キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

1 :キャプテン岬 ◆AE6MkoqxCE :2017/11/12(日) 12:38:42 ID:???
『はじめに』
この物語はフィクションです。
現実世界で実在する人物も登場いたします。また1983年から91年までの史実を踏まえてはいます。
ただ物語の展開上脚色や私的設定付与も多々あり、純然たる歴史的事実からは離れてしまっております。

またキャプテン翼のキャラクターのみならず、非サッカー漫画以外のキャラクターも多く
登場しておりますが、実在人物同様、物語に沿う形での脚色や設定付与が多く、どうかご寛恕を願います。

最後に、この物語の主人公は岬太郎です。
ここの岬君は原作を参考にしたり、本編をチェックしてみたり、自身の願望を当てはめてみたりと、
どれにもピタリとは当てはまらない、大変面妖な様相をとっております。
それでも彼の物語として、読み進め楽しめてもらえれば幸いです。

【前スレまでの簡単なあらすじ】
1983年8月、岬太郎はパリに来仏する。その2日後の日本人学校訪問後、
サッカー部員を探すべくブローニュの森のシュッセ運動場まで出かけ、
そこでサッカー部キャプテン天ケ瀬冬馬を発見する。
自己紹介代わりの手合わせで岬に完敗した天ケ瀬は、他のメンバーにも
紹介すべく急遽電話で呼び出す。そして呼びだしたメンバーとの1VS10勝負が
はじまった、といったところまで進んでいます。

301 :森崎名無しさん:2018/04/28(土) 22:43:44 ID:4p/fM6Fg
H

302 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 09:37:18 ID:K3Jg4K+Q
H ガッツ:700 少し上がりやすい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年8月4週1回目のガッツ練習(少し上がりやすい)→! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+10!
9〜13→+5!
1〜8→効果がなかった

303 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 10:24:18 ID:???
★83年8月4週1回目のガッツ練習(少し上がりやすい)→ ダイヤ4

304 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 11:53:29 ID:K3Jg4K+Q
★83年8月4週1回目のガッツ練習(少し上がりやすい)→ ダイヤ4 ★
→効果がなかった
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
(時間の都合により、練習描写は後でまとめて行います)

A ドリブル:21 少し上がりやすい
B パス: 22 少し上がりやすい
C シュート:19 少し上がりやすい
D タックル:19 少し上がりやすい
E パスカット:21 少し上がりやすい
F ブロック:20 少し上がりやすい
G せりあい:19 少し上がりやすい
H ガッツ:700 少し上がりやすい

*(初期状態の上昇ポテンシャル。()内はガッツ)
・上がりにくい
JOKER→1+&必殺技のフラグ習得!
11〜13→+1! (+5)
1〜10→効果がなかった

・少し上がりやすい
JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1! (+5)
1〜8→効果がなかった

・凄く上がりやすい
JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2! (+10)
7〜12→+1! (+5)
1〜6→効果がなかった

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

305 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 12:50:45 ID:nI852qrc
A

306 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 14:44:37 ID:TULMcdrw
A

307 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 15:42:08 ID:K3Jg4K+Q
A ドリブル:21 少し上がりやすい
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年8月4週2回目のドリブル練習(少し上がりやすい)→! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+10!
9〜13→+5!
1〜8→効果がなかった

308 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 15:53:29 ID:???
これガッツじゃね?
★83年8月4週2回目のドリブル練習(少し上がりやすい)→ スペードA

309 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 15:59:28 ID:K3Jg4K+Q
すみません、ガッツの所から転載して、訂正を忘れてました。
どうかこちらで引き直してください。

先着で ★83年8月4週2回目のドリブル練習(少し上がりやすい)→ ! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1!
1〜8→効果がなかった

310 :森崎名無しさん:2018/04/29(日) 16:31:24 ID:???
★83年8月4週2回目のドリブル練習(少し上がりやすい)→  ハート7

311 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 19:23:39 ID:K3Jg4K+Q
★83年8月4週2回目のドリブル練習(少し上がりやすい)→ハート7 ★
→効果がなかった
――――――――――――――――――――――――――――――――――
僕がアタリを訪れてから数日後、すっかりお馴染みの練習場になった
シュッセ運動場へとやってきて、体力づくりとドリブルの練習を行った

タッタッタッ……
ザッザッザッ……

だが、どうもサッカーの練習というより、ただの脚の上下運動にしかなってないような
気がする。

岬「(だめだ、どうも気がのらないな。今日は早めに切り上げて帰ろう)」

見切りをつけて練習を家に帰る。家に帰ってみると、部屋の境のふちに
僕と父さんの「衣装」が吊るされていた。

チフォネリの細いストライプの紺の背広。宝石のようなきめ細かな輝きを放つ
ジリのネクタイ。履いただけで紳士に見えるであろうオーベルジーの革靴。

日本にいた頃から父さんがその地方その業界の名士と会う際の、話を和ませるための一種の小道具として、
また将来の人脈づくりの布石として、たびたび荘重な礼服を着用して出かけている。

岬「もう新しいのが届いたんだ。今度は誰に会うの?」
岬父「まずは日本での『党本部』との顔つなぎをしないといけない。
   相手はジャコブ・マルシェ(Jacob Marchais)。
   パリ特別市党第一書記であり」

ここで父さんは一旦言葉を切り、そしてしてやったりといった顔になって、告げた。

岬父「フランス共産党書記長、ジョルジュ・マルシェ(Georges Marchais)の弟だ」

312 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 19:24:58 ID:K3Jg4K+Q
フランス共産党の大物と会う、という事が分かったところで、本編の投稿を終わりとします。
ただ、もしかしたら幕間劇は投稿できるかもしれません。

313 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 20:36:36 ID:K3Jg4K+Q
それでは、幕間劇がはじまります。ここに出てくる人達は本編とは一切関係ありません。
この投稿をもって、この3連休及び次の4連休中の投稿は終わりです。

それにしても元ネタマイナー過ぎるかな……



1983年、どこかの平行世界の東京都大田区池上某所の某社前にて





真美「真美ちゃんと→」
小鳥「お姉さんの」
真美・小鳥「ゲームなぜなに講座ー!」







314 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 20:38:00 ID:K3Jg4K+Q
真美「ピヨちゃんピヨちゃん!」
小鳥「なあに、真美ちゃん」

真美「どうしてパックマンとかギャラクシアンとかポールポジションとか、アタリにはナムコのゲームが多いの?」
小鳥「それはね、真美ちゃん。1974年、まだナムコが中村製作所って呼ばれてた頃からはじまるわ。
   アタリの日本支社であるアタリジャパンを買収してから、ナムコとアタリの関係がはじまったのよ。
   そしてそれが、ナムコの飛躍に大きく貢献する事になるわ」

真美「へえ→どうして?」
小鳥「アタリジャパンを買収した後、ナムコはアメリカから運ばれてくる
   アーケードゲーム筐体内のコンピューターボードの修理や、
   ちゃんと直ったかどうかのテストプレイ、どんなゲームかを説明するための説明書作成をしていたの。
   説明書には元々は無かったキャッチフレーズやコメントまでつけてね。
   当時最先端のゲームに触れていったから、ナムコの開発部の技術力もモチベーションも、
   そしてナムコ全体の勢いも上がっていったわ。
   後にパックマンを生み出した岩谷徹さんはこう言いました。
  『当時勢いがあったアタリ社製ゲームの販売ができるというのは、実質上、日本国内のビデオゲーム市場を手中に収めること
  (中略)ゲーム性・アイディア、デザインなどすべての面でカルチャーショックを受けたのです』」

315 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 20:39:45 ID:K3Jg4K+Q
真美「へえ→ナムコの発展の陰に、アタリがあったんだね→」
小鳥「そうよ真美ちゃん。それからナムコはアタリをライバルにして頑張ったわ。また岩谷さんの言葉を借りるけど、
  「「1980年代前半のライバルはアタリです。
  『アタリのような、新鮮でどこにもない発想のゲームをつくる』というのが、ナムコ社内の目標だったのです。
   当時は、アタリの新作が登場するたびに良い刺激を受けたものです」ってね。
   その後も、アタリジャパンの元社長さんをナムコアメリカの社長にしたり、それから……
   って、これ以上はネタバレになるわね」

真美「う→ん、でも、そもそもキャプテン翼ベースのこのスレで、こんなにゲームの話題を取り上げていいのかなあ」
小鳥「大丈夫よ真美ちゃん。詳しい事はまだ言えないけど、岬君の選択いかんで、
   世界のテレビゲーム史が激変するし、岬君のサッカー人生にも大きく関わってくるの。お楽しみにね」
真美「わあ→い、楽しみだな→!」


