キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

1 :キャプテン岬 ◆AE6MkoqxCE :2017/11/12(日) 12:38:42 ID:???
『はじめに』
この物語はフィクションです。
現実世界で実在する人物も登場いたします。また1983年から91年までの史実を踏まえてはいます。
ただ物語の展開上脚色や私的設定付与も多々あり、純然たる歴史的事実からは離れてしまっております。

またキャプテン翼のキャラクターのみならず、非サッカー漫画以外のキャラクターも多く
登場しておりますが、実在人物同様、物語に沿う形での脚色や設定付与が多く、どうかご寛恕を願います。

最後に、この物語の主人公は岬太郎です。
ここの岬君は原作を参考にしたり、本編をチェックしてみたり、自身の願望を当てはめてみたりと、
どれにもピタリとは当てはまらない、大変面妖な様相をとっております。
それでも彼の物語として、読み進め楽しめてもらえれば幸いです。

【前スレまでの簡単なあらすじ】
1983年8月、岬太郎はパリに来仏する。その2日後の日本人学校訪問後、
サッカー部員を探すべくブローニュの森のシュッセ運動場まで出かけ、
そこでサッカー部キャプテン天ケ瀬冬馬を発見する。
自己紹介代わりの手合わせで岬に完敗した天ケ瀬は、他のメンバーにも
紹介すべく急遽電話で呼び出す。そして呼びだしたメンバーとの1VS10勝負が
はじまった、といったところまで進んでいます。

358 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 14:46:10 ID:TD74aka+
D

359 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 15:26:19 ID:7CuZg2ZU
D

360 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 15:29:30 ID:rOW+5SAk
D タックル:19 凄く上がりやすい
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年9月1週1回目の練習(凄く上がりやすい)→ ! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2!
7〜12→+1!
1〜6→効果がなかった


先着で
★誰かいる? ! card★
と書き込んで下さい。マークで分岐します。!とcardの間のスペースは埋めてください。

JORER: 三杉 「俺も混ざっていいか?」岬「(どこかで見たような……)」
ダイヤK:???「俺も参加させてもらえるかな?」金の長髪をなびかせる同年代の少年が挑んできた!
ハートK:???「退屈しのぎに、一勝負いかがかしら?」金髪ロールの同年代の少女が挑んできた!
スペードK:???「私の計算結果を検証してもらえるかしら?」キーパーグローブをつけた金長髪少女が尋ねてきた
クラブK:天ケ瀬「おう岬、練習付き合うぞ」キャプテンが(1人だけで)やってきた
それ以外:特に誰とも出会わなかった

361 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 15:58:08 ID:???
★83年9月1週1回目の練習(凄く上がりやすい)→  クラブK

362 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 16:11:13 ID:???
★誰かいる?  クラブQ

363 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 16:15:55 ID:rOW+5SAk
ちょっと用事のため中座します。1時間後ぐらいに執筆再開できると思います。

364 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 17:48:57 ID:rOW+5SAk
遅れてしまって済みません。これから再開します。



★83年9月1週1回目の練習(凄く上がりやすい)クラブK★→タックル力+2!
★誰かいる?クラブQ ★→特に誰とも出会わなかった
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ついてないときはトコトンすることなす事裏目に出るが、勢いに乗った時は万事上々。
今日の練習具合はまさにそんな言葉が当てはまる出来になった。

いつものようにシュッセ運動場へ出向き、同じようにサッカーの練習をしている少年に
相手をしてもらえないかと頼みこみ、ひたすらタックルの練習を行った。

岬「(基礎だ。基礎を固めるんだ。こういう体でぶつかっていくタックルは、
上半身から入っても自由な脚で逃げられる。)」

何度も何度も相手と併走しぶつかり合い時には吹き飛ばされながら、
タックルの基礎を固め直す。

岬「(できるだけ重心を下げて、下からすくい取るようにボールを取る!)」

繰り返す事数十回、練習を重ねる事でごく自然に、相手の体を滑るようにして
抵抗なく体を割り込ませ、ボールを奪い取ることができるようになった。

少年「すげえなあ。取ろうと思ってもあっさり取られちゃうよ」
岬「ありがとう。君のおかげでコツをつかめたよ。今度は僕の番だ、何の練習をする?(よし、
上手く行った!)」

協力の返礼として相手の練習に付き合いながら、今日の成功に心中グッと拳をにぎっていた。

365 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 17:51:51 ID:rOW+5SAk
A ドリブル:21 凄く上がりやすい
B パス: 22 凄く上がりやすい
C シュート:19 凄く上がりやすい
D タックル:21 凄く上がりやすい
E パスカット:21 凄く上がりやすい
F ブロック:20 凄く上がりやすい
G せりあい:19 凄く上がりやすい
H ガッツ:700 凄く上がりやすい

*(初期状態の上昇ポテンシャル。()内はガッツ)
・上がりにくい
JOKER→1+&必殺技のフラグ習得!
11〜13→+1! (+5)
1〜10→効果がなかった

・少し上がりやすい
JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1! (+5)
1〜8→効果がなかった

・凄く上がりやすい
JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2! (+10)
7〜12→+1! (+5)
1〜6→効果がなかった

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

366 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 18:13:49 ID:krp9iW8I
A

367 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 18:42:59 ID:62OYrHJI
A

368 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 18:57:35 ID:rOW+5SAk
A ドリブル:21 凄く上がりやすい
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年9月1週2回目のドリブル練習(凄く上がりやすい)→! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2!
7〜12→+1!
1〜6→効果がなかった


先着で
★誰かいる?! card★
と書き込んで下さい。マークで分岐します。!とcardの間のスペースは埋めてください。

JORER: ルーク 「俺も混ざっていいか?」岬「(どこかで見たような……)」
ダイヤK:???「俺も参加させてもらえるかな?」金の長髪をなびかせる同年代の少年が挑んできた!
ハートK:???「退屈しのぎに、一勝負いかがかしら?」金髪ロールの同年代の少女が挑んできた!
スペードK:???「私の計算結果を検証してもらえるかしら?」キーパーグローブをつけた金長髪少女が尋ねてきた
クラブK:天ケ瀬「おう岬、練習付き合うぞ」キャプテンが(1人だけで)やってきた
それ以外:特に誰とも出会わなかった

369 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 19:04:42 ID:???
★83年9月1週2回目のドリブル練習(凄く上がりやすい)→ ハート10

370 :森崎名無しさん:2018/06/09(土) 19:40:32 ID:???
★誰かいる? クラブ6

371 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 20:23:39 ID:rOW+5SAk
★83年9月1週2回目のドリブル練習(凄く上がりやすい)→ ハート10 ★ドリブル値+1!
★誰かいる? クラブ6 ★特に誰とも出会わなかった
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
しばらくブローニュの森の通路を散策する。大小の公園、遊園地、競馬場など施設にあふれ、
多くの人で賑わっている。そのため、目当てである空き缶はすぐに集める事が出来た。
両腕で抱えられるだけ空き缶を集めて運動場へ戻る。
沢山の空き缶をS字に並べ、蛇行ドリブルの練習を始めた。

