キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 最新50
【倒れるまで】鈴仙奮闘記43【戦え】

1 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/02/09(金) 00:36:14 ID:???
このスレは、キャプテン森崎のスピンアウト作品で、東方Project(東方サッカー)とのクロスオーバー作品です。
内容は、東方永夜抄の5ボス、鈴仙・優曇華院・イナバがサッカーで世界を救う為に努力する話です。
他の森崎板でのスレと被っている要素や、それぞれの原作無視・原作崩壊を起こしている表現。
その他にも誤字脱字や稚拙な状況描写等が多数あるかと思いますが、お目こぼし頂ければ幸いです。

☆前スレ☆
【希望は】鈴仙奮闘記42【魔界より】
http://capmori.net/test/read.cgi/morosaki/1515503626/
☆過去ログ・攻略ページ(キャプテン森崎まとめ@Wiki内)☆
http://www32.atwiki.jp/morosaki/pages/104.html

☆あらすじ☆
ある日突然幻想郷にやって来た外来人、アラン・パスカルと中山政男との出会いにより、
師匠に並ぶ名選手になると決心した鈴仙・優曇華院・イナバ。
彼女は永琳の庇護下で実力を大きく伸ばし、幻想郷中の勢力が集まった大会でMVPを勝ち取った!
しかしその夜鈴仙は、自身の成長は永琳の計画であった事、その計画の副作用で
月に眠る大いなる厄災――「純狐」が八雲紫の身体を乗っ取り目覚めつつある事を明かされる。
そして、鈴仙は永琳に懇願される。「純狐」の純粋なる狂気を止めるべく、
次に紫が計画した大会――『幻想スーパーJr.ユース大会』に優勝し、世界を救って欲しい……と。

鈴仙は戸惑いつつも、永琳の願いを受け入れ、
幻想郷の秩序の変革を狙う新チーム・リトルウイングズの一員として、大会に優勝することを誓うも、
修行の為に訪れたブラジルで大きな挫折を味わった。鈴仙は、かつて道を違えた親友・魂魄妖夢が所属する、
強豪チーム・サンパウロになす術無く敗北。その後、謎のスナイパーの凶弾に倒れ、その視力すら喪ってしまうのだった。

どん底に堕ちた鈴仙達を前に、新チーム・リトルウイングズの監督となる筈だった魅魔は冷酷に告げる。
鈴仙達は弱い。このままでは世界で戦えない。リトルウイングズは解散だ。
――しかし、彼女はそう切り捨てると同時に、鈴仙達にこうも言い残していた。
1か月後の『魔界カップ』で、我ら魔界ユースに勝利すれば、『幻想スーパーJr.ユース大会』の出場権を与える、と……。
かくして僅かな希望を胸に、鈴仙達は幸運にも手に入れた空飛ぶ船・聖輦船に乗り込み魔界へと突入。
一同は新チームの本格始動を前に、互いの実力を図るべく紅白戦を始めたのだが、
謎戦術やら自爆やらが入り混じり、何故か死人が出る程の死闘となって……?

774 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 22:16:13 ID:???
★てゐ→ドリブル 56 ( ダイヤ8 )( 6 + 5 )=★

775 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 22:17:04 ID:???
★ウィルソン→タックル 53 ( クラブK )( 2 + 3 )+(人数補正+1)=
 ケリー→タックル 53 ( ハート10 )( 1 + 1 )+(人数補正+1)=★

776 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/29(日) 22:21:30 ID:???
今のうちに訂正を。
まず、てゐの『シロウサギドリブル』は通常時でも発動率3/4でした。
そして、41スレ目>>241でも6ゾロで勝利しているので、ドリブルフラグを習得していました。
なので今回で、てゐはドリブルフラグ回収となります。

777 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/29(日) 23:30:09 ID:Js2Da2zM
★てゐ→ドリブル 56 ( ダイヤ8 )( 6 + 5 )=67★*フラグ回収!
★ウィルソン→タックル 53 ( クラブK )( 2 + 3 )+(人数補正+1)=
 ケリー→タックル 53 ( ハート10 )( 1 + 1 )+(人数補正+1)=★

てゐ「……さて。私もいい加減、本気でやんないとねっ!」

ビュンッ!

ウィルソン「き、消えた……!?」

ケリー「まさかこいつ、空間転移の能力者か! あるいは時空操作……!?」

ポンッ!