チャッチャラチャッチャーチャッチャ ドンッ

  ┌───‐、   ┌‐──‐、 ┌─────‐ 、  ,.‐───┐ , ───‐ 、 (R)
  l ┌─┐ │  ニニニ  | | ┌‐┐ ┌‐┐ ! !  r─‐─┘ | ┌─ ┐ │
  |  |  │ | i'´┌─┐ | |  |   |  |   |  | |  |        | │   │ │
  |  |  │ l ヽ.└─┘ | |  |   |  |   |  l ヽ.  ̄ ̄ ̄| ヽ.  ̄ ̄ ノ
    ̄    ̄    ` ̄ ̄ ̄   ̄    ̄     ̄   ` ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄


316 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/04/29(日) 20:42:34 ID:K3Jg4K+Q
以上で幕間劇は終わりです。

岩谷さんの発言については著書岩谷徹「パックマンのゲーム学入門」より引用しております。


317 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/03(木) 03:05:13 ID:ueDOSdyE
僕の父さんは変わっている。
ネクタイを締めながら父さんを見て、つくづくそう感じる。

息子1人を連れて日本中を周り、自分の名で個展を開いていけるにもかかわらず、
巧みに名画家の絵を新しく「作り上げ」て発見したとしてにわか画商で売りさばいたり、
父さん言うところの仕事仲間を集めてお金持ちを集め大金をせしめたりしている。

僕の名前をつける時も、その特性を存分に発揮したらしい。
前に名前の由来を尋ねた時は、「波瀾万丈の人生、名前位は平凡な方が良い」と
分かったような分からないような理由を淡々と語ってくれた。

こうした変哲な父さんの特徴から最も訳が分からないのを挙げるとすれば、
父さんが共産党員だ、と言う事だろう。

318 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/03(木) 03:42:18 ID:ueDOSdyE
共産党。

デモやストの音頭をとったり、鉄のカーテンの向こう側の人達と和やかに
話し合っていたり、時々思い出したようにどこかからかのタレコミを元に
国会で色々追求したりする、アレの事だ。

机によく党員証とバッジが転がっていて、時々その筋の人が来て声高に
「業界用語」を並べ立てていたのをよく覚えている。

僕の友達の間で話題になることはただの一度も無かったし、父親母親もほとんど無かった。
まれに語られた時の場の引いた様子から、子供ながらに世間での空気を察する事ができた。

そんなところに入っても、父さんは父さんだった。

赤旗を振り回したりデモについていったところなんか、見た事も聞いた事もない。
党の偉い人の頭の固さしつこさ一人よがり二枚舌ぶりは、百ダースは聞かされたと思う。
「幽霊を見に行こう」とどこかの大学に連れられて、学生さんが素通りする中
叫んで演説する人を見物もした。
父さんの友達の家に上がった時は、ミヤケンがバカ言った、大作がまた勲章増やしたと
互いにのトップの馬鹿話を酒のつまみにして盛り上がっていた人だ。


319 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/03(木) 04:29:07 ID:ueDOSdyE
一度、なんで共産党員やっているのか尋ねたら、
父さんは人は何故煙草を吸うのかと僕に聞き返してきた。

父さんは言う。年中人をイライラさせ喉や肺を痛めつけるにも関わらず、皆吸い続けるではないか。
共産党は父さんの煙草である。

煙に巻かされた言葉を懐かしく思い出すと同じ頃、届いたばかりの正装一着、
ピシリと着こなす自分の姿を眺めていた。
格式高くも肩肘張るところがない。整った色合いが僕の心を落ち着かせ、
クラシックなつくりがそよ風のように心の中へふきこみ、威厳と矜持を与えてくれていて、
何百年も続いた名家の子、といった出で立ちになる。

この姿になった僕が、一番好きな自身の姿だといつも思う。
これが理想だ。この立居振る舞いで自分の利益をつかみながら、他人には気取られるどころか
そうある事で魅了されたい。こうして眺めている事でもう、そうなったような気になり、
心の底から満たされていくのである。

320 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/03(木) 04:36:59 ID:ueDOSdyE
帰省で夜行バスに乗っていますが、全然眠れないので、ここまで書いてみました。

ちなみに315の末尾の名状しがたい何物かは、
mamcoロゴです。ワードの転載じゃ駄目だなあ。

321 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/13(日) 22:33:02 ID:???
パソコンで見たら、全く問題なくnamcoのロゴが表示されているのに気づき、
気まずくなったスレ主です。
執筆に難航しており、今週は投稿を休みます。

代わりに今ゲームしたい二次創作ゲームを一言紹介して終わります。

FC風『無尽合体キサラギ』
https://www.youtube.com/watch?v=LQup2UJtm9A
 FC風というよりPCエンジンHUカード風といった風なロボットアクションゲーム。
ゴエモンインパクトや暴れん坊天狗ばりに自機ロボットで躊躇なく街を破壊する
快感を味わうだけでも一見の価値あり。

MegaMan X: Corrupted - Weapon Factory
https://www.youtube.com/watch?v=ZId-ykThO2U
 ロックマンXの二次創作ゲーム。滅多に更新されないので歯がゆいですが、
音楽、グラフィック、何より敵キャラのそれらしさは公式とも引けを取りません。
これこそロックマンXのあるべき方向性をとらえていると言っていい作品。
X5あたりから敵キャラ数が寂しくなったし、クールでリアルな感じが無くなったし……
早くカプコンはこれを認可して発売するんだ!



322 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/26(土) 20:41:34 ID:QYGgiLiY
まだまだ頑張って次を書いていますが、テーブルマナー等が
分からず、難渋しています。仕事の都合やスクランブルなどのレトロゲームの
やりこみで時間がなくなってしまったという失態もあったのですが。
遅くとも来週には投稿が再開できると思いますので、もうしばらくお待ちください。


第8話で問題になったコレコビジョンのモジュール。
以下の動画の30秒目程から紹介されてます。

https://www.youtube.com/watch?v=6W4RIOeZJfk

さも当然のようにアタリのゲームが使えますとテレビCMで流しちゃう神経と
それが通じるアメリカ社会に乾杯。

323 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:07:05 ID:4HTfgGS2
第9話『赤い世界への道』



服を着替え、外に出る。アパルトマンの階段を降りると、目の前にはタクシーが停まっている。

岬父「ルドワイヤンへ。シャンゼリゼのロン・ポワンの角の」

運転手への指示を横目にして、後部座席へ乗り込む。

岬「今日会う人とは『お仕事』、それとも『付き合い』」

岬父「両方だ。今日は初対面である以上。まず顔合わせが必要、それ程込み入った話にはならないはずだ。
   それと、その相手にお前の事を伝えておいたら、ぜひ来てくれと言っていたよ」

岬「僕に」
岬父「ああ、プレゼントもあると言っていたな」

パリの党第一書記が異国の小学生に何のプレゼントか。そう思って尋ねてみたが、
知っている訳が無いだろうと一笑にふされてしまった。

移動の間の短時間で相手の意図もプレゼントの中身も分かるはずがなく、目的地のルドワイヤンへたどりついた。

パリには珍しいレストラン前の駐車場で降りる。レストラン前とは言ったが、これまた
珍しい事に、ちょっとした大きさの公園で見られるような遊歩道と樹木が見られる。
悠々と木々の風を感じながら歩いて、ルドワイヤン正面へたどりつく。

岬「(なるほど)」

紳士のいで立ちで出向いた訳だ。この建物はレストランという事だが、
小さな劇場か音楽会場かといったような趣向のつくりになっている。
悠々とした会食をするに相応しい場所だ。

324 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:09:00 ID:4HTfgGS2
ドアマンに案内されてルドワイヤンに入る。予約の確認が済んだ後、今度は食事の用意が出来るまでと、
ウエイティングコーナーへと案内された。細かい柄の絨毯、壁の美しい装飾、
落ち着いた明るさの照明が部屋に満たされている。

芸術的な待合室の様子にうっとりとしかかっていると、
部屋の中央近くの椅子で葉巻をくゆらせている壮年の紳士を見かけた。

顔つきは長嶋茂雄をフランス人にして、社交界の風に慣らした風といった方が良いだろうか。
眉は濃く目鼻の彫りは深く、貫録がありながらもどこか飄々とした風を漂わせている。
何やら雑誌を読んでいるようだが、僕らに気付くとパタリと閉ざし、
にこやかな笑顔を向けて歩み寄ってきた。