岬「(蹴るな蹴るな、ボールは運ぶんだ、足首を固定させてボールを運ぶ。……よし)」

ぐるぐる空き缶の間を回り走りながら、ドリブルのコツを振り返って実践する。
そのおかげで、ドリブルの切れが良くなったような気がした。

岬「(よしよし、上々上々)」

こうして攻守ともに良い結果を出した事に満足し、意気揚々と帰宅の途についたのであった。

372 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/09(土) 20:29:09 ID:rOW+5SAk
長くなりそうなので、今日はここまでに致します。

今年は様々なゲームのミニ化や、まさかのゲーム機戦争再参入が相次いでいます。
ミニスーパーファミコン、ミニメガドライブ、アタリVCS(旧アタリBOX)、インテリビジョンW.
皆さんは何か買う予定はありますか?私としては、比較的安くて面白いゲームが多そうな
メガドライブミニを買うつもりでいます。

373 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 17:05:28 ID:XoF1ytSU
第10話『クレイジーシャーマンサオリ』



岬「どうだった」
岬父「これからパリに向かうと言っていた。まあ明後日にはここにつくだろう」
岬「そうか、明後日には来ちゃうのか」
岬父「あれでも太郎の叔母さんで父さんの妹だ。そう悪く言うな」

父はあの人からの電話を受け、近日の来訪を告げる。
ついに来るべき時が迫って来たかと憂鬱な気分が出てくるのを抑えられない。

岬父「沙織が来る前に太郎だけどこかへ出かけるという手もある。まだ時間も……」
沙織「誰がどこへ出かけるって〜?」
岬「!」

現れた。僕の叔母にして自分勝手の化身、岬沙織が現れた。

岬父「どうしてここに?!これから日本をたつと言ったはずじゃ」
沙織「残念だったな、トリックだよ!あたしは「これから行く」っていっただけだけど?
   大体、事前連絡なんてめんどくさい事する訳ないでしょ。
   バス降りて兄さんの家の位置を地図で確認するまで、時間つぶしに電話しただけよ」

岬沙織。右手にキャリーバッグを引きずって現れた妙齢の女性。
背は父さんよりも頭半分ほど高く、髪はかかとまで届きそうなほど長く伸ばしている。
顔はやや面長、年は父さんと変わらないはずだが、20代後半と言われても疑わないほどの
円熟味を帯びた美しさを放っている。
だがしかし、何よりこの場での視覚的印象として目にひくのは、彼女の衣装であった。

374 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 17:06:40 ID:XoF1ytSU
8月だというのに純白の白衣を着け、その白衣を胸元の襦袢で押さえ、足の甲まで届きそうな
緋袴で腰と脚を覆い、足袋と草履で足元を締めている。
典型的な巫女装束であった。

岬「姉さん、その格好でここまで来たの」
沙織「そうよ。いやーフランス人にも巫女需要は旺盛ね!行く道々で野郎どもにナンパされるし写真は撮られるし。
   用意していた神社予定地のレターカードがあっという間に無くなっちゃったわ」

そう、彼女は巫女である。それもただの巫女ではない。
父さんが言うには生まれつき神力が強かったらしく、手を握ると電気のような痺れを発したり、
気弾のような神力を発射して痴漢を撃退したりと、今まで起こした奇蹟は数知れない。
漫画のような超能力的な事だけではなく、彼女が神力をこめたお守りや祈祷によって、
大事故にも無傷で生還したり、高額宝くじをたったの1枚で当てさせてきたという。
なぜか東広島市の鏡山という僻地で神社を開いたため参拝者こそ少なかったが、
知る人ぞ知る奇跡の神社として、西条に住んでいた時はそんな話をよく聞いていた。

岬「姉さんは美人だから、きっとフランスでもやって行けるよ」
沙織「分かってるじゃなーい。いい子いい子」

彼女はこちらに向かい僕の頭を撫でる。3回撫でたあと、頭の手が肩に行き腕を沿って手に移る。
そして手と手が重なった瞬間、体から重みが消えた。
次の瞬間には、彼女に向けていたはずの視線が天井を向いている。
急いで頭を上げて胸をそらし、着地寸前に床を手で叩き、体への衝撃を抑え込んだ。

沙織「おっ、成長したわねえ受け身が取れるなんて。昔は涙目になっていたのに」
岬「会うたびに合気道の技かけるのやめてください。痛いです」

毎度恒例の儀式が終わった。一応抗議するものの。カラカラと笑うばかりで応じてくれそうにない。
しばらくして笑いを収めた後、彼女が本題を切り出した。

375 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 17:07:49 ID:XoF1ytSU
沙織「さて、挨拶も終わったし、要件2つ伝えるとしますかね。まず1つ目、今度私が神主になる無間神社の位置だけど」

そう言ってバッグからイル・ド・フランス地域圏の地図を取り出して机に広げ、×点のついたところに指をさした。
パリ市からそう遠くはないが、僕達が済んでいる所から反対側にある。とても徒歩ではいけそうにない。

沙織「ホントはパリ市内に建てたかったんだけどねー、色々規制とか厳しいし土地代もバカ高いし、
   渋々郊外に建てる事にしたのよ。肝心の建立の日なんだけど……」


★無間神社フランス分社建立時期 ! card ★

JOKER→沙織「実はもうできているのだ!」岬・岬父「なにィ!?」
ダイヤ→沙織「今月の第4週位にはできるわね」
ハート→沙織「手伝ってくれたら今月中に出来るわよ」*さらに分岐
スペード・クラブ→沙織「なんとかクリスマスまでには間に合わせるわよ」岬「(あっ、これ手伝わされるな……)」

376 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 17:10:13 ID:???
★無間神社フランス分社建立時期  ダイヤ4

377 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 17:34:28 ID:???
割と今までの引きが順調なのが怖いのだが…
後で揺り戻しが来そう

378 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:31:55 ID:XoF1ytSU
★無間神社フランス分社建立時期  ダイヤ4 ★→沙織「今月の第4週位にはできるわね」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬父「1カ月未満で?随分と早いな」
沙織「まあ事前に日本から人呼んで着工してたからね。もうじき完成よ。それで、次の話だけど」

そう言って彼女はバッグのチャックを開け、紙のようなものを取り出した。
封筒ほどの大きさに大きく「交通安全」と記されているお守りだった。

沙織「2つ目の要件は、ずばりこの新しいお守りのお披露目。
   今までもあたしのお守りは霊験あらたかだったけど、
   これは今までのお守りが紙切れに見える程の凄いものよ。
   何てったってこのあたしが1週間、断食と水垢離と祈祷を重ねた上にできたお守りだから」

