キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【赤と8ビットの】キャプテン岬【物語《ロマン》】

771 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2018/11/09(金) 22:56:44 ID:G9+fhvzs
優「ただいまー」

優君が学校から帰ると、ニコニコとした顔で座っていた姉さんの元へ駆けこみます。

千早「おかえり、優。ちゃんと優が欲しがっていたゲーム機買ってきたわよ」

ワクワクしながらそのゲーム機をのぞき込んだ瞬間、優君の目の前がいきなり真っ暗になりました。
この姉はよりにもよって、コレコビジョンと間違えて、学校で散々に批判しあったアルカディアを買ってきてしまったのです。

優「お姉ちゃ〜ん!それはコレコビジョンじゃないよ〜っ!」
千早「ええっ!だ、だって言われた通り電話機みたいなコントローラーがついてるじゃない!
   店内で世界的な電機メーカーフィリップスが開発したゲーム機だっていうから、
   せっかくなら性能が良い方が良いだろうと思って……」
優「アルカディアはコレコビジョンより前に発売されたゲーム機だよ〜!」
千早「仕方ないじゃないっ!目と目が合う瞬間、好きだと気づいちゃったのよおおっ!」
優「無理矢理すぎるし意味不明だよお姉ちゃあああああん!!」

己のしでかした愚行に天を仰いで嘆く姉。その顔には涙と後悔が浮かんでいます。
床を転げ回って号泣する優君を、天井の蛍光灯が冷たく見下ろしていました。
こうして、優君のアルカディア生活が、夢と混沌と喜怒哀楽のテレビゲーム時代が始まるのでした。

508KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24