てゐ「ざーんねん。そのどっちでも無いよ。っていうか、サッカーで空間転移とか時空操作って、
   幾らなんでもトンデモ過ぎ……でもないか。出来る奴にも結構心当たりあるし」

実況「あ〜〜っと! てゐ選手、変幻自在のテクニカルドリブル!
    相手の視線を利用した『消えるフェイント』の技術を応用して、ウィルソン選手達の背後に立つ!」

てゐ「実況もズレてるなぁ。私がそんな面白くもない『消えるフェイント』如きで胸を張ると思う?
    むしろ――本番はこれからさ。ほら、上を見てみな!?」

778 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/29(日) 23:31:28 ID:Js2Da2zM
ウィルソン「う、上……!? って、何も――」

てゐ「スキ有りッ!」

バッ! ビュンビュンッ! ドガバギグシャッ!

ケリー「グボハァー!?」

実況「何と!? てゐ選手、突破しただけではとどまらない! 敵選手の隙を突いて、
    ボール越しに二人を強引に吹っ飛ばした〜〜!? パワー、スピード、テクニック。
    全てが揃った上で行使される、因幡の白兎・てゐ選手の極上の美技!」

てゐ「ショータイム! ……ってね」

ロブソン「(日本最古のトリックスターとも呼ばれる、因幡の白兎……それが彼女の正体か。成程、面白い)」

鈴仙「(てゐのドリブルも、これでかなり頼れるようになったわね……。
     パスは元々チート染みてたけど、これならマジで、切り込み役のFWも任せられそうかも)」

*てゐがドリブルフラグを回収。
 『シロウサギドリブル』が『シロウサギトリック』(3/4でドリブル+4、吹飛2)に進化しました。
*てゐのドリブルが、第二部における成長限界に達しました。

779 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/29(日) 23:32:50 ID:Js2Da2zM
実況「ウィルソン選手達を突破したてゐ選手は左サイドを厳しく切り込んで……そして、
    リトルウイングズ三度目の得点チャンスだ〜〜!」

ロブソン「……!!(まずいな、ここで攻められては。とはいえ、不用意にプレスを掛け、
      ペナルティエリア内の守りを脆くするのは愚策だ。結局は、同じように守るしかないか)」

鈴仙「(イングランドは、またしてもロブソン君を筆頭に4バックで引き籠った穴熊戦法か。
    さっきはそれを利用して、上手い事パチュリーさんのポストプレイでひっかけられたけど、
    今はパチュリーさんが若干上がり切れていない。
    代わりにてゐが上がってくれてるから、『インビジブルデューパー』を今すぐ撃つ事だって出来る。
    ……けど、そうしたらてゐのガッツが早くも枯渇しかけになっちゃうのよねぇ。
    後は……安定の反町君ってのもあるけど。反町君は反町君で、今日はシュートに守備に結構動いているし……)」

前半戦も早い内から飛ばし過ぎた故、鈴仙は仲間の体調を気にしつつ、
しかし僥倖にも得た攻撃チャンスを逃したくない。
バイタルエリアに居る自分の隣には反町が、そして左サイドにはてゐが居り、
少しだけ後ろにパチュリーとアリスが追いかけてくれている中。
右SHのナズーリンは敵のカウンターに備えて下がり目の位置をキープしている。

鈴仙「(攻撃手段は三つ。私か、反町君か、てゐ。
    この中で今は、どのカードを切るのが最善手なのかしら……)」

780 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/29(日) 23:34:00 ID:Js2Da2zM
戦況上はこちらが一方的に攻めてはいるが、体力的にはそろそろ苦しくなってくる頃合いに、
鈴仙が下した判断は――。

A:決める。ダイレクトに『マインドスパークルマイン』だ!(威力:66、1/4で敵GK転倒)300消費
B:決める。てゐと二人で『インビジブルデューパー』だ!(威力:68)250×2消費
C:決める……と見せかけ『玉兎スルー』。反町に決めて貰う!(威力:65)150消費
D:決める……と見せかけ、ポストプレイ。反町に決めて貰う!(鈴仙のポストプレイ:59)
E:反町の低いダイレクトシュート、『ポイゾナスオーバー』で決めて貰う!(威力:66)
F:てゐのドリブル突破からの一対一を狙う!(てゐのドリブル:56)
G:てゐにはサイド際で時間稼ぎをして貰う!
H:その他 グラウンダーで『マインドエクスプロージョン』を打ちたい場合はこちらで

鈴仙のガッツ:720/990

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

781 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 23:37:59 ID:6843Nx6s
A

782 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 23:40:49 ID:dTIJc+NE
A

783 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 23:40:50 ID:BW7GLHZg
D

784 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 00:00:57 ID:aova2yG+
A:決める。ダイレクトに『マインドスパークルマイン』だ!(威力:66、1/4で敵GK転倒)300消費