1週間も。この傍若無人女がそんな苦行までしたのか。そう思うと、この変哲もない紙から
神々しい光がうっすらと放たれてくるような気がした。

沙織「これは交通事故だけじゃなくて、とにかくありとあらゆる事故や怪我、凶悪犯による刃傷沙汰さえ
   我が身を守ってくれる優れものよ。使い方は簡単、ポケットでもいいから、
   肌身離さず付けていればいいだけ。こんな感じにね」

そう言って彼女はお守りの紐を(片隅に小さな穴が開いていて、そこから紐が輪になって通っている)
僕の首にかけ、シャツの下にお守りを押しこむ。
そして彼女は窓に行って大きく開けた後、再び僕の方へ向かった。

沙織「正直に言って。このお守り、1枚500フランするの。参拝客は買ってくれるかしら」
岬「うーん……無理だよ。7500円なんて、高すぎる」
沙織「そうよね。やっぱり効果が分からないと、異教の神頼みにそんな大金は払ってくれない。だから」

そう言うなり、いきなり僕の体を両腕で持ち上げる。何食わぬ顔で先程開けた窓に向かい、
僕に向かって宣言した。マズい。猛烈に嫌な予感がする。

沙織「これからその御神徳を、身をもって体験してちょうだい!」

379 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:33:13 ID:XoF1ytSU
異議を唱える間も逃げる間もなく、僕はアパルトマンの5階の窓から勢いよく外へ投げ出されてしまった。
何メートルも放物線を描きながら空に上がった後、勢いよく表通りの道路へ投げ出されようとする。



おわりだ。



目を堅く閉じて胸を押さえ、最期の時を迎えようとする。その時。


ガッシャアアアアアアアアアン!


下から激しい衝突音がし、その中に僕は叩き込まれる。

岬「(え!?)」

激しくたたきつけられ痛みを感じたが、特に骨が折れたような感じはしない。
恐る恐る目を開けて手足を見回すが、どこにも傷は見られない。
代わりに見えていたのは、四方八方を取り囲んでいるぬいぐるみと枕、そして綿の塊だった。

通行人「おーい大変だ!ベッドのトラックとぬいぐるみのトラックが正面衝突したぞー!」

外から人の声が聞こえる。わいわいがやがやと声が大きくなってきたところを見ると、
野次馬が続々集まってきたようだ。何とか這いあがろうと手を伸ばすと、ぬいぐるみをかき分け手が上から僕のを掴む。
そうして引きずり上げられた先には。諸悪の根源の顔が映っていた。

沙織「よしよし。怪我は無いわね。うん、流石あたし!」

380 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:34:37 ID:XoF1ytSU
謝罪の一言もないまま勝手に安堵している。
そんな様をいきなり見た野次馬達は状況が読み込めず、口々にあれこれと話している。

「あれ誰だ?キレイだな」「あの服装なんだ!分からないが……イイ!」
「ひょっとしてあれが話に聞くミコってやつじゃないか」
「ミコ?なんじゃそりゃ?」「ジャパニーズシャーマンってやつじゃないか」

あれこれと憶測を彼女に向ける中、彼女はそっと両手を前に添えてやや伏し目がちにしてこちらに顔を向け、
それから意を決したという風で、四方の紳士方に話しかける。
何も考えなければ花も恥じらう淑女といった風情だが、前後の状況を知っているだけに寒気を感じた。

沙織「ここに集まる皆様方、わたくしは日本から参りました、サオリ・ミサキと申します。
甥のタロウが危ない目にあっていたので、助けに参りました。
今月末からパリ郊外の……でミコ、ジャパニーズシャーマンとして、交通安全、商売繁盛、開運招来、恋愛成就など
皆様の運気上昇を応援させていただきます。お暇でしたらぜひ、ムゲンジンジャへお越しくださいませ」

「おおおおっ!カワイーーッ!」「話は分からなかったが俺は行くぜ!」
「マドモアゼル、よければこれからカフェにでも……」「マドモアゼル・ミサキ!儂の方にも顔を見せてくれい!」
「うーんまさに東洋の淑女……我が国の婦女子が失った奥ゆかしさを保っている……」

沙織「すみません。これから甥を病院に連れていかないといけないので……失礼いたします」

群がってこようとする野次馬達を柔らかにかわしながら、僕達は彼らから離れる。
しばらく走って彼らの姿が見えなくなると、彼女は元の姿に戻った。

381 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:36:24 ID:XoF1ytSU
沙織「ふーう、よくやった、つかみはバッチリね」
岬「ひどすぎますよ沙織さん、死ぬかと思いました」
沙織「死ぬわけないじゃない。あたしの作ったお守りを入れたんだから。死ぬ危険があるなら
   あんな事しないわよ」

いけしゃあしゃあと殺しかけた相手に表情も変えずに言ってのける。昔からこんな具合だった故にもう怒る気さえ起らない。
ただ、さすがに悪いと思ったのか、僕にサービスを申し出た。

沙織「でもまあ、あんなことして悪かったわね。代わりに今度最初に来たときは
   お守り代を100フランにサービスしてあげるわ。あと、降神巫もタダでしてあげる」
岬「こうしんふ?」
沙織「そう。あたしの体に神をおろして、未来を告げてもらうの。
   これからの人生でどんな災難が起こるか、あらかじめ分かっていれば便利でしょ」

未来予知か。にわかには信じられないが、この神がかった神力を持った人が言うのだ。本当だろう。

岬「分かりました。それで辛抱します」
沙織「良かったわ!甥っ子に嫌われちゃあ3日は眠れなくなっちゃうわ。それじゃあそろそろここでお別れ」
岬「え、あの、バッグは……」
沙織「それなら大丈夫。兄さんにタクシーを呼んでもらえるように頼んであるし、
   先にバッグをもって待ってもらえるように頼んでるから。うん、じゃあね」

言うだけ言ってとっとと去ってしまった。
ようやく嵐が過ぎ去ったような気がして、
近くの壁に寄りかかったまま、父さんが現れるまで身動きする事ができなかった。


*9月第4週以降、「無間神社」に訪問が可能になりました!
ただし遠隔地のため、地下鉄の使用が必須となります。

382 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 19:40:57 ID:XoF1ytSU
【1983年9月第2週】
岬「ふう、ひどい目にあった……あの人の無茶ぶりは変わらないなあ……
  そういえば、いくら学校に通っていないとはいえ、放課後なら入れない事はないよな。
  言ってみようかどうしようか」

A サッカーの練習に出かける、あと2回選択可
B パリのどこかに出かける(さらに分岐、B1含めあと2回選択可)
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと2回選択可)

所持金:954フラン

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

383 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 20:07:16 ID:GO8J3D2o
B

384 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 20:07:56 ID:wfrZOpsU
A

385 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 21:55:21 ID:tWxydRLU
A

386 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 21:56:55 ID:tWxydRLU
A

387 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 21:58:16 ID:???
書き込みミスしたと思って連投してもうた

388 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 21:59:15 ID:XoF1ytSU
今日はこれまでと致します。