紳士「ムッシューミサキ、遠路はるばるよくお越しになりました」
岬父「ムッシューマルシェ、こちらこそ一介の異邦人への心遣い痛み入ります」

鷹揚に遠方の客をねぎらう相手に、父さんは東洋的微笑を卑屈にみられない程度に浮かばせて
礼を返す。
この人が今日の会食の相手、パリ特別市党第一書記ジャコブ・マルシェその人なのだろうが、
この人もオーダーメイドのランパン・オン・ブルーのスーツを小粋に着こなし、
ピシリとしながらも華やかさを失わないオーベルシーの革靴でスラリと立つ様は、
とても「労働者階級の前衛部隊」指導者層のいで立ちとは思えない。

こうした思想的、社会階級的矛盾を目の当たりにしているうち、相手は父さんから僕の方に向かい、
親し気に僕へと話しかけてきた。

マルシェ「モン・プサン(※)、フランスへようこそ。君を見ると羨ましくなる、
     私も君ぐらいに聡明な子供だったら、もっと幸福な子供時代を過ごせただろうに」
岬父「いえいえ、愚息にそれは褒めすぎです。私ともども至らぬところばかりですよ」
岬「ど、どうも、初めまして。岬太郎です」


※:直訳は「ひよこ」、他人の子供を呼ぶときの愛称の1つ。

325 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:10:26 ID:4HTfgGS2
見慣れぬ外国人の相手に戸惑う態を見せ、声を堅めに返事をする。
年相応の純朴な子供だとさりげなく印象付け、余計な警戒を抱かせない仕草。
日本にいるころ年配者と相対する場面でこう振舞って歓心を得て心理的に相手の懐に入り込み、
父さんと共に肉体の懐にしまわれた財布を相手から差し出させてきた。

そんな一連の流れを見た相手は、一瞬にやりと笑った後、ハッハッハッと芝居気かかって笑い出した。

マルシェ「やはりです、ミサキの息子さんは大変素晴らしい。よく大人への礼儀をわきまえている」
岬「(えっ)」

見抜かれたか。しかしなぜ。

マルシェ「見知らぬ相手に浮かべる迷いと憂いの表情、ほんのわずかに外れる視線と声のトーン、
     そして失礼のないようにと緊張して体を強張らせる姿。
     さすがはミサキの愛息子。将来が楽しみだ」

よくやったぞといった様子で僕の頭を撫でた後、父さんの方へと向きなおして安心した
声音で語る。

マルシェ「これで安心しました。この歳でここまで自然に振舞えるならば、
     さぞ日本で『階級敵』から人民の資産を『取り戻した』でしょう」
岬父「いやいやまだまだ拙いものです。慣れない異国の地であなたの助けが得られれば何とか」
マルシェ「ご心配なさらずに。決して無下にはしません。おっと」

僕らの方へヘッド・ウェーターと思わしき人がいつのまにか近くに来ている。

マルシェ「続きは食事の場で行いましょう。今日の料理はさぞ美味になるでしょうな」

僕達の事はとっくに承知済みだった。このパリの偉い人も父さんとそう変わらない、変わり者らしい。

326 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:12:46 ID:4HTfgGS2
給仕「こちらドラモットのブラン・ド・ブランになります。料理が出来上がるまで、今しばらくお待ちください」

食前酒にシャンパンが(僕にはガス抜きの水が)運ばれ、並々とグラスに注がれる。
グラスが置かれたテーブルのクロスはアラベスク模様の白レースで、
下に敷いている深紅色のサテンも相まって、しっとりとした煌びやかさを放っている。
父さんとマルシェはウェイターに軽く会釈を交わした後、グラスを目の上に挙げる。

マルシェ「日仏社会主義の連帯に」
岬父「代わることの無い両党の友好に」

マルシェ「A votre sante」
岬父「ア・ヴォートル・サンテ」
岬「乾杯」

互いに視線を交わした後、すっと飲み干しグラスを空にする。
グラスをテーブルに置きちらりとウェイターの不在を確認した後、
相手はおもむろに懐から厚く膨れた封筒を取り出し、父さんに差し出した。

マルシェ「早速ですが、こちらを受け取っていただきたい。ここにあなたの仕事に不可欠な
     同志の住所、電話番号、職業、人脈等個人情報が記載されている」

父さんが封筒を開けると、何枚もの紙には全て達筆なフランス語がぎっちり詰まっていた。
文章をじっくりと熟読している間、僕はさりげないほほ笑みを浮かべながら、じっと黙っていた。
内容からして真っ当な仕事でない以上、迂闊に話すと迷惑になる。
気にはなるが相手が話を振るまで待つほかない。

327 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:14:57 ID:4HTfgGS2
しばらくして父さんは紙を収めて封筒に戻し、自らの懐へ入れた後、目の前の協力者に感謝の言葉を伝えた。

岬父「ありがとうございます。これで明日からでも仕事ができそうです」
マルシェ「それは良かった。不足したところは」

岬父「ありません」
マルシェ「おお、その言葉を聴いて安心しました。これで我が党の完全な独立も、遠いものではなくなるでしょう」

相手は笑みを浮かべている。ただ初体面の時とは違いどこか皮肉めいているというか、どこかに
影がかかったような笑顔である。

ヤレヤレといった風に軽く両手をハの字に広げた後、僕に向かっておどけた様子で話しかける。

マルシェ「モン・プサン、いやそれでは君に失礼だ、ムッシュー・プティ・ミサキ。
     ここで少し我が党の弁解を許してもらいたい。
     これからの父君の『仕事』の意義を、知ってもらいたいのだ」

そう言って改めて周りを見回した後、彼が言う「弁解」を清聴する機会に恵まれた。

328 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:16:45 ID:4HTfgGS2
マルシェ「知っての通りフランスという国名はラテン語のFrancia、『フランク人の国』を意味する女性名詞だ。
     女性と言ってもローマの昔から侵略者をただ黙って迎えはしない、
     馬上で槍を握って我さきへと敵に向かっていく敢然とした女性だ。
     この遺伝子は我が共産党にも濃厚に受け継がれている。
     先の大戦で侵略者達に国土を踏みにじられた後、他のブルジョア政党はただ右往左往するばかりだったが、
     我が党の偉大なる闘士たちは何度苛烈な弾圧を受けても銃弾をもって抵抗し、
     我が国の開放に大いに貢献したものだ。たとえば」

滔々とフランス共産党の偉大なる抵抗の業績を語る姿を、初めて凄い話を聞いたような顔をして顔を向ける。
思う所はあるが、今は清聴だ。そう思っていると、相手がふっと最初に見せたような皮肉を含んだ笑顔に戻っていた。

329 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:18:46 ID:4HTfgGS2
マルシェ「だが、現在はそうではない。現在の我が党指導部、私的関係でいえば私の兄上は、
     国内で右往左往し、国外で貞淑さを示すばかりだ。
     社会党の内閣に入閣したはいいものの、ゴタゴタと揉めてばかりで
     影響力を発揮するどころか、今にも離脱してしまいそうだ。
     目を外に向けると、4年前のソ連のアフガン侵攻、3年前のポーランド干渉など、
     共産主義の理想を逸脱した覇権主義的行為に対し、
     我々は真にさようでございますと、父親の、ソ連に恭しくしているばかりだ」

父親の、といったあたりからか、相手の顔に険が、声にトゲが混ざりはじめた。ちょうどここまで話し終わったところで、
ウェイターが前菜を持って現れ、テーブルに並べはじめた。

口にして見ると、中身は液状にした牡蠣のキャビアのせといった所だろうか。濃厚な牡蠣の味が
舌にしみわたる。
ただあまりにも液化しているため牡蠣を食べるというよりスープをすすっているような気分だ。
マルシェ氏も父さんも黙って牡蠣のスープをすすっていたが、先に食べ終わったマルシェ氏が
口をハンカチで拭いた後、再び柔らかな口調で語りを再開した。

330 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:23:56 ID:4HTfgGS2
マルシェ「すまない、少々興奮しすぎて、見苦しい所を見せてしまった」
岬父「いえいえ、お陰で私にかけてくださっている期待の大きさが分かりました」
マルシェ「そういってもらえると有難い。問題は深刻だがその原因の1つが資金源だ。ここだけの話だが」

ここまで語ってふいにマルシェ氏が立ち上がり、こちらに来る。僕らの後ろに立って
身をかがめ、耳元で小声でつぶやく。

マルシェ「ソビエト共産党から多額の金銭援助を受けている。スポンサーに逆らえないのはどこも変わらない。
     財政の自立なくして、意志の自立はありえない」

ここまで言った後再び自分の席に戻り、何事もなかったかのように語りを続ける。

マルシェ「とにかく、今後もこちらから情報を提供するし、必要とあれば
     コネも用意する。どうかそれらを活用して「人民の資産」を回収してほしい。
     あなたが得意とする絵画によって。条件はこれでいかがだろうか」