鈴仙は意識を集中させて、周囲の波長を読み取る。そして――。

鈴仙「……てゐ! 私に低い浮き球を頂戴! 私が一人で突っ込むわ!」

てゐにそう指示を出した。

てゐ「(……もう一発、『インビジブルデューパー』をやっちゃうと、私が早々に疲れちゃう。
    それを見越しての判断だとすると、心苦しいねぇ)」

ドリブル、パス、シュート、タックル、パスカット。そして鈴仙との連携。
前衛としてできる事は競り合いを除き全て平均以上にこなせるてゐの弱点が、最大ガッツの低さにある。
無論それは周囲と比べての話で、並の選手以上の体力は持っているのだが、
てゐは多芸故に、様々な役割を期待される上、その技の多くは燃費が良いとは言えない。

てゐ「(ま、それを今言っても仕方ないんだけどね)……そんなら、任したよ鈴仙!」

バシュウウウウッ!

実況「てゐ選手、鈴仙選手に低いセンタリング! 鈴仙選手はその軌道を視ようともせず突っ込んだ!
    先程の『インビジブルデューパー』程ではありませんが、これも両者の間に強い信頼感が無いとできないプレーです!」

ロブソン「(突っ込んだ……ポストプレイか? いや、……これは違う!)」

鈴仙「光は無くとも、思い出の閃光はいつまでも消えない。――食らいなさい!」

タッ、グルンッ! グワァァァァァァ……ッ!!

実況「鈴仙選手、ダイビングヘッドと前転シュートを組み合わせたアクロバティックな動き!
    これは……ブラジルで身に着けた新たな必殺シュートです!」

785 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 00:02:38 ID:aova2yG+

鈴仙「……炸裂せよ、近眼閃光花火。幻爆・『マインドスパークルマイン』ッ!」

バシュン! ゴォオオオオオオオオオオオオッ……!!

実況「鈴仙選手の『マインドスパークルマイン』〜〜〜〜〜〜!!」

鈴仙「いけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」

786 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 00:06:34 ID:aova2yG+
先着4名様で、

★鈴仙→マインドスパークルマイン 66 (! card)(! dice + ! dice)=★
★ブライヤー→ブロック 54 (! card)(! dice + ! dice)+(人数補正+2)=
 ネイマス→ブロック 54 (! card)(! dice + ! dice)+(人数補正+2)=★
★ロブソン→ブロック 58 (! card)(! dice + ! dice)+(人数補正+2)=
 ケインズ→ブロック 54 (! card)(! dice + ! dice)+(人数補正+2)=★
★トーマス→パンチング 60 (! card)(! dice + ! dice)=★

と書き込んでください。カードやダイスの結果で分岐します。

【シューター】−【ブロッカー】
≧5→シュートは邪魔される事無く放たれた!GKとの勝負へ。
=4〜2→シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ。
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(反町がねじ込み)(パチュリーがねじ込み)(ウッズがフォロー)
≦−2→イングランドボールに。
【シューター】−【キーパー】
≧2→鈴仙の『マインドスパークルマイン』がイングランドのゴールに炸裂する!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(反町がねじ込み)(リトルウイングズのコーナーキック)(ウッズがフォロー)
≦−2→イングランドボールに。

【補足・補正・備考】
鈴仙のマークがダイヤの時、敵GKに転倒ペナ(−4)が発生します。
ロブソンのマークがダイヤで、「ティターンブロック(+10、300消費)」が発動します。
ロブソンのマークがハートで、「ギガントブロック(+8、250消費)」が発動します。
ロブソンのマークがスペードで、「ヘビーブロック(+6、150消費)」が発動します。
ロブソンのマークがクラブで「パワーブロック(+4、100消費)」が発動します。
ロブソンはスキル・ゴッドハンドにより負傷を無効化します。

787 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 00:08:16 ID:???
★鈴仙→マインドスパークルマイン 66 ( ダイヤJ )( 3 + 6 )=★
今日はビックウェーブが来てるはず!

