キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

769 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/11/09(金) 22:47:21 ID:G9+fhvzs
1983年、フランスパリ。悲しい暴力と憎悪の時代は終わり、科学は進み、
フランソワ・ミッテランによる社会主義的改革が失敗しインフレの進行と失業者の増加が社会問題とはなっていたとはいえ、
依然としてフランスはG5の一員であり、貧富の差は少なくなり、平和と繁栄の時代を迎えていました。

平和と繁栄が続く中、人々の人生の幸福に寄与する民生技術も長足の進歩を遂げ、第2次世界大戦期には
部屋ほどもあったコンピューターがテレビ程の大きさにまでになり、
人間にはできない複雑かつ高速計算を行えるようになって生活の役に立つようになってきたのです。

パリ日本人学校内でも、毎月のように発表され発売される、最新式のCPU内蔵テレビゲーム機の話題で持ちきりです。

亜美「やーやー優にーちゃん、アルカディアって知ってる?」

情報室。とある父親が娘のためを思って用意した、これまた最新のマイコンを集めた部屋で、
小学2年生の双海真美・亜美姉妹と3年生の如月優君が、話をしています。

優「うん、知ってるよ。フィリップスっていう会社が作って、
  日本やアメリカやヨーロッパの色んな会社で販売させているゲーム機でしょ」
亜美「そーそー、なかなか落ち着いた木目調のつくりで、格好いい見た目だったよ。大人な亜美としては気に入ったデザインだね」
優「しかし、ゲーム機のCPUが2637Nっていうのは性能面で不安があるんじゃないかな。
  実際、肝心のスプライト機能が、画面に5枚もキャラクタを表示すればちらつきが発生する、
  動きはガタガタっていうんだから、前世代の2636N搭載のVC−4000とどっこいどっこいで、将来性を感じられないよ」
真美「優兄ちゃん、いきなりそんなマニアックな受け答えをする小学生はいないと思うよー」

508KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24