そう言って彼はスッと1枚の紙を取り出し、父さんの前に差し出す。紙には単に

1:2
France:Japon

とのみ記されている。

岬父「D’accord.」

即座に父さんは返事をした。ダコード、つまり「承諾した」
仕事で得た収益のうち3分の1を情報紹介などの便宜料としてフランス共産党へ提供するというのだろう。

331 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:25:13 ID:4HTfgGS2
マルシェ「有難い。これで何の心配もいらなくなって、安心してここの料理に味わえるというものだ。
     ここのエシーヌ・フリアンドは絶品でね。ここのを口にすると他のエシーヌは口に入らぬ」

エシーヌ・フリアンド。メニューで見たときはトンカツに似た料理のようだった。
だが実際にはトンカツとは違う。

金モール付きのマホガニーで作られたワゴンで運ばれたエシーヌが、テーブルへと運ばれる。
金縁に赤紫の花が咲くお皿に金のナイフとスプーン。そしてエシーヌの見事なつくりが、
料理というより芸術品を鑑賞しているような気分になる。
豚のカツの上に油で揚げた卵のフライ、二つ割のトマト、ニンニク、バターをのせて焼き上げている。
アーモンドとパルメザンチーズの香りがただようエシーヌをナイフで切り取り口に入れ、
ブクブクとした脂からあふれ出る肉の旨味で、とろけてしまいそうになる。

マルシェ「ああ、旨い。ことにクリームをつけたエシーヌは最高だ」

皿の隣に置かれた生クリーム入り容器から、僕もエシーヌにかけてみる。
心持ち酸味が残る濃い重厚な味がたまらない。

3人こうしてエシーヌ・フリアンドを心行くまで満喫し、食後のデザートとワインも味わい、
そろそろお開きという空気が流れだしたところで、どこからか取り出したのか1冊の雑誌を
持ち出して、今度は僕の目の前へ差し出した。

332 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:28:07 ID:4HTfgGS2
マルシェ「私からのプレゼントだ。フランス共産党が発刊しているサッカー雑誌、
     Le Miroir de football。きっと参考になると思うよ」
岬「サッカー、雑誌、ですか」

手渡された雑誌を目にして、僕は戸惑いを覚えた。
サッカーが盛んな国であるし、共産党がサッカー雑誌を作っていても
おかしくないのかもしれないが、それにしても表紙が奇抜である。

僕位の歳の金長髪の男の子がキーパーウェアを着てしとけなくゴールポストに寄りかかり、
恋人でも見るような眼差しでボールを眺めている。
どう見てもファッション雑誌かアイドル雑誌にしか見えないが、これがサッカー雑誌なのだ。
さすがはフランス、殺人集団たるカンプチア共産党をフランス語に訳すだけで、
クメール・ルージュという化粧品みたいな名前になってしまう国だ。

マルシェ「驚いたかね。さすがにこんなファッショナブルな共産党の雑誌は世界でもこれだけだろう。世界中でそうだが、
     若者の共産党への関心は低下するばかりでね。今現在関心を持っている雑誌を大いに参考にしたのだよ。
     批判も大きかったがその甲斐はあった。ちょうどパリの党員の子弟に
     美男子がいてくれたおかげで、若い女性の入党者数が増えてくれている」

岬「パリ?サッカーをしている共産党の子がいるんですか」
マルシェ「ああ、運がよかったよ。この子はジュスト・アルナルディ(Juste Arnardi)。
     パリのサッカークラブサンジェルマンの年少部に所属していて、いずれ育成部門の下部チーム
     シャンゼリゼかモンマルトルの正キーパーになるだろうという腕前だそうな」
岬「(ジュスト、か、覚えておこう)」

333 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:29:54 ID:4HTfgGS2
思わぬところで耳にした同年代のフランス人実力者。それがパリにいるのだ。きっと
何かの役に立つだろう。だが次の言葉で現実に引き戻される。

マルシェ「ところで君は、サッカーで世界を目指す気はないかね」
岬「え、も、勿論」

マルシェ「そう言うだろうと思った。思ってなければ日本一にはなれなかっただろうからね。だがここはフランス、
     君は外国人だ。残念ながら外国人の少年が世界レベルの大会に出られる機会が殆どない。
     このままでは君の、神から与えられた才能が生かされずに朽ちてしまうだろう」

マルシェ氏に指摘されて、心中苦いものが走る。確かにこのままではダメだ。パリ中の年長者に
混ざってプレーするにしても限度がある。フランスは確かに強いが、
ドイツ・イタリア・ブラジルなどといった国と比べると確実に劣る。
何より目標が無ければ、意志を保ち続ける事など至難の業だ。
そう思っていると、マルシェ氏の口から僕の人生を一変させる
言葉が、何の気もなく放たれようとしていた。

334 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:32:24 ID:4HTfgGS2
マルシェ「君の父親の友人の1人として私も非常に残念に思う。
     こうした現実は全ての人間に平等な機会を与えるべきという共産主義の理念にも反する。
     だから。ここを見てほしい」


Spartakiada Mezhdunarodnaya Podrostkami se tenant!


マルシェ「タロー・ミサキ。君に国際友好諸国年少者総合体育大会、
     通称国際ジュニアユーススパルタキアーダへの参加テスト権を与える」



岬「国際……スパルタキアーダ?」
マルシェ「そうだ。全世界の共産党の子弟で行われるサッカー大会で、2年に1度モスクワで
     行われる。西ヨーロッパでは西側諸国の共産党の子弟を集めて作られる。
     実のところ言えばこの臨時サッカークラブの創設には国籍事項が無い。外国人が入ることを
     想定していなかったころの規約だからだが、この点を突いて君も参加できるよう働きかけてみよう」

岬「えっ、いいんですか!?」

思わず素っとんきょうな声を上げてしまう。この場でこんな声を上げてしまい恥じ入ってしまったが、
マルシェ氏はかわいい孫をたしなめるような顔で、手を軽く振る。

335 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:34:06 ID:4HTfgGS2
マルシェ「落ち着きなさい。入団テストに参加できる権利が与えられるというだけの話だ。
     君が代表入りするに相応しい実力が無ければ、それ以上は私にもどうにもならない」
岬「あ、すみません。マルシェさんありがとうございます。僕にここまでしてくれまして」

マルシェ「いやいや、君の父親の貢献に対するささやかな恩返しのつもりだ。気にしないでくれ。
     それより、この雑誌は隔月慣行でね。君ぐらいの歳の東欧の選手の情報も載っていることがある。
     新しいのが出来たら君の家に送るから、ぜひ読んでほしい。スパルタキアーダの情報もいずれ
     この雑誌に載る」

ありがとうございます。再びマルシェ氏に感謝の言葉を述べながら、僕の胸奥で熱い液が
流れるのを感じた。これだ、これで活躍すれば東側といえど世界大会、
日本にも日本人が活躍したという事で耳に届き、日本での立身のめどがつくかもしれない。
たとえ届かなくても、世界の強い相手と戦えるというなら、これからの生活にも張りが出る。

こうして思わぬところからの活路に心躍らせながら、
僕と父さんはルドワイヤンを後にした。


*フランス共産党雑誌『Le Miroir de football』を手に入れました。

336 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:35:33 ID:4HTfgGS2
【1983年9月第1週】
岬「ふーう、世間はもう学校か。そう思うとフランスに越してきたのは良かった。
  僕だけ夏休みが増えたみたいで。さて、この貴重な期間のうちに、何しようかな」


A サッカーの練習に出かける、あと2回選択可
B パリのどこかに出かける(さらに分岐、B1含めあと2回選択可)
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと2回選択可)

所持金:954フラン

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

337 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/05/27(日) 20:38:47 ID:4HTfgGS2
と、いう事で岬君の活路となるスパルタキアーダ(+ジュスト)の存在が
明らかになったところで、今日はここまでにします。


スパルタキアーダは実在していた大会です。日本の国体のような国内全国の年少者の生徒・学生の
選抜大会だったそうですが、この世界ではサッカー部門の(東側)世界大会として存在しています。

338 :森崎名無しさん:2018/05/27(日) 20:44:12 ID:WiIMzB+U
B1

339 :森崎名無しさん:2018/05/27(日) 21:07:31 ID:75tTQhPE
B1

340 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/02(土) 19:38:41 ID:JIgFu7NU
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと2回選択可)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
持ち物(日常時間消費無し)
A:財布
B:ヤーの復讐(アタリ2600の「シューティング」ゲームソフト)
C:オリンピア(ソ連のスポーツ飲料。飲むとガッツを年齢性別問わず100回復させ、さらに最大ガッツを5上昇させる)
D:この持ち物リストからは選ばない
E:全部選ぶ