788 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 00:14:46 ID:???
★ブライヤー→ブロック 54 ( クラブ10 )( 1 + 6 )+(人数補正+2)=
 ネイマス→ブロック 54 ( ダイヤ10 )( 3 + 4 )+(人数補正+2)=★

789 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 00:17:53 ID:???
★ロブソン→ブロック 58 ( クラブ8 )( 5 + 2 )+(人数補正+2)=
 ケインズ→ブロック 54 ( クラブA )( 6 + 2 )+(人数補正+2)=★

790 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 00:19:35 ID:???
★トーマス→パンチング 60 ( ハート9 )( 4 + 4 )=★

791 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:46:21 ID:aova2yG+
★鈴仙→マインドスパークルマイン 66 ( ダイヤJ )( 3 + 6 )=75★
★ブライヤー→ブロック 54 ( クラブ10 )( 1 + 6 )+(人数補正+2)=63
 ネイマス→ブロック 54 ( ダイヤ10 )( 3 + 4 )+(人数補正+2)=63★
★ロブソン→ブロック 58 ( クラブ8 )( 5 + 2 )+(人数補正+2)+(パワーブロック+4)=71*減衰!
 ケインズ→ブロック 54 ( クラブA )( 6 + 2 )+(人数補正+2)=64★
=4〜2→シュートは放たれた。しかしこの数値差の人数分威力が落ちてGKとの勝負へ。
★鈴仙→マインドスパークルマイン 66 ( ダイヤJ )( 3 + 6 )+(減衰-1)=74★
★トーマス→パンチング 60 ( ハート9 )( 4 + 4 )+(転倒-4)=64★
≧2→鈴仙の『マインドスパークルマイン』がイングランドのゴールに炸裂する!

ゴォォォォッ……!

鈴仙が放った『マインドスパークルマイン』は、いわゆるテクニカルシュートの範疇に入る。
即ち、センタリングを一度空中に蹴り上げてフェイントを行い、その隙を突いて
前転でボールを押し込むという複雑な動きを行うが故に、非常に難易度が高く。
ましてや、サンパウロ戦での銃撃により視力を失ったとされる鈴仙がそんな芸当を行う等、
到底不可能であるように思える。しかし――彼女は、やってみせた。

鈴仙「(……大丈夫。分かる。空気が読める。音が聞こえる。これなら――放てる!)」

鈴仙は皆の目に見えぬところで、途轍もない努力を重ねて来た。
この位は当たり前だと、かつて道を共にした少年の影を追いながら、走り続けて来た。
そしてその結果。視力以外の彼女の感覚は、いまや人間離れ
――いや、妖怪基準で考えても異常なレベルにまで、研ぎ澄まされていた。

792 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:47:33 ID:aova2yG+
霞「……今、とても気になっている研究材料があるんです」

コーチ「ほう。それは何だね」

霞「鈴仙さまです。あの方は努力と気合で、視力を失ったハンデを最小限に留め、
  今もこうして、普通の選手と遜色なくサッカーが出来ています」

普段こそ口にはしないが、霞やコーチはこの事実を特に重く受け止めていた。

霞「ですから、気になるんです。もしも、鈴仙さまが視力を――”狂気の瞳”を取り戻した場合。
  一体、何が起きるのか、って……」

コーチ「鈴仙の視力は、現在の医学では取り戻せん。視神経ごと、焼き切れてしまっているが故な。
     魔界の医学や魔法も同様じゃ。暇を見つけては色々と調べておったが、
     少なくとも、今のワシらに出来る範囲での治療法は存在せん。それこそ、神の奇跡レベルじゃ」

コーチはそこで短く切って、その上で、と前置きし。

コーチ「万一。今の鈴仙が往時の瞳を取り戻す事があれば――その時は、世界最高のストライカーの誕生の時じゃろう。
     ”スーパーストライカー”……今のあの子には、それを名乗る為の素地が出来上がっていると思うよ」

そう厳かに、客観的な事実を告げるのだった。

793 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:48:35 ID:aova2yG+
ロブソン「(なんという精度。そしてスピードだ……! とても視力にハンデのある者が放ったシュートとは思えん!)」

――やがて、シュートはロブソンの胸元まで迫っていた。
胸に風穴を空ける為ではない。その胸元をごく至近距離で潜り抜け躱して、
ゴールネットへと滑りこませる為のシュート。それを、ロブソンは防がなくてはならない。

ロブソン「αδαμ……!!」

ロブソンは三度詠唱し、全身の強度を神話級へと引き上げんとする。
しかし――詠唱の前に、ロブソンの肉体が限界に達した。

ロブソン「グォ、ォオオオオォォ……!」

神話の力を人間が引き出そうとなると、相応の代償が発生するのは至極当然の摂理である。
タルタロスを模した地獄の瘴気に苛まれ、ロブソンの肉体は朽ちて砕けようとしていた。

ロブソン「ま、まだだ。まだ、俺は……死なぬ……!」

――とはいえ、その肉体は瞬時に再生し、十代の少年らしい、若く瑞々しいものに戻る。
超越者特権。神話を根拠とする一度切りの転生を認められた”ゴッドハンド”クラスの能力が発動し、
尽きかけた彼の体力は再び最大値へと戻る。そしてそれだけでなく、

ロブソン「――ガァァァァァァァァアァァァッ!」

ガシッ!