>>377
沙織「あら不安?仕方ないわね、 186 72 円で厄払いしてあげるわ」
岬「よそ様に迷惑かけないでください。どうしてもなら霊夢さんのスレで厄払いを」
沙織「仕方ないわねえ、ほれっ! 0 !5以上で同点、7以上で逆転よっ、と」

389 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 22:21:18 ID:XoF1ytSU
済みません、終了宣言直後に行動が決定されたので、1レスだけ続けます。


A ドリブル:21 凄く上がりやすい
B パス: 22 凄く上がりやすい
C シュート:19 凄く上がりやすい
D タックル:21 凄く上がりやすい
E パスカット:21 凄く上がりやすい
F ブロック:20 凄く上がりやすい
G せりあい:19 凄く上がりやすい
H ガッツ:700 凄く上がりやすい

*(初期状態の上昇ポテンシャル。()内はガッツ)
・上がりにくい
JOKER→1+&必殺技のフラグ習得!
11〜13→+1! (+5)
1〜10→効果がなかった

・少し上がりやすい
JOKER→+1&必殺技のフラグ習得!
9〜13→+1! (+5)
1〜8→効果がなかった

・凄く上がりやすい
JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2! (+10)
7〜12→+1! (+5)
1〜6→効果がなかった

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

390 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/10(日) 22:23:41 ID:XoF1ytSU
さらに済みません、ドリブル値は22が正しい値です。

あと、沙織さんがろくでもない厄払いをしてしまった事を、本人に代わりお詫び申し上げます。

391 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 22:30:45 ID:wfrZOpsU
A
0は10として扱われるパターンも多いからへーきへーき()

392 :森崎名無しさん:2018/06/10(日) 22:32:54 ID:GO8J3D2o
C

393 :森崎名無しさん:2018/06/11(月) 06:14:40 ID:15I44Fuw
E

394 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 00:22:40 ID:CB3moedA
E

395 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 06:50:24 ID:DKVG81b6
〉〉〉391
上手くいけばあれは10、わたしのお陰で試合に勝てたと言い、負ければ0、わたしは厄を祓う
だけで勝利の女神で無いと弁明出来る、沙織さんの手でですね、分かります、ん?後ろから足音がうわああああ……

沙織「スレ主が急に二度寝しちゃったから、次のレスはわたしが書くわ!
   可愛い甥っ子のために、いいカードを引くのよ!」

396 :【才気煥発】岬沙織【美人巫女】 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 07:05:06 ID:DKVG81b6
E パスカット:21 凄く上がりやすい
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
先着で ★83年9月2週1回目のパスカット練習(凄く上がりやすい)→! card ★
と書き込み!とcardの間の隙間を埋めて下さい。数値で分岐します。

JOKER→+2&必殺技のフラグ習得!
13→+2!
7〜12→+1!
1〜6→効果がなかった


先着で
★誰かいる?! card★
と書き込んで下さい。マークで分岐します。!とcardの間のスペースは埋めてください。

JORER: バビントン 「俺も混ざっていいか?」岬「(どこかで見たような……)」
ダイヤK:???「よう、俺も混ざるぜ!」金髪のトンガリ頭の同年代の少年が挑んできた!
ハートK:???「退屈しのぎに、一勝負いかがかしら?」金髪ロールの同年代の少女が挑んできた!
スペードK:???「私の計算結果を検証してもらえるかしら?」キーパーグローブをつけた金長髪少女が尋ねてきた
クラブK:天ケ瀬「おう岬、練習付き合うぞ」キャプテンが(1人だけで)やってきた
それ以外:特に誰とも出会わなかった

397 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 07:09:22 ID:???
★83年9月2週1回目のパスカット練習(凄く上がりやすい)→ ダイヤ2

398 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 07:25:13 ID:???
★誰かいる? クラブ10

399 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 22:08:21 ID:h/jC67pg
今朝は急におそわ……眠気が襲ったため途中で終わってしまいまして、失礼いたしました。
今日も少しですが、投稿を行います。



★83年9月2週1回目のパスカット練習(凄く上がりやすい)→ダイヤ2 ★→効果がなかった
★誰かいる? クラブ10 ★→特に誰とも出会わなかった
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

運動場へ行き、気楽にサッカーをしている人達の中に入り、パスカットの練習をする。
何十球も左右高低様々に飛んでくるパスの軌道を読み取り、弾く。
だが、今日は何度行ってもただの手足の運動にしかなっていない。
特に俊敏になったとか、少ない労力でとれるようになったとか、そんな手ごたえは得られないまま終わってしまった。

*特に能力は上がりませんでした。

400 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 22:10:50 ID:h/jC67pg
【1983年9月2週】
岬「さて、次は何をしようかな」

A サッカーの練習に出かける、あと1回選択可
B パリのどこかに出かける(さらに分岐、B1含めあと2回選択可)
B1 所持品を使う・持ち歩く(さらに分岐、B含めあと2回選択可)

所持金:954フラン

先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

401 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 22:12:27 ID:OygwCN7A
B

402 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 22:12:54 ID:i7CRuTD2
B

403 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 22:18:53 ID:h/jC67pg
B パリのどこかに出かける
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

A 日本人学校
B 天ケ瀬家
C ヴォルテール通り
D ル・エスト
E アタリフランス
F 双海家
G 15・16区周辺を散歩する
G1 15・16区以外の散歩(要行き先の記述。
            これが採用された場合、この週の日常生活は選択できなくなります)
G2 15・16区以外の散歩(要行き先の記述。交通機関(註)を利用します)
H その他、自由回答(要3票)


先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

*(交通は地下鉄を使います。その際、1日乗り放題パス(Formule 1【フォルミュール・アン】40フランが必要になります。
またストライキが発生している場合(要判定)は選択不可となり、1回分の日常生活が消費されます)

404 :森崎名無しさん:2018/06/12(火) 22:20:43 ID:OygwCN7A
A

405 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/12(火) 22:37:50 ID:h/jC67pg
短いですが平日ですしすることもありますので、今日はここまでに致します

406 :森崎名無しさん:2018/06/13(水) 05:48:25 ID:6JE0ufrg
B

407 :森崎名無しさん:2018/06/14(木) 04:51:33 ID:f8WcK2pA
E

408 :森崎名無しさん:2018/06/15(金) 06:17:24 ID:WH8qMXrI
D

409 :森崎名無しさん:2018/06/15(金) 09:53:05 ID:8oz/wCxs
A

410 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/16(土) 16:26:42 ID:DNkmwWcQ
投稿する前に訂正し、お詫び申し上げます。9月第3週に開店する、
アタリフランスの向かい側にあるゲームセンターは
「NAMCOLAND」ではなく、正しくは「PLAYCITY CARROT」の誤りでした。



A 日本人学校
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬「(下見に出かけてみるか」

入学は10月だが、その前に様子を見ておくのも悪くない。
そもそも入学が遅れたのは教室に空きがないという、完全に学校側の都合によるもの。
その生徒が様子見にちょっとぶらついても、罰は当たらないだろう。
ただそれでも迷惑にはならないように、事前に学校へ連絡を入れて、放課後に
見学しに行くのが無難だろう。