持ち物(注!日常時間が消費されます)
T:ソビエツキ・スポルト(ソ連のスポーツ雑誌、ソ連のサッカー訓練も扱う、さらに分岐)
U:ル・ミロワール・デ・フトバル(フランス共産党発行サッカー雑誌、東側ユースサッカー事情も扱う、さらに分岐)
V:この持ち物リストからは選ばない

所持品:現時点でなし

先に2票入った選択肢で、何の持ち物を所持するか、持ち物を使うか、外すかについての選択を行います。
メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

341 :森崎名無しさん:2018/06/02(土) 19:43:21 ID:bqn4dhcg
T

342 :森崎名無しさん:2018/06/02(土) 23:15:42 ID:01csh1CI
I

343 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/03(日) 12:27:06 ID:Y/oA6YmM
T ソビエツキ・スポルト(ソ連のスポーツ雑誌、ソ連のサッカー訓練も扱う、さらに分岐)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
JOKER→岬「(『トレーニングサイクル』か。よし、これでバッチリだ!)」 
*全サッカー練習の上昇ポテンシャルが「少し上がりやすい」から「凄く上がりやすい」にアップしました!
2〜K→岬「(『トレーニングサイクル』かあ。長くて頭に入りずらいなあ。何度も読み返した方が良いかも)」
*サッカー練習の上昇ポテンシャル経験値がカードの数字分アップ!(レベルアップに必要な経験値は15です)
A→岬「(……難しい用語やトレーニング機器を使った訓練法ばっかりだ。今回は役に立ちそうにない)」
*特に変化はありませんでした。

344 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/03(日) 12:46:26 ID:Y/oA6YmM
すみません、分岐選択肢を入れるのを忘れてました。

★83年8月号ソビエツキ・スポルト ! card ★

JOKER→岬「(『トレーニングサイクル』か。よし、これでバッチリだ!)」 
    *全サッカー練習の上昇ポテンシャルが「少し上がりやすい」から「凄く上がりやすい」にアップしました!
2〜K→岬「(『トレーニングサイクル』かあ。長くて頭に入りずらいなあ。何度も読み返した方が良いかも)」
    *サッカー練習の上昇ポテンシャル経験値がカードの数字分アップ!(レベルアップに必要な経験値は15です)
A→岬「(……難しい用語やトレーニング機器を使った訓練法ばっかりだ。今回は役に立ちそうにない)」
    *特に変化はありませんでした。

345 :森崎名無しさん:2018/06/03(日) 12:49:17 ID:???
★83年8月号ソビエツキ・スポルト  クラブ9

346 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/03(日) 15:13:09 ID:Y/oA6YmM
★83年8月号ソビエツキ・スポルト  クラブ9 ★ 岬「(『トレーニングサイクル』かあ。
                        長くて頭に入りずらいなあ。何度も読み返した方が良いかも)」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬「えーっと、『チームや各選手の実力向上は、指導者が、
  長期的な構想を持っていないと、継続的に進める事ができない……』」

聖薇の母親からもらったソ連の雑誌を読み込む。元々は国内用スポーツ雑誌であり、ステート・アマの
クラブの試合結果や選手の活躍具合の記述が中心で、参考になりそうな記事はそう見つからない。
だが、そうして見つけた訓練法は、大いに参考になりそうだった。

岬「(『トレーニングサイクルは1年間計画を枠として、半年単位の期間トレーニング、
    1月単位の月間トレーニング、1週間単位の週間トレーニングに大別できる。
    1年間計画を明確にしておかなければ、中期的ないし短期的な計画も曖昧になり、技量を恒常的に伸ばすことはできない』)」

岬「(『また、期間トレーニングは準備期間、試合期間、移行期間に区分される』
    ……プロの選手相手だから試合期間は準備期間に入れて大丈夫かな、ま、おいおい考えよう。
    移行期間は『もっぱら休養期間を促すものばかりになる』だから後回しにするとして、準備期間の方を見よっと。
    えっと、『コンディション、技術、戦術の実力要素を鍛える。どの要素も最初の数週間は初歩的な訓練が主になる。
    徐々に目標に合わせたプログラムを一貫して継続するのが、とりあえずポイントとなる』)」

ここまで読んできて、一旦あれこれ詰め込んだ頭を整理しようとして、横になる。
寝転がりながら、今後のサッカー選手の目標についてぼんやりと思う。

岬「(これから僕はどうなりたいかな。ドリブルでボールを、ひいては試合を支配する存在になるか、
   パス回しを上手くしてチームの潤滑油になるか、
   得点力を上げて攻撃面でも注目される存在になるか。敵のパスを遮断するのも試合コントロールができて面白い。
   その前に体力をつけてから基礎固めをするのもいいかも……いや)」

ここまで思考をめぐらせてふっと思い出した。自分の長所についてはたと考え出す。

347 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/03(日) 15:27:09 ID:Y/oA6YmM
岬「(そうだ。僕の選手としての売りはこうした個別の能力のほかに、他人からの受けの良さも
   あったはずだ。これまで敵を1人も作り出してこなかったし、意見も肯定的に受け止められてきた。
   これからは例えば武蔵小戦のオフサイドトラップや、
   あるいは僕が身に着けたマリーシアの演出をチーム全体での演出に昇華させるとかいった、
   戦術的指導力を上げる事をめざしてもいいかもしれない。……どうしよう)

ゴロゴロと部屋の中を転がり、時折背中を伸ばしたりして考えをめぐらせたが、いい結論は出ない。

岬「(ま、おいおい考えよっと)」

結論を先送りした僕は立ち上がり、次の行動に移ることにした。

*サッカー練習の上昇ポテンシャル経験値が9アップ!(9/15)



*ここまで書いてアレですが、経験値がたまり次第、結果は練習に反映されます。
 ゆるいです、イージーです。そこら辺の事は「ソ連のスポーツ科学は世界一ィィィィィッ!」で
 納得してください

348 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/03(日) 15:30:40 ID:Y/oA6YmM
岬「さて、次は何しようかな」


A サッカーの練習に出かける、あと2回選択可
B パリのどこかに出かける(さらに分岐、B1含めあと1回選択可)
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと1回選択可)

所持金:954フラン

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

349 :森崎名無しさん:2018/06/03(日) 20:50:59 ID:xq9e6naU
B1

350 :森崎名無しさん:2018/06/03(日) 22:11:41 ID:mBv2NCNY
B1

351 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/03(日) 22:21:48 ID:Y/oA6YmM
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと1回選択可)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
持ち物(日常時間消費無し)
A:財布
B:ヤーの復讐(アタリ2600の「シューティング」ゲームソフト)
C:オリンピア(ソ連のスポーツ飲料。飲むとガッツを年齢性別問わず100回復させ、さらに最大ガッツを5上昇させる)
D:この持ち物リストからは選ばない
E:全部選ぶ


持ち物(注!日常時間が消費されます)
T:ソビエツキ・スポルト83年8月号(ソ連のスポーツ雑誌、トレーニングサイクルについて扱う、
  サッカー練習の上昇ポテンシャルレベルアップまで経験値6必要。さらに分岐)
U:ル・ミロワール・デ・フトバル(フランス共産党発行サッカー雑誌、東側ユースサッカー事情も扱う、さらに分岐)
V:この持ち物リストからは選ばない

所持品:現時点でなし

先に2票入った選択肢で、何の持ち物を所持するか、持ち物を使うか、外すかについての選択を行います。
メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。



今日はここまでといたします。

352 :森崎名無しさん:2018/06/03(日) 22:25:54 ID:xq9e6naU
T

353 :森崎名無しさん:2018/06/03(日) 23:17:27 ID:6ukb3dK+
I

354 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 11:20:43 ID:rOW+5SAk
T ソビエツキ・スポルト(ソ連のスポーツ雑誌、トレーニングサイクルについて扱う、
             サッカー練習の上昇ポテンシャルレベルアップまで経験値6必要。さらに分岐)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★83年8月号ソビエツキ・スポルト再読 ! card ★

6〜JOKER→岬「(『トレーニングサイクル』か。よし、これでバッチリだ!)」 
    *全サッカー練習の上昇ポテンシャルが「少し上がりやすい」から「凄く上がりやすい」にアップしました!
2〜5→岬「(『トレーニングサイクル』かあ。長くて頭に入りずらいなあ。何度も読み返した方が良いかも)」
    *サッカー練習の上昇ポテンシャル経験値がカードの数字分アップ!(レベルアップに必要な経験値は15です)
A→岬「(……同じところを続けて読むのは面倒だなあ)」
    *特に変化はありませんでした。

!とcardの間の空白を埋めて投票してください。

355 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 11:47:06 ID:???
★83年8月号ソビエツキ・スポルト再読  ハートJ