巨体を力強く動かし、シュートの軌道に喰らい付いた。肉体の崩壊と再生が同時に行われる中、
ロブソンはシュートを防がんと、その身体をボールに差し出そうとしていた。
体内で鉄が溶けるような熱さを感じながら、しかし彼はその痛みを厭わない。
『パワーブロック』。数多く存在するブロック技の中でもごく基礎的ではあるが、
ロブソンはその地獄の痛みの中で発動してみせたのだ。しかし――それでも、鈴仙には及ばない。

794 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:49:42 ID:aova2yG+
キンッ! ……ゴォォォォ……!

ロブソン「(威力は減衰出来たが……それだけだ。俺は――失敗、した……!)」

ただ蹴り上げてタイミングをズラしただけの『マインドスターマイン』とは違い、
『マインドスパークルマイン』には、前転シュートによって生じる強烈な逆縦回転がある。
これにより、シュートは並大抵の衝撃では止まらず、ロブソンのブロックを受けても尚推進する。

ゴォォォォ……グンッ!

トーマス「な、なな……なんだ……!? このシュート、視てると、頭がぐるぐるして……はうっ!」

フラリ……バターンッ!

懸命にパンチングに飛んだ筈のトーマスは、特徴的な波長を描くシュートを凝視し続けた事により、
体勢を大きく崩して転倒。そしてそのまま――。

ズバァァァァ……ッ! ――ピピィィィィィィィィィィィィィィィイッ!

鈴仙「はぁ、はぁ……き、決まった……!」


リトルウイングズ 2 − 0 イングランド



795 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:52:27 ID:aova2yG+

実況「き、きまった〜〜〜! ゴ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ル!
    鈴仙選手の『マインドスパークルマイン』が、イングランドのゴールに突き刺さった〜〜!
    これで試合は2−0! 前半戦10分を待たず、リトルウイングズが早くも2点リード!
    強い、強すぎるぞリトルウイングズ! 実力者揃いのイングランド相手に一方的に攻め続け、
    攻撃させる暇すら殆ど与えてくれません! 幻想郷発のクラブチームはやはり侮れなかった!」

観客「ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」
   「レーイーセン! レーイーセン!」「イングランドーだらしねえぞー!」「ですよねー」

鈴仙「(また決まった……! 決めることが出来た……! 私は、私達は、世界で戦えるんだ……!)」

確かなシュートの感覚にホイッスル。そして周囲の爆発的な歓声。
鈴仙は自分のシュートが間違いなく決まった事を理解し、ほっと息を吐く。
そして改めて、自らや皆の力を実感し、胸に熱いものがこみ上げてくる。

鈴仙「(サンパウロには負けたけど。私達はまだやれる! ――ここから、もっともっと強くなれる……!)」

そこまで思うのはまだ早いかもしれない。試合はまだまだこれからなのだから。
しかしそれでも、鈴仙達がここまでイングランドの全力相手に善戦できた事実は変わりない。
心の深くでは敗北の傷が癒えない鈴仙にとって、この事実は大きな自信となった。

796 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:54:35 ID:aova2yG+
鈴仙「…………!」

観客の歓声に仲間達の暖かい声。そして敵陣の悔しそうな感情を肌に感じながら、鈴仙は――。

A:「見たかァイングランド! これが私達のチーム力よ!」自慢げに胸を張る!
B:「いよおおおおっし! やったぞおおおっ!」純粋に飛び跳ねる!
C:「今のは運が良かっただけ。油断しちゃだめよ、皆!」謙遜しながら釘を刺す。
D:「2点差だけじゃ済まさない、ガンガン攻めていくわよ、皆!」イケイケアピールする。
E:「私の実力は横に居る反町君の67分の1にも満たない…」ハッタリだ!
F:その他 選手交代させたい場合はこちらで

鈴仙のガッツ:420/990

797 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 01:59:01 ID:tbNHWPjU
A

798 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 01:59:43 ID:aova2yG+
*ロブソンのガッツが300を切ったため、スキル・ゴッドハンドが発動。ガッツが全回復しました。