そうして電話し、許可を得ていく事になった。学校についたころには……

★日本人学校への到着時刻 ! card ★

JOKER→ダイヤ+岬「(途中で2人ずれになっちゃった)」 さらに分岐
ダイヤ→午後2時30分になっていた
ハート→午後3時になっていた
スペード→午後3時30分になっていた
クラブ→午後4時になっていた

411 :森崎名無しさん:2018/06/16(土) 16:39:11 ID:???
★日本人学校への到着時刻  ダイヤ10

412 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/16(土) 16:53:54 ID:DNkmwWcQ
★日本人学校への到着時刻  ダイヤ10 ★→午後2時30分になっていた
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬「(2時半か、ゆっくり探検できそうだ)」
教諭「こんにちは岬くん、こちらの都合で入学できずにすみませんね」

学校につくと初訪問時に案内をしてくれた先生が現れた。今だ入学できぬ事への詫びを聞いた後、
学校は午後6時に門を閉める、それまでは自由に出歩いて良いとの情報を得た。
先生が去った後、日本人学校を見渡してみる。建物の方に変化はなかったが、
あの雑草まみれだった箱庭校庭に変化が見られる。以前は全面伸び放題だった校庭が、
今は敷地の半分程が刈り込まれていた。

誰がなぜこんな事をしたか。気にはなるが校庭に誰もいない以上、確認もできない。
校庭の件は後回しにして、とりあえず学校内を歩き回ろう。

岬「(まずはどこへいこうかな……)」

★移動時間 ! dice★
現在時刻は14:30です。

A:「(僕が学ぶ6年生の教室に行こう)」
B:「(下級生の教室をぶらぶら見に行こう)」
C:「(中等生の教室をぶらぶら見に行こう)」
D:「(音楽室に行ってみよう)」
E:「(美術室に行ってみよう)」
F:「(情報室?よく分からないけど、行ってみよう)」
G:その他、自由回答(要3票)


移動先についての選択は先に2票入った選択肢で進行します。移動時間は先着順です。
移動先についてはメール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

413 :森崎名無しさん:2018/06/16(土) 21:47:02 ID:kODcayUw
A
★移動時間  2

414 :森崎名無しさん:2018/06/16(土) 23:10:23 ID:elTccyqE
A

415 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 07:48:35 ID:QCQZ6oE6
A:「(僕が学ぶ6年生の教室に行こう)」 移動時間は2分
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

岬「(まずは自分の教室だ。どんな所だろうか。どんな人がいるだろうか)」

薄暗い廊下を歩きながら思う。そういえばこうして入学の何週間も前に学校をうろうろするのは、
何十回も転校を繰り返した中でも初めてだ。未体験の事に少しワクワクしながら、僕が学ぶ予定の教室に近づく。
後何歩かで教室が見えるという所で、一旦立ち止まる。気付かれないようにできるだけ事前情報を得ておきたい。
周囲に人がいないのを確認した後、そっと教室をのぞき見て見る。すると……


★に誰か何してる? ! num★
0→(自由回答、先に2票入った選択肢で進行します。メール欄を空白にして、IDを出して投票してください)
9→聖薇が長い筒とランドセルを担ごうとしている。大きな手提げバッグも持っているぞ
8→あずみが何人かの女子クラスメイトと机を囲んでいて、学帽の中に何個かサイコロを回している
7→男子生徒達が話をしている(さらに分岐)
6→女子生徒達が話をしている(さらに分岐)
5→聖薇とあずみが何やら話し合いをしている(さらに分岐)
1〜4→誰もいなかった


*現在時刻は14:32です。

416 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 09:11:42 ID:???
★に誰か何してる?  9

417 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 12:41:04 ID:QCQZ6oE6
           第11話『第一生徒発見』



★に誰か何してる?  9 ★→聖薇が長い筒とランドセルを担ごうとしている。大きな手提げバッグも持っているぞ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

岬「(あれは聖薇だな、ん、なんだあれ)」

教室後ろのランドセル棚から、自分のものであろう赤いランドセルを取り出す聖薇の姿が見えた。
ここまでは普通の光景だったが、彼女の右手には身長よりはるかに長い、
2メートルはあろうかという筒が2本、蛍光灯に当てないよう傾かせ、筒からのびる紐が首にかけてられていた。
しかもそのうちの1本は僕の頭より大きく見える程の幅の
さらに足元には彼女の肩から腰まですっぽりと埋まってしまいそうな、大きな手提げバッグも置かれている。

何かは分からないが、それはおいおい話していくうちに明らかになるだろう。
観察を終わらせて挨拶をかけ、親交を深めていく事にしよう。

岬「こんにちは、聖薇」
聖薇「こんにち…ああ、岬君」

僕の顔を見て柔らかな笑顔を浮かべて返事をする。
周りに人はいない。ル・エストで見せた穏やかな表情がそのまま残っているようだ。

岬「どんな所で勉強するのか見たくなってやって来たんだ。聖薇さんはこれから帰るの?」
聖薇「私はこれから弓の練習に」
岬「弓。その筒の」
聖薇「はい」

418 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 12:42:51 ID:QCQZ6oE6
そう言ったのちに取り出したランドセルをもう一度棚に戻した後、
小さな方の筒を壁に立て掛け、大きな方の筒の蓋を開けて弓を取り出した。
取り出された弓はやはり大きく、迂闊に振り回すと天井をこすってしまいそうだ。

聖薇「日本にいた頃から母さんの勧めで習っていました。今は教えてくれる先生はいませんが、
少しでも怠けてしまわないように、毎日努めています」

再び弓を筒にしまい始める。長く細いこの道具も使い慣れているのだろう、全く危なげなく
自然に筒の中へとしまわれていった。

聖薇「すみません。ここであまり弓を持ち歩くと危ないので、すぐに片づけてしまいました」
岬「大丈夫だよ。そうか聖薇さん、弓道やってるんだ」
聖薇「はい。これから今日の練習をします。岬君」

ここまで言って聖薇は辺りを見回す。教室内や廊下、窓の外まで見た後誰もいない事を
チェックした後、改めて僕の方に向きなおし、誘いの言葉を投げかけた。

聖薇「もしお暇なら、私の練習に付き合ってもらえませんか?他に誰もアドバイスをしてくれる人がいませんから」

岬「(うーん、思わぬところでお誘いか。特に用事があるわけでもないから、行ってみるか)
   アドバイスできるかは分からないけど、見るだけでも良ければ」
聖薇「はい、お願いします。1人よりも2人の方が練習にも張りが出ますから」

承諾の返事を受けて嬉し気にほほ笑む。いい笑顔だ。このまま関係を進めていきたい。

足元の手提げバッグを持ちながら聖薇の後をついていく。薄暗い廊下を抜け、玄関について靴に履き替え、外に出た。

419 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 12:46:59 ID:QCQZ6oE6
岬「(校内には無いのか。あれ、校庭に入った。もしかして)」