356 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 12:28:51 ID:rOW+5SAk
★83年8月号ソビエツキ・スポルト再読  ハートJ ★→岬「(『トレーニングサイクル』かあ。長くて頭に入りずらい……
                             でも、もうバッチリだ!」 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬「準備期間は……この場合は6週間だな。『最初の1週目は運動強度を軽くする。
  次第に実力がついてきたら、すこしずつ強度を上げていく。5週目には強度を最大限に挙げて練習し、
  最後の週は非常に穏やかなトレーニングにする。
  これにより、怪我の発生を防ぎつつ最大限の成果を得る練習サイクルを構築できる』」

岬「具体的には、『最初週は持久力トレーニング、調整力、技術的基礎程度。
  実力がつき次第、戦術的基礎、ダッシュ、スピード・パワー持久力などを追加し、
  最終週で実力維持程度の持久力トレーニングと、疲労回復、精神的調整を行うべし』」

岬「週間トレーニングは『多練習量低強度→少練習量高強度→休養のサイクルで成長と安全を両立する事ができる』」

こうして黙々と読み、自身の状況を省みて内容を頭の中で調整する事数時間、
何とか自分の練習に取り込んでいける見込みがついた。

岬「(よし、これでもっと上手くなれる気がしてきた。早速練習だ!)」

新しい発見をした時特有の高揚感を感じながら、ボールを取り出し家を後にしたのだった。


*全サッカー練習の上昇ポテンシャルが「少し上がりやすい」から「凄く上がりやすい」にアップしました!
*日常時間は全て使いましたので、自動的に練習時間に移ります。

357 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 12:31:26 ID:rOW+5SAk
A ドリブル:21 凄く上がりやすい
B パス: 22 凄く上がりやすい
C シュート:19 凄く上がりやすい
D タックル:19 凄く上がりやすい
E パスカット:21 凄く上がりやすい
F ブロック:20 凄く上がりやすい
G せりあい:19 凄く上がりやすい
H ガッツ:700 凄く上がりやすい

*(初期状態の上昇ポテンシャル。()内はガッツ)
・上がりにくい
JOKER→1+&必殺技のフラグ習得!
11〜13→+1! (+5)
1〜10→効果がなかった

・少し上がりやすい
JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1! (+5)
1〜8→効果がなかった

・凄く上がりやすい
JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2! (+10)
7〜12→+1! (+5)
1〜6→効果がなかった

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

358 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 14:46:10 ID:TD74aka+
D

359 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 15:26:19 ID:7CuZg2ZU
D

360 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 15:29:30 ID:rOW+5SAk
D タックル:19 凄く上がりやすい
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年9月1週1回目の練習(凄く上がりやすい)→ ! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2!
7〜12→+1!
1〜6→効果がなかった


先着で
★誰かいる? ! card★
と書き込んで下さい。マークで分岐します。!とcardの間のスペースは埋めてください。

JORER: 三杉 「俺も混ざっていいか?」岬「(どこかで見たような……)」
ダイヤK:???「俺も参加させてもらえるかな?」金の長髪をなびかせる同年代の少年が挑んできた!
ハートK:???「退屈しのぎに、一勝負いかがかしら?」金髪ロールの同年代の少女が挑んできた!
スペードK:???「私の計算結果を検証してもらえるかしら?」キーパーグローブをつけた金長髪少女が尋ねてきた
クラブK:天ケ瀬「おう岬、練習付き合うぞ」キャプテンが(1人だけで)やってきた
それ以外:特に誰とも出会わなかった

361 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 15:58:08 ID:???
★83年9月1週1回目の練習(凄く上がりやすい)→  クラブK

362 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 16:11:13 ID:???
★誰かいる?  クラブQ

363 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 16:15:55 ID:rOW+5SAk
ちょっと用事のため中座します。1時間後ぐらいに執筆再開できると思います。

364 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 17:48:57 ID:rOW+5SAk
遅れてしまって済みません。これから再開します。



★83年9月1週1回目の練習(凄く上がりやすい)クラブK★→タックル力+2!
★誰かいる?クラブQ ★→特に誰とも出会わなかった
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ついてないときはトコトンすることなす事裏目に出るが、勢いに乗った時は万事上々。
今日の練習具合はまさにそんな言葉が当てはまる出来になった。

いつものようにシュッセ運動場へ出向き、同じようにサッカーの練習をしている少年に
相手をしてもらえないかと頼みこみ、ひたすらタックルの練習を行った。

岬「(基礎だ。基礎を固めるんだ。こういう体でぶつかっていくタックルは、
上半身から入っても自由な脚で逃げられる。)」

何度も何度も相手と併走しぶつかり合い時には吹き飛ばされながら、
タックルの基礎を固め直す。

岬「(できるだけ重心を下げて、下からすくい取るようにボールを取る!)」

繰り返す事数十回、練習を重ねる事でごく自然に、相手の体を滑るようにして
抵抗なく体を割り込ませ、ボールを奪い取ることができるようになった。

少年「すげえなあ。取ろうと思ってもあっさり取られちゃうよ」
岬「ありがとう。君のおかげでコツをつかめたよ。今度は僕の番だ、何の練習をする?(よし、
上手く行った!)」

協力の返礼として相手の練習に付き合いながら、今日の成功に心中グッと拳をにぎっていた。

365 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 17:51:51 ID:rOW+5SAk
A ドリブル:21 凄く上がりやすい
B パス: 22 凄く上がりやすい
C シュート:19 凄く上がりやすい
D タックル:21 凄く上がりやすい
E パスカット:21 凄く上がりやすい
F ブロック:20 凄く上がりやすい
G せりあい:19 凄く上がりやすい
H ガッツ:700 凄く上がりやすい

*(初期状態の上昇ポテンシャル。()内はガッツ)
・上がりにくい
JOKER→1+&必殺技のフラグ習得!
11〜13→+1! (+5)
1〜10→効果がなかった

・少し上がりやすい
JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1! (+5)
1〜8→効果がなかった

・凄く上がりやすい
JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2! (+10)
7〜12→+1! (+5)
1〜6→効果がなかった

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

366 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 18:13:49 ID:krp9iW8I
A

367 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 18:42:59 ID:62OYrHJI
A

368 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 18:57:35 ID:rOW+5SAk
A ドリブル:21 凄く上がりやすい
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年9月1週2回目のドリブル練習(凄く上がりやすい)→! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2!
7〜12→+1!
1〜6→効果がなかった


先着で
★誰かいる?! card★
と書き込んで下さい。マークで分岐します。!とcardの間のスペースは埋めてください。

JORER: ルーク 「俺も混ざっていいか?」岬「(どこかで見たような……)」
ダイヤK:???「俺も参加させてもらえるかな?」金の長髪をなびかせる同年代の少年が挑んできた!
ハートK:???「退屈しのぎに、一勝負いかがかしら?」金髪ロールの同年代の少女が挑んできた!
スペードK:???「私の計算結果を検証してもらえるかしら?」キーパーグローブをつけた金長髪少女が尋ねてきた
クラブK:天ケ瀬「おう岬、練習付き合うぞ」キャプテンが(1人だけで)やってきた
それ以外:特に誰とも出会わなかった

369 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 19:04:42 ID:???
★83年9月1週2回目のドリブル練習(凄く上がりやすい)→ ハート10

370 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 19:40:32 ID:???
★誰かいる? クラブ6

371 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 20:23:39 ID:rOW+5SAk
★83年9月1週2回目のドリブル練習(凄く上がりやすい)→ ハート10 ★ドリブル値+1!
★誰かいる? クラブ6 ★特に誰とも出会わなかった
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
しばらくブローニュの森の通路を散策する。大小の公園、遊園地、競馬場など施設にあふれ、
多くの人で賑わっている。そのため、目当てである空き缶はすぐに集める事が出来た。
両腕で抱えられるだけ空き缶を集めて運動場へ戻る。
沢山の空き缶をS字に並べ、蛇行ドリブルの練習を始めた。

岬「(蹴るな蹴るな、ボールは運ぶんだ、足首を固定させてボールを運ぶ。……よし)」

ぐるぐる空き缶の間を回り走りながら、ドリブルのコツを振り返って実践する。
そのおかげで、ドリブルの切れが良くなったような気がした。

岬「(よしよし、上々上々)」

こうして攻守ともに良い結果を出した事に満足し、意気揚々と帰宅の途についたのであった。

372 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 20:29:09 ID:rOW+5SAk
長くなりそうなので、今日はここまでに致します。

今年は様々なゲームのミニ化や、まさかのゲーム機戦争再参入が相次いでいます。
ミニスーパーファミコン、ミニメガドライブ、アタリVCS(旧アタリBOX)、インテリビジョンW.
皆さんは何か買う予定はありますか?私としては、比較的安くて面白いゲームが多そうな
メガドライブミニを買うつもりでいます。