――と、言ったところで今日はここまでにします。
また、スレの容量が500kbくらいになったので、次スレのスレタイも募集したいと思います。
次スレは、イングランド戦とその後の自由行動、そしてそろそろ他陣営の描写もしたいなとか思っています。

【】鈴仙奮闘記44【】

の形で書いて提案して頂ければ大変嬉しいです。

あと、反町君の『テクニカルカット(仮)』(1/4でパスカット+2)の名称案を頂けると幸いです。
(>>1の独断と偏見で採用します。無ければスベスベマンジュウガニカット的なのにするかもしれません(爆))

それでは、本日もお疲れ様でした。

799 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 07:11:28 ID:QTksR0aU
B

800 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 07:56:41 ID:id197ZMY
D

801 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 08:21:19 ID:tql4v6zw
反町パスカット名前案(格好良い名前にしました)

オゾンパスカット(単体では有毒だが、人類にとっては紫外線を吸収する有益なオゾンのようなパスカット)
アルセニックカット(「生物に非常に強い毒性」のヒ素にちなむ)
カーボンモノキサイドカット(誰かあと1人いないと不安定な一酸化炭素(穣子or静葉的な意味で)にちなむ)

802 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 10:17:03 ID:???
ミミングスソードカット

盲目の英雄ミミングスが所有しているという、伝説の魔剣。
遅効性の毒が塗ってあるとされ、神ですら斬られたら死を免れない。神殺しの剣として恐れられた。
名前の由来は、反町の足にミミングスソードが宿ったという夢を見たことから。

803 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 11:30:34 ID:/2+PtaRo
A
【さよなら】鈴仙奮闘記44【アリスさん】
【絆の力で】鈴仙奮闘記44【どこまでも】

804 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 16:56:36 ID:???
【神話に】鈴仙奮闘記44【挑むもの】
【再起への】鈴仙奮闘記44【咆哮】
【心の眼で】鈴仙奮闘記44【彼女は何を見る】

乙です

805 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 18:34:37 ID:???
【神々の】鈴仙奮闘記44【黄昏】
【異世界】鈴仙奮闘記44【チートサッカー】

806 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 23:28:45 ID:aova2yG+
スレ容量ギリギリまで更新します。
>>801-802
必殺技名の提案ありがとうございます!由来まで書いて頂き大変面白く読ませて頂きました。
技名ですが、『オゾンパスカット』にしようと思います。毒かつ無害そうな感じが反町君っぽいかと思ったので…
ミミングスソードカットにして反町がロブソンを両断する描写も考えましたが、
それやるといよいよサッカーじゃなくて異能バトルスレになるのでやめましたw
>>803
投票とスレタイ提案ありがとうございます!
>>804
乙とスレタイ提案ありがとうございます!
>>805
スレタイ提案ありがとうございます!

807 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 23:30:22 ID:aova2yG+
A:「見たかァイングランド! これが私達のチーム力よ!」自慢げに胸を張る!

鈴仙は胸を張って、心の底からそう言い放った。
今回の自分のゴールが、自分だけの力だけによるものではない事くらいは百も承知だ。
反町が好守を見せ、てゐが繋いで、完璧なセンタリングを放ってくれたからこそ、ゴールを挙げる事ができた。
それだけではない。前のアリスによるゴールだって、ナズーリンやパチュリーの協力無くしては出来なかったし、
そもそも穣子達の連携が無ければ、ロリマーの『バウンドショット』により、先制されていたかもしれない。

鈴仙「(少なくとも今のところ、私達のチームは、総合力においてイングランドを圧倒している!
    クラブチームじゃない。一国の代表選手を集めたユースチームが相手でも、私達は戦えてる!)」

――ゴールを挙げた今でも、ロブソンは恐るべき選手だと理解しているし、
テイラー達の連続ワンツーは未然にこそ防げたが、決して軽視すべきではない。
個々の実力で言えば彼らは、鈴仙達リトルウイングズの選手を上回る、あるいは肉薄するだろう。
しかし、鈴仙達は個々で戦う必要は無い。苦手な分野は得意な選手に任せれば良いし、
自分が動けない場合は、仲間に動いて貰えば良い。
そんなチームメンバー同士の連携が、ロブソン達という個を上回り得るのだ。

ロブソン「……強い少女だ、君は」

ゴールを守り切れなかった責任を感じて地面に伏せるロブソンは、
鈴仙の言葉の裏に潜む、決して慢心では無い確かな自信を感じ取り、そう呟く。
同時に彼は内心で、

ロブソン「(俺達は奥の手を全て出し尽くさねば、負ける。いや、出し尽くした所で、
       勝てる保証など全く無い。……しかし、それでも全力を尽くさねばならんだろう。
       それが、彼女達のような尊敬すべき戦士に対する、最大限の敬意だ)」

――そう、鈴仙達への評価を更に高め。次はどう攻めるべきかに想いを馳せていた。
……イングランドの闘志は、2点差程度で尽きはしない。

808 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 23:31:32 ID:aova2yG+
***

ピィィィィィィィィィ……ッ!!