聖薇はベンチに筒を置く。その隣にランドセルだ。転げ落ちないようストッパー代わりにしようというのだろう。
ランドセルを置いた後で僕の方へ向かってきたので、頭に浮かんだ疑問を尋ねてみた。

岬「弓の練習って、ここでするの。この原っぱみたいな校庭で」
聖薇「はい。この学校には弓道場はありませんし、外にもそういったところはありません。
   それで先生に頼みまして、校庭を使わせてもらってます」

岬「そうなんだ、ひょっとしてここが半分刈られているのは」
聖薇「ここを使わせてもらえる条件の1つとして、草刈りをするように言われています。
   広い所ですから、毎日少しずつ、練習前に刈り取っているんです」

岬「ここを1人で。それは大変だ。随分時間がかかったんじゃあ」
聖薇「そうでもないですよ。いつまでにしなさいと言われている訳ではありませんから。
   最初は練習に最低限必要なところの草取りから始めて、
   それからは少しずつ、ビニール袋に入るだけの量を取っていくんです。
   それにこの草、家でも役立ってますから」

岬「役立つ?」
聖薇「はい、家に暖炉とかまどがあるのですけど、この草を干して乾かしておいて、
   火をつける時に使うと薪に火が付きやすいから、家で大切に扱ってます」

420 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 12:48:54 ID:QCQZ6oE6
説明をしながらバッグから手袋と、刃先が覆いに包まれた小さな鎌を取り出す。
これから草刈りをしようというのだろう。
僕もシャツの袖を肩までまくる。

岬「僕も手伝うよ。草が伸びてる所の境から取ればいいかな」
聖薇「岬君が?ダメです岬君にそんな事をさせる訳には」

岬「早い所聖薇さんの弓引く姿を見たいからさ、2人でした方が早いよ」
聖薇「でもそんな事をしてもらっても、私にはお礼が」

岬「この間お店でプレゼントもらったり、お昼を御馳走になったお礼だよ。気にしなくていいって」
聖薇「そうですか。では、せめてこの手袋と鎌を」
岬「いいよ、手は洗えばいいし、僕は男だ、草を抜くぐらい平気だよ」

大欲は無欲に似たり。パリでの長期にわたる生活のため、少しでも多く心からの協力者が欲しい。
ここで労を惜しまず働く事で、目の前の少女の歓心を少しでも多く掴んでおこう。
何とか了解を得た後、僕と聖薇は校庭の草刈りを行う事にした。

421 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 12:52:57 ID:QCQZ6oE6
先着で
★草取り中に(これから特に指示ない限り、「さらに分岐」します) ! card ★

JOKER→聖薇「岬君……」そっと手のひらを僕の手に重ねてきたぞ!?
ハートA〜3→天ヶ瀬「おお岬か、隣にいるのは……そうか。岬。男を見せろ」
          無駄にいい笑顔で親指を立てて去っていった
スペードA〜3→真美「……」亜美「……」
       後ろから双海姉妹が七年殺しの構えをして忍び寄ってきている
クラブ:「早乙女が男といるぞー!」「カップルカップル〜!」「聖薇にもようやく春が来たのね〜」
     上級生下級生同級生関係なく、野次馬達がはやし立ててきた
クラブA〜3→あずみ「岬くーん、あたしの家でゲームしよー!」(分岐なし)
上記以外:特に何も起こらなかった(分岐なし)

★校庭までの移動時間 ! dice分
聖薇との草刈り時間 ! numnum分
聖薇との草刈り達成率 ! numnum%★

と書き込んで下さい。マークで分岐します。!と各プラグインの間のスペースは埋めてください。

*現在時刻は14:32です。

422 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 12:55:32 ID:???
★草取り中に(これから特に指示ない限り、「さらに分岐」します)  ダイヤ8

423 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 13:11:07 ID:???
★校庭までの移動時間  6
聖薇との草刈り時間  95
聖薇との草刈り達成率  45 %★

424 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 13:23:05 ID:QCQZ6oE6
これから昼御飯をいただくため、少々失礼します。
夕方か夜に再開出来ると思います。

425 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 13:44:06 ID:???
割とはかどった方だけど、四時過ぎになっちゃったな

426 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 17:20:29 ID:QCQZ6oE6
★草取り中に(これから特に指示ない限り、「さらに分岐」します)ダイヤ8 ★→特に何も起こらなかった
★校庭までの移動時間  6 分
聖薇との草刈り時間  95 分
聖薇との草刈り達成率  45 %★
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
岬「その小次郎っていうのが大変な暴れん坊だったからね。彼とのサッカーはスポーツというより戦争だった。
  向かい合うたびに人が宙を舞い、血しぶきを浴び、あたりが悪いと意識も失って病院送り。よく生きてこれたと思うよ」
聖薇「そんなに命がけの戦いだったのですか……そんな戦いでチームを優勝に導いた岬さんは立派です」

岬「僕なんか大したことしてないよ。僕はただ味方にパスを送ったり、敵のパスを止めたりしただけだから。
  翼くんや中山くんがいなかったら、優勝どころか全国大会さえ行けなかったかもしれない
 (身の安全的に考えて、翼くんにはヒヤヒヤさせられたなあ……あんな事を言う(※)なんて)」
聖薇「いいえ、岬君の話を聞いているに、サッカーは1人が個人が強ければあとはどうでも良いというようなスポーツではありません。
   チーム全体が力を発揮する事で勝てるスポーツのように聞こえます。
   ですから全体の流れを調整して、試合をコントロールしていたのですから、やはり岬君が一番優勝に貢献しています」
岬「うーん、そういう見方もあるのかなあ(よし、これでさりげなく僕の影響力を印象付けられた)」


※:【森崎有三】キャプテン森崎4【栄光の軌跡】
http://capmori.net/test/read.cgi/morosaki/1130934258/648-651
より、翼くんが放った爆弾発言。元気でしょうか1さん。

427 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 17:22:02 ID:QCQZ6oE6
僕と聖薇は校庭の草取りをしながら、昔話に花を咲かせていた。
僕は日本でのサッカー大会での様子を、若干の誇張と誘導を交えてエキサイティングに話す。
相手は僕の話に興味を持ってくれた。それだけではなく僕の話題の誘導の事もあってか、
僕が優勝のキープレイヤーであったと思うようになってくれた。

聖薇「そうです。たとえ他の人が信じなくても、私は信じます。岬君がいなければ南葛小は優勝できなかった」

いつしか聖薇の手は止まり、真顔で僕を見て話していた。

聖薇「そんなあなたと友達になれた事を、私は誇りに思います」

顔を真っ赤にして告げてきた。ここまではっきりと敬意を告げられると
何回か経験したことがあるといえ、可愛い子からの好意的な反応は心に来るものがある。
そう思って聖薇を眺めてみると、はたと異変に気付いた。
照れているにしては顔以外の体も赤くなっており、残暑が厳しいにも関わらず、体から汗が流れていない。