373 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 17:05:28 ID:XoF1ytSU
第10話『クレイジーシャーマンサオリ』



岬「どうだった」
岬父「これからパリに向かうと言っていた。まあ明後日にはここにつくだろう」
岬「そうか、明後日には来ちゃうのか」
岬父「あれでも太郎の叔母さんで父さんの妹だ。そう悪く言うな」

父はあの人からの電話を受け、近日の来訪を告げる。
ついに来るべき時が迫って来たかと憂鬱な気分が出てくるのを抑えられない。

岬父「沙織が来る前に太郎だけどこかへ出かけるという手もある。まだ時間も……」
沙織「誰がどこへ出かけるって〜?」
岬「!」

現れた。僕の叔母にして自分勝手の化身、岬沙織が現れた。

岬父「どうしてここに?!これから日本をたつと言ったはずじゃ」
沙織「残念だったな、トリックだよ!あたしは「これから行く」っていっただけだけど?
   大体、事前連絡なんてめんどくさい事する訳ないでしょ。
   バス降りて兄さんの家の位置を地図で確認するまで、時間つぶしに電話しただけよ」

岬沙織。右手にキャリーバッグを引きずって現れた妙齢の女性。
背は父さんよりも頭半分ほど高く、髪はかかとまで届きそうなほど長く伸ばしている。
顔はやや面長、年は父さんと変わらないはずだが、20代後半と言われても疑わないほどの
円熟味を帯びた美しさを放っている。
だがしかし、何よりこの場での視覚的印象として目にひくのは、彼女の衣装であった。

374 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 17:06:40 ID:XoF1ytSU
8月だというのに純白の白衣を着け、その白衣を胸元の襦袢で押さえ、足の甲まで届きそうな
緋袴で腰と脚を覆い、足袋と草履で足元を締めている。
典型的な巫女装束であった。

岬「姉さん、その格好でここまで来たの」
沙織「そうよ。いやーフランス人にも巫女需要は旺盛ね!行く道々で野郎どもにナンパされるし写真は撮られるし。
   用意していた神社予定地のレターカードがあっという間に無くなっちゃったわ」

そう、彼女は巫女である。それもただの巫女ではない。
父さんが言うには生まれつき神力が強かったらしく、手を握ると電気のような痺れを発したり、
気弾のような神力を発射して痴漢を撃退したりと、今まで起こした奇蹟は数知れない。
漫画のような超能力的な事だけではなく、彼女が神力をこめたお守りや祈祷によって、
大事故にも無傷で生還したり、高額宝くじをたったの1枚で当てさせてきたという。
なぜか東広島市の鏡山という僻地で神社を開いたため参拝者こそ少なかったが、
知る人ぞ知る奇跡の神社として、西条に住んでいた時はそんな話をよく聞いていた。

岬「姉さんは美人だから、きっとフランスでもやって行けるよ」
沙織「分かってるじゃなーい。いい子いい子」

彼女はこちらに向かい僕の頭を撫でる。3回撫でたあと、頭の手が肩に行き腕を沿って手に移る。
そして手と手が重なった瞬間、体から重みが消えた。
次の瞬間には、彼女に向けていたはずの視線が天井を向いている。
急いで頭を上げて胸をそらし、着地寸前に床を手で叩き、体への衝撃を抑え込んだ。

沙織「おっ、成長したわねえ受け身が取れるなんて。昔は涙目になっていたのに」
岬「会うたびに合気道の技かけるのやめてください。痛いです」

毎度恒例の儀式が終わった。一応抗議するものの。カラカラと笑うばかりで応じてくれそうにない。
しばらくして笑いを収めた後、彼女が本題を切り出した。

375 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 17:07:49 ID:XoF1ytSU
沙織「さて、挨拶も終わったし、要件2つ伝えるとしますかね。まず1つ目、今度私が神主になる無間神社の位置だけど」

そう言ってバッグからイル・ド・フランス地域圏の地図を取り出して机に広げ、×点のついたところに指をさした。
パリ市からそう遠くはないが、僕達が済んでいる所から反対側にある。とても徒歩ではいけそうにない。

沙織「ホントはパリ市内に建てたかったんだけどねー、色々規制とか厳しいし土地代もバカ高いし、
   渋々郊外に建てる事にしたのよ。肝心の建立の日なんだけど……」


★無間神社フランス分社建立時期 ! card ★

JOKER→沙織「実はもうできているのだ!」岬・岬父「なにィ!?」
ダイヤ→沙織「今月の第4週位にはできるわね」
ハート→沙織「手伝ってくれたら今月中に出来るわよ」*さらに分岐
スペード・クラブ→沙織「なんとかクリスマスまでには間に合わせるわよ」岬「(あっ、これ手伝わされるな……)」

376 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 17:10:13 ID:???
★無間神社フランス分社建立時期  ダイヤ4

377 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 17:34:28 ID:???
割と今までの引きが順調なのが怖いのだが…
後で揺り戻しが来そう

378 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:31:55 ID:XoF1ytSU
★無間神社フランス分社建立時期  ダイヤ4 ★→沙織「今月の第4週位にはできるわね」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬父「1カ月未満で?随分と早いな」
沙織「まあ事前に日本から人呼んで着工してたからね。もうじき完成よ。それで、次の話だけど」

そう言って彼女はバッグのチャックを開け、紙のようなものを取り出した。
封筒ほどの大きさに大きく「交通安全」と記されているお守りだった。

沙織「2つ目の要件は、ずばりこの新しいお守りのお披露目。
   今までもあたしのお守りは霊験あらたかだったけど、
   これは今までのお守りが紙切れに見える程の凄いものよ。
   何てったってこのあたしが1週間、断食と水垢離と祈祷を重ねた上にできたお守りだから」

1週間も。この傍若無人女がそんな苦行までしたのか。そう思うと、この変哲もない紙から
神々しい光がうっすらと放たれてくるような気がした。

沙織「これは交通事故だけじゃなくて、とにかくありとあらゆる事故や怪我、凶悪犯による刃傷沙汰さえ
   我が身を守ってくれる優れものよ。使い方は簡単、ポケットでもいいから、
   肌身離さず付けていればいいだけ。こんな感じにね」

そう言って彼女はお守りの紐を(片隅に小さな穴が開いていて、そこから紐が輪になって通っている)
僕の首にかけ、シャツの下にお守りを押しこむ。
そして彼女は窓に行って大きく開けた後、再び僕の方へ向かった。

沙織「正直に言って。このお守り、1枚500フランするの。参拝客は買ってくれるかしら」
岬「うーん……無理だよ。7500円なんて、高すぎる」
沙織「そうよね。やっぱり効果が分からないと、異教の神頼みにそんな大金は払ってくれない。だから」

そう言うなり、いきなり僕の体を両腕で持ち上げる。何食わぬ顔で先程開けた窓に向かい、
僕に向かって宣言した。マズい。猛烈に嫌な予感がする。

沙織「これからその御神徳を、身をもって体験してちょうだい!」

379 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:33:13 ID:XoF1ytSU
異議を唱える間も逃げる間もなく、僕はアパルトマンの5階の窓から勢いよく外へ投げ出されてしまった。
何メートルも放物線を描きながら空に上がった後、勢いよく表通りの道路へ投げ出されようとする。



おわりだ。



目を堅く閉じて胸を押さえ、最期の時を迎えようとする。その時。


ガッシャアアアアアアアアアン!


