キャプテン森崎 Vol. II 〜Super Morisaki!〜
キャプテン森崎まとめ掲示板TOP

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 最新50
【花の都の】キャプテン岬2【色物達】

457 :キャプテン岬 ◆ma4dP58NuI :2019/05/02(木) 20:12:37 ID:FNnDkHv+
早乙女「失礼、少し離れてよろしくて」

あずみと千早の会話にかぶさる形で、母親が離籍を求める発言をする。僕ははいとだけ答え、3人は無言でうなずくと、
後ろを向いて棚の引き出しを開け、何枚かの新聞か雑誌の記事の切り抜きを取り出し、机の上へと広げた。

早乙女「ここ最近のパリで起きた事件の記事よ」

近くに置かれた記事を手に取ってみる。勉強したとはいえ、まだ全ての単語を理解できる訳ではない。
それでも幾つも記事を眺めてみて、知らぬ間にパリのあちこちで起こっていた凄惨な事件の数々に、身震いがする想いだった。

岬「(『日本人男性3人殺害。全員全身を切り刻まれる』
   『女性2人の遺体が相次いで発見される。性的暴行の後ナイフ等の狂気により殺害か』
   『捜査中の警官2名殺害1名重体、犯人は現在も単身逃走中』……警官でも、ダメか!)」

襲い掛かって来るであろう敵の残忍ぶりが目に浮かびそうになる。加えて捕まえるべき犯人に返り討ちにあったばかりか、
ほとんど身辺が明らかになっていないところを見ると、相当に厄介な相手だと考えざるを得なかった。
そう思案に暮れていた時、僕達の頭越しに声が投げかけられた。

早乙女「認めたくないけれど、フランスでも起きているのよ、聖薇」

491KB
続きを読む

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail(省略可)

0ch BBS 2007-01-24