聖薇「あ、うう……」

そう思っているうちに聖薇が草の上に倒れてしまった。
日射病だ。何十分も日なたで草刈りをしていたせいだ。
急いで彼女を抱き起こして日陰に運び、それから窓口に行って適当な理由をつけて
コップとうちわを借り、水道からなみなみと水を入れる。
聖薇の元に戻って口を開けさせ水を注ぎ、うちわであおぎながら、手持ちのハンカチで手足首元に顔、
さらに脇や腰にお腹と、異性として接触が辛うじて許される範囲を拭けるだけ拭いて、彼女の体力の回復を待った。
幸いにしてすぐに口がきけるようになるまで回復したらしく、僕の方を向くと、申し訳なさそうな顔をして謝った。

428 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 17:23:26 ID:QCQZ6oE6
聖薇「ごめん、なさい、わたしが、しゃべりすぎたせいで……」
岬「いいんだ。僕も無頓着すぎた。今日はもう家に帰って休んだ方が」
聖薇「いえ、もう少し休んだら弓をとります」
岬「聖薇さんそれは危ない。無理をしなくても」
聖薇「いいえ、せっかく岬君に練習を見てもらえるのですから、必ずします。ちゃんと休みますから」

何とか早い所家に帰して探索をしたかったが、思ったよりも頑固だ。そう簡単には引きそうにない。
結局今度危なくなったら有無を言わさず帰させると約束させ、何十分か休憩を取った後、
練習させる事にした。再開するころには草取りをしてから1時間半、すでに午後4時をすぎてしまっていた。

*休憩完了時点での時刻は16:13になりました、門限は18:00です。


こうして僕の忠言も退けながら、弓を取り矢をつがえ、校庭端の壁に据えられた
霞的(※)という白黒の的をめがけての行射を行った。結果はどうだったかというと……

先着で
★射出成功率 ! numnum%
聖薇の練習時間 ! numnum分★
と書き込んで下さい。!とプラグインの間のスペースは埋めてください。

※→https://blogs.yahoo.co.jp/kuroken3147/64077203.html

429 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 17:24:32 ID:???
★射出成功率  61
聖薇の練習時間  21 分★

430 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 18:17:35 ID:QCQZ6oE6
★射出成功率  61 %
聖薇の練習時間  21 分★
――――――――――――――――――――――――――――――――――

射的の練習、聖薇がいうところの射法八節の練習が始まった。矢を弓に構える弓構え、正面に静かに向き直る打起し。
矢を引き絞り発射の準備を整える会に入った後、無心となって的を見入り、矢を放つ。
ヒュッと鋭く響かせて飛ぶ。校庭の端から端、30メートルほどの距離を飛んで矢は霞的の端、あと数センチで外れるという所でささった。
続けて聖薇が二の矢をつがえる。振る舞いに少しの乱れもつかえも見られなかったが、今度はかすりもせずに外してしまった。
その後も彼女は矢を射続けたが、真ん中には一度も当たらず、的の淵をかすめたのを含めて6割くらいしか当たらなかった。
彼女の顔は厳しくなる。何とかして真ん中に当てようという執念がこもっているようだが、
矢を構えた途端、体がグラリと揺らいだ。かろうじて踏みとどまったがもはや限界だろう。

岬「もうダメもうダメ、やっぱり限界だよ今日はやめよう」
聖薇「まだ大丈夫です。せめて一度中央に当てないと」
岬「ダメ」

聞き分けの無い相手に対し、僕は相手の右手首をギュッと握り、制止した。
矢を放てなくなって観念したか、弓を下ろす。
その後弓をタオルで拭きながら、彼女は僕に詫びた。

431 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 18:20:34 ID:QCQZ6oE6
聖薇「ごめんなさいみっともない姿を見せてしまって。普段なら2回に1回ぐらいは中央に当てる事が出来るんです」
岬「いやいや凄いよ、構える姿なんか絵になってる。本当に絵に描いたら綺麗になるよ」
聖薇「まだ未熟です。少し想う事があったぐらいでああも乱れるなんて」

弓矢の手入れも終わって筒に戻し終わる。筒についた紐を肩にかけ、門に向かって歩く。

岬「大丈夫、送っていこうか」
聖薇「本当に大丈夫です。私は元気ですから。今度お見せするときは百発百中、真ん中を射止めてみせます。」

岬「そうか、楽しみに待ってるよ」
聖薇「はい、楽しみにしてください。それでは」

最後は笑顔に戻って、僕に別れを告げた。あれほどクタクタだったはずの様子を感じさせない
軽快な足取りで帰っていくのを見て、僕は安心して学校探索を再開する事にした。


*練習完了時点での時刻は16:34になりました、門限は18:00です。
*登場人物間の感情が以下のようになりました。

聖薇→(大切な友達)→岬
※「大切な友達」状態になると、BADイベントが発生しても、出来事を好意的にとってくれるようになり、
好感度ダウンの危険性が大幅に(こちらが意図的に嫌われるような選択肢を取らない限り)下がります。
そして、岬と誰かのもめ事が起きた時に、岬側になって応援してくれるようになります。

432 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 18:24:18 ID:QCQZ6oE6
岬「さて、ちょっと長くなっちゃったけど、聖薇と仲良くなれたから良しとしよう。
まだ時間は残っているし、次はどこへ行こうかな」


★移動時間 ! dice★
現在時刻は16:34です。門限は18:00です。

A:「(もう一度僕が学ぶ6年生の教室に行こう)」
B:「(下級生の教室をぶらぶら見に行こう)」
C:「(中等生の教室をぶらぶら見に行こう)」
D:「(音楽室に行ってみよう)」
E:「(美術室に行ってみよう)」
F:「(情報室?よく分からないけど、行ってみよう)」
G:その他、自由回答(要3票)


移動先についての選択は先に2票入った選択肢で進行します。移動時間は先着順です。
移動先についてはメール欄を空白にして、IDを出して投票してください。

433 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/17(日) 18:28:58 ID:QCQZ6oE6
岬君が聖薇と分かれ、次の散策先を思案しているところで、今日は終わりにいたします。

>>425
95分はちょっと長くなりすぎたので、その分描写と結果に反映させました。
本来はもっとあっさり終わらせるつもりだったのですが。

434 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 18:31:47 ID:vmaMfCsQ
F

435 :森崎名無しさん:2018/06/17(日) 20:43:38 ID:6y1YSjP2
★移動時間  4
F

436 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 18:32:29 ID:CUuOZBZY
今週は仕事と資料読解のため、投稿できそうにありません。