下から激しい衝突音がし、その中に僕は叩き込まれる。

岬「(え!?)」

激しくたたきつけられ痛みを感じたが、特に骨が折れたような感じはしない。
恐る恐る目を開けて手足を見回すが、どこにも傷は見られない。
代わりに見えていたのは、四方八方を取り囲んでいるぬいぐるみと枕、そして綿の塊だった。

通行人「おーい大変だ!ベッドのトラックとぬいぐるみのトラックが正面衝突したぞー!」

外から人の声が聞こえる。わいわいがやがやと声が大きくなってきたところを見ると、
野次馬が続々集まってきたようだ。何とか這いあがろうと手を伸ばすと、ぬいぐるみをかき分け手が上から僕のを掴む。
そうして引きずり上げられた先には。諸悪の根源の顔が映っていた。

沙織「よしよし。怪我は無いわね。うん、流石あたし!」

380 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:34:37 ID:XoF1ytSU
謝罪の一言もないまま勝手に安堵している。
そんな様をいきなり見た野次馬達は状況が読み込めず、口々にあれこれと話している。

「あれ誰だ?キレイだな」「あの服装なんだ!分からないが……イイ!」
「ひょっとしてあれが話に聞くミコってやつじゃないか」
「ミコ?なんじゃそりゃ?」「ジャパニーズシャーマンってやつじゃないか」

あれこれと憶測を彼女に向ける中、彼女はそっと両手を前に添えてやや伏し目がちにしてこちらに顔を向け、
それから意を決したという風で、四方の紳士方に話しかける。
何も考えなければ花も恥じらう淑女といった風情だが、前後の状況を知っているだけに寒気を感じた。

沙織「ここに集まる皆様方、わたくしは日本から参りました、サオリ・ミサキと申します。
甥のタロウが危ない目にあっていたので、助けに参りました。
今月末からパリ郊外の……でミコ、ジャパニーズシャーマンとして、交通安全、商売繁盛、開運招来、恋愛成就など
皆様の運気上昇を応援させていただきます。お暇でしたらぜひ、ムゲンジンジャへお越しくださいませ」

「おおおおっ!カワイーーッ!」「話は分からなかったが俺は行くぜ!」
「マドモアゼル、よければこれからカフェにでも……」「マドモアゼル・ミサキ!儂の方にも顔を見せてくれい!」
「うーんまさに東洋の淑女……我が国の婦女子が失った奥ゆかしさを保っている……」

沙織「すみません。これから甥を病院に連れていかないといけないので……失礼いたします」

群がってこようとする野次馬達を柔らかにかわしながら、僕達は彼らから離れる。
しばらく走って彼らの姿が見えなくなると、彼女は元の姿に戻った。

381 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:36:24 ID:XoF1ytSU
沙織「ふーう、よくやった、つかみはバッチリね」
岬「ひどすぎますよ沙織さん、死ぬかと思いました」
沙織「死ぬわけないじゃない。あたしの作ったお守りを入れたんだから。死ぬ危険があるなら
   あんな事しないわよ」

いけしゃあしゃあと殺しかけた相手に表情も変えずに言ってのける。昔からこんな具合だった故にもう怒る気さえ起らない。
ただ、さすがに悪いと思ったのか、僕にサービスを申し出た。

沙織「でもまあ、あんなことして悪かったわね。代わりに今度最初に来たときは
   お守り代を100フランにサービスしてあげるわ。あと、降神巫もタダでしてあげる」
岬「こうしんふ?」
沙織「そう。あたしの体に神をおろして、未来を告げてもらうの。
   これからの人生でどんな災難が起こるか、あらかじめ分かっていれば便利でしょ」

未来予知か。にわかには信じられないが、この神がかった神力を持った人が言うのだ。本当だろう。

岬「分かりました。それで辛抱します」
沙織「良かったわ!甥っ子に嫌われちゃあ3日は眠れなくなっちゃうわ。それじゃあそろそろここでお別れ」
岬「え、あの、バッグは……」
沙織「それなら大丈夫。兄さんにタクシーを呼んでもらえるように頼んであるし、
   先にバッグをもって待ってもらえるように頼んでるから。うん、じゃあね」

言うだけ言ってとっとと去ってしまった。
ようやく嵐が過ぎ去ったような気がして、
近くの壁に寄りかかったまま、父さんが現れるまで身動きする事ができなかった。


*9月第4週以降、「無間神社」に訪問が可能になりました!
ただし遠隔地のため、地下鉄の使用が必須となります。

382 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:40:57 ID:XoF1ytSU
【1983年9月第2週】
岬「ふう、ひどい目にあった……あの人の無茶ぶりは変わらないなあ……
  そういえば、いくら学校に通っていないとはいえ、放課後なら入れない事はないよな。
  言ってみようかどうしようか」

A サッカーの練習に出かける、あと2回選択可
B パリのどこかに出かける(さらに分岐、B1含めあと2回選択可)
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと2回選択可)

所持金:954フラン

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

383 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 20:07:16 ID:GO8J3D2o
B

384 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 20:07:56 ID:wfrZOpsU
A

385 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 21:55:21 ID:tWxydRLU
A

386 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 21:56:55 ID:tWxydRLU
A

387 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 21:58:16 ID:???
書き込みミスしたと思って連投してもうた

388 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 21:59:15 ID:XoF1ytSU
今日はこれまでと致します。

>>377
沙織「あら不安?仕方ないわね、 186 72 円で厄払いしてあげるわ」
岬「よそ様に迷惑かけないでください。どうしてもなら霊夢さんのスレで厄払いを」
沙織「仕方ないわねえ、ほれっ! 0 !5以上で同点、7以上で逆転よっ、と」

389 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 22:21:18 ID:XoF1ytSU
済みません、終了宣言直後に行動が決定されたので、1レスだけ続けます。


A ドリブル:21 凄く上がりやすい
B パス: 22 凄く上がりやすい
C シュート:19 凄く上がりやすい
D タックル:21 凄く上がりやすい
E パスカット:21 凄く上がりやすい
F ブロック:20 凄く上がりやすい
G せりあい:19 凄く上がりやすい
H ガッツ:700 凄く上がりやすい

*(初期状態の上昇ポテンシャル。()内はガッツ)
・上がりにくい
JOKER→1+&必殺技のフラグ習得!
11〜13→+1! (+5)
1〜10→効果がなかった

・少し上がりやすい
JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1! (+5)
1〜8→効果がなかった

・凄く上がりやすい
JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2! (+10)
7〜12→+1! (+5)
1〜6→効果がなかった

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

390 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 22:23:41 ID:XoF1ytSU
さらに済みません、ドリブル値は22が正しい値です。

あと、沙織さんがろくでもない厄払いをしてしまった事を、本人に代わりお詫び申し上げます。

391 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 22:30:45 ID:wfrZOpsU
A
0は10として扱われるパターンも多いからへーきへーき()

392 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 22:32:54 ID:GO8J3D2o
C

393 :森崎名無しさん:2018/06/11(月) 06:14:40 ID:15I44Fuw
E

394 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 00:22:40 ID:CB3moedA
E

395 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 06:50:24 ID:DKVG81b6
〉〉〉391
上手くいけばあれは10、わたしのお陰で試合に勝てたと言い、負ければ0、わたしは厄を祓う
だけで勝利の女神で無いと弁明出来る、沙織さんの手でですね、分かります、ん?後ろから足音がうわああああ……

沙織「スレ主が急に二度寝しちゃったから、次のレスはわたしが書くわ!
   可愛い甥っ子のために、いいカードを引くのよ!」

396 :【才気煥発】岬沙織【美人巫女】 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 07:05:06 ID:DKVG81b6
E パスカット:21 凄く上がりやすい
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年9月2週1回目のパスカット練習(凄く上がりやすい)→! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2!
7〜12→+1!
1〜6→効果がなかった


先着で
★誰かいる?! card★
と書き込んで下さい。マークで分岐します。!とcardの間のスペースは埋めてください。

JORER: バビントン 「俺も混ざっていいか?」岬「(どこかで見たような……)」
ダイヤK:???「よう、俺も混ざるぜ!」金髪のトンガリ頭の同年代の少年が挑んできた!
ハートK:???「退屈しのぎに、一勝負いかがかしら?」金髪ロールの同年代の少女が挑んできた!
スペードK:???「私の計算結果を検証してもらえるかしら?」キーパーグローブをつけた金長髪少女が尋ねてきた
クラブK:天ケ瀬「おう岬、練習付き合うぞ」キャプテンが(1人だけで)やってきた
それ以外:特に誰とも出会わなかった

397 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 07:09:22 ID:???
★83年9月2週1回目のパスカット練習(凄く上がりやすい)→ ダイヤ2

398 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 07:25:13 ID:???
★誰かいる? クラブ10

399 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 22:08:21 ID:h/jC67pg
今朝は急におそわ……眠気が襲ったため途中で終わってしまいまして、失礼いたしました。
今日も少しですが、投稿を行います。



★83年9月2週1回目のパスカット練習(凄く上がりやすい)→ダイヤ2 ★→効果がなかった
★誰かいる? クラブ10 ★→特に誰とも出会わなかった
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

運動場へ行き、気楽にサッカーをしている人達の中に入り、パスカットの練習をする。
何十球も左右高低様々に飛んでくるパスの軌道を読み取り、弾く。
だが、今日は何度行ってもただの手足の運動にしかなっていない。
特に俊敏になったとか、少ない労力でとれるようになったとか、そんな手ごたえは得られないまま終わってしまった。

*特に能力は上がりませんでした。

400 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 22:10:50 ID:h/jC67pg
【1983年9月2週】
岬「さて、次は何をしようかな」

A サッカーの練習に出かける、あと1回選択可
B パリのどこかに出かける(さらに分岐、B1含めあと2回選択可)
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと2回選択可)

所持金:954フラン

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

508KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24