実況「さあ! 気を取り直してキックオフ! 現在の状況は前半9分を前にして、
    幻想郷出身のクラブチーム・リトルウイングズが2−0でイングランドを圧倒している状況です。
    まだまだ闘志が尽きぬイングランドですが、一旦状況を落ち着かせる為か、パスワークに徹しており……」

鈴仙「マスター、ここは……」

パチュリー「……無理に取りにいかなくても良い。あんたも、反町君も、てゐも疲れている。
        バックアップに佳歩と星が居るとは言え、こんな早い時間に攻め疲れても意味が無いわ」

鈴仙「(パチュリーさんの意見は見。私はそれに逆らう権利はあるかもしれないけど……。
    だけど、ここで無理に3点差を狙うのは、リスクが大きすぎるわね)」

実況「リトルウイングズ側もまた、無理に攻めには行かない状況、余裕が見えています」

鈴仙達が攻め疲れている中、イングランドはロブソンの超回復能力もあり、比較的体力に余裕を残している。
そんな中でイングランドがゆっくりと攻撃を構築してくれるのは、鈴仙達にとってもメリットが大きい為、
無理に邪魔する事はしない。イングランドを中心とするパスワークの時間は、そのまま5分程度続き――
試合が動いたのは、前半も半ばを過ぎた、16分になっての事だった。

 ※当試合は前後半30分ハーフで選手枠交代は3名まで。延長戦は無く、同点の場合はそのまま引き分けとします。
  (今更の解説ですみません)


809 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 23:33:19 ID:aova2yG+
先着1名様で、

★イングランドの攻撃→! card★

と書き込んでください。マークで分岐します。

JOKER→ウィルソン「覚醒した! 俺の正体は 山岡美子 だったんだよ!?」ウィルソンが覚醒だ!?
ダイヤ→リチャード「オラッ! ドリブル突破させろ!」リチャードが正面突破だ!
ハート→テイラー「(失敗してもリスクが少ないのが、俺のドリブル突破だ)」テイラーのサイドアタック!
スペード→ロリマー「俺の『バウンドパス』で行くか……」ロリマーのパスだ!
クラブ→テイラー「もう一度、『ジェットストリームアタック』だ……!」テイラー達が徒党を組む!

810 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 23:34:18 ID:???
★イングランドの攻撃→ ダイヤ5

811 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/04/30(月) 23:48:04 ID:aova2yG+
★イングランドの攻撃→ ダイヤ5 ★
ダイヤ→リチャード「オラッ! ドリブル突破させろ!」リチャードが正面突破だ!

リチャード「うおおおっ! もう(遅攻に)甘えてる場合じゃねぇ!」

ダッ! ダダダダダダダッ!

実況「ああ〜〜! CFWのリチャード選手、我慢できずにドリブルで正面突破だ〜〜!
    粗雑で乱暴ではありますが、テイラー選手にも決して引けを取らないドリブル技術で、
    鈴仙選手と反町選手をぶち殺そうと突進しています!!」

鈴仙「まるでケダモノね……!」

反町「キャプテン、どうする? 一応、俺一人のタックルでも互角の勝負は出来ると思うけど……」

鈴仙「そうね……(――幸いに、こっちも体勢を整えていたから、リチャード君がこっちに突っ込むまで、
    どう守るか指示を出す程度の余裕はある。二人がかりで止めるか、戦力を分散するか。
    あるいは若干のリスクはあるけど、ある程度深くまで泳がせてからボールを奪うってのも、
    敵陣を崩すという意味では効果的かもしんないわね。さて、ここは――)」

A:反町と二人で迎え撃つ!(鈴仙のタックル:54)
B:反町だけ行かせ、自分はフォローに回る。
C:自分だけ迎え撃ち、反町はフォローに回って貰う。
D:敢えて動かない。パチュリーとアリスに任せつつ自分と反町は反撃に備えて上がる!
E:鈴仙「オラッ催眠!」催眠術(できない)でリチャードを足止めだ!
F:その他 自由選択枠

鈴仙のガッツ:460/990

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

812 :森崎名無しさん:2018/04/30(月) 23:58:04 ID:???
A

813 :森崎名無しさん:2018/05/01(火) 00:05:33 ID:ndjmqH2k
A

814 :森崎名無しさん:2018/05/01(火) 00:10:27 ID:6kJBFObA
A

815 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/05/01(火) 00:22:42 ID:2XyI+YWY
A:反町と二人で迎え撃つ!(鈴仙のタックル:54)

鈴仙「雰囲気で分かる……アイツは超ヤバイ人よ! 少しでも泳がせておく訳にはいかないわ!」

反町「分かった。それじゃあ、一緒に行きましょう!」

ダッ! ダダッ! ズザアアアアアアアアアアアアアッ……ッ!

