おう。無事を祈る」

全員が捕まるのを避けるためバラバラに逃げ、誰かが捕まれば逃げ切った者が助けに向かう。
そう決めていた。もしもの時の想定していたが、今実行することになるとは考えもしていなかった。
合図はなく、別々の出口へ走り出す。しかし間もなく、赤いノコブロスの耳に仲間の悲鳴が聞こえた。二度。
思わず振り返ると仲間たちが倒れている。察するに一撃でやられてしまったのだろう。
何が起きたかは分からないが、現状救出する術もなく逃げるしかない。
が、そこに一人の男が既に立ちふさがっていた。

キノシチョフ「逃がしはしないぜ」


────────────────────────────────────────

499 :生存報告 ◆PkNFzBNfkA :2017/08/09(水) 23:09:32 ID:???
絶賛忙殺中です。落ち着くのが9月くらいかなーと。
どうもこうも頭が働かず、話自体は出来上がってるから余裕かなー
と慢心してたら8月入ってました。
その内復活するので気長にお待ちくださいー。

500 :スターリベリオ ◆PkNFzBNfkA :2017/08/25(金) 00:40:58 ID:???
────────────────────────────────────────


リベリオ「(こんな場所……あったのか?)」
完璧に記憶しているわけではないが、キノコ王国内には自身が見ているような光景のような場所はなかった。
それほど目立つ場所だった。上空から見ればこそだろうが、ここに降りる場所であることは推測できた。

リベリオ「(まんまヘリポートだな。流石にこんなのあったら覚えてると思うが……
もしここなら都合がいい。ヨースター島につながってる土管も近い。
中がどうなってるか分からんが、身を隠すのも逃げるのも打ってつけだ)」

予想通り、次第に速度を落とし高度も下がり始めたのだが、そこで機体と切り離された。

リベリオ「(結局落ちるのかよぉーーー!!)」

浮遊感が生まれるや否や、すぐに消える。

ミスターL「大丈夫?」

機体から引き上げられ、地面に叩きつけられずそのまま空中にとどまった。

リベリオ「……なぜ?」

ミスターL「とりあえず、降りてから話そうか。何かするつもりはないから安心して」

474KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24