ワールドカップと鈴仙奮闘記さんの別スレにちなみ、82年国際スパルタキアーダ
決勝トーナメントを妄想してみました。構成国は以下の通り。

(テクモ版キャプつば・キャプ森登場国、得点補正+1)
ソビエト
ポーランド
東ドイツ
ユーゴスラビア(直接出てきている訳ではありませんが、
        原作やキャプつば5にモブ選手がみられますし、なにより今後この物語で登場予定のため)

(各種キャプテン翼の世界に非登場、現実では当時中堅どころだった国)
チェコスロバキア
ハンガリー
ブルガリア
北朝鮮

437 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 18:38:48 ID:CUuOZBZY
次に決勝トーナメントの対戦位置を決めます。
先着順に、()内の一番左の数字で決め、重なった場合は1つ右の数字を適用、9と0は無効とします。
! numの間の隙間を埋めて投稿してください。

★ソビエト(! num )
ポーランド(! num、! num)
東ドイツ(! num、! num、! num)
ユーゴスラビア(! num、! num、! num、! num)★

★チェコスロバキア(! num、! num、! num、! num)
ハンガリー(! num、! num、! num、! num)
ブルガリア(! num、! num、! num、! num)
北朝鮮(! num、! num、! num、! num)★


438 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 18:59:17 ID:???
★ソビエト( 8
ポーランド( 01
東ドイツ( 939
ユーゴスラビア( 7779 )★

439 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 19:14:23 ID:???
★チェコスロバキア( 6069
ハンガリー( 4929
ブルガリア( 9192
北朝鮮( 7612 )★

440 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 19:24:15 ID:CUuOZBZY
投票の結果(北朝鮮はどこにも当てはまらなかったので、空いている5番に移動)
以下の組み合わせになりました。(トーナメント表は省略)

@ポーランド
Aブルガリア

B東ドイツ
Cハンガリー

D北朝鮮
Eチェコスロバキア

Fユーゴスラビア
Gソビエト

次のレスより、決勝トーナメント予選の対戦結果が判明します。
! diceの間を埋めて投稿してください。

441 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 19:26:18 ID:CUuOZBZY
★ポーランド! dice+1−! diceブルガリア
東ドイツ! dice+1−! diceハンガリー★

★北朝鮮! dice−! diceチェコスロバキア
ユーゴスラビア! dice+1−! dice+1ソビエト★

442 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 19:26:51 ID:???
★ポーランド 2 +1− 4 ブルガリア
東ドイツ 1 +1− 6 ハンガリー★

443 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 19:53:55 ID:???
★北朝鮮 64 チェコスロバキア
ユーゴスラビア 5 +1− 3 +1ソビエト★

444 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 20:01:00 ID:???
なんかすごいことになったぞ
あと、北朝鮮ってキャプつば2で出ていてませんでしたか?

445 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 20:26:47 ID:CUuOZBZY
ジャイアントキリング連発な試合展開となったところで、準決勝に入ります。
>>444
たしかに2で出てたことは出てたのですが、名有り選手が出てくる訳ではないし、
ストーリーで重要な役割のある国という訳ではないので、今回はその他大勢に入れました。
ただ、この物語においては、ちゃんとした役割の与えられた重要国となる予定なので、お楽しみに。

★ポーランド 3− 4 ブルガリア
東ドイツ 2− 6 ハンガリー★
★北朝鮮 6 − 4 チェコスロバキア
ユーゴスラビア 6− 4ソビエト★

ブルガリア、ハンガリー、北朝鮮、ユーゴスラビアが勝利!
------------------------------------------------------
★ブルガリア! dice−! diceハンガリー
! 北朝鮮dice−! dice+1ユーゴスラビア★

! diceの間を埋めて投稿してください。

446 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 20:28:07 ID:???
★ブルガリア 64 ハンガリー
北朝鮮 54 +1ユーゴスラビア★

447 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 20:33:02 ID:???
これはキム君のミサイルショットやアトミックロケットヘッドが炸裂してますね・・・

448 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 20:39:20 ID:CUuOZBZY
ブルガリアが2試合10得点という爆発的火力で勝利、北朝鮮は2試合11得点という
それ以上の爆発力を見せながらも引き分けといったところで、どうか
引き直してもらえないでしょうか。翌日に再試合をしたと解釈してください。

★北朝鮮! dice−! dice+1ユーゴスラビア★
(★延長北朝鮮! dice/3−! dice/3+1延長ユーゴスラビア★)

また引き分けになった場合に延長戦スコアを投稿してください。端数は切り捨てになります。

449 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 20:39:21 ID:???
ハンガリーめちゃくちゃ強いな
東ドイツを粉砕しやがった

450 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 20:40:58 ID:???
★北朝鮮 34 +1ユーゴスラビア★

451 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 20:45:38 ID:???
>>449
そんなハンガリーを倒したブルガリアのヨーグルトパワー凄すぎ…

452 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 20:52:31 ID:CUuOZBZY
>>447
キム君「VXチャージやアンチエアクラフトキャノンボレーもあるぞ!」
>>449
ブルガリア戦も併せて考えると、東ドイツのキーパーが紙なこと以外の理由があるのでしょう。
歴史的に考えて、集団戦法で東ドイツを圧倒したか、
東ドイツの某壊し屋が試合も壊してしまったとか……


★ブルガリア 6 − 4 ハンガリー
北朝鮮 3 − 5ユーゴスラビア★
ブルガリア、ユーゴスラビア勝利!いざ決勝!
------------------------------------------

★ブルガリア! dice−! dice+1ユーゴスラビア★

453 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 21:03:37 ID:???
★ブルガリア 23 +1ユーゴスラビア★


454 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 21:03:58 ID:???
★ブルガリア 61 +1ユーゴスラビア★

455 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 21:04:43 ID:???
キメてたヨーグルトが切れたな

456 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 21:18:51 ID:???
うっ、ヨーグルトがたりない!

457 :森崎名無しさん:2018/06/23(土) 21:23:05 ID:???
ヨーグルト切れさえなければ
ブルガリア優勝だったな

458 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/06/23(土) 21:27:04 ID:CUuOZBZY
よく考えれば、今後のタイムスケジュールと「2年に1度」の開催間隔を考えると、
前回のスパルタキアーダの開催年は82年ではなく今年の83年でした。
訂正してお詫び申し上げます。
>>451
>>455
94年のアメリカW杯でブルガリアをベスト4に導いたストイチコフ・レチコフ・バラコフの3人クラスの
名選手の卵がいたのでしょう。ユーゴスラビアはそれ以上のチート選手ばかりでしたが。
全盛期の高橋先生が東欧の選手を描いたらどうなってたかなあ。


★ブルガリア 2 − 4ユーゴスラビア★
ユーゴスラビア、優勝!
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
栄えある第17回国際スパルタキアーダは、ユーゴスラビアが優勝しましたー!
決勝トーナメント3試合で15点、平均5点という破壊力で、(東側)世界一の座をものにしましたあああああっ!
ストイコビッチ、ミヤトビッチ、スシッチ、プロシネツキら黄金世代の実力をまざまざとみせつけてくれましたっ!




348KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24