実況「この試合2トップのFWの鈴仙選手と反町選手、並んでリチャード選手に対峙!
    そしてそのまま、スライディングタックルを仕掛けます!!」

リチャード「オラッドリブルで死ねッ!吹き飛びで死ねッ!!心臓ブチ破られて死ねッ!!!!」

反町「(サッカーを殺人技と勘違いしてる人って、なんでこんなに多いんだろうか……)」

816 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/05/01(火) 00:24:11 ID:2XyI+YWY

先着2名様で、

★リチャード→ドリブル 54 (! card)(! dice + ! dice)=★
★鈴仙→タックル 54 (! card)(! dice + ! dice)+(人数補正+1)=
 反町→タックル 55 (! card)(! dice + ! dice)+(人数補正+1)=★

と書き込んで下さい。カードやダイスの結果で分岐します。

MAX【攻撃側】−MAX【守備側】
≧2→リチャード、ドリブル突破!
=1、0、−1→ボールはこぼれ球に。そして左から順に
(ロリマーがフォロー)(テイラーがフォロー)(パチュリーがフォロー)
≦−2→リトルウイングズボールに。

【補足・補正・備考】
リチャードのマークがダイヤで、「殺人ドリブル(+4、吹飛1)」が発動します。
リチャードのマークがハートで、「強引なドリブル(+2、吹飛1)」が発動します。
鈴仙のマークがダイヤで「マインドストッパー(+3)」が発動します。
鈴仙のマークがハートで「アイドリングウェーブ(+2)」が発動します。
鈴仙はスキル・フェアプレイ精神により反則を犯さず、代わりに鈴仙が反則の条件を満たした場合−3のペナを負います。
反町のマークがダイヤ・ハートで「ネオポイゾナスタックル(+3)」が発動します。

817 :森崎名無しさん:2018/05/01(火) 00:25:23 ID:???
★リチャード→ドリブル 54 ( ダイヤA )( 6 + 4 )=★

818 :森崎名無しさん:2018/05/01(火) 00:26:08 ID:???
★鈴仙→タックル 54 ( クラブ7 )( 5 + 2 )+(人数補正+1)=
 反町→タックル 55 ( ダイヤ6 )( 2 + 3 )+(人数補正+1)=★

819 :森崎名無しさん:2018/05/01(火) 00:26:51 ID:???
★鈴仙→タックル 54 ( ダイヤ10 )( 1 + 3 )+(人数補正+1)=
 反町→タックル 55 ( スペード2 )( 6 + 3 )+(人数補正+1)=★

820 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/05/01(火) 00:27:18 ID:???
…と、言ったところで今日はここまでにします。
これ以上更新すると容量が一杯になりそうなので、続きは次スレでやりたいと思います。
それまでもう暫く(多分明日の夜)、スレタイを募集させてください。
次スレは、イングランド戦とその後の自由行動、そしてそろそろ他陣営の描写もしたいなとか思っています。

【】鈴仙奮闘記44【】

の形で書いて提案して頂ければ大変嬉しいです。
それでは、本日もお疲れ様でした。

821 :鈴仙奮闘記 ◆85KeWZMVkQ :2018/05/01(火) 22:30:13 ID:???
新スレを立てました。

【再起への】鈴仙奮闘記44【咆哮】
http://capmori.net/test/read.cgi/morosaki/1525177959/

続きは新スレで更新したいと思います。これからも拙作を宜しくお願いいたします。
このスレの残り容量は雑文でも書いて埋めようと思います。
(考えてみれば前スレも埋まってないので、何とか埋めたいと思います…)

822 :◆85KeWZMVkQ :2018/05/02(水) 00:53:52 ID:???
すみません、>>821のスレタイ間違ってますね…汗
【神話に】鈴仙奮闘記44【挑むもの】が正しいです。

511KB (08:00PM - 02:00AM の間一気に全部は読めません)
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24